べべ公 緊急病院へ

ミーコさんちにおじゃましたときの記事がまだ書けそうにありません。少しお待ちください。

 

 

昨夜は自分の通院。妹が私に付き添ってくれたのですが、付き添い人はカウンセリングルームには入れないらしく、かわいそうに1時間も外で待たせてしまいました。病院を出たあと、妹婿のたかも合流し、みんなでカンボジア料理屋へ。妹が食べたいと言ったのです。

img_5341

 

 

 

はじめて食べたカンボジア料理。おいしかった。楽しい気分で電車に揺られ、妹んちへ。

 

 

「あら 来たの?」

img_5345

 

 

 

ツンデレの福は11年前に私が保護した猫。妹の家族としてのんびり生きています。まめ(私が保護した成犬)の顔も見て、ほっこり気分で帰宅。

 

 

703号室にはすでにチチがいて、ナナとリルの散歩を終わらせてくれていました。

 

 

ナナ、あまぱん、さぶの皮下点滴をチチといっしょにやり、お風呂に入り、のんびりモードに。疲れちゃったから、ブログの更新もメールのチェックも断念。まぶたが落ちるまでDVDでも流してゆったり過ごす予定だったのです。

 

 

ウトウトしていたら突然激しい嘔吐の気配と音。見るとべべが大量の水を吐きだしていました。

 

 

所在なく家中を歩きまわり、一口飲んでは飲んだ分を吐く。呼吸も荒い。ふらついてる。

 

 

水を取りあげ、30分くらい様子を見ていたのですが、心配でどうにもなりません。

 

 

夜間緊急対応できる病院に電話。当直の先生にべべの様子を伝え、診察へ連れて行くことに。支度しているとべべがじゃっかん復活の兆しを見せてくれたのですが、腹部の腫れが気になるし、「行かなかった」ことで後悔をしたくなかったので予定通り家を出ました。

 

 

チチは面倒がったので、ひとりで行きました(翌日、説教しました)

 

 

診察、腹部レントゲン、エコー、各種薬の注射および皮下点滴。病名を詳しく説明するために現在飲んでいる薬を持っていきました。すごく有能な先生に対応してもらえたと思います。感謝。

fullsizerender-1

 

 

 

余談ですが、私は状況に合わせ3つの動物病院にお世話になっています。

 

①ホームドクター(大巻先生の病院/MOMOペットクリニック)

②高度医療設備の整った大学病院(東京大学附属動物医療センター)

③夜間対応もしてくれるまあまあ大きな病院(梅島動物病院)

 

 

今回は③を選択。

fullsizerender-3

 

 

 

深夜3時半。いつも混み合っている待合室がべべの貸し切り状態になっています。

fullsizerender-4

 

 

 

べべは私が懸念していたとおり、「胃拡張」でした。胃捻転か胃拡張なら命に関わるから病院へ即駆け込まなければと案じていたのです。

 

 

胃捻転も胃拡張も痛みや苦しみが強いといわれています。小さい体でよく耐えたね。

fullsizerender-2

 

 

 

エコー検査の結果、胃の内部の悪性腫瘍はすでに4cm以上に膨れあがっており、通過障害が起きているとの所見でした。つまり前よりもさらに食べものがうまく腸へと流れていないのです。通過障害の程度を知るために、造影剤を飲ませました。

 

今夜7時に大巻先生の病院の予約が取れたので、再度レントゲンを撮り、昨夜飲ませた造影剤が今、体のどの位置にあるのか確認してもらおうと考えています。

 

 

帰りの車の中でちんまり座っているべべを横目に眺めていたら、たまらなく愛おしさがこみ上げてきました。重篤な病気を患っているのに、べべね、体重が減っていなかったのです。

 

 

いっしょうけんめい食べてくれた証ですね。ほんとうにえらい。

 

 

私はべべを守る盾になれているでしょうか? ならなきゃいけないのに、ちゃんとやれているか正直不安です。今夜のべべの通院には卒業前の保護猫ジョイも連れて行く予定。

 

 

すんなり洗濯ネットに入れられるかな?

fullsizerender

 

 

 

703号室に移動するおちびさんたちはミルクボランティアのうめももさくらさんが病院へ連れて行き、しっかりケアをつづけてくださっています。おいおいこちらでも近況をお知らせしますね。

img_5328

 

 

 

べべ、今日も病院がんばろう。

 

 

生きていてくれてありがとう。

 

 

スポンサーリンク





リレー開始

本日はミーコさんちにおじゃましてきました~! ふふ^^ その様子は次回お送りします。

 

 

