ただのねこ、家族を求む

皆さまこんにちは。
昨日の夜も更新しているので、よかったら昨日の分も読んでくださいね。
たまっていたコメント返しも終えました(笑)。遅くてごめんなさい。

コメントドシドシカモーンです。

今日はみいさんちのさーちゃんの紹介を♪
クリックすると元のサイズで表示します

みいさんち のさーちゃんに限らず、多くの方が保護犬猫の里親募集をしています。全ての子をとても気に掛けているのですが、自分の更新でいっぱいいっぱいな上、私はバ ナーもまともに貼れない人間なので、気持ちだけの応援になってしまっています。ごめんなさい。私も抱えている子がいますので、お互い頑張りましょうね~♪

今年に入ってから私が保護した成猫を、みいさんは2匹預かってくれました。白三毛の千広(花音)とさび猫のリリー(リー)。リーに至っては、募集から担当してくれました。感謝の気持ちを込めて、さーちゃんについて私が思うことを書きたいと思います。

さーちゃんは、お問い合わせがないそうです。
若いし、性格がいいし、ハンサムなのにどうしてでしょう。
もしかして、FIV+が原因なのかな?

うちの亡きかつもFIV+でした。
その為私は、保護猫たちとかつの距離を保つのに苦労を覚えました。
保護猫たちはケージの中で我慢してもらい、リビングに放す時はかつを寝室に移動させていました。

でも、心の中ではこう思っていたんです。

「ばっかばかしい。めんどくせー。何やってるんだろ、私」

FIVは簡単にうつりません。だから全然怖くなんかなかった。ちょっとやそっとのことではうつらないのに、どうして隔離をしなければならないのか?

それに、ウイルス検査が陰性でも若くして亡くなる子は沢山います。逆にウイルス検査が陽性でも、しぶといほど長生きする子は数え切れません。15年生きる 子は、1匹や2匹じゃないんです。たまたま、うちのかつくんは亡くなりました。でも、FIVを発症して旅立ったわけではありません。

私が保護猫とかつの間に壁を設けたのは、差別や偏見から双方を守るためだったんです。

数メートル離れているにも関わらず、保護猫とかつが一緒の空間に写っている写真を見て

「保護猫ちゃんを希望しようと思ったけど、先住猫がFIVなのに同じ場所にいるから、保護猫ちゃんにもうつっているんじゃないか?」

とのメールが届いたことも。

数メートル離れているんだから、うつりようがない。
例え寄り添っていても、簡単にうつるものじゃない。

本当のことを言っているのに、なかなか理解されず、苦悩しました。

汚れた目でかつくんを見ないで。
私のかつくんは、病原菌じゃない。

隔離措置は私にとって保護猫たちをかつから守るためじゃない。
かつが差別を受けるのは、どうしても耐えられない。
だから私は先回りして、ひたすらかつと保護猫たちの距離をキープし続けたんです。遊びたい盛りのかつには申し訳ないことをしました。まあ、うちのかつくんは保護犬たちと仲良くしてくれたから淋しくなかったと思うけれど。

私たち保護活動をしている人間は、一度保護することを決めたら、途中でその子を投げ出したりしません。

トイレができないという理由で外に放すこともしないし、いたずらをするからといって手放すこともない。血液検査の結果、FIV+であろうが、フィラリア陽性であろうが、その子を思う気持ちは全く変わらない。むしろ、日に日に愛しさが増す。

みいさんはさーちゃんがFIV+であることを知った直後、私に電話をくれました。みいさんの声は不安を含んでいました。

みいさんが何に不安を感じたのか?

私にはすぐ分かりました。

みいさんちの先住猫たちに病気がうつるかもしれないから?

いいえ。
みいさんはFIVについて正しく理解しています。だから全く心配していません。

若いさーちゃんがすぐにFIVを発症してしまうと嘆いて?

