折り合い

今週はほとんどお留守番地獄だった703号室

 

お子たちは互いに励まし合いながら乗り切ってくれました。

 

多頭ゆえ手が回らずふだんはふびんに感じているのですが、多頭であるからこそお留守番はみんなでがんばれるのかなとも思ったりします。

 

キャパをオーバーした多頭飼育は絶対にオススメしませんが(キャパが許せば)2頭、3頭程度の飼育は犬猫たちの精神衛生上プラスにはたらくことがある気がします。

 

 

以前、動物病院の先生方とじっくり話す機会があり、先生方は口を揃えてこう言っていました。

 

「猫は(気が合う同士の)2匹飼育だと互いをいい意味で刺激するから単頭飼育に比べ長生きするデータもあります(※もちろん個体差があり一概に断言できません。傾向の話です)。ただし、日本の住宅は欧米に比べコンパクトなので度を超えた多頭飼育は犬猫たちに多大なストレスを与えてしまうことも。むずかしいですが頭数のコントロールも課題ですね」

 

はい。なるほど。身に沁みて納得です。

 

 

うちが実際にそうですし、現実、世話にかかる時間、医療費の問題が切実になってきました。

 

べべ15歳、ナナ14歳、リル12歳、ほほ8歳半、あまぱん(若く見積もって)12歳すぎ、さぶ(若く見積もって)8~9歳すぎ。持病のある子たちがほとんどで家全体に「シニア感」の雰囲気が(笑)。お子たちのQOLを意識しながら活動をしなくてはならないのもキツいところ。

 

お子たちにかかる医療費は療法食やサプリと合わせ月額平均10万円以上かかります。

 

でも、それを覚悟して私はうちのお子たちと暮らしているので惜しくありません。お金はなくなったら働けばいいのです。自分のお子だから自分が負担するのは当然のこと。外での労働はセーブしますが、家の中でできる仕事を見つけチチとお子たちを養っていきます。

 

私は自分のお子と保護動物の境界線をくっきり区切っています。

 

たとえ保護したお子であっても「うちの子にする」と決めたら、その子にかかる全責任は自分が喜んで負うべきだと考えています。だから領収証などはこまかーくわけているんですよ。機会があったら皆さまにちょろっとお見せしますね。

 

 

話が逸れまくりですが、一長一短の「多頭飼育703号室」に生きるお子たち。

 

 

保護猫デカ円氏はルームシェアをしているジョイ坊を必死になだめています。

dekapon (2)

 

 

今日も仕事から戻ったらこれとまったく同じシーンを目撃しました。

dekapon (3)

 

 

くわえて今日は、ジョイのケージのそばへ行ってジョイに向かってやさしい口調で話しかけた! と思いきや交互に私の方にも走りよってなにやらおしゃべりしているのです。

 

 

なにしたいんですかね?

 

 

ジョイに話しかけ、私のところになにかを報告しに来て? またジョイに話しかけ・・・・・・。

 

 

私とジョイの間を取り持とうとしていたのかな?

 

 

とにかく忙しなく動き回っていたデカ円氏。余計なお世話ですがほんとうにお疲れさまでした。

dekapon

 

 

 

犬組も元気に暮らしています。

 

 

お母さん一途のナナ

roue

 

 

バタバタで朝の散歩が短い日もあったよね。ごめんね。外で排泄するナナにとって散歩は必要不可欠の日課であり楽しみの行事でもあるから、明日は長めに行きましょう!

 

14歳を超えても力強く歩くナナの後ろ姿が頼もしいです。

 

ナナ、病気しても寝たきりになってもお母さんが必ずそばで守る。だけどできるだけ長く健やかでいてね。そのためには歩いて足腰を鍛えないと!

 

 

チチの本妻田辺リルさん

rirue

 

 

毎晩チチの帰宅をこれでもかというほど待ち焦がれています。イタイレベルです。

 

 

デカ円(左)、チチ(真ん中)、リル(右)の順で川の字になって寝ています。

 

 

たまに用事があってチチの部屋に入ろうもんなら「なにしに来たの~? 出ていって」の冷たい顔をするリル。いや大丈夫。リルのたいせつなチチをリルから取ったりしないから(汗)。

 

そのくせチチがいないときは私の枕元に寝ているから調子がいいんですよ^^;

 

「あれも食べないこれもイヤ」とプイしまくりでごはんを食べさせるのにも苦労しますが、リルは私にとってかわいくて仕方のないわがままな末っ子娘です。

 

 

みんなみんな個性的で、一頭一頭がたいせつです。

 

よーし! 来週から保護猫ジョイと仲よくするぞ~!

 

 

皆さまも週末をエンジョイしてくださいね。

 

 

愛読してくださっている皆さまにあつーいLOVE!

 

 

スポンサーリンク





ほほのいくつかの変化

仕事がパンパンの日がつづき悲鳴もんです。昨日は家に着いたのが夜の10時過ぎでした。ちなみに朝は8時45分には会社にいたので約12時間労働(苦笑)。主婦がほしいですが主婦は私なので帰宅後の家事にヘトヘトでブログ更新に手がまわらず^^;

 

保護猫デカ円とジョイのアピール写真はしばしお待ちください。ぺこり。

 

 

仕事中に気になるのはうちのお子たち

 

 

胃がんやIBD疾患を患い胃腸が弱いべべ。胃液を吐いたりしていないかな?

 

年を取ってトイレが不安定になったナナ。おしっこをがまんしてないかな?

 

さびしいと布製品を囓るリル。よくないものを飲みこんだりしていないかな?

 

あまぱんおなか減ってるだろうな。咳してないかな?

 

さぶはドアの前で私を待つクセがあるから硬くて冷たいフローリングの上にいるんだろうな。

 

ようやく人に甘える喜びを知った保護猫デカ円と早く猫じゃらしで遊びたい。

 

独りぼっちで心細いジョイと仲よくなれるよう時間をかけたい。

 

最近デカ円がジョイを気にしてジョイのケージの前でジョイにやたら話しかけています。穏和な声のデカ円にジョイが安心しきっているシーンが超かわいい。ツイッターにそれらしき写真を載せていますのでよかったらごらんください。703号室卒業生もちょいちょい登場しています!)

 

 

そして今いちばん気になるのはほほです。

 

 

 

ほほ、生きてるかな?

 

 

不謹慎ですが私の正直な気持ちです。【ほほ、生きてるかな】の爆弾を抱えながらの半日不在は私の精神衛生上ほんとうによくないです。

 

 

「ぼき ほほ きょ も あんてな ぴーんと たってまち ぼき いきてまち」

gannbatteruyo (2)

 

 

 

昨日はチチが私より先に帰宅してくれました。早く帰るようあらかじめお願いしていたのです。

 

 

チチから送られてきた画像↓を見て、仕事中ガッツポーズをしました。

gannbatteruyo (9)

 

 

 

でも、写真を凝視すると次は不安が芽生える。

 

 

ハの字に開いた両手。これはもう仕方ないです。私が悲しかったのは筋力の衰えた後ろ足。

 

 

ほとんど寝たきりのほほは体型が変化しました。それに気づくと胸がザワザワするのです。

 

 

毎晩手足のマッサージをしています。

 

生活の介助はするけれど、食事のときは立たせ、トイレまで歩けそうなら歩かせています。

 

私の拙い経験上、完全に寝たきりになると、衰えが一気に進むからそれが怖いのです。

 

 

「おかーさー もしこし ろーやんかな くりさい」

gannbatteruyo

 

 

 

たまに猫じゃらし遊びもしていますよ♪

gannbatteruyo (7)

 

 

 

2015年の3月までは手足を使い器用に追っていましたが、近ごろは目と口で遊んでいます。

gannbatteruyo (4)