帰り道に母から電話。めずらしく居酒屋で夕飯をごちそうしてくれるというので甘えることに。

mirukubora-2

 

 

 

ごちそうさま。生ガキおいしかったです。

 

 

我が家のハンサムボーイジョイくんは10月初旬の卒業に向け日々食べものをあさりながら体力をつけています。今の生活に慣れた彼がまた一からはじめなければならないと考えると胸が痛みます。でも長い目で見たときに「これでよかった」と思える日が来ると信じています。

mirukubora

 

 

 

ジョイ、がんばってほしい。里親さんは現在お迎えの準備をしてくださっています。

 

 

 

話は変わって、昨日卒業生シナ&モンの里親さんから連絡が来たのです。

 

定期的にシナ&モンの近況を私とマイ太郎さんにお知らせくださる里親さん。

 

 

703号室時代はこんなに小さかったふたり(左:モン 右:シナ)がすっかり成長!

mirukubora-7

 

 

 

シナ&モンの卒業記事はこちらをご覧ください

 

 

頭がよく、空気をしっかり読むシナ坊

mirukubora-6

 

 

 

おとぼけマイペースのモン坊

mirukubora-5

 

 

 

幸せに暮らしているのが写真から伝わってきますね。お父さん、お母さん、お姉さんに感謝。

 

 

このたびシナ&モン家がご自宅のマンションの下で子猫を保護したのです。発見したときは3匹いたそうですが、(いろんな状況から推察して)1匹は残念ながらカラスに狙われた可能性が高く、保護に向かった時点では姿を消してしまったそうです。

 

 

無事保護された170グラム程度の乳飲み子たち

mirukubora-4

 

 

 

小粒ですね。500グラムまで育ったところで703号室に移動してくることに決まりました。

mirukubora-3

 

 

 

この月齢はケアがたいへんなのに、ミルクボランティアを引き受けてくれたうめももさくらさん

 

ほんとうにありがとうございます。「ミルクボランティア」って尊いですよね。

 

(ちびらの写真はシナ&モン家とうめももさくらさんより拝借)

 

そういえばシナ&モンも保護後、体調が安定するまでうめももさくらさんちにお世話になったんです。本日、シナ&モンのお父さん、お母さん、お姉さんが子猫らを届けにうめももさくらさんちに伺った際、シナ&モンの写真を見せまくって乳母のうめももさくらさんに自慢したらしい(笑)。

 

 

シナ&モン家保護&通院→うめももさくらさんが500グラムになるまで育て→703号室に移動

 

 

という図式です。マイねーも応援してくれています。

 

 

なお、譲渡に関する一切は私の責任で行います。よろしくお願いします。

 

 

シナ&モンのお姉さんが「ミルク(キジ白)」と「ココア(キジトラ)」と名づけてくれました。せっかく名づけてくれた素敵なお名前を変えるか迷い中ですが、「ミルク」も「ココア」も703号室卒業生にいるので過去の卒業生たちと紛らわしくなる可能性大です。

 

 

変えるとしても、近い名前がいいかな。うーん。どうしよ。

 

 

ちなみにこれらの一連はチチさんにはまだナイショです。あまりブログを読んでいないようなのでこのまましばらくばれないかもしれませんし、たまたま見つかるかもしれません(爆)。

 

 

私としては、ひさびさの子猫たちですので、レギュラーメンバーとの距離をうまく取りはからいながら迅速かつ適切な譲渡をめざす所存です。まずはスクスク育ってくれますように。

 

 

皆さま明日もいい一日でありますように。

 

 

私は今からハンストの激しい末娘リルさまのためにジャンクフード(ジャーキー)とペットシーツを買いにスーパーへ行ってきます。はあ。

 

 

スポンサーリンク





リル、どうして?

私を慢性的に悩ませる末娘リル(12歳)の食欲不振。

 

 

割と深刻です。

 

 

私は外出の3時間前には支度を開始しないとお世話が終わりません。

 

 

11時に家を出るとなると8時頃からもろもろをはじめるのです。散歩、投薬、トイレ掃除、嘔吐の片づけ、皮下点滴、お子たちのごはんの支度・・・・・・私の要領が悪い上、お子たちの加齢や闘病に伴い、やることが多いのです。

 

 

中でもいちばん時間がかかるのが、「リルのごはん」。

 

 

 

我が家で唯一闘病をしていないリルが実はもっとも手がかかる存在です(苦笑)。

 

 

リルは土手で元ホームレスの男性が飼っていた犬でした。3歳5か月で保護。リルが叔母にあたるナナに精神的に依存していたゆえ、里子に出さなかったいきさつがあります。

 

 

土手の頃のリル

riru

 

 

 

家族になって9年経ちます。目に入れても痛くないほどかわいいです。

 

 

大きな病気はしていません。自我がハッキリしているけれど、どこか儚げで繊細です。

 

 

チチのことが大好き。チチのそばを離れません。

 

 

リルは正義感が強く、夫婦ケンカの仲裁役もつとめています。感情のままに大声を出すとリルに吠えられ最悪噛まれるので、お互い冷静に話をすることができるようになりました。私はリルが我が家にもたらせてくれた恩恵を日々感じながら暮らしています。

 

 

でもごはんのときだけはどうしようもない。

 

 

 

好物であったはずの犬缶。本日これを買いに出かけてきたのです。

tabenai-6

 

 

 

出たこの顔。リルちゃんあんたまさか食べない気ですか?

tabenai-8

 

 

 

大袈裟抜きで20分以上は経過したでしょうか? ごはんの前でフリーズしています。

tabenai-7

 

 

 

仕方なくチーズをトッピングしてみることに。オリーブオイル、亜麻仁油、無塩バター、犬用牛乳も食品庫に常備しています。全部リル用。混ぜると口にする確率が上がるのです。

 

 

 

チーズ入り食べない。えーもうお手上げだよどうしよう。

tabenai-11

 

 

 

またもや固まりまくり。ときどき悲しそうな表情を浮かべるリル。

tabenai-10

 

 

 

毎度長い長い根比べ。食べて食べてと懇願する私。

 

 

 

「なんかあたち 食べなくてもいい日かも」

tabenai-9

 

 

 

朝ごはんはなんとか食べさせられたのですが、夜はダメでした。

 

 

 

姿勢を変えて「嗅ぐ」まではがんばったけど、これ以上は無理のようです。

tabenai

 

 

 

所要時間は40分でした。残念ながら今夜は食べませんでした。

 

 

 

食の細さに不安を感じ、定期検診を受けさせるも、いつも「異常なし」との診断。今年の検査ももちろんクリアしています。リルは傷つきやすく精神が脆いので、きっとチチに捨てられたと思い込んでいるのでしょう。リル、そうじゃないんだよ。お父さんは仕事が忙しすぎて泣く泣くみんなに会えない時間が増えているだけ。頼むからお母さんを困らせないでください。

 

 

胃がんのべべはウンザリするほどの量の薬を飲まなければなりません。シリンジで半強制的にごはんを与えています。

 

 

慢性腎不全のナナは投薬、自宅での皮下点滴にくわえ、一日に4度のお散歩。多尿多飲なので仕方ないのです。さぶとあまたも同じ。絶えず水を体に入れ、絶えず排泄、のくり返し。

 

 

水頭症のほほは投薬が欠かせません。利尿剤を飲んでいるので排泄量も回数も多い。

 

 

せめて病名のつかないリルだけでも食事のケアがもう少し楽になればなあと切に願います。

 

 

ううう。泣きたい。

 

 

ネガティブな愚痴をすみませんでした。

 

 

べべは低空ながら体調が安定しています。ありがたいです。

tabenai-3

 

 

 

食事はシリンジが中心です。チチがクリニケアをたくさん買って送ってくれました。

tabenai-5

 

 

 

次の週も(笑)。楽天でいい店を見つけたので、毎週なにかしら注文しています。

tabenai-4

 

 

 

生活はまわっているので、皆さまどうか心配しないでください。家族の食べられるものを買うのは私にとってすごく幸せなことです。なにを買おうかなあ、と、楽しみながら暮らしています。

 

 

 

重い病気と闘っていますが、食欲はリルより勝っています。通過もなんとか^^

tabenai-2
 

 

最近はリルがどうしても食べないとシリンジでクリニケアを与えたりします。食の細い子との暮らしは工夫と根気が必要ですよね。たまにブログで弱音を吐かせてもらうかもしれませんが、アドバイス等がありましたらぜひ教えてくださいね。

 

 

ちなみに最近私が重点的に取り組んでいるのは食事以外のときの積極的なコミュニケーション。つまりはひいきです。リルを抱いて寝る。リルに話しかける。とにかく誉めて撫でる。不安が原因のひとつなら少しでも解消できるかな?

 

 

明日はリルが難なく食べてくれますように。

 

 

 

スポンサーリンク





ほろ酔いの戯れ言

出先から帰る途中でどうしても一息つきたくなり、ひとり居酒屋へ寄り一杯ひっかけることに。ビールと野菜の天ぷらを注文。苦いけれどあいかわらずビールはうまいです。

teoai-4

 

 

 

私たちの世界は矛盾に満ち、あらゆるものがデコボコしている気がします。

 

 

美しさと醜さの両面を持ったこの星。

 

 

どの側面からアプローチすれば精神的均衡を保てるのでしょう?

 

 

同じ川に清流と濁流が起きえるように、同じ人間の中にも光と闇があって然りですよね。

 

 

「異物の混在の集合体」こそが動生物の本来の姿なのかもしれません。

 

 

おっといけない。2杯目の注文をしてしまうところでした。

 

 

お子たちが待つ家に帰らなければ。

 

 

酸いも甘いも知る中年女の戯れ言です。お聞き捨てくださいね。

 

 

 

「ただいま!」

 

 

老犬たちは日に日に自分たちに都合の悪い言葉には耳が遠くなりますが、お母さんの帰宅の気配は敏感に察知します。特殊能力だと思います(笑)。お母さんは「ごはん」と「お散歩」の担当者ですから、こうして手厚くお出迎えしてくれるのです。写真に背後霊が写っています。

teoai

 

 

 

たとえどういう魂胆であれ、お母さんは素直にうれしいです。

 

 

どうもありがとう。

 

 

お子たちの姿につくづく思いました。私は家族に恵まれているんだなあ、と。

 

 

 

今日伺った話の中に完全に同意するくだりがあったのです。

 

 

「ひとりだと家の中で笑ったり話したりすることがないけれど、犬猫たちがいてくれると家の中で笑顔でいられる。犬猫の存在は人の心を癒す」

 

 

ほんとうにそのとおりです。

 

 

 

「ハハ~ 意味不明のことばかりぬかさないでさっさとお風呂に入った方がいいですよ」

teoai-3

 

 

 

「昨日頭洗ってないですよね? まさか今夜も洗わないつもりですか?」

teoai-2

 

 

 

ジョイ。開きすぎ。だいじなところ、丸出ししすぎ。

 

 

寝る前に頭洗いますよ。雨に打たれたから洗わないとさすがにやばいでしょう。

 

 

お子たちは明日も元気でいてくださいね。

 

 

みんなをとても愛しています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ジョイの親戚が来ました、ほか

3連休謳歌中です。まあ私はほとんど働いていないけど^^;

 

 

金曜の夜に保護猫ジョイのご縁が決まり、肩の荷がちょっとだけ降りた気がしました。

 

 

次の日の土曜、ウレシカさんで開催中の「ペットショップにいくまえに展」へ。今年も直木賞作家森絵都さんと絵本作家のスギヤマカナヨさんといっしょです。昨年の記事はこちらを

0terie-18

 

 

 

まずは腹ごしらえ。カナヨさん行きつけのピザ屋さんにて。

0terie-2

 

 

 

おいしかった~! 少食の森絵都さんの分も奪って私が食べました。女性三人、ペチャクチャおしゃべり。時間がいくらあっても足りません。

 

 

 

到着。今回はカナヨさんも参加しています。

0terie-17

 

 

 

こういう催しってほんとうに有意義ですよね。アートを通じて多くの方が「保護犬」「保護猫」に目を向けるきっかけになるのでしょうね。「家族」は買わなくても出会えます。

 

 

作品はどれもすばらしかったです。オシャレな世界観のものばかり。カナヨ画伯の猫たちの集合画は圧巻でした。非売品じゃなければほしかった位です。

 

 

会場をうろつき前川幸市さんの作品群の前で足が止まった私。離れがたくなりました。

 

 

ゆるくて萌える。なんだろこの癒し感は・・・・・・。で、↑写真下の5体を連れて帰ることにしたのです。私が3体、森さんが2体買いました。3体のうち、私は森さん、カナヨさんに1体ずつプレゼント。森さんからも1体プレゼントしてもらい、ペアで703号室へ!

 

 

黒いのは森さんからのプレゼント。えとちゃんと名づけました。ベージュはかなよちゃん。

0terie-16

 

 

 

ううう。背中まで愛おしい。もっといっぱいほしかった。さっそく玄関に飾っています。

0terie-5

 

 

 

コラージュ写真にチラッと写る胸に赤いハートのあるブルーアイの猫も連れて帰ればよかった。

 

 

ううう。ううう。

 

 

カナヨさん、ベーグルと

0terie-7

 

 

 

来年の卓上カレンダーありがとうございました。

0terie-9

 

 

 

日曜は、703号室に素敵なお客さまが遊びに来てくれました。

0terie

 

 

 

保護猫ジョイのきょうだい龍&キャッチのお母さんとお姉ちゃんです。

 

 

龍とキャッチは里親さんのお宅でたいせつに育てられています。卒業記事はこちらを

0terie-19

 

 

 

やんちゃぶりがすごいんだとか(汗)。龍、キャッチ、おまいたち、ふたりで結託していたずらばかりしているらしいね。棚も勝手に空けちゃうし、朝早くお父さんをたたき起こしたり。

 

 

でも、ふたりの悪事を目を細めながら語る里親さん。龍とキャッチがかわいくて仕方がないそうです。近況を聞いて感動。里親さんが龍とキャッチのことを「うちの子」と呼び、終始誉めまくり。頭がいい、声がかわいい、大きく育った、ハンサム、顔が小さい、毛艶がいい、などなど親バカ自慢炸裂モードでした。ありがたい限りです。

 

 

ジョイのことも気にかけてくださり、もしこのまま里親希望者さんが現れなかったら引き取ることを真剣に考えてくださったようです。電車で1時間半弱かけてジョイに会いに来てくれました。

 

 

きょうだいゆえ共通項がたくさんあるので、ジョイの不器用さを龍とキャッチの里親さんはわかってくれています。心配だったみたいです。だからこそジョイの門出を喜んでくださいました。

 

 

ナーバスな主役ジョイの代わりにさぶがホストをつとめました。

0terie-3

 

 

 

さぶよかったね。

0terie-13

 

 

 

お姉ちゃんに遊んでもらえて。

0terie-11

 

 

 

さぶやあまぱんの接待をひとしきり受けたあと、お姉ちゃんがジョイのケージに近づきました。私はドキドキ。ジョイは龍とキャッチよりも繊細で初対面の人を受けつけないのです。

 

 

けれど、私はお姉ちゃんの性格を知っています。

 

 

お姉ちゃんとジョイを信じてふたりに任せてみようかな。

 

 

近くにいたお母さんもたぶん同じ気持ちだったでしょう。

 

 

私「●●ちゃん、ジョイにちゅーるあげてみる?」

 

お姉ちゃん「(にっこり顔で)はい」

 

私「ケージは閉めたままがいいよね」

 

お姉ちゃん「開けてみます」

 

 

ジョイ、頼むから暴れないで。カッカシャーシャー威嚇しないでね。

 

 

 

・・・・・・あれ?

 

 

 

これおかしい。

0terie-8

 

 

 

お姉ちゃんの指についたちゅーるを舐めてる(驚)。

0terie-10

 

 

 

ケージから出て、お姉ちゃんとオモチャで遊びだした!

0terie-14

 

 

 

ジョイを知ってる人はびっくりするかと。ジョイ、成長したなあ。それとお姉ちゃんと里親さんのジョイの扱い方がうまいんですよ。徐々に心を通わせ、一気に詰める感じが。

 

 

犬と長年暮らしていた里親さんですが、猫は初心者でした。

 

 

しかし猫と暮らすのがはじめてには見えません。すごい。

 

 

お姉ちゃんが仲よくなったあと、お母さんもオモチャでジョイの気を引きました。

0terie-15

 

 

 

ちゅーるをあげて

0terie-20

 

 

 

なでなで!!

0terie-6

 

 

 

マジかこの母子!! 何者?

 

 

ジョイが動くたびに「龍キャッチとそっくり~!」「かわいい!」を連発してくださった里親さん。

 

 

その姿を見て私は自分のまちがいに気づきました。

 

 

私はもっとラフにジョイを信じるべきだったのです。

 

 

お姉ちゃん大好き。お姉ちゃんを見ていると未来を担う若者たちに希望を感じます。礼儀正しく、強く、やさしい。スポーツ万能でジュニアオリンピックで入賞も果たしています。お姉ちゃんをこんな風に立派に育てたご両親に龍とキャッチを託してよかったです。

 

 

お姉ちゃんのリュックで浜梨を背負ってきてくれたんですって。おみやげありがとう!

tao

 

 

 

それにしてもジョイ、最近主役ばかりね^^

 

 

お届けは来月初旬を予定しています。ジョイの里親さんの紹介も近日中にしますね♪

 

 

 

梨といえば、里親ゆきちゃんのママからもダンボールで届きました。

0terie-12

 

 

甘くておいしい。ありがとうございました。

 

 

母の店に食べに来てくださったChiroさんからちゅーるや人用おやつをいただきました。

0terie-4

 

 

 

ほどよい酸味ですっごく好きな味でした。ありがとうございました。

 

 

今日は早めに夕飯を作ります。

 

 

温野菜を添え、カジキマグロをバターソテーしてみようかな?

 

 

では皆さま、来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク