ぼくの健康自慢 ほか

皆さまこんにちは。気分上々の金曜日。

 

 

夜は学生時代の友人なおちゃんの誕生日パーティへ参加するのでお子たちのお世話はチチにバトンタッチします。六本木だって。なに着ていこう?

 

 

「お母さん オシャレするの?」

souzouryoku-3

 

 

 

まあお母さんなりにね^^

 

 

一見かわいいナナのソファからの顔出し姿。実は入ったはいいけれど、出れない状況です。

souzouryoku-4

 

 

 

じゃあ入らなければいいのにね。

 

前足でもがいてクンクン鼻鳴き。お母さんに助けを求めるナナ。

 

足腰がわるくなってしまったので踏んばる力が弱くなったようです。

 

力持ちのお母さんはソファごと持ち上げナナを解放。腰痛いよ。

 

 

 

そうそう。先日保護したハンサムくん。無事に医療ケアを終えました。詳細は今度紹介します。

img_5449

 

 

 

名前だけ先に発表しようかな? それにしてもきみさあ、被害者ヅラがすごいですね。

 

 

怖かったんだから当たり前か。時間をかけてすこーしずつ仲よくなろ。きみをリリースはしません。せっかくスカウトしたんだもの。私はつかんだ獲物は離さない主義ですから(爆)。

 

 

妹がオフィス近くにある飲食店の名を片っ端から挙げ、その中で名を決めろと言ってきました。

 

 

私が気に入ったのは「満天(まんてん)」。

 

 

よし!

 

 

きみの名は「満天」だ。

 

 

皆さまどうぞお見知りおきください。

 

 

 

「ハハ~ ぼくを忘れていませんか? ぼく まだ703号室の保護猫ですけど?」

souzouryoku

 

 

 

忘れてないよ。ジョイのことで頭がいっぱいだよ。お婿入り準備を終え、カウントダウンだね。

 

 

先週末ジョイを卒業前検診に連行しました。キャリーに入れるのが至難でしたが、最後は作戦通りに。その際チチと大喧嘩。チチがジョイを追い回し必要以上にビビらせてしまったのです。

 

 

卒業を控えた大事な時期にジョイのトラウマが増えたらどうしてくれんの?

 

 

ジョイ、かわいそうなことをしてごめんね。

 

 

ジョイ氏、厳重に移動^^;

img_5354

 

 

 

やりすぎ?

img_5363

 

 

 

しかし保護動物の安全を守るのは大切なこと。昔、保護犬のリードのフックが突然壊れたことがありました。保護猫のキャリーの蓋の金具が外れてしまったこともありました。

 

 

劣化するほど使っていたわけじゃないのに、要は不良品だったのです。それ以後、私は「物」を過信しません。慎重に慎重を重ねて損はないと思います。ただでさえ、外の環境や移動に慣れていないジョイが万が一キャリーを飛び出したら? 考えただけで恐ろしい(汗)。

 

 

「いいからぼくの健康ネタを自慢してくださいよ」

fullsizerender-4

 

 

 

ジョイは爪を切ってもらい3種混合ワクチンと血液スクリーニング検査を受けました。診察台ではかった熱が40.6度(猫の平熱は38度)。状況から考えて極度に緊張していたのがうかがえます。聴診、触診問題なし。体重4.3キロ。思っていたより小ぶりです。

img_5356

 

 

 

じっとしていてえらいね。すぐ終わるからね。

fullsizerender-3

 

 

 

20分後、想像以上にすばらしい結果が出ました。見てください~!

img_5378

 

 

 

全項目ピタッと基準値内におさまっています。超うれしい♪

img_5379

 

 

 

これで安心して見送れる。長く我が家にいる子ですから、この結果は私の自信にも繋がります。とはいえジョイはまだ若く、ぐうだら保護主の私は大したケアもしていないですけど。

 

 

さっそく里親さんとジョイを保護したピチコさんに報告。いっしょに喜びを分かち合いました。

 

 

ジョイありがとう。

 

 

つづいては胃拡張を起こしたべべ公

fullsizerender-5

 

