拝啓べべへ

べべ、可愛いべべ、お母さんの太陽、あなたの手術からはや3週間が過ぎようとしています。

胃の腫瘍が見つかった1月25日から今日まで、本当に長く感じました。
いつもはあっという間に過ぎていく毎日なのに、あなたと刻む闘病生活は、なんて重く、そして過酷なものだったでしょう。今横に居てくれることが、もう最高の奇跡としか言い表せません。べべ、頑張ったね、小さい体でよく闘った。


術後のあなたは、空腹を感じてはちょくちょく吐くようになり、それが怖くて胃薬を飲ませているし、1日の食事の回数も5回に増やしたけれど、お母さん、そんなことはちっとも苦ではありません。お母さんの苦は、あなたが居なくなってしまうこと。

あなたがこの世に居る限り、お母さんは精一杯お母さんで居たい。
それがお母さんの幸せだと感じているからです。

「胃の腺がんなら、手術をしても平均寿命が約半年です。」

そう先生に告げられた時、お母さんの上に、もう2度と太陽は昇らないのではないかと思うほど、その全てが暗闇に包まれました。検査の為に、たった3時間べ べを病院に預けるだけなのに、淋しくて会いたくて、お母さんは狂いそうになりました。お母さんから大切なかつを奪った悪魔が、今度はべべをさらいに来た、 そう思うと何も手に付かず、奈落の底に突き落とされた思いでした。一刻一刻が、重苦しい音をたて、お母さんを沈めていく。もっともっと強くなりたいのに。

手術の日、会えるのはこれが最後になるかもしれないという覚悟をしなければならず、お母さんは、精神科で処方してもらった劇薬の安定剤を大量に飲み、それに臨みました。お母さんは切ってやれません。信頼できる先生に、あなたを任せて見守るだけ。無力感でいっぱいでした。

手術から無事に目覚めた時、
術後4日目に始めてご飯を食べれたと聞いた時、
こっそりお見舞いへ行って、会えた時、
退院の日、お迎えに行った時、
家で美味しそうにご飯を食べてくれた時、
抜糸の際に体重が順調に増えていると先生が言ってくれた時、
あなたが横で眠る時、
目覚めたら昨日と変わらない笑顔でお母さんを見つめる時、

転移もなく、手術が成功してあなたに未来があると知った時、
それを知った時、
お母さんはその都度生まれ変わって何度も何度も神様に感謝した。

そしてその都度、
どれだけべべを愛しているかを知りました。

べべ、今だから言うね。


あなたをペットショップで買った次の日、実は「ドライブよ♪」と嘘をついて、そのまま店へ連れて行って、返してしまおうと思いました。

犬をちゃんと飼うのははじめてだったお母さんにとって、べべはやんちゃすぎました。初日から椅子を破壊し、部屋中にうんちを撒き散らし、クッションを葬り 去り、カーテンをちぎったよね。それだけでなく、お母さんの洋服も、それから絨毯も、大事にしていたぬいぐるみも、全部跡形もなく粉砕した。

「私には無理ね。」そう言ってお母さんは、べべを車に乗せて、ペットショップを目指しました。早く返してしまおう、犬を飼うのは絶対に無理。ぶつぶつつぶやきながらショップに着いたら、なんとショップの定休日。「あああ、返せないじゃん・・・。」

帰り道の信号待ちであなたを見つめたら

籠の中で寝息を立てて、お母さんの視線に気が付いてふっと顔を上げた。

その目がまるで天使のようで、お母さんはあなたに魅了された。

結局、その夜にはあなたのことが大好きになりました。

図々しいし、いたずらも凄いし、わがままも言うし、ボールを投げたら何時間でも遊び続け、食いしん坊で何でも拾って食べて、気難しい性格のべべだけど

べべと出会ってお母さんは知りました。

犬はこんなにも可愛い生き物なんだと。

いのちは皆平等なんだと。

べべ、ありがとう。
べべのお陰でお母さん、
幸せになりました。

これからもずっと、ずっと一緒に生きようね。
生きられるところまで生きよう。
できるだけ生きよう。

「べべちゃん、体重も順調に増え、今6.22キロになりました。手作りご飯も合うみたいで、もっとくれもっとくれと催促しまくってます。あ、ちなみにぼく は、かつおが大好きでした。ハハは、かつくんだからかつおが好きなのね♪ってつまらない事言ってたけど・・・。今日も愛のポチを押して応援してくださ い。よろしくペコリ。かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





幸多き明日へ

今日は保護猫トトロとべべを連れて病院へ行って来ました。
べべは3度目の抜糸。トトロはゲーが治らず、血液検査を受けて内臓を調べ、再度検便してもらいました。虫も居ないし、内臓も問題ないし・・・。どうして ずっとゲーしてるんだろう。。。アレルギー、胃腸炎を疑ってその治療を開始しました。お薬と食事療法で何とかなればいいな・・・。トトロ、頑張って早く良 くなって良いお家へ旅立ってね。

トトロは甘えん坊なので、絶対に卒業させなくてはなりません^^;
703号室ではべべナナリリほほあまたが常に居るので十分に甘えさせてやれない。だから早く治して募集を開始しなければ!焦らずのんびりといきたいところですが、今回は超がつく甘えん坊が相手だから、早く甘えさせてやれる環境を探してやりたいです。

ささ、本題へ♪

日曜に703号室を巣立ったコアラ(爆)の新しいお家を紹介します^^

前輝の新しいお名前は、パパママが悩みまくった挙句、幸多(こうた)になりました。素敵でしょ?本当にいい名前で、もうピッタリですよね。実は私も同じ 字で、幸多って名前良いな、次来た子につけようかな、って思っていたんですよ。だからこの名前にしますって聞いた時はちょっと鳥肌でした。次の子に幸多っ てつけようと思っていたから。私が保護犬、猫につけるのはあくまでも仮名。1頭1頭悩んでつけますが、それは仮の名前でしかありません。仮名がそのままそ の子のお名前になる事もありますが、変わる事も多い。けれど私が良いなって思った名前が幸多だから、それが永遠の名前になるのは本当に嬉しいです。

幸多のそれまでは、憶測でしかありません。

幸多が今までの事を語る事がないからです。

けれど無数の犬猫を見て来た私には何となく分かります。

毛並み、仕草、状況、身に付けていた首輪などで。
この子がどれだけ愛されて、どれだけ幸せだったか、否か。


幸多を保護した時、その首についていた赤の首輪は老朽がひどくて、もうちぎれそうでした。サイズの合わないボロボロの首輪、漂ってくる悪臭、耳の裏まで びっしり拳のような毛玉が出来ていて、繋ぎっぱなしでしばらく運動させてもらっていなかったのか、足取りもぎこちなかったです。

これだけ見ても、これまでどんな風に扱われてきたか容易に想像できる。

けれど私は、そんなことにはちっとも驚きません。

私が驚いたのは、そんな環境で育った幸多が、嫌になるくらい優しい目をしていて、明るくて、従順だった事。どうしてお前は、こんなにも真っ直ぐなの?と問いたくなる。

そして心が痛くなる。どうして笑うのと。

うまく言えませんが、何か特別な魅力を感じました。
気高いというか、寛大というか、とにかく幸多は、今までの事を全て許容していました。
心の大きな犬でした。

そんな幸多のご家族は、とても優しくて誠実なご夫婦。幸多の事を何処までも真剣に考えてくださる方です。幸多の為に色々用意してくれて、考えててくれて、 私はお会いした瞬間に心から安心でした。毎日土手へ通って世話を続け、可愛がり続けてきたチチも大喜び。それ位素敵なご夫婦でした。

そしてお宅も又素敵♪これ、マンションのエントランス部分ですが、どうですか?まるでホテルのようですよね!綺麗に手入れされた広い庭園があってとても開放的。幸多のお宅は、この高層マンションの最上階。日差したっぷりでお昼寝には最適だわと、羨ましくなりました♪


美人で優しいママと


誠実で大らかそうなパパと


行った瞬間からこの笑顔!幸多も嬉しそう^^


「僕んち、とても清潔で快適!コタツでパパママとデレデレ過ごしてます!」


そしてデレデレ過ごした後は、仲良くお散歩♪


周りの環境も素敵で、幸多が尻尾を大きく振りながら新たな生活を送って行けるのが簡単に想像できる。この出会いは、きっと神様が幸多に用意したプレゼントだと思っています。逆境に負けず、ちゃんと生きてきた犬へのご褒美。とても大きなご褒美です。

後ろを振り向かず、どうか踊るように歩いていってね。

本当の家族と出会えて良かったね。

いつまでも幸せにね。
703号室かつくん&なな

「Ⅹ91幸多とそのご家族に愛のポチをお願いします。ぼくのお顔かナナちゃんのお顔をクリックしてね。幸多くん、いつまでも長生きしてパパママに甘えてね。皆で見守ってるよ。」