 

 

 

みいさんが撮ってくれた写真の数々

gannbatteruyo (6)

 

 

 

ほほにはもちろん見えています。これがおもちゃだっていうこともわかっています。

gannbatteruyo (8)

 

 

 

お母さんが遊びに誘うと、ほほは口で応えてくれる。パカっと勢いよく開けてるでしょ?^^

gannbatteruyo (5)

 

 

キャッチボールはちゃんと成立しています。

 

 

お母さんにはほほの考えていることが手に取るようにわかる。

 

 

変化といえばもうひとつ。

 

さっき、ごはんをがっつくほほの背中と首のあたりに何本もの白髪を見つけました。

 

ほほは七夕の日に9歳になります。

 

私はほほの白髪を見て、ちっとも辛くありませんでした。

 

ほほが老いているのは、ほほが長い時間を生きてきた証。

 

ほほの生命力には感服します。

 

ほほは立派な猫です。

 

LOVE ほほ

 

来週また東大病院へ通院します。好転を願って!

 

スポンサーリンク





ジョイがきました、ほか

先週、めいちゃんとちび太くんのママさんからほほへステキな贈り物が届きました。

tarenagar (5)

 

 

ほほの好物群にくわえ、「猫の巣」とピアノの爪とぎも~! どうもありがとうございました。

tarenagar (6)

 

 

窓辺に置いたらさぶが入ってました。ほほ、あまぱん、さぶが仲よく朝日を浴びています。

tarenagar (7)

 

 

 

昨日は渋谷区のNHKふれあいホールで開催していたNPO PMのTogether foreverの展示会に妹夫妻と行ってきました。毎年必ず足を運んでいます。

tokumi (7)

 

 

 

703号室のパネルも飾られているのです。年々かわるスライドも楽しみのひとつ。703号室の写真をたくさん使ってくださっていました。家族募集中の犬猫たちの写真の前で記念にパチリ。和田さん、妹さん、ももちゃん、うちの妹と。白塚さんにはお会いできず残念でした。

tokumi (10)

 

 

 

帰りに妹夫妻とランチ&お茶。表参道をブラブラしながら楽しく家路につきました。ツイッターをみている方はご存じだと思うのですが、前日の金曜、急遽残業するはめになった私は、妹に泣きついてほほの世話をしに来てもらったのです。そのお礼にランチをごちそうする約束で^^;

tokumi (11)

 

 

 

妹から送られてきたほほの写真を見て職場でほっと肩をなで下ろせた私。毎晩ほほを腕に抱きしつこいほど話しかけています。

 

「ほほ~ がんばっている子には絶対にいいことがあると思うよ」

 

耳ダコのほほ。しかし必ず喉を鳴らして応えてくれます。ありがとうね。

 

 

最近ステロイド投与の影響で食欲が増しているほほ。こういう副作用は正直ありがたい。

tokumi (2)

 

 

今まで左側で噛む習慣のあったほほですが、利き歯を腫れや痛みのひどくない右側にかえ、勢いよくカリカリを噛み砕いています。ほほの進化成長が頼もしい。

tokumi (13)

 

 

ほんとうにひたむきに生きています。

 

 

生活が不便なのに、多々を乗り越えようとしています。

 

 

どうかこれ以上ほほにキツい試練が訪れませんように。

 

 

それからごめんなさい。保護猫デカ円の家族募集を3月にはじめられませんでした。いろいろあって家族募集に手が回らないのです。デカ円にももうしわけない。

tokumi (8)

 

 

そう遠くないうちにちゃんと実行しますので、見守ってくださるとうれしいです。

 

 

という状況ですが、龍とキャッチのきょうだい「ジョイ」が本日新幹線でやってきました!

