七色 出産

3月5日の金曜日

 

 

数週間ぶりに仕事が休みだった私は、保護猫信くんの病院の送迎以外はのんびり家で寝ているはずでした。なのに朝7時すぎに赤ちゃんの産声でハッと目が覚めたのです。

 

 

それからはもう、アドレナリンの分泌が止まらない1日となりました。

 

 

●3月1日七色が我が家に移動

 

●3月4日七色の食欲が少し落ちる(猫は出産前は食欲が落ちる傾向があります)

 

 

七色はいつ赤ちゃんを産んでもおかしくないほどお腹が膨れていたのですが、正確な出産日はわかりません。前回も書いたとおり、私は病院からのアドバイスやネットで仕入れた知識を自分の中に詰め込み、ドキドキとその瞬間を待っていたのです。

 

 

私がいちばん恐れていたことは、母猫が子猫を殺すこと、食べること。

 

 

ピンとこない方もいるかもしれませんが、一定の割合でこのようなことが起きるのです。

 

 

私も昔、レスキューに入った多頭飼育崩壊現場で、その劣悪な現場の飼い主だった女性に「父猫や母猫が子猫を食べちゃうから困る」と聞いたときは、自分の耳を疑いました。

 

 

けれどググってみると、決してめずらしい話ではありません。もちろん、すべての猫がそうだとは言っていないので誤解のないようお願いします。

 

 

保護したばかりの七色の育った環境や性格を私は知りません。

 

 

七色は近づくと全力で空気砲を放ってくるレベルで私に怒っていました。

 

 

お腹に赤ちゃんがいてナーバスになっているのだからあたり前ですよね。

 

 

何年も共に暮らしている飼い猫ならフリーにできますが、703号室に来て数日でフリーにして子猫を産ませることは私の環境ではむずかしい。だから七色にはケージに入ってもらったのですが、出産するにはケージが狭かったなと深く反省しています。

 

 

考えてみれば、倉庫に巨大な犬用のケージが眠っているのだから、それを引っ張り出せばよかった。七色と赤ちゃんたちには何度も謝りました。私の配慮が足りなかったです。

 

 

ケージは敢えて一段にセットしました。平地のほうがいいと病院に聞いていたのです。

 

 

知っている方の実体験をお話しすると、ケージの2段目のハンモックに子猫を1匹置き忘れた母猫がいて、人間がハンモックから子猫を取って母猫に返したところ、母猫がその子猫を食べてしまったのです。ほかにも数件、実際に聞きました。人間が子猫をベタベタさわったり、子育てをやたら干渉すると、母猫は(人間のにおいのついた)子猫に対する興味を失い、育児放棄をするケースも。

 

 

母猫は子猫を主に「においでも識別する」といわれているとのことで、人間のにおいがしみこんだ子猫を異物として排除したのかもしれません。これも人間に対する信頼度や、母猫の個体差があるので、総括したものではないことをつけ加えさせていただきます。

 

 

また、人間が関わらなくても、障がいや病気を持って生まれてきた子猫を母猫が放棄することもあるので、必ずしも人間だけが原因でもないのも特記させてください。

 

 

とにかく私は、過剰に見てはダメ、触ってはダメ、手を出すのはダメ、七色を高い場所に上がらせるのも控えよう、ダメ、ダメ、ダメ、とがんじがらめの精神状態になり、結果として、ふつうの猫ケージの一段の場所しか七色に与えられなかったのです。その中でも動きまわれるようにと、いちおう箱型の猫ベッドを入れたのですが、七色は箱型のベッドではなく、トイレで出産してしまいました。

IMG_1438

 

 

慌ててベッドを(動画でキャリーハウスの中でお乳をあげている猫を見たので)キャリーハウスに変えたのですが、七色と赤ちゃんたちはトイレから出てきませんでした。

IMG_1437

 

 

私は砂が入っているのが気になってしょうがなかったです。

IMG_1439

 

 

ああどうしよう。トイレから出したい。

IMG_1431

 

 

(保護直後に試しにやってみたところ、七色はペットシーツで排泄をしなかったのですが)根競べをしてでもペットシーツを敷いておくべきでした。ペットシーツなら砂が気にならないですものね。

IMG_1430

 

 

すぐにキャリーハウスをやめ、大きなベッドをケージに戻すと、七色は赤ちゃんたちを連れてベッドに移動してくれました。現在も授乳に使用している広々としたベッドです。

 

 

その姿を見てちょっとだけ安心しました。

 

 

そして唸る七色のケージにカバーをかけ、目を離すことにしたのです。

 

 

子猫たちをチェックしたい。みんな無事だろうか?