いいえ。
全然。みいさんはさーちゃんが極めて健康的であると知っているのです。

みいさんの不安はさーちゃんに対してではなく、さーちゃんを見る周囲の視線なのです。ただFIV+だったというだけで、誰もがさーちゃんの前を通り過ぎる のが嫌だったんです。さーちゃんが謂れのない偏見や差別にさらされるのが耐えられないんです。私もそう。保護に携わっている人はみんなそう。FIVの子に 対して浴びせられる冷たい視線を我慢できない。

さーちゃんを見て。

こんなに素敵な男の子ですよ。

みいさんは心からそう思っています。それを伝えようとしています。

FIVは簡単にはうつりませんが、絶対にうつらないわけではありません。でも、工夫次第では先住猫がいるお宅でも上手に暮らしていけるんです。それに、さーちゃん単体なら問題はもっと簡単でしょう! ね、さーちゃん♪

「むずかしいはなし、おしまい。ぼく、ただのねこ」
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんごめん。そうだね(笑)。

……いや、違うな。
さーちゃんはただの猫じゃない。
ハンサムな猫よ。

どうかさーちゃんをはじめとする保護猫たちが早く良縁に恵まれ、お外で順番を待つ子たちに手を差し伸べられるようになりますように……。

かつくん「さーちゃん、絶対に家族に巡り会えるよ。ぼくはそう信じている。だって、ぼくが生きていた頃、703号室を読んだ多くの方が“かつくん、可愛い”って思ってくれたでしょう? それがすべてだよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」
かつくん なな

スポンサーリンク





犬と猫と人間と

ボクシングの試合の日、実は私、数年ぶりに派手に転びまして^^;
試合に出たわけでもないのに、今頃になって体のあちこちが痛いです(涙)。昼間、コロの薬浴をKさんに任せてババ(母)のお見舞いに行ったのですが、運転が辛かった。運転って結構体使うんですね。知りませんでした。

今日は映画「犬と猫と人間と」について。
クリックすると元のサイズで表示します

10月10日~ ユーロスペースにてロードショー
この映画に描かれている現実は、すべて私が知っている内容です。
目新しいことなんて、ひとつもありませんでした。
出演者も知っている方ばかり。

なのに体の芯から何かがわき出て、それを抑えるのに必死な118分間でした。

呼吸を整えて画面を凝視する。
現実と向き合う。

ほんの少し勇気が要ることですが、決して不幸なことではありません。

観終わった後、私は単純にこの映画の存在に感謝を覚えました。

皆さまが想像しているような残酷なシーンはあまり出てきません。仮に、悲しみをくっきりと映し出している部分があっても、観るべきだと思うんです。

そしてできることなら、犬猫に関心がない方、あるいは、好きだけど適正に飼えない方、これから犬猫を「買おう」としている方を巻き込んで一緒に観てください。現実をある程度知っている方が何度も観るより、ほとんど何も知らない方が観た方がいい気がします。

この映画を他の方に紹介するのは、政治や宗教の勧誘とは違います。
現実をただ知ってもらうだけでいいのです。全てを知った後、その方がどう感じるのかを気にする必要はありません。ある人は何も感じないかもしれないし、あ る人は痛みを発しながらも、家族を求める保護犬猫の前を足早に通り過ぎ、ペットショップやブリーダーの元に並んで犬猫を買ってしまうかもしれない。でも、 それでいいのです。

現状を知れば動く人が必ず現れる。
たったの一握りかもしれないけれど……。

徐々にタバコのポイ捨てがタブーになったように、少しずつみんなの底辺で意識が変化すれば希望が見えてきます。犬猫の遺棄とタバコのポイ捨ては全く違う次元ですが、大勢の目が光っている→捨てる(棄てる)のが恥ずかしい風潮→捨て(棄て)にくい社会かな、と私は思います。現実はもっと複雑だと怒る方もいるかもしれませんが、答えは案外シンプルだとも感じるんです。問題を大きく括った場合の話ですが。

そもそもこんなにリアルなのに、知らないのは罪です。

ぜひ、周りにいらっしゃる多くの方々と共に映画「犬と猫と人間と」をご覧ください。

知るきっかけとなる映像や書物その他は宝です。
不遇な犬猫たちの「声」です。

私にとってはね!

家族を求める保護犬猫の「里親」が増えることを目論んで。

かつくん「長くなったから、予定していたさーちゃんの紹介はまた次にします。

現実を知るきっかけがあれば、力を振るう方が現れる、ぼくもそう信じています。ハハ、自分の知っている様々な書物やHPやブログを紹介したいし、もっと声 高々に訴えていきたいらしいけど、日々の更新に追われてなかなかできないって。ま、啓発や分析は得意じゃないから、地道に日々の更新を頑張るって。頑張 るって言ってる割には、バカっぽい内容ばかりだけどね……。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」
かつくん なな

スポンサーリンク





ここ最近のあれこれ

急ぎ足で過ぎゆく毎日。

先週末もあっという間でした^^;

金曜はラジオ番組への出演。詳細は今度お知らせしますね。土曜はババ(母)のお見舞いや掃除、ポンタのワクチン。日曜はハハ妹とチチのボクシングの応援。練習試合だったんです。

赤いグローブがチチ。元プロ相手に奮闘。
クリックすると元のサイズで表示します

いい感じ?
クリックすると元のサイズで表示します

ところが、この後、立てなくなるほどボコボコにされてました(汗)。よわっ^^;

夜、そんなチチを慰めるべく、可愛いゲストが遊びに来てくれました↓

皆さまご存知ですよね? ももりんでーす♪
クリックすると元のサイズで表示します

あかりちゃんも来てくれましたよー。
クリックすると元のサイズで表示します

ももママ家の預かり犬チック&せいちゃんも。
クリックすると元のサイズで表示します

ももパパママちゃんとおしゃべりして日頃の疲れを吹き飛ばしました。ありがとう♪ ポンタ&ベレーボが元気すぎてごめんよー(涙)。それにしても最近やたらももママちゃんと会ってるな。水曜日も会う予定だし(笑)。今後ますます親近感が強くなりそう。

そして今日は自分の通院日でした。先週の木曜行けなかったから今日行きました。有明までひとりぼっちのドライブ。どうでもいいけど、首都高往復&駐車料金が高い。電車で行くと時間がかかるし(片道一時間半)、電車賃も高いんですよー。

はあ。行く度に同じことを書いてしまう……。
転院したいけど、私の肝臓は癌研有明病院じゃないと診れない。私、万が一癌が再発しても抗がん剤が使えない体なんです(シクシク)。だからこまめにチェッ クしないといけない。しかも、問題が起きたら素早く治療を開始しないとダメだから、簡単に病院を変えられなくて^^; 今週木曜また行かないと。一週間に 2回ってどういうことー?

通院がストレスで病気になったら訴えてやる!(笑)。

真っ直ぐ帰るのも悔しいから、ふらりとビーナスフォートに寄ってみました。

回転寿司8皿&キャラメルクレープを平らげ、アイスレモンティをぐぐっと飲み干してお買い物へ。

買ったのはこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつの間にか恐ろしいほど太ったほほへダイエットフードを買いました。同じものを食べてダイエットに成功した猫がいるのを知ってまねてみました。効果が出 ますように……。犬のおもちゃ、コロの食器も購入。コロ、皮膚病だからオシャレできないし、決まったものしか食べれないから何をしてあげたらよいのか分か らなくて^^; 食器ならいいですよねー。

ハート型は洗いづらい&食べづらいかも。
でも、可愛いから自己満足でいいや。

明日、コロちゃまは薬浴にでかけまーす♪

通院代が高いとほざいたのに買い物を我慢できない。
私は心の病気です……。

☆☆☆おまけ☆☆☆

卒業猫金太郎の里親さんが「早食い防止食器」の写真を送ってくれました(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ふふーん。
なるほど。
この凸凹構造なら凸が邪魔で一気に食べれないですね……。
良く考えられてます。しかもオシャレ。

色々なサイズがあるそう。金太郎王子はSをご愛用だとか。
ドカ食いの愛犬愛猫ちゃんにいかがですか?

「ぼくちん、少しは上品な食べ方になったよ」
クリックすると元のサイズで表示します

少しだけー?
ダメだよ金ちゃん。
もっとゆっくり食べなさい。

かつくん「病院へ行く度に買い物してないか? 交通費や診察代も高いのに……。

まあ、犬猫に使う分にはいいっか。ぼく、しらなーい。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」
かつくん なな

スポンサーリンク





ひとりじめ2

急いで更新するつもりだったのに、あまたんとベレーボがこの世のものとは思えないほどくちゃいうんPをしたので、一旦手を休めるはめになりました^^;

鬼だー!

あまぱんとベレーボは鬼だ!

と書いている今、なんとほほまでもがコーウンをもたらしてくれました(爆)。

もういいや。

ほっときます。

ソレニシテモ、ホホノ、イチダントクサイ……。

ケンちゃんの新しいお名前は、ひらがなで「けん」。

ケンは自分の名前を認識しているから変わらなくて良かったです♪ 賢い男の子は「おすわり」をたったの1日でマスターしたそうですよ! すごい^^

華ママちゃんから預かったお婿入り道具と私が持たせたやつをごちゃまぜしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

「全部ぼくの?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだよー! ご家族もけんのためにたくさんのグッズを用意してくれたんだよ。

気持ちを落ち着かせるための大きなケージや玄関に設置された飛び出し防止ゲート
クリックすると元のサイズで表示します

階段には滑り止めマット
クリックすると元のサイズで表示します

床の上を上手に歩けないようならマットを敷くことも考えているそうです。

迷子札は2つ用意されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

夜はけんちゃん専用ベッドを2階のお姉さんのお部屋に運んで一緒に寝るんだとか。
クリックすると元のサイズで表示します

ご馳走になったケーキはお姉さんのお手製でした。超おいしかったです♪
クリックすると元のサイズで表示します

家族写真(お父さん、かっこいい!)
クリックすると元のサイズで表示します

私とチチも記念に撮ってもらっちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

けんがどのような過去を経て、今のご家族にたどり着いたのかは分かりませんが、私はけんはここへ来るべき運命だったと思っています。でも、その運命を築いたのは神様ではありません。けんやけんのご家族、保護主さん、シェルターの方々、華ママちゃん、 そして私が導いたものだと思っています。自意識過剰に聞こえるかもしれないけれど、私は自慢をしているわけではありません。犬猫たちの運命は天が創造して いるのではなく、また、あらかじめ決められているわけでもありません。私たちの掌に委ねられていると考えているのです。私たちの手は、彼らの未来を変えら れる。人間の力は大きいのです。それが言いたいだけです。

“ウンメイ”

都合よく使われがちなこの言葉、私は昔からあまり好きではありませんでした。

「この子は殺処分される運命だったのよ」

「事故に遭ったのは仕方がないの。この子はもともと長く生きられない運命なのよ」

自分を慰めるために、あるいは言い訳のために“運命”を連発する人間のセンスのなさに閉口します。私は絶対に同じ使い方をしません。運命は、良い方向へと変えられる。運命は幸と共にある。そう信じていますから。

一頭でも多くの犬猫が“運命の出会い”を果たせますように……。

ご家族から届いたけんの写真↓ すっかり甘えん坊♪
クリックすると元のサイズで表示します

ダブルリードでお散歩^^ お友だちもすぐにできそうですね。
クリックすると元のサイズで表示します

けんちゃん、かっこいいよ!

けんはご家族と一緒に来月行われる新座里親会に出没予定です(笑)。
会った方は声をかけてくださいねー!

それから703号室の卒業生による同窓会(11月1日)に参加します♪
参加メンバーがもっと増えますように(笑)。

かつくん「Ⅹ136けんちゃん、おめでとう。保護主さんから渡されたけんちゃんの命のバトンを握りしめて走ったハハは喜びでいっぱいです。これからはずっと幸せでいてね。それがバトンを握ったみんなの願いです。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」
かつくん なな

スポンサーリンク





ひとりじめ1

UPしなければならない記事が山盛りなのに全然追いついてない(涙)。
関係者の皆さま、ごめんなさい。あとでまとめてUPしますね。

同窓会のこと、703号室カレンダーのこと、12月に「猫なべ」を開催しようとたくらんでいること(笑)、みいさんちのさーちゃんのこと、今度ラジオ番組に出演すること、映画「犬と猫と人間と」を絶対に観てほしいこと、そして、ベレーボの今後について……。