 

 

造影剤が流れているかレントゲンでチェック。薬のたっぷり入った皮下点滴もお願いしました。

img_5371

 

 

 

腫瘍は巨大化しているけれど、まだ液体は通過しているとのこと。

 

 

うん。ならいい。充分です。

 

 

液体が流れているなら、食事を完全に液体にすればいいだけ。

 

 

あの騒ぎからじき1週間経ちますがべべはシリンジご飯とちゅーるをごきげんに食べています。

 

 

べべありがとう。

 

 

さて、来週は慢性腎不全のナナの通院を控えています。

 

 

保護猫満天やおちびさんたち(ミルク&ココア)についてもおいおい書かせてくださいね。

 

 

皆さまよい週末をお迎えください。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

負の循環をきみと切る

2日ぶりにお風呂に入りました。髪も洗いました。今夜は玄関ポーチの清掃をしていません。

 

 

自分を褒めそやしてあげたいです。

 

 

 

イケメンと並んでにっこり♪ センス0の家着、ウエストポーチ、すっぴんは大目に見てください。

ton-2

 

 

 

やりましたよ! 24時間の間に12回は見まわりました。いやもっとかも。とにかく消耗した。

 

 

うちの近所での「捕獲」が私はいちばん苦手です。精神を蝕まれます。近隣は私が知る限り99%が猫嫌い。みなさん被害者意識が相当に強いです(苦笑)。なんでも、加害者は「猫」とのことですが、果たしてどうなんでしょうか?

 

 

「木を見て森を見ない」

 

「大学へ入りたいけれど勉強はしたくない」

 

 

ふふ。意味深ですか?

 

 

顔で笑い、内心このように呟いています。

 

 

猫に餌を撒く老人と私のいたちごっこも10年近く経ちます。多くの餌やりがどこかへ引っ越していきましたので現在餌やり宅は1軒のみ。この1軒がほんとうにキツい。衛生面から見てもですが、お人柄も・・・・・・(以下自粛)。不本意ながら10年もおつき合いをしているので相手さまのことはだいたいわかります。過去には老人が撒いた餌を私が勝手に捨てる現場が見つかり(意地悪でやったのではなく理由があります)大声で怒鳴られました。老人といっても元気のある方ですから怖かったです。区の生活衛生課にも相談済み。近所の方に仲裁をお願いし話し合いの努力も重ねてきましたが、私の思考能力ではもはや限界なので正面突破を避け、コソ泥のようにヒソヒソ猫を保護しています。

 

 

老人宅に隣接している家々は猫を害獣扱い。猫に入ってほしくないとばかりにあちこちに「トゲトゲ」が設置されています。過去には猫を毒殺した人がいて私が警察を呼んだことも。

 

 

猫の存在が迷惑になっているなら、保護して家に連れて帰る私に協力してほしいのですが、捕獲箱すら置かせてもらえません。菓子折を手に丁寧に頭を下げても。

 

 

じゃあさあ、いったいどうすんの?

 

ですよ。

 

 

老人が餌を撒くみんなが迷惑する猫が悪者になる近隣のうち数人がなぜか私に苦情を言ってくる私が猫を連れて帰るために捕獲箱を置かせてくださいと提案するほぼ全員いやがる老人が餌を撒くみんなが迷惑する

 

 

わかります? 負の循環が^^;

 

 

ここまでくるとなんで私が時間とお金をつかってヘコヘコしなきゃいけないのか理由がわかりません。私も人間ですから長年関わっていると当然ストレスが溜まります。

 

 

おっと。愚痴が長くなりすぎた。ごめんなさい許して。

 

 

とまあ、恵まれない環境下で保護したので喜びもひとしおなわけです。

 

 

あ、自慢ですが私がヒソヒソと猫を連れ帰っているので野良猫数が激減しました。犬の散歩で外へ出てもほとんど姿を見ることはありません。最近見かけたのは黒白と茶白。黒白は昨日至近距離で見ました。たぶん女子。耳に「地域猫」の印のVカットがしてあります。

 

 

私以外に猫の保護や不妊手術をしているお宅があるのでしょうか?

