福多朗 1涙が乾くまで

追記:福多朗の卒業記事が遅くてごめんなさい。明日の日中までには必ずつづきを書きます。またひかるに会いに来てくださった方は福多朗の記事以降に必ず書きますのでお待ちくださいね。

福多朗を見守ってくださった皆さまへ

お待たせして申し訳ありませんでした。このたび福多朗がトライアルを経て、正式譲渡になりましたことをご報告いたします。このトライアルは、はじめから 戻ってくることのないトライアルだと感じていました。でも、先走りたくなかったのです。明日、約1カ月ぶりに福多朗に会いに行きます。とても楽しみです。

皆さまへの感謝を込め、数回にわけ福多朗の卒業を書きますので読んでいただければ幸いです。途中、保護主としてみっともないくらい未練がましい部分もさらけ出しますが、ひとりの人間としての感情なのでお許しくださいね。

福多朗のお届けは2月末日でした。

MIHOさんが付き合ってくれました。その日ゴンタのシャンプーを手伝ってくれる約束だったのです。ひとりで行こうと思ったけど、MIHOさんが一緒でよかったです。

私の気持ちは皆さまに見透かされていたでしょう。

福多朗を手放すのが、もう、きつくてきつくて。

隠せないかもしれないけど、せめて理性は残したかったのであまり触れませんでしたが、心臓が割れそうでした。うちより幸せにしてくれるお家に出すことが一番だと頭ではわかっていても、卒業を考えただけで気が狂いそうで。

お見合いの時、私はすでにご夫婦に運命を感じていました。

だけど、だからこそ自分の未練とどう闘ったらいいか、苦悶しました。

こんな活動はやめたい。

やめてしまえばキャパを考えずに福多朗と暮らせる。

福多朗の存在が、自分の中で大きくなりすぎているのを痛感しました。

憎らしいほどかわいくて仕方ないのです。

ハンデを抱えているからかもしれません。あるいはそのハンデを自分が作ってしまったからかも。福多朗を保護した場所を通る時は今でもドキドキします。血だらけの福多朗の姿が脳裏をよぎります。一種のトラウマ、ですかね。

9月28日に保護してから半年になりますが、その間にいろんなことがありました。命をかけた断脚断尾手術、2回にわたる骨盤矯正手術、通院、リハビリ、家族募集、お見合い、トライアル、卒業。どれも濃い思い出です。きっと死ぬまで忘れないでしょう。

どこにいても、福多朗を愛しています。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗への未練を少しずつ消化し、今は晴れやかな気持ちです。
クリックすると元のサイズで表示します

出会えて本当によかったし、里親さんに福多朗の命のバトンを手渡せて本当によかった、と。私の未練が大きくてご迷惑をおかけしたかもしれませんが、深い理 解を示してくださったお二人のおかげで、離れていても福多朗を感じることができます。福多朗への思いを共有することができます。どうもありがとうございま す。

そして、実は里親さんのお宅が我が家から車で15分の距離なのもうれしいです。いいでしょう? 長くなりましたので、詳しいご紹介は次回にしますね。

お届け後、里親さん宅を一歩出たら急に気が抜けました。でも心臓は痛いままで。MIHOさんの手前、我慢するはずでしたが、とうとう涙腺が破裂し、引かれ そうなくらい泣きました。泣いても泣いても涙が止まらず、MIHOさんもオロオロ。そしてなぜかMIHOさんも泣いてました。

「なんでMIHOさんが泣くの?」

一瞬我に返ってキョトンとしたけど、MIHOさんが泣いているなら私も泣きやすいとまた泣きました。駐車場に着いても、車のエンジンをかけても、涙は止まりませんでした。泣きながら運転して家に戻り、黙々とゴンタを洗いました。

納得できる里親さんに巡り会い、幸せになれると信じての譲渡。

だから後悔はありません。

いずれこの涙も、胸の痛みも、緩和されるはず。

今はまだ苦しいけれど、それだけ福多朗に心を注いだ証だから、素直にこの痛みを持っておこうと思いました。

あれから1か月経ち、まだ時折チクッとうずきますが、あの時がんばって譲渡してよかったと言い切れます。皆さまには、消化してからお伝えしたいのもあり、UPが遅くなりました。

福多朗は卒業しましたよ。幸せになれると思います。すごく。
クリックすると元のサイズで表示します

だらだらと私の未練におつきあいくださり、ありがとうございます。見苦しいことも書いてしまいましたね。ごめんなさい。次回はお届けの様子と最近の福多朗をお送りします。悶絶の写真も届いています。

お楽しみに!
クリックすると元のサイズで表示します

LOVE!

スポンサーリンク





さようならジャン

皆さまこんばんは。今日もまずはひかるの様子からお伝えします。

リジン(サプリ)をふりかけたひかる氏のごはん(ドライフード:ロイヤルカナンインドアキャット ウエット2種:イナバ缶)
クリックすると元のサイズで表示します

ケージの中で食べさせずにケージの外で食べさせる作戦。

ひとり引きこもった食事はやめて、外食してくださいね。

私と語らえば、きっとごはんがおいしく感じられるよ♪

ケージから無理矢理引きずり出すことはまだできない私。

まずはおもちゃで釣ります。
クリックすると元のサイズで表示します

一眼レフだと驚くようなので、最近はもっぱらスマホで撮影。画像が荒いのはご勘弁ください。わかりづらいかもしれませんが、ひもつきの猫じゃらしだと夢中になって遊んでくれます。
クリックすると元のサイズで表示します

少しすると安心するのか好奇心が増すのか、ケージから出てきます。ごはんは私のすぐそば。じっとひかるが近づいてくるのをウキウキしながら待ちます。

やった 食べ出した! むしゃむしゃ、いい勢いです。
クリックすると元のサイズで表示します

ブラッシングのご奉仕
クリックすると元のサイズで表示します

ケージから出てくると、普通にさわれます。チチがいなくても。チチはいつでもどこでもさわれるけど、私はあと一歩。ひかるは私よりもチチを信じているから。でも着実に距離を縮めています。しばらくは私がごはん係だから、ひかる、よろしくね。

食後、すぐにケージに戻るかと思ったけど、今日は一緒に遊んでくれました。消化にわるいからちょっとだけね。はじめからなれている猫ならこんなシーンは当たり前かもしれないけど、シャイなひかるのこういう姿はぜーんぶ“晴れ姿”だと思います。だから感慨深さもひとしお!
クリックすると元のサイズで表示します

画像が荒い写真を並べて自己満足の世界に浸ってますけど、皆さまも喜んでくれたらうれしいです。

ひかる、今日は★5つのおりこうぶりでした。

ひかる大好き^^

★★★ありがとう★★★

MIHOさんが703号室の保護猫たちに大量の猫砂を送ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

わーいわーいMIHOさんありがとう。助かります。保護猫たちに使わせてもらいますね。

MWさまより先日ゴンタへのお花代をいただいた際にドリンクも入っていたのですが、写真を撮るのが遅くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。お酒や二日酔い関係はチチへ、ですね(笑)。いつもすみません。R-1は私が飲ませてもらってます。おいしいしお腹によさそう♪

最後に、書くのが辛く数日間ご報告していませんでしたが、卒業犬ジャンが天国へ旅立ちました。ゴンタ同様、平穏な旅立ちだったそうです。

ブログには書かなかったけど昨年会いに行ったんです。

これはその時撮った写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンは、去年の4月に肝臓ガンが破裂し危篤状態に陥りました。里親さん(ご主人)から深夜電話をもらった時は、本当に覚悟したんです。ご主人も、もって2~3日だろうって。

その時すでに全身にガンがまわっている状態だったジャンは、奇跡のがんばりをみせ、なんとそれから約1年も生きました。すごいことです。ご家族の愛に応えたとしか言いようがありません。

まだ若いジャンが旅立ったのはとても残念です。卒業生の死は心が痛みます。だけど、ジャンのご家族がどれほどジャンを愛してくださったかを知っているので、無念ではありません。

前の飼い主のせいで患ってしまったフィラリアの手術、ガンの手術、まだ日本では珍しい免疫療法、食事やサプリに気を遣い、歩けなくなったジャンの介護を毎日毎日……。

あらゆる面でいったいどれだけ大変だったか。

犬猫と暮らす私には容易に想像できます。

だけど里親さんはいつもこう仰います。

「ジャンが喜ぶなら」

「ジャンのためなら」

「ジャンと暮らせてよかった」

「ジャンを私たちに託してくれてありがとうございます」

と。

そのたび、私は頭を垂れ、ただただ里親さんに感謝の気持ちでいっぱいで、もうどうしたらいいのか。

もともとアウトドアのご一家なので、ジャンは元気な頃からたくさんお出かけしていました。病気を患ったあとも、ジャンの体調をみながら、いろんな場所に連れて行ってくれた里親さん。ジャンほど幸せな犬がいるでしょうか?

闘病中でも、ドッグランは欠かせないよね。これは私のデスクトップに保存してある大好きな1枚です。ジーンズ姿のかわいいこと!
クリックすると元のサイズで表示します

遊び疲れて眠るジャン
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンの病気なんか、どっか行っちゃえばよかったのにね。

正直、若く逝ったジャンの命が惜しすぎて苦しいけど、ジャンはいい犬生だったと思います。ジャンのご家族が全身全霊でジャンとジャンの病気と向かい合い、 闘い、ジャンを守ったのですから。ジャンの里親さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。お二人のおかげで、ジャンは犬らしく生きることができま した。

多くの犬猫たちが幸せになれることを祈って、合掌。

スポンサーリンク





桜の木をながめ

ひかるに会いに来てくださった皆さまへ

かわいすぎるポーズが撮れましたことをご報告いたします。
クリックすると元のサイズで表示します

暗がりの中、スマホを望遠設定にして撮ったので、ボケているのはご容赦を。なんとこの男、ひとりで前ならえ! していました(爆)。まるみを帯びたボディ、腕の筋肉にご注目ください。言うまでもなく、健康そのものだと思いませんか?
クリックすると元のサイズで表示します

今日はひかるが食べている間中、ブラッシングでご奉仕しました。食べながらエステを受けているようなもんです。贅沢ですね。その様子を今度写真におさめるのでお楽しみに。

「ジロジロ見ないでよ。ぼく今、ヨガ中なんだから」
クリックすると元のサイズで表示します

はいはい^^;

お問い合わせが一件もないことは、ひかるにナイショでお願いします。

ゴンタが亡くなってから、猫の話題が多いのでナナの写真を1枚! 先日、黒木先生に検診をお願いしました。黒木先生の病院はドッグドッグのキャンペーン中 なのでサイフにやさしい。血液スクリーニング検査、エコー、レントゲン、フィラリア抗原検査、皮膚の検査など、いっぱいやりました。
クリックすると元のサイズで表示します

結果、11歳とは思えないほど健康だとわかりほっと一安心。お母さんとの抜けがけデートだと思っていたナナにはかわいそうだったけど、検診は大切だからね。

ナナは車の中でじっとしていられません。大巻先生の病院は下道を20分ですが、黒木先生の病院は高速道路で約1時間。ひとりで連れて行くのは少し不安でマイ太郎さんに付き合ってもらいました。お忙しいのに、申し訳なかったです。でもマイ太郎さんが助手席に乗ってナナのリードを持っていてくれたおかげでスイスイ♪

べべはこの前大巻先生のところで検診したし、次はリルかな?

リルも車の中でじっとしていられないんだよなあ。

話題変わって本日!

私は外苑前のフレンチレストランで食事をしたのです。

シェフがおひとりでやっている南仏風のステキなレストラン
クリックすると元のサイズで表示します

前菜はオニオングラタンスープにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

ご一緒したのは、卒業猫リリーの里親さん。お母さまと娘さんです。娘さんといっても、私と同世代ですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

リリーの里親さんと会うのは、何年ぶりでしょう?

はじめてリリーのお家に行ったとき、軽食にナイフとフォークを当たり前な感じで使う姿を見て驚きました。実にスマート。肩に力が入っていない自然な上品さが漂っているのです。

リリーはこのお方↓ 703号室の2005年度の卒業生ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ブログをはじめる前の卒業生。

子猫だったリリーが、もうすぐ8歳。

月日の流れの早さを感じずにはいられません。

リリーは心ない住民に冷水を浴びせられていました。その地域では住民が結託し、野良猫たちを餓死させていたのです。リリーがいた場所の猫たちの保護はため 息が出るほど大変でした。当時、フルタイムで働いていた私は、仕事と猫の保護にてんてこ舞いの日々。今思い出しても辛いです。

譲渡後も里親さんは折に触れリリーの近況を教えてくださり、何度かお家にも遊びに行きました。今回のお食事も、昨年からずっとお誘いくださっていたのです。ゴンタのことなどで余裕がなく、延期延期となっていた再会ですが、ようやく実現しました。

話をレストランに戻しますね。

メインはお魚にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

デザートもおいしいのなんのって!! 紅茶もいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまでした。楽しかったです。

リリーの里親さんは昔から私を「アンニイ」と呼び捨てにします。

「アンニイ、このあと少しだけうちに寄って、リリーの顔を見てから帰ってはいかがですか?」

「そうよ。お母さんもそう言ってるんだし、アンニイ、ひと目リリーに会ってくださいよ」

丁寧な言葉遣いなのに、「アンニイ」。

それがなんか、あったかくて近くて嬉しい。

「はい。ではお言葉に甘えます。ご迷惑でなければひと目だけ」

人見知りのリリーは私が遊びに行ったところで、迷惑なんだろうなあ。でも、ここまで来たんだし、顔だけでも見たい。里親さんの車の中で子猫のリリーを回想しました。

「ほらアンニイ、桜を見てください。きれいでしょう? 青山墓地をまわった甲斐があったわ。まだ満開」

顔を上げ、窓の外を眺めた私は、なんだか泣きたくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

人って、いいなあ。

くすんでいく心を洗ってくれるから。

案の定、リリーお嬢さまは私の顔を見た途端、猛ダッシュで姿をくらませてしまいましたので、本当にひと目しか会えませんでしたが、玄関横に置かれたリリーのトイレを見ただけで満足です。

相変わらず広いお宅ですこと。重厚感、半端じゃないです。
クリックすると元のサイズで表示します

キッチンにこんなの発見!
クリックすると元のサイズで表示します

ご家族が愛してやまない猫、リリー。

私の地元でゴミ以下の扱いを受けていた子猫。

ちょっと手を差し伸べただけで、こんなにも幸せになれるんだ。

と、思いませんか?

ふふ。私は今、自慢をしているのですよ。

心を込めて丁寧にご縁をさがせば、きっと見つかります。

怖がらずに、一歩を踏み出しましょうよ。

里親さんが焼いてくださったパイ。お邪魔するたびにパイやキッシュをおみやげに持たせてくれます。夜、チチといただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

都心の一等地から、まだ近くに畑が残る我が家へ戻る途中、余韻に浸りたくなり、ひとりカフェへ。アメリカンコーヒーを注文し、読みかけの小説を開きました。
クリックすると元のサイズで表示します

幸せなひととき。

こうして徐々にオトナになっていくのも、悪くないですね。

善き方たちに感謝です。

スポンサーリンク





ぼく、少しずつだけど……

ひかるに会いに来てくださった方は、ひとつ下の記事もお読みください。また、過去記事をさかのぼればひかるの写真がたくさん出てきます。

「ぼくの赤い糸は、どこに繋がっていますか?」
クリックすると元のサイズで表示します

ひかるはずいぶん変わりました。

臆病でシャイな男の子が勇気を出して、一歩ずつ私たちに歩み寄ってくれています。チチと私は、毎日ひかるについて会話を交わします。

「ひかる、今日オレとおもちゃで遊んでくれたよ。結構長い間、夢中になって」

「おもちゃが好きそうだから、週末また買ってこようか?」

「またたびに酔った顔は、おっさんだよな?」

「誰かさんにそっくりじゃない?」

「オレはあそこまで変な顔しないよ」

「だっこしたら喉ならしながら嬉しそうに“もっと”だって。撫でてたらおしり突き上げるし、気持ちいいんだろうな」

「本当は嬉しいんだろうね」

「ならとっさに逃げようとしなくてもいいのに」

「それはひかるの遺伝子に組み込まれた行動だから、まあ、しょうがないよね」

「よっぽどな目に遭ったんだろうなあ」

「うん、そう思う」

ひかるはチチの膝の上で、私たちの会話を聞いています。

わかってんだか、わかってないんだか。

端正な顔に聡明な表情を浮かべ、なにかしきりに考えている様子。

なにを考えているのでしょう?

心と心をぶつけながら、絆を模索するひかると私たち。

外国の方と話すより、ずっと大変。

異種同士だからしょうがないけど。

ひかる、ひかるは人間を誤解しているよ。

私たちは殴ったり蹴ったり絶対しない。

ひかるがいやがることはしない。

理不尽に痛い思いをさせたりしない。

私たちは行動で証明していくから、どうか見ててね。

今のひかるは、怖がりだけど家庭猫として十分合格ラインです。うちのあまたんのように神経が図太く、誰にでもすぐ心を開くタイプではないけれど、気持ちをかけた分だけしっかりと応えてくれる男の子です。

夜、保護部屋から飛び出し家の中を探検するのがひかるの日課。

リビングにも足を伸ばすようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

犬が近くにいても大丈夫!
クリックすると元のサイズで表示します

この子は、いい子です。自己表現がちょっぴり下手なだけ。
クリックすると元のサイズで表示します

私は微力ながら保護活動をつづけていきたいので、スペースを確保しなければなりません。ひかるに卒業してもらわないと、次の子の保護が遅れます。だけど、 健康状態が悪い子やどうしても人間と暮らしていけなそうな子を無理矢理家族募集していないつもりです。胸を張ってひかるを送り出せるから、募集しているの です。

シャイで、FIVキャリアで、成猫のひかる。

決して条件がいいとは言いません。

でも、自信を持っておすすめします。

ひかるはかわいい。

変わろうと努力する姿は、胸を打たれます。

ひかるに対するお問い合わせを心待ちにしています。

お心ある方はどうぞよろしくお願いします。

★★★ありがとう★★★

LJママさまよりひかるとあかりに支援物資が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

フード、おやつ、猫砂、どれも助かります。LJママさま、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク





目の検査

更新ばかりしてごめんなさい。読むのが大変じゃないですか? 合間合間にコメント返しもメールのお返事もやっていきますね。気長にお待ちいただけるとうれしいです。

『はじめて訪れてくださった方、および保護猫ひかるに会いに来てくださった方へ』

ひかるの記事は、少しさかのぼればたくさん出てきます。よかったらさがしてお読みくださいね。703号室は犬猫の頭数が多いので、主役がコロコロ変わりますが、ひかるの家族募集に力を入れているので、なるべくひかるに焦点を当てていきます。どうぞよろしくお願いします!

「ぼく自身からも“どうぞよろしくおねがいします”」
クリックすると元のサイズで表示します

まあ、おりこう♪

ひかるくーん、よくごあいさつできましたこと!

頭がおまんじゅうみたいでかわゆい ̄ー ̄

保護当時、ひかるは目がつぶれかかっていました。ぐっちゃぐちゃ。なんと両目とも目やにで完全にふさがり、なにも見えない状態で外を歩いていたんです。本当危険ですよ。きっと汚れたおててで一生懸命かいかいしたんだろうな。それでも全然見えなくて。

「ぼく、こんな感じで歩いてました」
クリックすると元のサイズで表示します

いやいや。ちがうだろ?

それ、目つぶってるだけじゃん。

そんなキレイじゃなかったよ?

もともと怖がりなのに、不自由な目だったから余計怖かったよね。よく生き延びてくれたね。交通事故に遭わなくてよかったよ。

当初ひかるを預かってくださったうららさんが毎日目薬をがんばってくれたおかげで、くりっくりのおめめに戻れたんだよね。
クリックすると元のサイズで表示します

ひかるは昨年、目の精密検査を受けています。今更ながら、皆さまにも読んでいただきたいので、結果を貼りつけておきますね。
クリックすると元のサイズで表示します

懸念していたカリシもヘルペスも、全部マイナス!!

結果を知り本当に安堵しました。やたら高い検査でしたが受けさせてよかったです。(※検査費用は私が負担します。この検査については里親さんに特段請求しません)

変な話、野良猫だったしキャリアだからいろんなものを持っていると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは偏見です。ひかるは現在、快食快便で元 気そのもの。ノンキャリアの子に比べなんの不調もありません。このまま長生きする可能性は高いかも。個人的な意見ですが、正直、私はFIVキャリアはちっ とも怖くないです。もっと大変な症例や病気をたくさんみてきたからなおさら。

もちろん、大事にしてほしい。最低限の室温管理や衛生管理、体調の変化を見逃さないでほしいです。でも、それはノンキャリアの子もまったく同じだと思います。

なんて言ったらいいか……ひかるは超「普通」に生きてます。

「ハハ~、そんなこと、わざわざ言う必要ある? 普通に生きているのって、当然でしょ? どうせ言うならこう言ってよぉ。“ひかるは超イケメンです”とか“ひかるは何事も超上手にできます”とか」
クリックすると元のサイズで表示します

そうね。失礼しました。

日に日に愛らしくなる姿を皆さまに披露しようね。

家族が決まるまで、ずっと。

普通に生きていると言えば!

うちのほほ。子猫の頃から水頭症を患っていますが、もう5歳半♪
クリックすると元のサイズで表示します

親ばかながらマジのマジでかっわゆーい!
クリックすると元のサイズで表示します

保護当時、あまりの小ささ儚さに、育つのか心配だったけど、今じゃ犬のべべと変わらない大きさですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

カメラの中にこんな写真があったので載せちゃいます。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタのケージにもよく侵入していたほほ。2011年の写真です。

懐かしくくすぐったく、ちょっと痛い。

★★★ありがとう★★★

ねこだるまさまがお米30キロを送ってくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

あまりの量にチチと仰天でした。ありがとうございます。お言葉に甘え、妹にも分けますね。

他にも物資などが届いていますのでまたUPします。

ひかるへのお問い合わせを心待ちにしています。

スポンサーリンク