スポンサーリンク





私を支配する小悪魔たちへ

今、私は元客間に居ます。テレビをつけ、暖房を入れ、パソコンの画面をチェックしています。そんな私の足元には、可愛い猫がひとり。

そう、新しく保護したトトロです。

昨夜ご飯を食べさせたところ、ゲーと全部吐き出してしまい、その後もう一度あげたものもまたゲー。心配で心配で、トトロのお部屋にやって来て様子を見るこ とにしました。トトロは可愛い男の子。引越しによって捨てられ、その後色々な事情があってミャンマー人の夫婦に保護されて、703号室にやってきました。 経緯については改めて今度書きますが、この男の子、とにかく可愛い性格をしています。

甘えん坊。猫のくせにチューが得意で、やんちゃな一面も持っています。成猫ですが、まだ若いからでしょうか。そんなトトロに夢中になってしまってる自分が居ます^^;

こんな性格じゃ、お外で生粋の野良猫として生きるのは難しい。だからここで新しいご縁を待って、良いお宅に送り出してやりたいと思って保護しました。

募集前にケアは全て済ませました。
トトロは、去勢済みでした。捨てた前の飼い主が去勢だけはしてくれたんでしょうね。
ワクチン、エイズ白血病検査(結果-)、直接便の検便、簡単な診察、フロントライン、爪切りや耳掃除全て終えています。あとは綺麗にしてから募集を!と 思っていますが、シャンプーするのは可哀想だから、出来れば自分でグルーミングを頑張ってもらいたい、嫌われたくない私は、そのように思っています ^^;

名前は行きつけのMOMOペットクリニックの大巻先生がつけてくれました。

何故トトロか?(笑)

それはですね、えーと、先生にトトロの診察をお願いしたら

「この子、トトロの猫バスに似てる!目が大きくて可愛いですね。」と言われ、
「じゃあ、ばっちゃんにしますか?」はっちゃんに似てるし、バスのばっちゃんでいいやと返すと、
「ばっちゃん・・・・・・。うーん、トトロはどうでしょう?」って。

それならトトロで決まりってことでトトロになりました(笑)。

もしお医者に今の私の心を診せたら、きっと

「あなたは間違いなく猫病ですね。厄介な猫病に侵されています。」

との診断が下るでしょう。そう、私は猫病に侵されています(笑)。猫ってどうしてこんなに可愛いんだろうって、1日に100回以上思って胸がキューンと苦 しくなる。チチが居なくても生きていけますが、猫なしでは生きられません(爆)。それにしても、猫って、猫ってどうしてこんなに可愛いんですか?誰か教え てください!

一番特別な存在はやはり天国に居るかつ。
かつの存在は猫を大きく超越して、私の魂にすっぽり入り込んで抜けません。病気になったり死んだりするのはとても怖いけど、かつにもう一度会えるなら、それも悪くない、かつくんはお母さんにとって今までもこれからも大切すぎる存在です。

そんなかつの死の3日前に703号室にやって来たほほも、こんなに大きくなりました。


生意気な顔をしていますね^^;毎日毎日やりたい放題で、あまたと遊びほうけています。ご飯命で、ご飯の時はいつもより動きが倍以上速くなる。水頭症のハ ンデを背負っていますが、我が家にとっては宝物。毎日ほほが可愛くなってくるので困っています^^;あまり甘えん坊ではないのですが、たまに気づくと横で 寝てたりするのがこれまた可愛い♪よろよろした動きも、良く転ぶところも、病気の影響なので笑えないのですが、何だか面白くなったりする程、独特のキャラ を持っています。

そんなほほの遊び友達に!と思って迎えたかつ似のあまたも


犬達と一緒に同じ部屋に居られるようになりました。あまたんは優しくて甘えん坊で、おっとりしているけど、神経質な一面があって、怖がるとブルブル震えて 引きこもってしまいます。猫にストレスを与えるのは良くないので、犬達とどうやって会わせようか?毎日悩んでいましたが、べべの手術をきっかけに、猫部屋 から出してリビングに移動しました。慣れるまで本当に大変で、あまたんはゲージの隅に隠れたまま何日も出てきませんでしたが、さすがはうちの三男!ある日 突然吹っ切れたかのようにゲージから飛び出し(笑)、ほほと遊びだしました。今では犬の横を平気な顔で通り過ぎています。やるね♪あまたん。

そして凄く私の事を好きになってくれた様で、可愛い声で甘え泣きします。もう虜ですよ、どうしよう。

人見知りもしません。20年来の親友が泊まりに来た時もこの通り。


甘えまくりです。

トトロの写真は、一人だとうまく撮れないので、親友に抱っこしてもらいました。


可愛いでしょ?

今はまだ汚れているので、そんなに多く撮っていませんが、お顔が小さくて、おめめが大きくて、手足が長くスレンダー猫です。この子の性格なら、きっと良いお宅に行けると確信しています。もうすぐ募集する予定ですので、気になる方はコメント欄へどうぞ♪

うちの子といい、今まで卒業した猫達といい、もう可愛いですよー猫って。
え?そんなの知ってる?(笑)
猫病の方は沢山居そうですからね・・・。

あ、
それから、幸せを掴んだ卒業犬前輝ですが、実は今日新しいパパママの下での生活をUPする予定だったんですが、写真の整理が間に合わず、次回に伸びまし た。楽しみにしていてくれた皆さま、ごめんなさいね^^;次回は載せられると思うので、今しばらくお待ちください。昨夜もパパママから電話を貰って、前輝 と幸せにやっている様子を聞いたばかりです。本当に素敵な方とご縁があって嬉しいです♪

では、猫病の病人は、
そろそろ猫と遊ぶので今日はこの辺で~♪

703号室かつくん&なな

「猫病だって。バカだねハハ。。。ランキングに参加しているので良かったら愛のポチを!ぼくの写真をクリックしてね♪かつくんより」

スポンサーリンク





家族

あなたの前方がひかり輝きますように

前輝が今日、卒業しました。

巣立つ前に2泊3日、703号室にやって来てくれました。
私達家族にとって、本当に貴重で楽しい2泊でした。

今までの卒業生は、保護した段階から家に入れ、一緒に暮らしてご縁を待つようにしていましたが、今回はべべの手術が重なってしまい、思うように動けませんでした。前輝には可哀想なことをしたと思っています。

2月4日、べべの手術の4日前、前日に降った大雪が積もる近所のコンビニで、地蔵のようにお座りしていた前輝に出会った時は、神様はどうしてこんな状況下の私達に意地悪をするのだろう、と思いました。そして少しだけ途方に暮れたような気持ちになりました。

捨て犬や捨て猫に出会うと、私はいつも手を差し伸べてしまいます。

どうしてか。

もし彼らの前を急ぎ足で通り過ぎてしまったら、彼らは2度捨てられることになるからです。

彼らは飼い主に捨てられるだけではなく、それを見つけ、知ってしまった私にも捨てられることになる。捨てた飼い主を憎む気持ちはいつの間にか自分に返って きて、彼らの前を知らん顔で通り過ぎてしまったら、自分もその醜い飼い主と同じ人間に成り下がる。自分自身を見損なうこと程、惨めなことはありません。

だから抱きしめてしまうのです。

けれど、ずっと苦労をかけてきたべべがいのちをかけて臨む手術には、どうしても全力で付き添いたかった。私にどうしろというの?見捨ててしまえば楽になるの?それとも抱き上げて連れて帰るのが正解なの?

私にも、チチにも分かりませんでした。

考えた挙句、いつもよりは条件が悪くなるけれど、自分達にできることをやろう、努力してみようということになり、前輝を土手のホームレスに預け、毎日会いに行き、べべの手術が終わるのを待って、里親募集を開始しました。

ケアする前の汚れた前輝の写真を撮って、里親サイトに掲載しました。


無理だろうな、前輝は若くないし、血統も無い、小柄でもないし、第一、こんなに汚い姿では、同情は集めても、実際問題飼うとなると、飼い主側にも不安が大 きいだろう。そう思いました。けれど、だめもとでも、この子の優しくて可愛い姿に目を細め、共に暮らすことを考えてくれる方が現れるかもしれない、この子 に対する私の気持ち、今の家族の状況をありのまま書いてみよう、そんな気持ちで掲載しました。

驚くことに、沢山の一時預かり希望のメール、前輝を家族として迎えたい旨のメールを頂く事が出来ました。

それを読んで私は、本当に幸せで、心がぽかぽかになりました。

この国も捨てたものじゃない、むしろなんと素晴らしい国だろう。なんて素敵なことだろう。もう、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

そしてその中から、前輝の新しいご家族が決まり、今日無事にお届けすることが出来ました。いい方ばかりでしたので悩みましたが、前輝は素敵なパパママのも と、お坊ちゃまとして生き直すことになりました。シャンプー、カット、歯石取り、フィラリア検査(-)、検便、ワクチンなどは保護活動仲間のKさん、I さんが担当してくれて、皆様のお陰で、円滑に送り出すことが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になりました。

前輝、まだまだあなたにしてやれることがあったのに、不自由な思いをさせてごめんね。でも必ず幸せになってね。約束ね。

犬?熊さん?それともコアラ?


変身後はちょっと愉快なキャラになりました^^


703号室では、何一つ手がかからなかった前輝。


べべとも仲良くしてくれました。


良かったねべべ!


予想通り、いや予想以上にいい子で、泊まりに来た私の親友も「何年も前から普通にいるみたい!何でこんなに可愛いの?この熊ちゃん(爆)」と大絶賛でした。


新しい名前は「前輝」より更に素晴らしい名前です。そして新しいお宅は、703号室とは比較にならないくらい素敵なお宅♪ その様子は次回のお楽しみに~。

私は今、多くの善意に抱かれ、幸せです。
皆さま、どうもありがとうございました。

703号室かつくん&なな

「ランキングを再開しようと思います。前輝の幸せを願ってぽちっとクリックしてね。今日から又ランキングの方もよろしくお願いします!」

スポンサーリンク





家族の守り方

昨日は自分の病院へ行きました。肝臓のMRI。病院へ着く頃に大巻先生から電話があって、運転中だったので、有明の病院の駐車場で折り返し、べべの検査結果を聞きました。結果、一言で言うと「癌化を伴う腺腫様ポリープ」だったそうです。

つまり元々は良性の腺腫が悪性化してきたところ。転移はなく、手術で取り除けたということです。何度も言うように、手の打てる状態で見つけて本当に良かっ たです。べべは、全く自覚症状が無かったので、普通であれば見つけることは難しかったけど、定期健診へ連れて行ったから、そこで見つけることが出来まし た。人間の場合も定期健診って本当に大切ですよね。改めて痛感しました。ナナもリルもそのうち連れて行かないと。

でも、幾ら手を打つことが出来たといっても、再発の可能性は否めません。多発性の性質を持つ腺腫が怖いです。だからって、怖い怖いといって何もしないのは良くないので、今は免疫を高めるサプリを飲ませ、手作り食と療養食を混ぜて与えています。

写真を撮るほどでもないのですが^^;載せてみました。

材料はご覧の通り↓ にぼし、野菜、生鮭、チキン、ゴマやひじきなども入れます。


ご飯をグツグツ煮込んで


材料を放り込み、更に煮込んでほぼ完成!


まいたけは生の方が良いと聞いたので煮込みません。


ナナとリルはおじやのままあげます。べべは更に手を加えます。


おじやに生のまいたけ、オリーブオイル、すりゴマを加え、カリカリと一緒にあげて、食後はりんごを小さく切ってヨーグルトを少しだけ加えてデザートにして 食べさせます。食が細くて神経質だったリルがバクバク食べてくれるようになったので、それだけでもお母さんは嬉しいです♪入れる野菜はその時の気分で変 え、栄養バランスがちゃんと取れるよう考えて(いるつもり)続けて行こうと思っています。

これで少し健康になってくれるといいんですが・・・。

愛する子が病気になっても、実際出来る事は少ないのが現実です。病院へ連れて行ったり、お金を払ったり、その子が楽しいと思えるような環境を与えたり、そ の子の為にお洗濯や掃除したり。せいぜいそれ位・・・。だからこそ、出来る事は全部やりたいと思いました。後悔するような飼い方はしたくないから。べべは 私の家族だから。

出来上がったおじやに一番反応していたのはこのお方。


ダメよ。これ、犬用なの。猫さん用も勉強して作ってあげるからちょっと待ってて!


不平不満続出(汗)。


犬達は大喜び。ナナも


リリも


べべもおじやが大好き♪

 

★★★おまけ★★★

と、おじやについてダラダラ書いているけれど、今日の私はかなり忙しいのです^^;

前輝が今夜からうちに一時来ることになりました。
べべちゃんには数日間、我慢してもらい、前輝と実際暮らしてみてその癖を掴もうと思っています。何処へ連れて行っても、大人気になってしまう前輝。これ、本当なんですよ・・・。いい子いい子って、誉められまくるんです。何でだろう・・・。

去勢、歯石取り、ワクチン、シャンプーカット、フィラリア検査(結果マイナス)全て済ませました♪
私に代わって、Iさん、保護活動仲間のKさんが動いてくれて、病院へ連れて行ってくれました。本当に助かっちゃいました。だからもうピカピカ♪

この写真の頃が懐かしいって思う位美男子になりました^^


夜、食べれるわよ。
前輝も、おじや食べようね♪

と、これで終わらないのが703号室。

もうひとり来ました(涙)。

朝からその方の保護、保護後は病院へ走ってワクチン、血液検査、フロントラインなどのケアに追われ、今ようやく一息ついています。夜前輝が来るまでの間掃除を済ませて1時間寝たい。。。寝れるでしょうか。私は・・・。

名前は大巻先生が付けてくれたので、それも後日書きますね。
今日は、ちょっと疲れちゃいました(笑)。

スポンサーリンク