 

 

ジョイを上野駅まで迎えに行ったのですが、卒業猫龍とキャッチが我が家に来た日と重なってじーんとしました。龍とキャッチの里親さんからは追加でメッセージが届いています。

 

龍とご主人さまがチュウしている写真、キャッチが2階を龍より早く制覇したこと・・・・・・ふたりの生活が細かく書かれていて、私は目頭が熱くなりました。龍とキャッチは幸せに生きています。

 

 

ジョイもつづかないとね。見て! この被害者意識の塊みたいな表情(笑)。

tokumi (12)

 

 

キャッチジョイの順で人慣れしているのでジョイはきょうだいの中でいちばんシャイ。

 

 

独りぼっちで心細いだろうけど、無理やり近づかずに2~3日はそっとしておこうと思います。

 

 

さて、前回おまじないについて書きましたよね。主には「予期せぬ嘔吐物と排泄物を発見したときの心持ち」でしたが、犬猫との暮らしで困るのがもうひとつあります(涙)。

tarenagasi (2)

 

 

 

我が家のナナとリルは年に2度ずつ換毛期を迎えます。中型犬のナナとリルは抜け毛の量が半端じゃない。ナナがそばを通るだけでアレルギー持ちの私はクシャミと咳が止まらないです。

tarenagasi

 

 

 

こまめにブラッシングし換毛期が過ぎ去るのを待つしかないですね。ちなみに完全に過ぎ去ることはなく通年犬猫たちの毛が抜けまくっています。昔は毛が激しく抜け替わる換毛期が苦手でしたが老犬たちの新陳代謝を今は喜ばしい気持ちで迎えています。(というのはウソです)

 

 

では皆さま、来週もどうぞよろしくお願いします。

tokumi

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





楽になれるおまじない

最近、近所にお花屋さんができたのです。

 

私はウキウキうれしくて、よく外から覗いています。

 

店主の女性とその都度目が合うので先日スーパー帰りに寄って切り花を買いました。

 

ほんとうは黄色のバラがほしかったのです。あまりのうつくしさにしばし見惚れてしまうほどで。

 

けれど1本400円という値段が主婦の購買意欲を削ぎ、結局1本150円のを3本と、1本100円のを3本選びました。お花って人の気持ちを豊かにするはずなのにこういうところに現実感や生活臭が出ちゃう自分がなんとなく恥ずかしい。

 

 

天井から吊す花器で飾ってみました。

tarenagar (4)

 

 

 

いい香りが漂っていますよ~♪

tarenagar (2)

 

 

 

この写真(自分比で)傑作です。カメラマンの太田さんにもフェイスブックで誉められました。

tarenagar (3)

 

 

 

こっちはとうの昔に飲み干した白ワインの猫型ボトルを花器に使っています。

tarenagar (10)

 

 

 

壁紙と床をなおしてから精神的に少し豊かになった気がします。

tarenagar (12)

 

 

 

まあ、花屋で値段を計算しているようじゃダメか(笑)。

tarenagar (8)

 

 

 

花を飾る余裕がある反面、我が家は放置するとおそらく普通の家庭では考えられないほど汚れる速度がはやいです。

 

 

ほほはトイレをがんばろうとしますが、ご存じのとおり動くスピードが極端に遅い。

 

 

トイレに行きたいと思ってからトイレゾーンにたどり着くまでいっしょうけんめい移動しても間に合わないことが多い。トイレゾーンに無事到着したとしても、寝た姿勢のまま犬用トイレで排泄するのでお腹がおしっこでベチャベチャ・・・・・・。

 

 

ほほだけじゃありません。だれのものかわからない(たぶんナナ)尿の水たまりや

tarenagar (9)

 

 

 

べべの尿漏れ(漏らしているのは私の布団^^;)

tarenagar

 

 

 

わかりますか?

tarenagar (11)

 

 

 

運子も嘔吐物もよくその辺に転がっています。

 

 

「はあ・・・・・・」

 

 

家事をする人間は私ひとりしかいないので、疲労感が極限に近くなることも。

 

 

しかしある時期を境に、自分でも驚くほどイライラが減りました。

 

 

かつてこの怪獣さんに鍛えられたというのも大きいでしょう。

1abc (6)

 

 

たいがいのことを気にしなくなったのはゴンタのおかげです。

1siro (7)

 

 

 

くわえてもうひとつ。

 

 

呪文を唱えるのです。おまじない。

 

 

たとえば料理をしようとキッチンに立ってだれかの尿を踏んでしまったとします。

 

 

「キィーーー!!」

 

 

と、なる手前で深呼吸しながら私は黙って雑巾を濡らします。

 

 

そしてこう口に出してみる。

 

 

「あああよかった。ちょうど床の拭き掃除にもなった!」

 

 

ほぼ毎回この類のセリフを独り言で発しています。

 

 

すると不思議と【やれやれしょうがないな、の笑顔】になれるのです。

 

 

結局ぜんぶ、自分の考え方次第だと思うのです。

 

 

理想どおりに運ばず自分の意に反するできごとを、災いととるか、吉ととるか。

 

 

少なくても私はこのおまじないで心が軽やかになりました。

 

 

お子たちに苛つくよりも、ずっと幸せです。

 

 

もともとうちのお子たちはみんな優秀できれい好き。長い間トイレをちゃんと使ってきました。

 

年を取ったり病気の影響で下の感覚が鈍るのはお子たちのせいじゃない。けれど、片づけるのはお母さんだけだからどうしても愚痴りたくなることも。

 

 

愛情と困憊の狭間で戸惑う自分に、「世話をするとはどういうことか」を問う。

 

 

怒り狂った般若のようなお母さんよりも、穏やかなお母さんの方がお子たちはつき合いやすいに決まっています。日常のささやかなできことをなるべく喜びに変換したいし、得た喜びは家族とシェアしたい。そのためのおまじない。オススメです。いいでしょ?^^

 

 

とは言ってもまだしょせん修行僧の身。皆さまもいいおまじないがあったら教えてくださいね!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





バレンタインボーイズ2

さて、バレンタインの日に新幹線でやってきた龍とキャッチの卒業記事第2弾♪

 

703号室から車で2時間程度の距離だったのでお届けはチチにつき合ってもらいました。

 

お見合いから1週間以内のスピード卒業でしたが、奥さまからはメールやお電話をいただきいろんな話をさせてもらえました。どんなに小さな約束でもきちんと守ってくださるご家族。

 

私も見習いたいです。

 

 

着いた~! 龍とキャッチはごらんのとおり。この時点では状況を飲み込んでおらずガチガチ

IMG_8967

 

 

 

新居は階段と玄関の間に足止めがありません。慣れた頃に好奇心が出て龍とキャッチが飛び出したら危ないと思いお願いした脱走防止対策も万全にご準備くださいました。

IMG_8959

 

 

 

お家の構造上、柵をつける位置がむずかしかったのですが、ご主人さまの提案「玄関と廊下を使って斜めにつける」で解決! さすがですね。ありがとうございます。

IMG_8963

 

 

 

手作りも考えたそうですが、お届けまで時間が短かったので専用の既製品を購入することに。

IMG_8962

 

 

※用意してくださったのは「これ」です。参考になります!

 

 

換気用に開ける小窓にもアミアミが!

IMG_8976

 

 

 

ネットで注文したグッズが和室にたくさん届いていました。

IMG_8957

 

 

おそろいのキャリー。ひとつはピチコさんからのプレゼント。もうひとつは里親さんが同じものを探して買ってくれました。トイレも2つ。ごはん(ロイヤルカナン)と猫砂は我が家で使っているものを選んでくれました。ちなみに名前も引き継いでくれました。龍とキャッチのままです。

 

 

シャイなふたりが新しい環境に馴染みやすいようにと、細かなお心配りを感じます。

 

 

和室の壁や棚一面にメダル、表彰状類が・・・・・・。

IMG_8954

 

 

 

そう。ご一家はスポーツをしておられるのです。ご主人さまのバタフライ、奥さまの背泳ぎかっこいいな。ご両親の影響で娘ちゃんも水泳をやっています。健康的ですね。

IMG_8950IMG_8952

 

 

 

龍とキャッチのケージはリビングに設置されていました。

IMG_8964

 

 

 

あれ? 個と個が束になってますね(笑)。

IMG_8932

 

 

移動する位置もタイミングもおそろいのきょうだいです。

IMG_8968

 

 

 

娘ちゃんのかわいいこと! ご両親とはずいぶんお話ししましたが、娘ちゃんにも聞いてもらいたくてお届けのとき少し時間をもらいました。小学校高学年ですから立派な年齢です。

IMG_8946

 

 

ちゃーんと、ほんとうにきちんと、最後まで聞いて自分の言葉でお返事してくれました。

 

 

ご両親の育て方のあらわれです。明るく、やさしく、頼もしい女の子^^

IMG_8973

 

 

 

こちらの記事で、里親さんが決まったら龍とキャッチの写真をプレゼントすると書きましたので約束通り写真と写真立てを卒業記念にお贈りしました。写真の奥には私がお見合いの日にお渡しした手紙(703号室ハガキ)も飾られていて感無量。

IMG_8970

 

 

 

お茶やお菓子をいただきながら龍とキャッチとの思い出や生活スタイルを話しました。

IMG_8948

 

 

 

真剣や表情で譲渡誓約書にサインしてくださっているのはご主人さまです。

IMG_8971

 

 

 

龍、落ち着いたら驚きの甘えぶりを発揮してね!

IMG_8939

 

 

 

キャッチ、キッチンに上がっておねだりばかりはダメだからね(笑)。

IMG_8942

 

 

 

里親さんからは(ピチコさんが負担してくれた龍とキャッチの医療ケアにかかった)医療費の一部のほか、私へのおみやげまで! どうもありがとうございました。パンもマンゴーチョコもめちゃめちゃおいしかったです。

IMG_8986

 

 

 

車で待機していたチチを呼びつけて撮ってもらった記念写真~!

IMG_8979

 

 

※掲載の許可を得ています。

 

 

我が家にきたあとしばらくオドオドしていた龍とキャッチですから、はじめは慣れないだろうと踏んで「慣れない時期の接し方」を伝えまくった私ですが・・・・・・骨折り損でした。

 

 

以下が里親さんが送ってくださった近況写真です。

 

 

 

お届けの日の夜にはこう↓ 食べてるし、遊んでるし、だらしないお顔までしてますね。

IMG_1158

 

 

 

一晩開けてこう↓ 娘ちゃんの腕で眠る龍氏

IMG_1181 - コピー

 

 

 

キャッチものびのびしちゃってる(汗)。えーほんとかよ? うちでの日々はなんだったの?

IMG_1206

 

 

 

そしてたった今送られてきた2枚↓

IMG_1242IMG_1241

 

 

 

最後まで私と距離を取っていたキャッチが、本日娘ちゃんのお腹の上でお昼寝したそうです。

 

 

ちょびっと淋しいけれど、その100倍うれしい。龍とキャッチおめでとう。

 

 

里親さんにいっぱい愛され安全な環境で長生きしてね。ピチコさんも私も龍とキャッチの幸せを心から祈っています。今週末にはきょうだいのジョイも来ることになったので、龍とキャッチにつづくようがんばります。皆さま応援よろしくお願いします。

 

 

 

かつくん「X233龍234キャッチおめでとう。キャッチのスピード慣れにはぼくも驚いています。きっと自分の家だってわかったんだね。ハハはケージからふたりを出す前必ずキッチンを片づけていました。理由はふたりがキッチンを漁るからです。最近はキッチンを片づける理由がなくなったと言い訳して散らかり放題の毎日。だらしがないですね・・・・・・」

1-3483

 

スポンサーリンク