 

 

いろいろ当たってみましたが、出会えず。謎のままです。

 

 

けれどもう1匹の茶白は未去勢。顔つきから性別は「男子」かと。

 

 

結局今回私の捕獲箱には未去勢の茶白が入りました。

 

 

正直、老人との軋轢もあり黒白の子(避妊済み)までは手がまわらないので、今は茶白の男子のみに専念します。幸い、黒白の子は不妊手術が済んでいるので様子を見ます。

 

 

詳細を全部書きたいけど余力がありません。

 

 

 

苦戦だったので日中サッとパワースポットへ

ton

 

 

 

1回戻って今度は役所に相談に行きました。どうしようもなく追い詰められていたのです。

 

 

役所がプレゼントしてくれたプレート。内容がすばらしい。

ton-9

 

 

 

いちばん読んでほしいあの方には意味がわからないんだろうなあ。

 

 

北海道の小宮さんとキットの保護主さんにも電話で相談。いただいたアドバイスを実践するためスーパーへ行き必要なものを揃えました。

 

 

夜9時すぎの見まわりの際に捕獲箱の蓋が閉まっているのを目にしたときは感動したな。

 

 

箱の中のハンサムくんはあり得ない暴れ方をして私を驚かせてくれました。

 

 

外ではこのスタイルで持つしかなくて・・・・・・ようやく703号室の洗面室へ移動

ton-6

 

 

 

中から低いうなり声をあげているのでカバーは外せませんでした。

 

 

emi-goにSOSの電話。いきなりごめん。助けて、猫がきたの。って。

 

 

emi-goがすぐに迎えに来てくれました。あなたは女神です。

ton-5

 

 

 

静まりかえった院内へ。医療ケアと数日の入院をお願いします。

ton-4

 

 

 

写真だとわからないでしょうけど箱の中から手を出し、シャーシャー、カッカ! 終始怒りまくりのハンサムくん。怖い思いをさせてごめんね。今心が凹んでるからあんまり威嚇しないでちょ!ton-3

 

 

 

車内でも院内でも詳細を話す気力がなかったし、emi-goからは聞かれもしませんでした。

 

 

さまざまな感情を押し殺しての1日半でしたが、最後にemi-goの顔を見て救われました。

 

 

どうもありがとう。

 

 

前にも数回猫をemi-goの勤める病院へ突然連れて行ったことがあります。全部同じ経緯で。

 

 

そういえば卒業生はな丸(ひかる)もそうだったよね。懐かしの保護記事はこちらをクリック。茶白だし共通項がいっぱい。右の大吉(サラダ)も703号室卒業生です。覚えてますよね?

ton-8

 

 

 

すっかりシンクロの仲になっちゃって!

ton-7

 

 

 

こういう写真が送られてくると、やっぱりお家に入れる子を増やしたくなります。

 

 

このたび保護した茶白のハンサムくんのことはチチの気持ちもあるので、数日後にチチが帰ってきたら相談して決めます。私の独断で動いていることを責められませんように(汗)。

 

 

うー! 話したらスッキリ。皆さま聞いてくれてありがとうございます。

 

 

気分最高! 明日はお子たちと寝腐ります。

 

 

スポンサーリンク

野良猫を想像する

玄関ポーチの清掃をしすぎて満身創痍です。

souzouryoku-2

 

 

 

はい。同情に値しないですね。わかっています。

 

 

 

期限切れのパスポートをどうにかしないといけません。台湾のいとこの結婚式があるのです。

 

 

ぜったい参加したい。14年間、私は台湾に帰っていません。べべが1歳の頃に行ったっきり。

 

結婚式はもちろんのこと、ガンで亡くなったおじの墓参りや、アマー(祖母)にも会いたい。

 

犬猫と暮らして旅行は諦めました。しかし望郷の念がなくなったわけではありません。どういった形で留守をするのかが悩ましい限りですが、台湾の空気を吸いたいです。

 

 

そういえば30年以上前の台湾にはいたるところに物乞いをする方がいました。幼い時分は「ストリートチルドレン」を見かけたこともあります。現代の日本にはさすがにいませんよね?

 

 

法的には人間の子どもには「基本的人権」が担保されているので、そもそも次元がちがうのは承知していますが、ときどき私は頭の中で稚拙な比喩をするのです。

 

 

もしも晴れた日の昼に食べものを抱えたストリートチルドレンに出会ったら。

 

その子の顔色がよく、まんまるに太っていたら。

 

 

よかったよかっためでたし、と拍手を送れるでしょうか?

 

 

私は一歩先を想像できる人でありたいです。

 

 

極寒の暗い雨の夜も、食べものにありつけない日も、病めるときをも・・・・・・どうせならありとあらゆる姿を想像できる人でありたい。

 

 

自分がたまたま見かけた一端がその子の全部ではないかもしれない、と思うのです。

 

 

野良猫を「束縛を受けない自由で至福の生き物」だと断言する意見を耳にするたびに、「どうかなあ?」と首を傾げずにはいられません。私はだれかの考え方を否定したいのではなく、全貌を見据えたいのです。見えないかもしれないけど、見る努力をしたい。

 

 

もしかすると四肢たくましい犬猫たちにとって間仕切りのない世界は魅力的でしょう。2LDKの我が家では得られない景色やスポットもあるかな。

 

 

けれどだれも責任を取ってくれない環境は庇護を必要とする小さなボディには過酷だと思うのです。第一、犬猫は法律で「愛玩動物」に括られています。私たち人間がそう決めたのです。

 

ところで「愛玩動物」に家なき猫は含まれないのでしょうか?

 

 

「自然のままに」の「自然」とはどこからどこまでのことなのか?

 

 

そもそも車社会の大都会に「自然に生きる」選択肢が存在するのか?

 

 

私にはどうしても彼らがコンクリートの上で生ゴミを漁る姿が「自然」だとは思えないのです。

 

 

彼らはだれの目も気にせずに、好きに生きられるのでしょうか? 命の限り、延々と。

 

 

ほんとうに野良猫は幸せなのでしょうか?

 

 

それとも彼らにも勝手に生まれてきた「自己責任論」を当てはめるべきでしょうか?

 

 

いろんな選択肢があった中の「ホームレス生活」なのか、単に人のぬくもりを知る機会に恵まれなかったゆえの生きざまなのか。いったいどっちなんですかね?

 

 

愛を得られる人間と、愛を得られない人間がいるとしたら、それは「理不尽」です。

 

 

私たちの暮らしに深く密着している愛玩動物の犬猫たちも同じじゃないかな。

 

 

守ってくれる手が近くにある犬猫は満ち足りた顔をしています。少なくても私が出会ってきた犬猫たちはそうでした。見間違いじゃないと確信しています。

 

 

終の棲家を得られる犬猫が一頭でも多く増えることを祈って。

img_5226

 

 

 

※ 画像は海子改めもも家より♪

 

 

スポンサーリンク

おれんち 晴れ

ピチコさんより大量のプレゼント物資が届きました。チチのビールまですみません^^;

grea-11

 

 

 

ピチコさま、シーバもありがとうございます。

grea

 

 

 

豆さま、サラサラ食べれるお茶漬けありがとうございました。今夜いただきますね!

grea-10

 

 

 

ほかにも里親さんが手作りお菓子を送ってくださり、満腹状態の人と犬と猫です(笑)。

 

確実に太りますね。まあもうお嫁に行かないからいいんですけど。

 

 

 

私はふと玄関ポーチの清掃に目ざめてしまい、2日連続で水を撒きまくりです。

 

 

ブラシでゴシゴシ汚れをこすり、ドカーンと流すをひたすらくりかえしています。ホースが届かないのでバケツに汲んだ水を使用。原始的ですね。どうにかならないかな?

 

 

熱病にうなされたように玄関ポーチの汚れと対峙する自分がじゃっかんキモい。

 

 

皆さま、いったい私はどうしたというのでしょう? 自分のことがときどき理解できないのです。

 

 

 

「ハハ~ お医者さまに相談ですね おだいじに」

grea-13

 

 

 

笑。ジョイおまい、うるさいよ。

 

 

 

「なあなあ 大丈夫か?」

grea-5

 

 

 

一種のマイブームだと思う。なんかわからないけどしばらくつづく気がする。バケツ持って腰を痛めないよう気をつけないとね。実はこうしている間も水を撒きたくて仕方がないの。

 

 

 

「極端な性格してるよな」

grea-4

 

 

 

よく言われるし、自覚もしてる。

 

 

それよりさぶ、さぶに改めてお礼を言いたいんだけど。

 

 

間もなくジョイが巣立つね。私は胸がいっぱいでうまく言葉にできない。

 

 

繊細なジョイがどんなにいっしょうけんめいここで暮らしてくれたか。ほんとうにすばらしい子。

grea-12

 

 

 

新境地に見送る喜びと、さびしさと、心配とで、夜眠れない日もある。

 

 

さぶたちがあまりにもジョイの面倒を親身に見てくれたから、なおさらね。

 

 

伝えなければならない不安は、すべて里親さんに伝えたし、里親さんは何度も頷いてくれた。

 

 

ジョイには欠点がひとつもない。ただ、臆病で慎重すぎるだけ。だからお互いに信頼し合えるまでに時間がかかるかもしれない。でも、「家族」ってそもそも面倒くさい存在でしょう? 便利なだけじゃないからこそぶつかり合った分、絆が深まるんじゃないかな。

 

 

 

「たまにはいいことも言えるんだな」

grea-9

 

 

 

ジョイの里親さんへ

 

どうぞジョイを長い目で見てやってください。薄皮を剥がすようにジョイに接してください。ジョイの中には濃厚な愛嬌がつまっています。そこに到達するまで延々と皮をむいてみてください。中身は私が確認済みです。ぜったいあります!

 

 

 

そしてさぶへ

 

若造の体力は相当のもの。相手をするのは楽しい反面、たいへんだったよね。闘病中でありながらエネルギッシュなジョイと向き合い、甘えん坊を懐き、立派な青年に育ててくれてありがとう。私たちは二人三脚でジョイに接してきたよね。さぶだけでなく、ほほ、あまぱん、べべ、ナナ、リル、みーんなで力を合わせながら。

 

 

 

「たいへんもなにも 家族が群れるのは当然だろ」

grea-8

 

 

 

さぶのそういうカラッとしたところ、だーい好き。

 

 

 

あと数日あるけど、とりあえずはお疲れさまでした。

grea-7

 

 

 

ジョイが我が家にいる間、ジョイは私たちのたいせつな家族です。

 

 

さぶたちが一方的にジョイに与えたのではなく、ジョイも多々さぶたちに与えてくれました。

 

 

私たちはWinwinの関係です^^

 

 

最近は微々たる活動ですらままならないほどレギュラーメンバーに手がかかるようになりましたが、私は客観的です。なにができてなにができないのか、自分とお子たちのキャパを知っています。たとえ牛歩でも、私はご縁を繋ぐ役割がしたいです。欲ばりかもしれないですけど。

 

 

 

「よきばり でちね」

grea-2

 

 

 

「そうだな 外はジメジメしてるけど おれんち なんだかんだ 晴れだしね」

grea-3

 

 

 

うん。

 

 

家の中には太陽がいっぱいだもん。いつもあったかい。

 

 

 

「KISS!」

grea-6

 

 

 

ふふ♪

 

 

KISS!

 

 

スポンサーリンク

ミーコさんちへ

先日トライアルを終えたミーコさんに会いに行ってきました^^

 

※ミーコさんについてはこちらの記事をご覧ください

 

 

約束の時間の30分前に到着した私。迷惑者ですね。厳重なセキュリティゆえ中には入れず、外でしばし待つことに。警備員さんに不審がられたかもしれません。

1miko-6

 

 

 

おじゃましまーす! ふふ♪ いるいる!

1miko-3

 

 

 

里親さんが外出しても室内のミーコさんの動向がわかるよう、ペット用お留守番カメラが。左側の白い物体がカメラです。

1miko-11

 

 

 

里親さんの力作。掃き出し窓の脱走防止柵!

1miko-7

 

 

 

おいしいお茶をいただいてミーコさんの近況話を伺いました。

1miko-4

 

 

 

里親さんのipad内には、ミーコさんの動画がぎっしり入っています。

1miko-5

 

 

 

へー。動くんだ(笑)。ジャンプもしてる! 猫だから当たり前か。しかし私はミーコさんがちんまりしているところしか見たことがないので新鮮だったのです。

 

 

「いちおう 動くわよ」

1miko-2

 

 

 

ミーコさん失礼しました。汚らしい背中の私もミーコさんを少しさわらせてもらいました。モフモフでかわいかった~! (写真は保護主さかえさんより)

1miko-13

 

 

 

1か月の間、ミーコさんには大きな変化がありません。あいかわらず人と距離を取っているそうです。けれど里親さんはミーコさんの丸ごとを受け止めています。

1miko-9

 

 

 

実は驚く話があります。譲渡から3日後、里親さん(ご主人さま)が一度パニックになったミーコさんに強く噛まれたのです。応急処置をするも、腫れが引かず。翌日病院へ行き治療を受けました。傷がかなり深く、膿が溜まっていたのでお薬もつづけて飲んでいました。私たちが行ったときも、全快とはいえない感じでした。なのに心配をかけてしまうからと、メールなどで事前に私たちには伝えませんでした。だから私たちはこのときはじめて知ったのです。

 

 

噛まれた直後は一瞬ためらったそうですが、それ以後もミーコさんをやさしく撫で、変わらずスキンシップをはかっています。毎日お昼に必ず一度職場から帰宅し、ミーコさんを見守りつづけています。実際、ひさびさに会ったミーコさんは艶々で、里親さんがあごの下を撫でるとじゃっかん目を細めていました。もちろん、ほどよい距離感も保ってくれています。なんかうまく書けないけど、筋の通った方々でほんとうにすごいと思いました。

 

 

12年以上いっしょに暮らしてきたナナに噛まれた私は、ブログでグチグチ書きましたよね?

 

「ナナの問題/幸せの703号室」

 

自分を省みて情けないなあと思った次第です。

 

 

 

ミーコさんはふっくら元気でした。里親さんお時間をいただきありがとうございました。

1miko-14

 

 

 

今後私にできることがありましたらなんなりと! さかえさんお疲れさまでした。

 

 

余談ですが、里親さんの住むマンションにはさまざまな共有スペースが。本気でうらやましかったのがこのグルーミングルーム。シャワー、トリミング台、排泄物を流す装置まで完備されています。ドアを閉めれば密室なので、犬のみならず猫のケアにもつかえるかもしれませんね。

1miko

 

 

 

いいなあ。

 

 

 

さて、郊外の703号室。本日はべべ、ナナ、リルを連れてスーパーまで行ってきました。べべ公は愛車に乗せ、目的地(草地帯)までお運びしています。

1miko-10

 

 

 

私が買い物をしている間、チチがみんなと待ってくれています。犬を店外に繋いでひとりぼっちで待たせるのは事故の原因になるのでやめた方がいいですもんね。

 

 

帰宅後、ナナのあたたかい尻に顔をうずめ現実逃避中。ご心配なく。ダルくて洗濯物を干すのをためらっているだけです。無精ですみません。

1miko-12

 

 

 

べべは昨夜の通院後、体調が上向きになってきました。嘔吐なし。食事は3分の1程度に減らしています。保護猫ジョイも通院をがんばりました。べべとジョイの病院での様子はまた今度。

1miko-8

 

 

 

ジョイえらかった。数日間はふてくされるかと想像したけど、すぐふつうにさわらせてくれたね。

 

 

ありがとう。心が成長しているんだね。

 

 

では皆さま、来週もよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク