あたちの家族1(めい)

さて、長らくお待たせして申し訳ありませんでした。

グッチの件を皆さまにお伝えいたします。

グッチは「めい」という春らしいお名前をいただき、このたびめでたく正式譲渡になりました。応援してくださった方、希望してくださった方、本当にありがとうございました。

食いしん坊で
クリックすると元のサイズで表示します

まんまるの
クリックすると元のサイズで表示します

福がパンパンに詰まったお嬢さまです。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし家族募集は一筋縄にはいきませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

言い方悪いけど、ゴール直前までは「迷走」だった気がして
クリックすると元のサイズで表示します

苦しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

辞退辞退辞退……

たとえお問い合わせが来てもお見合い前にどうせまた辞退される。もはや精神的にやさぐれていた私は、家族募集の傍らで諦めに近い気持ちを持っていました。

いったい何度目の掲載だったか覚えていないんですが、のりまきにお問い合わせがきたと思ったら、仲良しのグッチちゃんもぜひ! などと、うそのようなメールが舞い込んできたではありませんか?

正直信じられなかったですし、ふたりがFIVキャリアであることを見落としているのではないかと勘ぐり(笑)、その旨を返信しました。

そうしたらこう返ってきたのです↓

私が先に書いておけばよかったのですが、FIVキャリアなのは承知済みです。
我が子が病気になったからといって道に捨てたりしないことと同じでこのことは特に問題にはなりません。
とはいえ歴代の猫には分かっている範囲でそういった猫がおらず猫エイズについてもほとんど何も知らなかったため、ざっとですがネットで調べました。
人間のエイズと似たような感じなのですね。
人間にはうつらないこと、治療法がないこと、猫エイズを発症する可能性があること、発症後の症状など本当にまだざっとではありますが目を通しました。
もしこのことが原因で辞退されてしまうことが多いのでしたら、余計に一緒に暮らしたいです。

(中略)

もし他にクリアする条件などありましたらお知らせ下さい。
二人にふさわしい里親になれるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

素直にうれしかったです。

でも喜ぶのは怖かった。

だからお見合い前までは、冷静を心がけました。

いつ「辞退します」を言われても、「わかりました」ができるよう、溢れ出る気持ちを押さえ込む努力をしたのです。

じゃないともう、仕切りなおす力さえも失ってしまいそうで。

でも、里親さんはずっと同じ姿勢でお話してくれました。毎晩毎晩、私たちは長いメールを交わしました。そのたびに夢の中にいるのか、現実なのか、一瞬混乱することがあったくらい不思議な感覚で……。

里親さんのご実家は、ずっと猫に囲まれて暮らしていたそうで、お母さまは地域猫の不妊手術にも尽力されているのです。

ご実家の愛猫なんちゃってスコのアグラちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんが育ってきた環境を知るたびに、少しずつ不安が希望に変わるのを自覚しました。この方なら、ありえるかもしれないと思わせてくれた尊い方です。

でも、単身赴任中のご主人さまとの間に小さな娘さんがいらっしゃるのです。ご主人さまは大人ですので大丈夫ですが、娘さんと人なれが完璧ではないのりまき グッチペアの相性は未知数でした。自分の保護猫を信じていないわけではないのですが、ふたりが万が一、娘さんにケガでもさせてしまったら?

FIVキャリアは「動かせない事実」なのでそのまま受け止めてもらうしかありませんが、人馴れは「動かせる部分」なので本来は私がもっとしっかり取り組むべき問題です。なのに忙しいを言い訳にグッチたちに向き合いきれなかったので、自信が持てなくて……。

グッチたちが悪いのではなく、全部保護主の私の責任ですね。

だからお見合いの時、ふたりの性格をよく話しました。

でも、里親さんは顔色ひとつ変えないんですよ。

驚くほど清々しい表情でした。

あたたかいけど、強く凛とした女性です。

私は気づきました。

相当の覚悟を持って、希望してくださっているんだと。

ふたりの「丸ごと」を受け止め、家族になろうとしてくれていると。

それからも私たちのメールや電話はつづき、いろいろ話し合った上、まずはグッチ(めい)だけのトライアルをする運びとなりました。先日書いたとおり、私の提案でのりまきはハゲの原因が判明するまで我が家にいてもらう形を取ったのです。

「うふふ♪」
クリックすると元のサイズで表示します

脱走防止柵完成の写真を送っていただいた際に添付されていた娘さんの写真。キャリーにちんまり入ったこの写真がかわいくてかわいくて泣きたくなりました。

愛を一身にまとって生きているんですね。

グッチたちも、こんな風になってほしいなあ。

こうして、お届けの日を迎えたのです。

お嫁入り道具を準備していたらさすがにほろっと来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

グッチを車に乗せひとりで行くのは不安だったので、MIHOさんと伺うことにしました。MIHOさんありがとね。

MIHOさんからのプレゼント。我が家で待機中ののりまきにはビニールに入ったかつおバー。お嫁入りのグッチにはピンクのかわいい包みに入ったかつおバー
クリックすると元のサイズで表示します

助手席でグッチのキャリーを抱きペチャクチャ話すのがMIHOさんの役目(笑)。MIHOさん、120%の力で役割を果たしてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

1時間の楽しいドライブののち、到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのようなお城のようなグッチ改め「めい」の新しいおうちに。

まるでシンデレラですね。

ご家族の写真やお届けの様子はこのあとにつづきます。

LOVE!

スポンサーリンク





水害

今日はグッチのことで大切なご報告をするはずでしたが、パプニングが起きました関係で次回になりそうです。気にかけてくださっている皆さまにはただただ申し訳ありません。家事が溜まっているのと気力が半減したのと……もういろいろです。

お昼過ぎにキッチンで水仕事をしていた私は、床の水漏れに気づき仰天。じわじわ水がどこからか漏れてカーペットに染みているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

げー!!

なんじゃこりゃ大変なこったどうすりゃいいの?

てな感じで昔の友だちとやり取りしているfacebookで助けを求めたら「クラシアン500500」をすすめられ、急いで電話。

電話の前後に同じような体験をした方からのメッセージで「修理代が16,000円だった」と伺い、血の気が引いていくのを自覚しましたが、まさかそんなに取られるわけがないとたかをくくっていたのです。

「もしもし、キッチンから水が謎に漏れています。床がだめになりそうなので早急に修理してほしいのですが」

「お客さま申し訳ありません。あいにく本日はどこも水道管の故障が相次いでいますので、一番早くて夜の7時~9時になります」

気づいたら電話口で絶叫していた私。

我に返ったあとはひたすら懇願しました。

その甲斐あって思ったより早く作業員さんが我が家に来てくれました。

「蛇口がいかれてます。ここから少しずつ漏れているんでしょう。下の階の方から苦情が来ていませんか? 来てないとしてももう時間の問題でしょうね」

さすがプロ!

一目見て壊れているところがわかるなんてすごい。

「じゃもう早くなおしてください」

「はい。では見積もります」

(しばし沈黙。この間、犬のべべが業者さんの荷物を踏む、荒らす、口にくわえて持ち去る、のを、私が必死に止める……)

「お待たせしました。同じタイプの蛇口ですと、約6万ですね」

卒倒しそうになりました。

ろ、ろ、6万ですって?

ないない。6万なんてお金うちには出せない。

「もっと安いのありませんか?」

「のびるシャワー機能の蛇口ですと6万になります」

「のびなくていいですし、シャワー機能もなくていいです」

「わ、わかりました。ではこちらなんかはいかがでしょう?」

「それだといくら?」

「37,000円くらいですかね?」

もう頭がクラクラして立っているのもやっとの状態にTдT

16,000円でも絶対に高いと思っていたのに、37000円……。

でも、迷っている時間はないのです。

水漏れですから!!

様子見も放置もできないじゃないですか。

蛇口は前チチが壊しました。
クリックすると元のサイズで表示します

いつかは修理しようと思っていましたが金が惜しくてだましだまし使っていたのです。こんなことになるなんて知りませんでしたし、キッチンの戸棚がなおったばかりなのに、なんてことでしょう。

もうやるしかないな……
クリックすると元のサイズで表示します

あまりにも私が呆然としていたので、業者さんが「キッチン内の荷物をどけてくれるサービス」をしてくれました。す、すみません。

しばらくして、完成!
クリックすると元のサイズで表示します

のびるシャワー機能がなくなってる@~@

ああ、シンプル構造……

まあいいです。

4万円出して、おつりは3千円ちょっと

主婦にはいたーい出費でした。でも、なおってよかった。

なわけで予定が狂ってしまい、グッチのブログ更新用の写真の整理が中途半端なままになっているので、もうしばらくお待ちください。

「おれからもすみません。ぺこ」
クリックすると元のサイズで表示します

下の階に水漏れがいっていなくて本当に幸いです。

スポンサーリンク





日記

真夜中の興奮状態

今日は眠れそうにありません。

のりまきが鳴いたのです。

はじめて鳴き声を聞きました。

「んにゃん」

か細い声でしたが、確かに鳴いたのです。

ねえ、のりくん、なんて言ったの?
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんをくれていた若夫婦に「二等兵」と呼ばれていたのりまき。

二等兵……この名には理由があります。

当時の野良ボス猫は我が家で保護し闘病の末に亡くなった「まーも」でした。まーもの影に隠れるようにコソコソ動き回っていたから、のりまきは「二等兵」だったのです。

ごはんをくれていた若夫婦は、小さな子供を連れだいぶ前に引っ越してしまいました。毎日その夫婦の家の前で骨休みをしていたのりまきは、突如行く場所を失ってしまったのです。

うちのすぐ近所だったので、私は事情をよく知っています。

夫婦の古巣に灯りがともらなくなったあとも、のりまきはちょっとすれた忠犬のようによくそこにぽつんと佇んでいました。毎日通ううちに、心の拠りどころになっていたんだと思います。家に灯りがともるのを、夫婦の声を、影を、ぬくもりを、探し、待っていたんです。

その姿がとても切なくて、私は保護を急ぐつもりでした。

でも、あの時期はなぜかどういう手を使っても保護できなかったです。

引っ越す前、若夫婦は一度も「二等兵」にさわったことがないと話していましたが、それでも、のりまきにとっては大切な人だったのかもしれません。

ただあまりにも無口だから、それじゃのりくん誰にも伝わらないよ……。

保護する前は、なかなか捕まらないのりまきに「保護してやれなくてごめんね」を言い、保護したあとは、「保護しちゃってごめんね」を言いつづけました。

どうしてやればいいのか、わからなくて。

外にいても我が家にいても、のりまきが幸せそうに見えなかったから。

必死に生きているのに、生き延びてきたのに、生きている姿が幸せに思えないなんて、おかしい話です。

でも、さっき、鳴いたの。

あの子がはじめて自己主張したのです。

私は完全に涙腺が壊れてしまい、嗚咽を漏らしました。

のりくん、なんて言ったの?

いいこと?

いやなこと?

文句?

なにを伝えたかったの?

お座りしたのりまきを撫でていたら、この子の過去が全部すっと私の中に入ってきました。鳴けるのに鳴かなかったのは、自分の声がどこにも届くはずなどないと諦めていたからでしょう。

じゃあどうして鳴いたののりくん……

私も涙が止まらないよ。

のりがどうして鳴いているのか、私にはわからないけれど

私がどうして泣いているのか、のりにはわかる?

のりが勇気を出して開いてくれるなら、中からどんなものが出てきても絶対に受け止め守ってあげる。信じてくれなくても、約束する。

お前さんはもう、二等兵じゃないんだよ。

私は彼に肩の荷物をおろしてほしいと願ってきたけれど、実は彼が一番、窮屈な生き方に辟易していたのかもしれないですね。

強い。

小さくても、私なんか、まだまだかなわないや。

のりまきあなた、本物の男だね。

なに言ったのかは不明だけど、声が聞けて幸せで、とりあえず愛してます。ありがとう。

きっと近いうちにもっともっと仲良くなれそうな気がするよ。

スポンサーリンク





ほほの哲学 愛は共存

あい は ともだちねこ

あい は ぴったし

あい は あったか

あい は おかーさー

あい は やさし

あい は うれし

ぼき ほほ

きょー も いきてまち

おかーさー にっこり

ぼき にっこり
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





ハゲの原因は不明でした

この季節、意味不明に体の四肢が突如かゆくなり、ただれる病がまたはじまりつつあります。虫に刺されていないのに、ムヒ塗りまくりだよTдT 勘弁してー

遅くなりましたが、週末の通院隊の写真でも!

妹夫妻、柴犬まめ、あまぱん、保護猫のりまき、プラス私で病院へ押しかけました。駐車場代がねぇ意外と高いんです。病院に駐車場があればもっと通いやすいんだけどなあ。でもみんなで行けば、ガソリンと駐車場は節約できますね。

まめ、勘ちがいの笑み(病院に着いたとたんテンション激落ちパターン)。まめももとは私が保護した犬。妹夫妻が里親として大切に育ててくれています(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

トップバッターはあまぱん太郎
クリックすると元のサイズで表示します

肺のレントゲンを撮ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

ずっと消えなかった白モヤが消えててびっくり!

やったね

喘息っぽいのでしばらくはステロイドで様子を見ますが、ステロイドを長期使いたくない私は、先生と相談して量を減らしていく方向に。

つづいてまめ。狂犬病予防接種、フィラリア検査、心臓の検査などいろいろやってました。妹夫妻の宝ですから!

最後はのりまき氏! ハゲの部分がだいぶ改善されています。
クリックすると元のサイズで表示します

ガビの培養検査では2週間経ってもカビは検出されませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

カビじゃなかったことでますます「?」になってしまい、念のためもう一度だけスクリーニング検査を受けさせることにしたのです。できればこれを我が家にいる間の最後の通院にしたい。だからこそ不安を残したくなかったのです。

結果、グロブリンが微増程度。あとは全項目正常範囲内で特に疑わしい内臓疾患もありませんでした。となると、一過性のストレスかなにかでしょうか?

「さあ、おれ自身にもわかんないよ。薄毛、抜け毛は遺伝だろ?」
クリックすると元のサイズで表示します

いやいやちがうて ̄ー ̄

血液検査もクリアしたし、カビも出ないし、なのになんでハゲたかはいまだに謎だけど、まあ数日様子を見て今後を決めようね。もちろん、里親さんと一緒に考えていきます。

ご一行で病院に押しかけ長居した私たち
クリックすると元のサイズで表示します

来週はどうか行かずに済みますようにと心から願いつつ本日の更新を終えたいと思います。

PS かゆい助けて……

スポンサーリンク