新たな犬ポンタ&うちのリルのことも書かないと^^;

大丈夫かな? 私。

実はうちのババ(母)が肝臓病で入院してしまったんですよ。だからますます忙しくなってしまって。

ケンちゃんの卒業記事もこんなに遅くなっちゃったー(涙)。ごめんよ、ケンちゃん。

今から2回に分けて元気良く更新しようと思います!

センターで処分される寸前にシェルターに保護されたケンちゃん。昔のケンちゃんは、一体どんな暮らしをしていたのでしょう? 推測はできても、知る術はありません。 華ママちゃんのブログに「シェルターのケンちゃん」として登場した姿を見て、胸がキュンとしました。ケンの笑顔って、なんだか甘くて切ない感じなんですよね。一度見たら忘れない外見も素敵だし(笑)。

シェルターでも、華ママちゃんのお宅でも、我が家でも、ケンちゃんはいつも他の子に寄り添っていました。他の犬はケンの精神安定剤のようにも見えました。

いっつもみんな一緒!
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんのお宅は現在犬猫を飼っていません。私は少し心配でした。

ケンちゃん、ひとりで大丈夫?
クリックすると元のサイズで表示します

淋しくない?
クリックすると元のサイズで表示します

怖くない?
クリックすると元のサイズで表示します

そんなことを考えていたら、遊びに来たももママちゃんがこう言ったんです。

「一頭で可愛がられるのって、うちの子たちは味わえない幸福なんだよね。だからケンちゃん、良かったね♪ お散歩のときに他の子と仲良くすればいいし」

ハッとしました。

そっか……。

そうだよな。

悩みが一気に飛びました(笑)。
物事を違う角度から捉えることに成功すると、私は妙にスカッとします。

ねえ、ケン、これからはケンだけだよ。
クリックすると元のサイズで表示します

他の犬をまねて行動していたケンだから、最初は不安でいっぱいかもしれない。でも、家族の愛情を独占するのも絶対に悪くない。今まで沢山の犬に囲まれて生きてきたからこそ、ケンは一頭で可愛がられながら生きるべきかも……。

ケンちゃん、地下室つきの大きなお家を自由に飛びまわるんだろうな~♪
クリックすると元のサイズで表示します

写真に写っているのは、ケンの新しいお家と2軒先に住むおじいちゃん。
撮影の許可を得ていますのでご安心を~。

ケンのご家族はお父さん&お母さん&お姉さん。
お届け前に数度お会いしました。
先代犬クッキーちゃんを亡くしたご一家は、「もう犬は飼わない」と悲しみに暮れていたそうですが、クッキーちゃんの物資を寄付するために訪れた新座里親会で驚愕したそうです。

「こんなに大勢の犬が、家族を求めているの? なら、何とかしなければ……」

それが、ケンを迎えるきっかけなんだとか。
多くの方がそう思ってくだされば救われる命は増えますよね。
ジーンとしました。

素敵なご家族の紹介は次回(笑)。

顔出しの許可を得ていますから、皆さまお楽しみに~♪

☆☆☆ありがとう☆☆☆

ご家族に頂いたものを先にUPしちゃいます。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなにたくさん……。ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

この他にも華ママちゃんやシェルターへの医療費とプレゼントを預かっています。私も過分にワクチン代を頂きました。ありがとうございました。次の子(ポンタ)に使わせて頂きました。

つづく

かつくん「一回切ってごめんなさいね。この後すぐつづくみたい。

他の子と寄り添い合いながらの生き方もいいと思うし、一頭は一頭でしか味わえない幸せもあるよね! 幸せって言葉や形で表現するのが難しいけれど、ぼくはやわらかくあたたかい空間で明日を迎えるのがぼくたち犬や猫にとっての幸せだと思うんだよね。

ケンちゃん、おめでとう。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」
かつくん なな

スポンサーリンク