 

 

胎盤に猫砂がついていたら七色は胎盤を食べないかも。臍帯は無事に切れているかな?

 

 

病院にも何回も電話をかけまくった私。

 

 

各種の不安が脳内を駆け巡ったのですが、いじってはダメ、という呪文に縛られた私は、半日がまん。その間、赤ちゃんたちがお乳を吸う音が聞こえていたのが唯一の救いです。

 

 

そして午後、七色がお水を飲みに行った隙にケージを覗いた私は唖然……

 

 

4匹の赤ちゃんのうち、3匹の足がそれぞれの臍帯で絡み合い、連なっている。

 

 

胎盤をそれなりに食べた形跡はあるけれど、七色は臍帯をちぎっていない。1匹を持ち上げたらそのまま3匹が持ち上がってしまうような状態。え……これはマズい。

 

 

実は前に病院で同じ状態の乳飲み子たちを見たことがあるのです。

 

 

運び込まれた乳飲み子たちは残念ながら虫の息でした。

 

 

外で出産した母猫が臍帯を切りそびれ、臍帯同士が乳飲み子たちに巻きつき、血流が止まった1匹の乳飲み子の足はすでに壊死していたのです。そのシーンを鮮明に覚えている私は、同じような状況を前に、「子育てにノータッチ」などと言っていられなくなりました。

 

 

臍帯をハサミで切って赤ちゃんたちを解放しないといけません。

 

 

怒る七色から4匹の赤ちゃんを毛布ごと取り上げ、煮沸消毒をしたハサミでチョキ、チョキ、チョキ。切り終えたあと、間髪を入れずに毛布ごと七色に速攻赤ちゃんを返しました。

 

 

七色はどんなリアクションを取るかと思いきや、フリーになった赤ちゃんたちをかいがいしく舐めているではありませんか。あああ、よかった。赤ちゃんたちをかわいがってる♡

 

 

臍帯を切った直後の写真

IMG_1440

 

 

もし七色が外で出産していたら、ケージの中じゃなかったら、ちゃんと臍帯をちぎっていたのかな? それともやっぱりちぎっていなかったかな? すべては想像でしかないので、どうなっていたかはわからないのですが、(ケージが狭かった、トイレをペットシーツにしなかったなどの)反省すべき点はしっかりと反省し、謝罪すべきところは七色や赤ちゃんたちにちゃんと(言葉と行動で)謝罪し、今後につなげていきたいです。加えて、絶対に介入すべきではないという固定観念を捨て、必要最小限、臨機応変に対応できた部分は自分をじゃっかん評価したいです。

 

 

ちなみに現在も同じケージを使っていますが、あくまで出産には狭かったのであって、授乳するには落ち着いた環境だと思います。あと1週間くらいしたら、安全対策を施した犬用のケージに一家でお引越しをする予定ですが、それまでは環境を変えずにそっと見守る所存です。

 

 

皆さまご心配くださりありがとうございました。

 

 

成長記録の写真を撮りたいのですが、まだあまり刺激したくないので気長にお待ちくださいね。

 

 

まとまらない文章をお読みいただき感謝しています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ポテチ家での幸せの4時間

皆さまこんばんは。保護猫七色と赤ちゃんたちは元気にしています。

 

 

昨夜、赤ちゃんが1匹行方不明になった気がして焦りました。

 

 

(私が)パニックになりかけたそのとき、ふと七色の前足が二倍の太さになったことに気づき、よく見ると赤ちゃんのキジトラ模様と七色の前足が同化していたのです。脱力^^;

 

 

かわいい姿に和みつつも、ドキドキヒヤヒヤの毎日を送っています。

 

 

さて、今日は下書き保存していた写真を放出させてください。

 

 

先日、4回のシッティングで訪問した卒業生ポテチ&コテツ(&ヤマト坊)家の登場です。

IMG_1118

 

 

「ぼくは次男のコテツ シッターさん(ハハ)に近所でスカウトされました」

IMG_1077

 

 

「ぼくはヤマト 里親さんに外で保護され乳飲み子時代から三男坊としてここにいます」

IMG_1062

 

 

「ぼくは どこにもいません 透明の存在です」

IMG_1060

 

 

笑。長男のポテチも近所で私にスカウトされ、保護猫として703号室に長くいたのですが、私のことはとっくの昔に忘れ去り、会いに行くとベッドの下に潜って出てきません。

 

 

万年ダイエッターのポテチを筆頭に、食べ盛りの男たちの健康管理を里親さんはきちんとしています。ごはんの量、おやつの量が細かく決められているのです。

IMG_1038

 

 

もちろん、私もこれに則ってお世話をさせてもらっています。

 

 

ポテチは安定のペロリ。コテツもそれなりに食べます。問題は末っ子のヤマト坊。繊細な性格ゆえ、(家族以外の)私のあげるごはんは残すかもしれません。毎回あの手この手を考えながら、なんとかそれなりに(9割程度)食べてもらいました。

IMG_1045

 

 

ヤマト坊の残した分は、ポテチがペロッと平らげます。ポテチやるね!

 

 

※残した量を画像つきで細かく里親きーやんさんに報告し、指示を仰いでいます。

 

 

ヤマト坊もがんばりました。

IMG_1040

 

 

コテツは私にもやさしいよね♡

IMG_1043

 

 

「シッターさん獣臭がすごいですね」

IMG_1051

 

 

家でも外でもいろんな子をお世話しているからね。

 

 

でもお風呂や洗濯や手洗いはまめにしていますよ。私もいちおう女性ですから♪

 

 

こんなんで行っちゃいましたけど。

IMG_1037

 

 

コテツのまあるいフォルムが好き

IMG_1058

 

 

キッチンにうちの先代猫かつくんのシールを発見! 貼ってくれていたんですね。

IMG_1046

 

 

玄関の脱走防止柵はいつ見ても立派です。

IMG_1063

 

 

3回目の夜、ベッドの下に逃げ遅れたポテチと目が合ってお互いにびっくりしました。

IMG_1074

 

 

あ、ポテチの全貌が丸見えだ……。

IMG_1075

 

 

いつもは私のカギを開ける音で速攻避難するのに、ちょっと油断したのかな?

 

 

だとしたらうれしいな。ありがとうね。

 

 

ポテチからプレゼントをもらったような気持ちになったよ。

 

 

楽しい時間を送らせていただきました。きーやんさんとご主人に感謝です。

 

 

後日、シッティング代金を手に母の店にお弁当を買いに来てくれたご主人

IMG_1158

 

 

リンゴのお菓子のおみやげもありがとうございました。私からは台湾ビールとマンゴービールを!

IMG_1159

 

 

※シッター(に特化した)日記は「にくきゅうのおせわ屋」のHPでも見ることができます。

 

 

ポテチ家のみなさんの健康と幸せを心より願っています。

 

 

お仕事をくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





七色 1、うちにおいで

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

「譲渡ができる子がいたらやろうか?」

 

 

そんな声がけを最近emi-goにしていました。

 

 

卒業生牛丸以降、近所のゴミ置き場でゴミを漁る外猫も見かけないし、現在、うちはすぐに家族募集サイトへ掲載できる犬猫がいなくて、ふと無力さを感じるのです。自分なりに譲渡に力を入れてきたので、なにもしないで時間が流れるのはもったいないという気持ちもありました。

 

 

「今は……病院にはいないですね」

 

 

そうか。いないか。

 

 

自分で聞いておきながら、ですが……いないならいないで、なんとなくホッともします。

 

 

数日後、emi-goが電話をくれて、出てみると「先日の話って、まだ大丈夫ですか?」と聞かれました。患者さんが外で妊娠している猫を見て病院に連絡をしてきたそうです。

 

 

お腹がパンパンのメス猫が私と同区内にいる。

 

 

私がOKをすれば、その子は保護される。

 

 

「妊娠している猫」は想定外だったゆえ、一瞬悩みましたが、大方の住民から望まれない出産をするよりは、私が子猫の誕生を祝福し、母猫と子猫をたいせつに育ててくれる家族を見つけようと思い、703号室に招き入れることにしたのです。それが、七色と名づけた女の子との出会いでした。

maneaeu (6)

 

 

703号室に来ることが決まり、保護された七色は病院でエコー検査を受けました。

maneaeu (5)

 

 

やっぱりお腹には子どもがいます。白いパールのような球体の連なりは、子猫の背骨とのこと。いろんな考え方があるのは承知していますが、子猫たちがここまでしっかりとお腹の中で育っているのなら、堕胎をせずに産ませるべきだと私は考えました。揺るがない私の結論です。

maneaeu (1)

 

 

移動してきたばかりで不安だよね。

maneaeu (2)

 

 

イライラするのはホルモンのバランスの影響ですかね?

maneaeu (7)

 

 

もっとちゃんと準備すべきだけど、毎日バタバタして、後手後手になってごめんなさい。

maneaeu (3)

 

 

我が家で一番静かな部屋(私の寝室)にケージを組み立て、ベッドとトイレを入れました。

 

 

もっと広いスペースを用意してあげればよかったのですが、保護したばかりの七色の性格からすると、ケージのほうがコントロールしやすかったのです。

maneaeu (4)

 

 

子を産むまでの4日間、七色はこれでもかというほどの夜鳴きをして、近づくと怒る、を繰り返しました。新しい環境に来て、心細くて不安だったんですよね。私にできるのは、ごはんとお水を絶やさずに、トイレを掃除して、そっとしておくこと。

 

 

出産の1日前(木曜)に食欲が少し落ちたので「あ、そろそろかな?」と覚悟をしたのですが、その時点ではいつ産まれてくるか、正確にはわかりませんでした。

 

 

3月5日の金曜の朝、子猫の鳴き声でハッと目が覚めて……本日に至ります。

 

 

病院からのアドバイスに加え、猫の出産ブログやYouTubeやヤフー知恵袋のおかげでだいぶ知識をつけた私は、七色と4匹の子猫たちの役に立つことができたと自負しています。

 

 

10年ほど前に母猫と4匹の乳飲み子を保護したことはあるのですが、出産から立ち会うのは初体験です。本当にいい経験になりました。七色と赤ちゃんたちに感謝です。

 

 

703号室は17歳と4か月のリルを筆頭に、10頭に増えました。

 

 

リル、さぶ、みーちゃん、すずらん、信くん、七色、4匹の乳飲み子たち。濃い面々との共生はお世話に時間がかかり、神経を使うので、皆さまに不義理があるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

 

あたたかく見守っていただければうれしいです。

 

 

次回の七色の主役ブログでは、七色の出産を、反省点などを込めて書けたらいいなと。

 

 

赤ちゃんたちがスクスク育つことをいっしょに祈っていただければ幸いです。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





スペシャルゲスト

マイねーより腎臓フードやグッズやお見舞い、マイママさんより手作りジャム、きえさんよりハチミツのナッツのプレゼントをいただきました。ありがとうございました。uresi (2)

 

 

あああ……

 

 

いろんなことがありすぎて……

 

 

ブログの更新はマラソンに似ている気がします。息切れしますね。

 

 

まあそれだけ私の毎日には、小さくてもお伝えしたい犬猫たちや善き方たちのキラキラネタがあるからですよね。読んでくださる皆さまも大変でしょうけれど、おつき合いくださいね。

 

 

さて、吉報です♡

 

 

保護猫信くんの腎臓の数値が1か月前より下がりました。やった!

uresi (4)

 

 

昨日はめずらしく仕事が休みだったので信くんの通院の予定を入れていたのです。ところが朝、保護猫七色が出産し、信くんの病院への送り役は急きょチチに頼むことになりました。

 

 

信くんは午前中に預け、午後お迎えに行くというスタイルを取っています。

 

 

先生にお願いしたいことなどをメモに書いてお渡ししています。

uresi (6)

 

 

診察中の写真はemi-goが撮って送ってくれるのです。感謝♪

 

 

血液検査、FIV、FeLV検査(再)、ブロードライン(再)、体重測定や爪切り、耳掃除……たくさんやってもらいました。体重が150g減ってしまったので、カロリー計算をし直してごはんの量を増やしていきます。ウイルス検査は陰性、間隔を置いて2度やっているので正確な結果だと思います。

 

 

お耳掃除をしているところですね。かわいいなあ^^

uresi (1)

 

 

迎えに行ったときの写真。がんばったね。帰ろう。

uresi (5)

 

 

手持ちのキャリーに入れて、703号室へ

uresi (3)

 

 

犬も猫も淡々と自分に与えられた時間を一生けん命に生きています。

 

 

ブログやSNSで保護動物たちの劇的なドラマや表現を熱望する風潮もありますが、私は彼らとの日常を丁寧に関わり合い、私にできる範囲で私の時間や環境を彼らとシェアし、彼らからいろいろ学びたいです。一頭一頭に思慮を張り巡らせ、感情を移入し、生活の質を模索していきたいです。

 

 

簡単に飽きず、簡単に諦めず、簡単に手放しません。

 

 

レギュラーメンバーを含め、我が家に来てくれたお子たちは、みんな天から遣わされたスペシャルゲストです。出会う意味があって、私たちは今、同じ屋根の下にいます。

 

 

信くんの細胞さん、ありがとう。

 

 

ケアをつづけてもっといい数値を叩き出そう!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





幸せは、生き物のように

皆さまこんばんは。最近「弱音」についてふと考えました。

 

 

たいへんなできごとが起きても弱音を吐かない人と、すぐに弱音を吐く人。

 

 

私はどちらともつかない中間かなと自己分析しています。

 

 

ときどき弱音や愚痴を書き殴ることもあるし、ここは甘えていいんじゃないかな? 関係者やみんなに話してスッキリしてもいいんじゃないかな? と思うようなことをだれにもいわずに黙っていたり。ケースバイケースなのか、気分次第なのか。自分でもよくわかりません。

 

 

まあ傾向として、本当に苦しいときは(そのテーマについて)無言になることが多い気がします。

 

 

弱音を吐いたら自分はスッキリするけれど、聞かされる身の立場になると、常に言ってもいられない。でも、悩みや問題がないわけじゃないので、空元気とやせ我慢で乗り越えるしかありません。

 

 

きっと皆さまも同じような経験ありますよね?

 

 

では、弱音を吐かないで前へ進める方は「弱音」を一体どんな方法でデリートしているのでしょう?

 

 

もしかすると消去ではなく、胸のどこかに溜めているのかもしれませんね。

 

 

弱音を吐かない人は、弱音がないのではなく、ただ「吐かない」だけですよね。

 

 

溜めておける貯蔵庫があるのかな? それが心の広さ、というものかもしれませんね。

 

 

さて、本日はちょっと前に撮った写真をUPさせてください。

 

 

リルを連れて私の職場(シッティング先)付近に行ったのです。

rirururu (2)

 

 

私がお世話をさせてもらっているジロちゃんとごあいさつ

rirururu (4)

 

 

※飼い主さんにはすべて細かくご報告しています♡

 

 

「こんにちは♪」

rirururu (5)

 

 

ジロちゃんのお宅へは月の半分伺っています。私にとって、とてもありがたくて大事なお仕事です。

 

 

ジロちゃんは文句なしにかわいいし、リルとの時間ももっとほしい。

 

 

欲張りのお母さんが思いついた、公私混同? いえいえ、みんな仲よし! の小さなイベントです。

rirururu (8)

 

 

草の上で眠るのが大好きなリルは穏やかな表情で(本気で)スヤスヤ……

rirururu (1)

 

 

家族になって長いけれど、今も毎日リルの幸せを願いながら共に暮らしています。

rirururu (6)

 

 

「幸せ」って生き物みたいに、一か所に留まらずに、波及し、あちこち行ったり来たりしますよね。リルが幸せだとリルの幸せが私に飛んできます。私も幸せになります。私が幸せだと、私から幸せを受け取るお子がいます。そうやってみんなで幸せをうつし合って生きていきたいです。

 

 

神さま、私にもう少しリルと過ごす時間をください。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク