繋ぐ役目

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

お友だちもなちゃんの紹介で打ち合わせの電話をしたのは私が夏風邪をひいていた頃で、お話を伺う限りでは、正直、私ではお役に立てないかもしれないと考えていました。

 

 

長期海外へ行くため、お姫さま(11歳)のシッターを探しているという内容だったのですが、シッターの利用がはじめてということもあり、いろいろご不安だったと思うのです。そりゃそうですよね。見ず知らずの人間に自宅の鍵を預けるわけですから……。

 

 

今までお友だちや里親さんを中心にシッティングをお受けしていた私にとっても、お会いしたことのない方に自分をどう信じてもらうか、そしてたいせつなシニアの愛猫さんのお世話を長期自分ができるのか、あまり自信がありませんでした。

 

 

双方の最大の懸念点は、お姫さまが「オス猫と暮らしている人を警戒する」点。

 

 

オス猫と暮らしているどころか、保護猫もオスが多いし、シッターのお仕事でもオス猫と戯れています。衣類を洗濯消毒しても、オス臭が消えるはずもない^^;

 

 

迷った挙句、一度直接お会いすることにしたのです。

 

 

おお。リビングのテーブルにいてくれています。なんと、さわらせてくれる♡

0754 (4)

 

 

お姫さまのママさんも少し胸を撫でおろしてくれた模様です。

0754 (5)

 

 

私はオス猫に囲まれた暮らしをしているのになぜでしょう?

 

 

お姫さまの「例外扱い」にママさんも私も驚いたのを覚えています。

 

 

でも、フレンドリーなお姫さまのおかげで希望が見えてきました。

 

 

災害時などの有事はもちろん、お姫さまが体調を崩して通院になった場合なども含め、細かく相談。ご親族とも電話でお話をし、メールもたくさん交わしました。貴重品はご親族に預けていただき、免責事項の書類へのサインもお願いしました。

 

 

さんざん詰めたにもかかわらず、お仕事の初日は電車の中で膝がガタガタ震えたのです。「責任」というものはこうまでも重いものかと実感しました。

 

 

いっしょにお留守番をがんばろう。よろしくね!

0754 (7)

 

 

お水、ごはん、スキンシップ、目のケア、トイレの掃除、排泄のチェックに加え、簡単なお掃除も。拭き掃除をして、パパっと掃除機をかける。清潔な環境の維持はお姫さまにとっても、伺う私にとっても、帰ってくるママさんにとっても快適ですものね。

0754 (1)

 

 

お姫さまの自宅にある肖像画。ああうらやましい。うちも描いてほしい!

0754 (3)

 

 

「来れない日はご無理なく」

 

 

と言ってもらっていたのですが、お姫さまが気になって仕方ありません。

0754 (8)

 

 

ひとりで待っている姿を想像するだけでいてもたってもいられない心境です。

 

 

だから10日間、欠かさず毎日通いました。

0754 (9)

 

 

一度訪問が遅くなった日に、いつもはリビングにいるはずのお姫さまが玄関で私を待っていたことがあったのです。見た途端、愛おしくてたまらず抱きしめてしまいましたよ。

 

 

「がんばっているね。えらいねえ。すごいじゃない。たくさん食べてくれてありがとう。立派なうんちをしたのね。よしよし。ママさんちゃんと帰ってくるからね」

0754 (10)

 

 

お姫さまを励ましながら、ママさんには日々便せんにびっちりと長い報告のお手紙を書き、お姫さまの動画や写真も欠かさず送りました。お互いを想い合っているのに離れ離れになっているお姫さまとママさんを繋ぐのが私の役目だと思ったのです。

0754 (11)

 

 

長毛種のお姫さまにはブラッシングが必要ですが、イヤイヤするので充分にできなかったことが唯一の心残り。終盤は手櫛でムダ毛を取れるだけ取りました。

0754 (6)

 

 

最後の仕事を終えた翌日、ママさんより「自宅に戻って元気なお姫さまに会えた」との連絡をもらったときは涙が溢れて止まりませんでした。

 

 

ママさんが帰ってきてよかった。またいっぱい甘えてね。

 

 

ほんとうに100点満点のおりこうです。健やかに生きていてくれてありがとう。

 

 

昨日、ママさんより海外のおみやげとお手紙が我が家に届きました。

0754 (2)

 

 

お手紙の内容を紹介させてください。

 

 

田辺アンニイさま

おこのたびは永い間、○○○のお世話をありがとうございました。おかげ様で○○○は体調の変化もなく、むしろ出発前より元気なくらいです。アンニイさんを信じてお任せして本当に良かったです。心より御礼申し上げます。心ばかりの○○○○土産をお送りします。寒くなってきましたね。どうぞご自愛下さいませ。

 

 

読み終えた私は、自分が感じた重圧やハラハラやドキドキも含めて、お受けしてよかったと心から思いました。素敵なご縁に感謝しています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





生かすための努力

大昔、私は八幡山の動物愛護センターの職員と電話で激しくケンカしたことがありました。

 

 

私たちが徐々に引き取ると約束していた多頭飼育崩壊現場の犬猫たちの大部分を福祉の人間とセンターが殺処分してしまったのです。当時その家に住んでいた飼育能力のない精神疾患で入院中だった飼い主を福祉の人間が説得し、センターに送ってしまったのです。10頭程度は救い出せたのですが、それ以外の犬猫たちは間に合いませんでした。今思い出しても本当に辛いできごとです。

 

 

17年半前に土手に遺棄されたあまたの犬たちのことを真剣に相談したときも、役所は冷たかった。私は個人の力でどうにかするしか道はないと腹を括り、以後に至っています。

 

 

しかし、近年私は考え方が変わってきています。

 

 

もちろん地域差はあるでしょうが、多くの動物愛護センターが「生かすための努力」をしはじめていることに気づいたのです。だからセンターを悪者にするのはちがうと思うのです。

 

 

昨日は動物取扱責任者の講習会でかつて苦手だった八幡山のセンターへ

IMG_6653

 

 

ふたりの職員と思わしき方が(ボランティアの方かもしれません)笑顔で二頭の保護犬の散歩をし、その後、犬たちは順番に広い柵の中で遊ばせてもらっていたのが印象的でした。これまで多くのボランティアの方の尽力もあり、センターがずいぶん開かれた明るい場所になっているのを実感します。

IMG_6655

 

 

職員さんにもお話を聞くことができて、有意義なひとときを過ごしました。

IMG_6658

 

 

センターで譲渡事前講習会も開かれていましたよ♪

IMG_6659

 

 

私は変化を変化として素直に認め、喜びたいです。

 

 

ちなみに写真に写っている犬たちは殺処分されないのでご安心ください。

 

 

さて、動物取扱責任者はシッターのお仕事のためです。シッター士の資格はすでに持っていますが、HPを立ち上げ本格的にやるために第一種動物取扱業を取得したのです。体調と相談しながら自分のペース(牛歩)で前へ進んでいます。

 

 

シッターのお仕事は楽しいです。先日は星太郎のお茶会のあと、emi-goの病院にお泊りに来ていた卒業生「まる」のお散歩代行をしました。

IMG_6589

 

 

一度帰宅しお子たちのお世話を終え、変なズボンに履き替えいざ出発!

IMG_6588

 

 

ほれほれ行くよ~!

IMG_6587

 

 

山口県周南市の野犬だったまるは、警戒心が強く、里親の黒田さんしか散歩できません。黒田さんはその状況を憂いで、私に散歩の依頼をしてくれているのです。

 

 

散歩中は写真を撮る余裕がないので、散歩前の写真で失礼します。

 

 

二重の首輪、ハーネス、リード3~4本で脱走防止に備えています。

IMG_6591

 

 

二日目もまずは説得から……

IMG_6603

 

 

ねえ、まる~、散歩行こうよ!

IMG_6607

 

 

唸りながらもしぶしぶついてきてくれました(笑)。

IMG_6608

 

 

前はイヤイヤが激しかったのに、いったん外へ出ちゃえばテクテク横を歩いてくれるようになったまる。排泄もスムーズにできるようになりました。まんざらでもない、といったところでしょうか?

 

 

うれしくて黒田さんに報告のメッセージを送りまくった私。最高にかわいいです。

 

 

散歩から戻ったあと、めまいがひどかったのでまるとしばしルームシェア♡

IMG_6612

 

 

まるの引いた顔にみんなウケていました。

 

 

ちゅーるは黒田さんより、マッサージ券はemi-goよりプレゼントしてもらいました。

IMG_6630

 

 

ありがとう!

 

 

仕事をいただけるのは本当にありがたいですね。またのご利用をお待ちしています。

 

 

最後に我が家の近況写真を少し載せておきます。

 

 

犬のようにマテができる保護猫メル子(3秒程度)。

IMG_6662

 

 

お昼寝中のリルと高菜兄妹

IMG_6648

 

 

美犬よのう~

IMG_6647

 

 

スヤスヤ

IMG_6645

 

 

16歳に見えないでしょ?

IMG_6646

 

 

あちこちでおしっこやうんちをするようになったので、リルもそろそろおむつかな?

IMG_6644

 

 

皆さまも肉球家族たちとよい日々をお過ごしください。

 

 

書きたいことがたくさんあるので、あとでまた更新する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





星太郎のお茶会(天音、ほたる家にて)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

先週末はノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の第一章、第二章でもおなじみの卒業生天音&ほたる家で保護猫星太郎のお茶会(お見合い)を開いたのです。

222 (2)

 

 

星太郎は私が譲渡責任者で、天音&ほたる家がフォスター(預かり)をしてくださっていました。星太郎の過酷な過去と保護のいきさつはこちらをお読みください。

 

「月太郎、星太郎/幸せの703号室」

 

 

※きょうだい猫のナイト(月太郎)は現在終の棲家で安楽に暮らしています。

 

 

「もう少し星ちゃんにお肉をつけさせてあげたい」

 

 

とのもりよさん(天音&ほたるママ)のやさしいお言葉にすっかり甘え、長いステイとなった星太郎。先月ようやく家族募集サイトへ掲載したあと、一件の家族希望を得てそのご家族とお会いすることに。たった一件ですがお会いする前からメールでのやりとりなどを通じて私は最高のご縁だと確信していました。なんていうか、丁寧さと誠実さが文面からにじみ出ていたのです。

 

 

「今日はぼくが主役?」

222 (8)

 

 

来客のたびに100%二階へ避難するともりよさんに伺っていたのに……

222 (6)

 

 

星太郎は最後まで一階のリビングにいました。

222 (9)

 

 

すごくないですか?

 

 

星太郎の行動や態度にひたすら驚いています。もりよさんも私も、星太郎が自分の意思で「この人たちの家族になりたい」と言っているように感じています。

222 (21)

 

 

もりよさんが焼いてくださったスコーンと紅茶をいただきながら

222 (1)

 

 

星太郎を囲む至福の午後

222 (25)

 

 

もちろんご家族満場一致で星太郎を末っ子として迎えることが決まりました♡

222 (24)

 

 

 

キャー! やったね!

 

 

「みなさん ぼくも家族におやつをもらいましたよ」

222 (3)

 

 

「パパ見て見て~ ふだんぼくこうしてじぶんでカリカリ食べてるの」

222 (4)

 

 

「お兄ちゃん おもちゃで遊んでくれてありがと」

222 (5)

 

 

「ママは猫の飼い方の本を持ってきてくれたんだよ」

222 (7)

 

 

お家の写真、住民票の写し、住宅のペット飼育可の書類に加え、なんとおやつや猫じゃらし、ボールのおもちゃまで持参してくださった星太郎の里親さん。責任感の強さ、キラキラの笑顔、明るさ、家族仲のよさがじわじわヒシヒシ伝わってきてもりよさんと私は感無量です。

222 (10)

 

 

「ついに星太郎も家族を得たのね」

222 (14)

 

 

「おめでとう星太郎」

222 (13)

 

 

天音、先住くろこさん、ほたるも喜んでくれたと(私が勝手に)思っています。

 

 

「お兄ちゃん それ振って~」

222 (17)

 

 

「かぶっ~」

222 (18)

 

 

元気でやんちゃな星太郎が、委縮せずにそのまま育っていくのが容易に想像できる飼育環境や里親さんのお人柄。私の脳裏には「運命」という言葉が浮かびました。

222 (22)

 

 

星太郎はまちがいなくぜったいに幸せになります。

222 (23)

 

 

星太郎を抱っこして集合写真を撮ろうとして失敗した一枚

222 (11)

 

 

後頭部で写真に参加する星太郎

222 (12)

 

 

里親さんからのかわいいプレゼント。ありがとうございました。

222 (15)

 

 

猫の形をした最中は味もおいしかったです。ごちそうさまでした。

222 (16)

 

 

天音、ほたる、先住くろこさんとにぎやかに暮らしてきた星太郎ですが、もりよさん夫妻は「星太郎は1匹でかわいがられるのがいちばん」と仰っています。

222 (19)

 

 

「星ちゃんは人から注目されるのが好きだから」

 

 

ですって(笑)。

 

 

ふふ。わかる気がする。

 

 

星太郎はほとんどお留守番のない素敵なお宅へまもなく巣立ちます。

 

 

応援してくださった皆さま、そしてなによりずっとかわいがってくださったもりよさんご夫妻に深い感謝を込めて今、これを書いています。

 

 

703号室を通じて良縁の連鎖を感じます。

 

 

美しい空気が循環しています。

 

 

星太郎への祝福として……

222 (20)

 

 

 

でっかいLOVE

 

 

PS 星太郎家のみなさんももふもふトークイベントに来てくださるそうです。ノラスタも読んでくださったとか。卒業レポートのときにまたいろいろ紹介させてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク





安定

皆さまこんにちは。座っている姿勢がキツくてblog更新が滞ってしまいました。

 

 

うちのお子たちは全員元気です♡

777 (1)

 

 

昨日はMIHOさんにつき合ってもらい、あまぱんとさぶの東大病院へ

777 (3)

 

 

さぶは遠くからメッシュ越しに見ても「さぶ感」がハンパない^^;

777 (4)

 

 

ふふ。MIHOさんとスニーカーが被ってしまいました。

777 (2)

 

 

あまぱんは推定年齢15歳以上。慢性腎不全ステージ4と難病肝アミロイドーシスを患っています。

 

 

ヘビーな闘病を明るく朗らかにこなすタイプ

777 (5)

 

 

夏、輸血をした頃より体重が600g増えました。4.5キロになっていたのです。慢性腎不全ステージ4でありながら600g太るってすごくないですか? 自慢ですよ。

777 (6)

 

 

貧血の値、肝臓の数値は安定。腎臓も特段悪化していません。

 

 

そして慢性腎不全ステージ3のさぶ(推定13歳以上)。過去に2回、生死に関わるレベルの膿胸を乗りこえました。さぶも体重が増え、腎臓の数値が改善されていたのです。

777 (7)

 

 

毎日自宅で補液をがんばっています。薬も欠かさず飲ませています。

 

 

私の呼びかけに応えてくれるお子たち。私の希望を叶えてくれるお子たち。投げたボールを返してくれるお子たち。本当にありがたいの一語に尽きます。

 

 

お子たちの体調の「安定」にどれだけ私自身が救われているか。

 

 

お母さんとしてこれからも一生たいせつにしていこうと改めて心に誓いました。

777 (8)

 

 

前田先生、岡本先生、毎度ありがとうございます。恒例の記念写真を♪

777 (9)

 

 

主治医の前田真吾先生にはもふもふ譲渡祭のトークイベントに参加していただきます。

 

 

卒業生キビタビきょうだい家の市川美絵さん、大師前どうぶつ病院の中島渉院長とのパネルディスカッションにしようと思います。私自身も勉強させてもらいたいので、どんな内容にするか、ワクワクしながら悩んでいるところです。

777 (10)

 

 

席に限りがありますが、どうぶつの医療に興味のある方はぜひ!

 

 

正味一時間の短いトークイベントですが、ニコニコ有意義なものにしたいです。

 

 

最後に、バザー品のご提供をしてくださっている皆さまに感謝を。バザーをやると決めたあと、どなたからもご提供いただけず、重い責任を感じて実はとても凹んでいました。でも、助けてくださる方がポツポツと現れてくださっているそうで、少し気が楽になりました。ありがとうございます。ひとつからでも大歓迎ですのでHPへお問い合わせください。バザー品はtwitterで随時流しています。

 

 

ほしくなるものばかりで困っているという(苦笑)。

 

 

では皆さま、よい午後を。本日は体調がいいので夜また更新する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





病気と闘う勇ましいきみたち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

香さんからリルと高菜にお誕生日カードとギフト券のプレゼントが届きました。

ttieheb (4)

 

 

あたたかいメッセージに感動。カードはリビングボードに飾っています。

ttieheb (5)

 

 

香さま、どうもありがとうございました。

 

 

子煩悩の淡辺さん(チチ)

ttieheb (8)

 

 

お子たちを通じて淡辺さんのよさを再認識しているこの頃です。

ttieheb (9)

 

 

 

お子たちにとっては本当にすばらしいお父さんだと思います。

ttieheb (10)

 

 

リルの食事風景。リルは腎臓用のドライフードを粉砕し、水を混ぜ、お団子状にこねこねしたごはんを食べているのです。これ、毎回なかなか手がかかりますよ。

ttieheb (11)

 

 

残りは高菜が片づけてくれます^^

ttieheb (7)

 

 

DVDを観る私を見るリル♡

ttieheb (13)

 

 

はいはい。かわいいかわいい♪

ttieheb (12)

 

 

みんなで雑魚寝。私の寝る場所がほとんどないという……

ttieheb (14)

 

 

へんな寝相の高菜

ttieheb (15)

 

 

白いマットレスについているのは淡辺さんが夜な夜な食べ散らかしたチョコレートなのでご安心ください。色はアレですが、念のため……運子じゃないです(笑)。

ttieheb (16)

 

 

私よりものすごいスピードで歳を取っていくお子たち

ttieheb (2)

 

 

病気と闘う勇ましいお子たち

ttieheb (6)

 

 

私はお母さんとして、お子たちの最後の日まで彼らを守りたいです。

ttieheb (3)

 

 

お子たちは今、多くのケアが必要ですが、ケアを含めお子たちとの日々を堪能しています。

ttieheb (1)

 

 

さぶ、重い~

ttieheb (17)

 

 

でもこの重みが、たまらないですね。

ttieheb (18)

 

 

体重は血や肉であり、私のお子たちが生きている証だから。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク