ラストステージに立つきみ

703号室を応援してくださっているピチコさまが子猫あずきちゃん(4ヶ月・ウイルス検査マイナス)の家族募集をしています。くわしくはこちらをご覧ください。

timgc241005-1timgc241005-6

 

 

やさしいピチコさまに保護されたあずきちゃんが良縁に恵まれますように。

非公開コメントでのお問い合わせも大歓迎。気になる方は私にご連絡くださっても大丈夫です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、怒涛の日々ですがようやく資料作りのメドが立ちました。我ながらまあまあのデキではないかとうぬぼれています。とは言っても表紙を入れてもA4用紙5~7枚程度。大騒ぎした割にはボリューム感に欠ける感じですが、なにごとも簡潔がいちばん!(笑)。

 

 

ブログネタがたくさん溜まっています。

 

今夜はなにを書こうかな?

 

 

「お母さんの書きたいこと書けば?」

IMG_6023

 

 

あまぱん、そうだね。

 

じゃあ、SALAの近況にしようか。

 

SALAが我が家に来てから、私はもと飼い主さんと数度お会いしました。写真を持って私が訪ねたり、偶然会ったり。先日はあちらから連絡をくださり、プラムをいただいたのです。

IMG_6608

 

 

もと飼い主さんは明日SALAに会いにきます。SALA喜んでくれるかな?

IMG_6606

 

 

ひさびさの再会を前に女子力を高めないと。チチがお風呂にいれてくれました。

IMG_6658

 

 

ドライヤー中のSALA。涼しくなってきたからしっかり乾かします。

IMG_6664

 

 

SALAは完全介護が必要です。ひとりでは寝返りも打てず水も飲めません。

 

脳転移の影響か? 何時間でもずっと鳴きつづけています。

そのたびに寝返りさせたり撫でたり声をかけたり。

要求がなくただ鳴いていることも。同じ声調をリピートするので神経の異常を疑っています。

ちなみに痛くて鳴いているわけではありません。痛いときは別の鳴き方をします。

「キューン」

「キャンキャンキャン」

とかね。

 

昼夜なく吠えるSALAの声が近所迷惑になっているのを知りつつも、どうしたらいいか?

 

安定剤を飲ませると落ち着くこともあるので、少しおとなしくしてくれている間に家事やお子たちの世話を済ませています。これがなかなかたいへんで^^;

 

チチも面倒を見てくれています。

 

週末の1日はチチに任せて外出できるので大助かり。ありがたいです。チチも私も連続睡眠ができないのが目下の悩みですが、日に日にSALAが愛おしくなるのもまた事実。

 

食欲は風前の灯。だましだまし食べさせていますが、食べれる量は徐々に減っています。

 

強制給餌をするつもりは毛頭ありませんが、SALAが完全に食べ物を受けつけなくなるまでは食べてもらう努力をしていきたいです。なになら食べられるのか考えながら。

IMG_6611

 

 

もうすぐ私の仕事がはじまります。

 

本音を言えば仕事よりSALAが大事です。でも社会人としての責務があるので行くしかありません。私の仕事の間、SALAは病院でemi-goに看てもらう予定です。

 

仕事をしないと家計を維持できないし、仕事のために入院させるのは不経済かつ不本意だし。なんか、いろいろね……。けれどお留守番できないSALAを家の中に置いて不自由な思いをさせるのはいやなのでSALAにとってのベストを考えていきます。

 

SALAの吠える声を動画に撮ってみました。

 

 

※音量に気をつけてください。

 

鳴きはじめるとこんな感じ。動画を撮るためにしばし呼びかけに応えていませんが、普段は姫のもとへすっ飛んでいくので自分の生活がままならない(笑)。下僕の域ですね。

 

楽しいだけではないですが、私は自分の選択に微塵の後悔もありません。

そしてくりかえしますが、すべては私の自己満足です。

 

闘病、介護の断片だけを皆さまにお見せすると、「かわいそう」と誤解されるかもしれませんが、SALAは穏やかに眠っていることもあります。顔にベロベロチュウしてくれることも。

 

SALAはどうだか知りませんが、私はSALAが好きです。家族になれてうれしい。

 

SALAは今動物としてのラストステージに立っています。

 

「老い」や「病」は苦しいこともあるでしょう。

 

しかしそれを含め私は「生きる」って尊いと思います。

 

SALAはすばらしい犬です。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





シナとモン2

お待たせして申し訳ありませんでした。

SALAが断続的に鳴き叫ぶのでどうにもならなくて。

9月5日に行われるFoster Academyの初回で80分ほどお話することになっていますが、そちらの資料作りも、もう(涙)。手つかずですよ。どうしましょう?

Fosterとしてのケーススタディをいくつか簡単簡潔にまとめ、私が作成し実際の譲渡活動で里親さんと取り交わしている譲渡誓約書(犬・猫)も参考資料として持参する予定です。

予定は未定……にならぬようしっかりと準備する時間がほしい……。切実な願いです。

 

 

尻切れトンボのままじゃ気持ち悪い! ってことでシナ&モンの新居へご案内します~!

IMG_5528

 

 

お届けはお見合い時と同様、マイ太郎さんが車を出してくれました。

IMG_6419

 

 

道中、後部座席のキャリー内で終始おりこう。ふたり一緒にお届けできてうれしいです。

 

 

マイ太郎さんが作ってくださった「ミニ勝負シュシュ」はお婿入り道具のひとつとして持参!

IMG_5479

 

 

さあさ、お坊ちゃま方、到着しましたよ。1週間ぶりだからおぼえているかな?

IMG_5471

 

 

先代猫さんが使っていたケージがシナ&モンに受け継がれます。

IMG_5475

 

 

うちも先代かつくんのお下がりのトイレなどをほほ、あまた、さぶがつかっています。

IMG_5510

 

 

まだモンがすり抜けられてしまうサイズなのでこんな風に使用することに^^;

IMG_5522

 

 

ハンモックはマイ太郎さんのお手製。愛を感じるプレゼントですね。

IMG_5477

 

 

リビングの水槽は蓋が取りつけられていました。

 

これでお魚さんもシナ&モンも安心して共存できます。

IMG_5484

 

 

シナ&モンがメインで過ごす和室の履きだし窓には頑丈な「脱走防止柵」が設置されていました。11時過ぎにお仕事から帰宅したご主人さまが取りつけてくださったそうです。

IMG_5474

 

 

お見合い時にお願いした脱走防止対策を厭わず迅速に対応してくださった里親さん。

 

責任感の強いご家族です。そしてお家もきれーい!

IMG_5486

 

 

マンションの築年数を伺い驚きました。

 

なんと我が家と同じくらい。なのにどうしてこんなにピカピカなの?

 

 

チリひとつ落ちていないし一切むだなく整理整頓されています。

IMG_5487

 

 

「ここ いいね ぼくんち?」

IMG_5505

 

 

そう^^ モン坊んちよ。

 

 

「ぼくんちだもん」

IMG_5500

 

 

あなたたちふたりまとめて暮らすお家だよ、シナ(笑)。

 

 

日当たり良好で安全快適の上、かわいいベッドやおもちゃも用意され最高♪

IMG_5497

 

 

お見合い時いただいたケーキにつづきまたおいしいお茶菓子をごちそうになりました。

IMG_5514

 

 

真剣な表情で譲渡誓約書にサインするご主人さま

IMG_5516 - コピー

 

 

大人同士が会話しているとき、シナ&モンのおもりは娘さんが担当してくれました。

IMG_5512

 

 

シナ&モンのやんちゃぶりをほほえましく見つめる美しい奥さま

IMG_5490

 

 

家族仲がよく、理想的なご一家です。うらやましい。

 

まっすぐで明るいシナ&モンがのびのびと楽しげに暮らす未来が見えてくるようです。

 

けれど私は、表面的なことではなくご家族の情の深さに心底感動しました。

 

先代猫ポッポちゃん(左:キジトラ)とマイちゃん(右:グレー×白)のお話です。

IMG_5498

 

 

ポッポちゃんとマイちゃんは奥さまのご実家の飼い猫でした。もとは野良猫だったようです。

奥さまのお母さまが体調を崩しお世話ができなくなったのを機に、ご一家はポッポちゃんとマイちゃんを名古屋から引き取りました。当時、マイちゃんはすでに10歳を越しており、ポッポちゃんにいたっては推定13歳ほどだったとか。

 

実家の犬猫たちを引き取るのはよくありそうで、実はそうでもありません。たとえどんなに身内が大切にしていた犬猫であっても、だいたいが引き取ってもらえません。

 

けれど、ポッポちゃんとマイちゃんは幸せな余生を送ることができました。

猫と暮らしたことがなかったご主人さまが快諾し、積極的に迎え入れたのです。

 

マイちゃんは慢性腎不全と闘いながら17歳まで。ポッポちゃんは19歳の大往生でした。

 

すばらしいと思いませんか?

 

お問い合わせメールに書かれていた先代猫さんたちの愛育歴を拝読し、ぜひ703号室のシナ&モンをお願いしたいと思った次第です。

 

そんなご両親に育てられた娘さんだから、これがまた聡明でかわいらしいお嬢さんで!

 

シナ&モンのよきお姉さんになってくれることでしょう。

 

 

家族写真UPがお恥ずかしいとのことですので記念にマイ太郎さんと私の写真を小さく^^;

IMG_6429

 

 

里親さんからはシナ&モンの医療費のほかディズニーランドのチケットとお手紙とご支援をお預かりしました。せっかくですのでディズニーランド、ひさびさに行こうと思います!

IMG_6605

 

 

ありがとうございました。

 

というわけで、シナ&モンは無事に703号室を巣立ちました。

 

以下が里親さんから届いた写真です↓

IMG_6431

 

 

おそろいで食べて

IMG_6430

 

 

おそろいで眠って

IMG_6432

 

 

やっぱりシナ&モンはふたりで生きていくのがベストですね。

 

応援してくださった皆さまありがとうございました。シナ&モンを保護したうずらさん、離乳まで預かってくださったうめももさくらさんにもこうしてご報告できてホッとしました。

 

うめももさくらさんがつけてくださったシナ&モンの育児日記は里親さんに手渡しました。

 

明日の夜はシナ&モンの姉妹ナツ&メグのお届けにマイ太郎さんと行きます。

 

では皆さま、ハートフルな週末をお過ごしください。

 

LOVE!

 

かつくん「X223シナ、224モン卒業おめでとう。いい家族に囲まれてスクスク育ってね。

ハハは明日の昼しじみさんのお宅に遊びに行くそうです。夜はナツ&メグのお届けで、いったいいつ資料作りをするのでしょうか? 家の中もゴチャゴチャです。ぼく、閉口……。

週明けにSALAの前の飼い主さんが会いにきます。SALAが喜んでくれるといいなと思います」

1-3483

 

スポンサーリンク





シナとモン1

皆さまこんにちは。SALAがゴンタ化し、家にいてもなかなかPCの前に座れません(笑)。

 

シナ&モンの卒業レポが遅くなりました。ごめんなさい。

一足先に巣立った“いせやん”についても必ず近日中にUPします。お待ちくださいね。

 

 

シナ&モンはナツ&メグに遜色ないビジュアルでしたが、私の写真の腕がいまいちのため彼らをうまく表現できませんでした。みいさんのおかげで彼らがキラッと輝き、未来のご家族の目に留まったのです。みいさんどうもありがとう。

 

ご自身も数多くの保護猫たちの里親探しをしてきたからでしょう。みいさんは1枚1枚気持ちをこめながらシャッターを押してくれました。

 

キレイにレタッチし送ってくれた写真をぜんぶブログに載せる前に素敵な里親さんが決まったのでここで未紹介の分を放出させていただきます。

 

 

このコラージュに時間がかかった^^; でも時間をかけてでも、載せたかったのです。

SINAMON1 (15)

 

 

 

見やすいように大きめにしてみました。シナ&モンのよさがでています。

SINAMON1 (17)

 

 

まっすぐで快活で甘えん坊。私にとっては目にいれても痛くない存在のシナ&モン

SINAMON1 (16)

 

 

おや? 老犬べべ公が若造たちの様子を見に来ている写真も^^

SINAMON1 (18)

 

 

キモさ炸裂の中年女がシナといちゃついていますが、シナに免じてお許しください。自分だけ消したかったけどうまく消せなくて……。でもシナの困った表情がお気に入りなのです。

SINAMON1

 

 

これでみいさんの写真はすべて紹介済み。

どれもシナ&モンの「生」を写しだしています。

 

子猫の飼育はたいへんだと言われています。けれど実際のところ、私は多頭多忙でシナ&モンに存分な時間をかけてやれませんでした。甘え盛りの子猫たちが、聞き分けよくふたりぼっちで遊んだり寝たりする姿がほんとうに切なかったです。

自己完結型のシナ&モンがよりいっそう、愛おしく感じました。だからこそ1日も早く愛育してくださる里親さんを見つけバトンをタッチしなくては、と思ったのです。

 

 

体が大きいだけでなく、モンに比べると精神的にもしっかり者だったシナ

SINAMON1 (3)

 

 

あなただって小さくて、あなただって頼りなくて、甘えたい盛りなのにありがとうね。

 

 

自立できないタイプだったモン

SINAMON1 (2)

 

 

みいさんにはシナを中心に撮ってもらったので、私のカメラに残っているモンを何枚か!

SINAMON1 (11)

 

 

てのひらサイズとはこのことですね。

SINAMON1 (10)

 

 

モンは素直でおとぼけ者だったよね。

SINAMON1 (4)

 

 

いっぱい心配したし、いっぱい笑わせてくれたね。

SINAMON1 (9)

 

 

シナもモンもありがとう。

SINAMON1 (5)

 

 

うちに来たばかりの頃、ふたり揃って胃腸炎になったよね。

SINAMON1 (8)

 

 

これでもかというほどミニチュアだったシナ&モンをしばし絶食させなければならないのが私はとってもキツかったです。自分が食べないほうがずっとマシ。

SINAMON1 (13)

 

 

文句も言わず、水で空腹を紛らわそうとしているシナ&モンを見て私が大泣き。ごはんを与えられないのがこんなに悲しいとは思いませんでした。

SINAMON1 (12)

 

 

育つかな? 育つかな? の心配をよそに

SINAMON1 (7)

 

 

ちょっとずつじぶんたちのペースで大きくなってくれたふたり

SINAMON1 (6)

 

 

不自由をかけてしまったけれど、束の間でもあなたたちと暮らせて幸せでした。

欲を話せば、もっとシナ&モンとの日々を堪能したかったけどね。

 

 

シナ&モンのにはあまたのお問い合わせをいただきましたが、途中からセットでのご縁に焦点を絞ることにしたのでせっかくのお問い合わせにそえず申し訳ありませんでした。

 

泣く泣くお断りした方からあたたかいお言葉をいただきました。

 

「シナ&モンの幸せを願っています。里親探しがんばってください」

「シナ&モンはセットでご縁を得るのがいちばんだと思います」

 

心を洗われるひとときですね。皆さまありがとうございました。

 

シナ&モンのご家族は当初ナツ&メグを希望されていたのですが、ナツ&メグはご縁が決まりつつあったので、私がマイ太郎さんにお願いしシナ&モンを打診してもらったのです。ご主人が書いてくださったお問い合わせメールを拝読し、ぜひにと思いました。

 

 

里親さんのお人柄は次回ふれるとして最後にお見合い時のコラージュ写真を!

SINAMON1 (14)

 

 

①中学生の娘さんに遊んでもらっているシナ&モン

②里親さんがおいしいケーキをご準備くださいました。ごちそうさまでした。

③遊びすぎて娘さんの足元でウトウト

④奥さまに撫でられて

⑤ご主人のお部屋にあった水槽があまりにも神秘的でパシャリ!

⑥ご主人に抱っこしてもらうモン

 

きっかけはナツ&メグでしたが、お見合い時すでにシナ&モンにメロメロの里親さん。マンションのエントランスでずっと待っていてくれました。お見合いはマイ太郎さんが車を出して一緒に行ってくれたのですが、笑顔の満場一致でご縁となりました^^

 

人間同士が決める「保護動物のご縁」ですが、私にはシナ&モンも笑っているように見えたのです。お見合い中、シナもモンもずっと楽しそうで!

 

シナ&モンは名前が変わりません。

 

ふたりは剥がれることなく吸いあいながら新境地で成長していきます。

 

応援してくださった皆さまに朗報をお伝えできてうれしいです。

 

次回はシナ&モンのお届け記事をUPします。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





吸って吸って、ほか

はっけよーい! のこった! はい^^ おたがい吸って吸って~♪

IMG_6445

 

 

新居へ行ってもちゅぱちゅぱ忙しいシナ&モンです。(写真は里親さん)

ようやくシナ&モンの写真整理が一記事分終わりました。パチパチ!

次回はまちがいなくご紹介できると思います。楽しみにしていてくださいね。

 

 

さて、もう深夜なので簡単更新で失礼します。

 

主婦の夢がついえました。がっくし。

IMG_6480

 

 

5枚買ってぜんぶはずれ(涙)。

ああ。7000万円当選したら仕事辞めようと思っていたのに……残念。

 

 

夜、SALAの病院へ

IMG_6481

 

 

患者は不在。中島先生とemi-goと今後の治療方針を話し合いました。

細かく書くと長くなるので割愛しますが、SALAのガンは脳転移の可能性が出てきました。原因不明の連続鳴きや奇行? が増えています。3時間以上エンドレスに吠えることも。

くわえて画像診断の結果、骨がスカスカになる速度が思いのほかはやく、抗いようがありません。いくつかの選択肢があり、どうしていこうか今頭を整理しているところです。

 

SALAと一緒に暮らしているとどんどん好きになるから困りますね。

病院からの帰り道、車を路肩に寄せてしばしひとりの時間を過ごしました。

 

 

帰宅後、私が夕飯を作っていたらチチがお風呂に入れてくれました。

IMG_6490

 

 

お風呂上がりのお嬢はじっとしているように見えるでしょう?

でもお風呂中はほんとうに楽しそうですよ。目を細め、手足をゆっくりじぶんで動かすのです。

 

キレイキレイしたあとは犬用牛乳をゴクゴク

IMG_6492

 

 

お腹に貼ってあるのはモルヒネパッチ。

モルヒネパッチの効果に期待し、つづけています。正直、高価なわりには72時間以内しか効かないのが辛いところ。けれど進行がんの苦しみを緩和してくれるなら惜しくありません。

 

SALAとの暮らしは想像していたよりたいへんで、看る側のタフさと体力が必要ですが、SALAの安らかな表情に救われます。実際、病気が病気ですからキツいときも多いかもしれないけれど、苦しいばかりではないと信じています。

 

肌寒くなってきたので、SALAに掛け布団を用意しました。

IMG_6543

 

 

午前中に鳴きすぎて疲れたのか、今夜はぐっすり。

薬もじょうずに飲めるし、ごはんもたくさん食べてますよ。

ミキサーで砕いた分はもう食べきりました! すごいでしょう?

 

明日もお子たち卒業生たちが元気に過ごせますように。

SALAが穏やかに過ごせますように。

 

皆さまのお子たちもね♪ おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





本日のできごと(中年女子のある一日)

予定では卒業記事をお送りするはずでしたが、ごめんなさい(汗)。

写真を選ぶところからはじめるので要領の悪い私は数時間を要します。

今日はパソコンの前でゆっくりしていられそうになくて、後日必ず。

お届けレポは絶対に書きますので気長におつきあいください。

 

かわりに、中年女の“本日のできごと(概要)”をサクッとお送りします。

 

 

犬猫たちの世話を終えた私は午後自分の病院へ。肝臓の検査です。

診察になかなか呼ばれないと嘆いていたら自分が悪いことが発覚!

採血後に提出するファイルを受付に出し忘れ30分以上のタイムロス。痛恨です。

 

起きている間中、とにかくいろいろな方と電話。

いろいろな方とメッセージ等のやり取り。ほぼ保護活動関連です。

 

 

ようやく薬局を出て、向かうは大巻先生の病院。

IMG_6455

 

 

ほほの水頭症の薬を出してもらいました。それにしてもうちは医療費がかさみます。スポットの派遣社員とサボリーマン(今日もなぜか家にいました。大丈夫なんですかね?)家庭には厳しい現実。でもお子たちに必要なものはケチれません。

 

 

みいさんが撮ってくれたほほの投薬の写真

IMG_0029

 

 

私の顔があまりにもキモいので少々勝手にトリミングしましたが^^;

IMG_0028

 

 

こうして毎日朝夜2回、ほほは薬をがんばって飲んでいます。えらいですね。

IMG_0024

 

 

歩行はほとんど困難の域。歩いては転び、歩いては転び、フラフラフラフラ……

IMG_0023

 

 

けれど食欲は旺盛で生きる気まんまんのようです。

IMG_0007

 

 

黒豹さん、立派ですね。

IMG_0005

 

 

帰宅後、人間の夕飯の下ごしらえと家事をしているとSALAが騒ぎ出しました。SALAは最近、要求があると泣いて知らせるのです。SALAのおかげで犬語が少しずつ理解できるようになってきた気がする(笑)。

 

喉が渇いていると訴えたのでチチが買ってくれた2代目の哺乳瓶で水を飲ませてみました。

IMG_6460

 

 

あの手この手を試した結果、この新哺乳瓶がいちばんお気に入りの模様。

 

まるで赤ちゃんですね。

 

さてここで、皆さまにSALAの自己主張の強さをお見せします。

本格的に泣きますよ。

SALAが私になにを言っているのかわかりますか?

寝たきりだけど心は生きています。たくましい精神の持ち主です。

 

かわいいでしょう?  ※SALAと私の会話がうるさくて申しわけないです。

 

 

そんなSALAに先日、さかえ先生が「手作りジャーキー」を送ってくれました。

IMG_6337

 

 

ほんの3ヶ月前に私の書いた記事を改めて読んで複雑な気持ちになりました。

元気な頃のSALAが“友だち”として登場し、さかえ先生のジャーキーをほおばっています。

 

今のSALAは硬いものを食べることができないので包丁で細かく切り水に戻し、やわらかくして食べさせています。そしてナナとリルには原型のまま与えています。

IMG_6338

 

 

さかえ先生ありがとうございました。

 

 

さっき作ったSALAごはん。水分を大量にくわえ、ミキサーでドロドロにしました。

IMG_6471

 

 

SALA完食!ナナとリルにも好評でうれしいです。

 

「やること」と「やること」の合間を縫いながら夜、打ち合わせのカフェへ

IMG_6465

 

 

松原理事ひさびさにお会いできてうれしかったです。2時間みっちりありがとうございました。

 

9月5日ヤマザキ学園にて「Foster」について1時間強話をさせていただくことになりました。

 

Foster Academyを受講される方をガッカリさせないよう努力します。僭越ながら個人で細々とつづけてきた13年間の保護譲渡の体験談をお伝えできればと思います。

 

質疑応答のほか、参加者の皆さまの自己紹介、「できることシート(仮称)」などをお配りし、具体的な内容をお話できたらと。私は勉強不足で一般常識も欠落しているため、ほかの団体の方法などを詳しく存じ上げません。よってあくまで私のやり方になってしまいますが、想像力をはたらかせさまざまな立場に立ち皆さまと一緒にアプローチ方法を考えていきますので、参加される皆さまはどうぞよろしくお願いします。

 

※ Foster=犬猫の一時預かり

 

明日も皆さまにいいことがありますように!

 

再見!

 

 

スポンサーリンク