シロニックのご家族が決まりました

明日は仕事で朝早いので本日は更新をお休みするつもりでしたが、やっぱりご報告しないとね。

このたびシロニックロブチ氏のご家族が決まりました!
クリックすると元のサイズで表示します

彼はもうーすさんMIHOさんの近所に突如出没した元野良猫。去勢手術を経て地域の皆さまに愛されケアされ肥やされ(笑)、「地域猫のひとり」としてたびたびもうーすさんのブログに登場していました。

私もかわいいなあなんて思いながらブログを拝見していたっけ。

昨年末、私の友人がシロニックの預かりをしたいとの話でしたので、仲介役としてもうーすさんに打診したのですが、友人はその後体調などの問題があり預かれなくなってしまい、私が自分の妹に保護を依頼。

縁あって妹の家にやってきたシロニック
クリックすると元のサイズで表示します

「やばかわ」とはシロニックのために作られた言葉か? と思うほどの愛くるしさで私たち家族を虜にしてくれました。妹は調子を崩すほど惚れこんでしまい、里子に出せるのか周りを心配させたくらいです。

でも終始「うちよりも幸せになれると確信する縁なら喜んで手放す」の姿勢を崩しませんでした。手前みそですが本当にしんの強い女性だと感心しました。

妹の決意とは裏腹にシロニックはなぜかなかなか里親が決まらず、私たち姉妹は焦りました。落ち込みました。こんなにかわいい子です。もし私たちが保護を引 き受けなければ、他の方なら、あっという間に決まっていたかもしれない。そう思うと応援してくださる皆さまにただただ申し訳なくて……。

もうーすさんには途中経過を私から数度報告しましたが、毎度あたたかくこう仰ってくださいました。

「アンニイさんと妹さんを信じています。シロニックのことは安心しています。納得できる縁を探してください」

そのお言葉にどれだけ救われたかわかりません。

私たち姉妹が勝手にプレッシャーを感じていたのです。シロニックはあまりにも周りの方々に大切にされ気にかけてもらった猫で、シロニックの体には、近所の皆さまの清らかなお心と思いやりが詰まっているのですから。

今こうして里親さんが決まった旨の報告をさせてもらえるなんて、まるで奇跡のようです。他にもシロニックにはたくさんの家族希望をいただきました。どうもありがとうございました。

お見合いの時の一枚↓
クリックすると元のサイズで表示します

シロニックに関する一切は妹が。

譲渡までの全体の流れや「お願い」などの一般的な話は私が。

本当は妹だけでも全部できたのですが、妹が私にも役割を与えてくれたんです。面目ない^^;

里親さんの紹介はお届け記事の際に改めて書きますが、お見合いが終わったあと、妹夫妻と私は抱き合ってダンスを踊りました。家じゅう、とび跳ねながら。

私たちは頭で納得しただけでなく、体でも納得したんですね(笑)。このご縁に。淋しがるはずの妹が一番喜んでいました。あんな笑顔、いつぶりかな?

長く時間をかけてしまいご心配をおかけして申し訳ありませんでした。その分、いいご縁だと信じています。これを読んだ里親さんはプレッシャーかもしれないけどね^^;

なによりも近頃少し人見知りになったシロニックが、自分から里親さんにベッタベタに甘えて見せたのです。シロニックの心が伝わってきたような2時間でした。

あああ、幸せ!!!

応援してくださった皆さま、ありがとうございました!

感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてこの勢いで703号室の保護猫グッチのご縁を決めたいです!

がんばるぞ

お届けまでひきつづき妹のブログでシロニックをご覧くださいね。

最後に703号室の濃い面々を♪

今日病院で注射を受けたあまぱん
クリックすると元のサイズで表示します

肺炎はだいぶ治ってきたのですが、治療のための薬を吐き戻してしまうので、先生と相談し抗生物質の注射をしてみることに。

すごい顔のさぶ氏
クリックすると元のサイズで表示します

もうすぐ通院です。さぶのことは改めて書かせてください。

新顔のペタ
クリックすると元のサイズで表示します

やたらテンションが高くてこちらが戸惑ってます(汗)。

他の子たちもみんな元気です。明日はチチが有給を取り、家にいてくれるので私は安心して働けるぞ!

LOVE!

もういっちょ!

LOVE!

スポンサーリンク





ひざ掛け

皆さまこんばんは。私は最近怒涛の日々ですが、仕事と活動と家事の三立が目標です。

27日はあいにくの雨でしたが、朝一で「Together Forever展」に行きました。渋谷駅ハチ公前で絵本作家のスギヤマカナヨさんと待ち合わせ。迷子にならぬようカナヨさんとピッタリ身を寄せ合いながらてくてく歩きました。
フォトメッセージ展

2年連続で来ている私がカナヨさんを案内しなければならないのに、カナヨさんに連れて行ってもらうとは……なんというだらしなさ。
クリックすると元のサイズで表示します

すてきな館内ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんのパネル、スライドショー、目がしらが熱くなります。スギヤマカナヨさんご一家や703号室のパネルもありました。スライドショーにもうちの多くの卒業生が登場してくれたし。DVDをいただき家でゆっくり拝見しましたが、涙が止まりませんでした。

不遇な犬猫を減らすのは人間の努力次第ですね。

「犬ビジネスの闇」でおなじみのAERA太田匡彦記者ともお会いし、1時間程度お話しました。太田さんの書かれた記事は本当に衝撃的だったので、コピーまで取って我が家に保存してあります。太田さんのようなニュートラルな姿勢を持った方は貴重ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

理知的な太田さん。冷静な口調の奥に熱い思いを秘めた方です。
クリックすると元のサイズで表示します

お会いできて光栄でした。

PM主催の和田さん、カナヨさんともパチッとね!
クリックすると元のサイズで表示します

この日は午後までいる予定でしたが、寝不足と右目のコンタクトのずれに耐えられず、13時頃帰ることに。カナヨさんと軽くランチして渋谷駅でお別れしました。

カナヨさん、かわゆいお菓子ありがとうです。
クリックすると元のサイズで表示します

このあと、たくさんの里親さんやブログの読者の方が会場へ足を運んでくださったようですが、お会いできなくて残念でした。またの機会にぜひお会いしましょう♪

そうそう!

見てくださいよこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ

いいでしょ? まるぽこの母さまが贈ってくださったゴンタとかつのひざ掛けを私も注文してみました。保護猫グッチバージョンです!

いろいろ悩んでこの写真に決めました。
クリックすると元のサイズで表示します

仕上がりに大満足です。

これは嫁入り道具のひとつとしてグッチのご家族にプレゼントします。嫁入りの予定がまだなのに、気が早かったかな? まるで彼氏のいない娘の嫁入り道具を揃えるせっかちな母親のよう(笑)。

でもいいんです。

グッチの里親になってくださる方は慈悲深い方に決まっています。グッチを愛し守ってくれるでしょう。だからこのひざ掛けにその方をあたためてもらいたいのです。

私からのささやかな気持ちです。

名前が変わるかもしれないのにGUCCIと入れてしまったので、もしちがう名前になったら、ブランド物のGUCCIのひざかけだと思って使ってください(爆)。一応そういう流れも考慮しローマ字表記にしておきました。気が効くでしょ? 私はGUCCIの物をひとつも持っていないけど。

いいご家族が決まりますように!

グッチは昨日、悪かった歯を抜きました
クリックすると元のサイズで表示します

数週間前、ごはんの際にグッチの歯が1本折れてしまった(抜けてしまった?)のが気になり、歯科でお世話になった病院で診てもらったのです。先生は悪い歯 は残しておくより抜いたほうがいいとの見解でしたのでお願いしました。ご心配なく、歯を抜いても全然普通にごはん食べれますから。

それにしても私、連日動物病院に行ってる気がする。明日も行くし^^;
まあ、9頭もいるからね。はあ。

「ハハ キライ」
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんね。でも悪い歯は痛みのもとにもなるんだよ。わかっておくれ。

最後にシロニックのベストショットをどうぞ
クリックすると元のサイズで表示します

昼間妹んちで会ってきました。

いつ会っても萌えるなあ。こりゃたまらん!

では皆さま、来週もどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク





半日写真

週末ですね。今日は朝から動物病院です。午後また行きます。1日1日が驚くほどあっという間に過ぎていきます。まだ本調子ではないですが、動悸はだいぶおさまり、3時間程度なら寝れるようになってきました。

消費税増税を控え、9頭の犬猫と暮らす我が家は大ピンチTдT  平均的なサラリーマン家庭ですからね。動物病院の通院代や薬代なども当然あがりますよね? ああ、日本経済のことには疎いですが、自分ちの経済はよくわ かっている主婦の私。ひまさえあればサプリ、砂、フード、ペットシーツ、その他の備品などを安いサイトで検索する日々です。皆さまも同じではないでしょう か?

さて、今回は私がiPhoneで撮った「ある半日(昨日ですけど)」の写真を一緒にご覧いただこうと思います。親バカなのでパチパチ撮るのですがあまり上手ではありません^^;

まあ、我が家の自然な様子ってことで ̄ー ̄

保護猫グッチも出てきます。

どうぞ見てやってください。家族募集中ですよ!

昨日は夕方まで予定がなかったので、掃除がてらみんなとゆっくり過ごしました。ひとりひとりにたっぷり時間をかけ、日ごろの感謝を伝えまくりました。

【保護猫のりまきをこねる】
クリックすると元のサイズで表示します

自分からあごを突き出し「もっとやれ」の要求ができるようになりました。撫でられるのは好きみたいです。ブラッシングも。
クリックすると元のサイズで表示します

【お散歩大好き女リルのスマイル】
クリックすると元のサイズで表示します

あったかいし、楽しいねえ。ナナも笑ってます。
クリックすると元のサイズで表示します

写ってないけどべべも隣にいます。

【ねこまんまの時間】

犬と猫のごはんの時間をわけている703号室ですが、今回は猫ごはんに焦点を当ててみました。

「この黒いメシ おれの?」
クリックすると元のサイズで表示します

さぶは腎不全ステージ3なので、腎臓用のごはんにネフガードを混ぜ、Dフラクションを垂らして与えています。

あまぱんはいろいろ食べますが、この時はついでなのでさぶの腎臓食を与えることにしました。2種類の薬をすりつぶして混ぜています。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほはロイカナのカリカリオンリー
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれが保護猫グッチ&保護猫のりまきのごはん
クリックすると元のサイズで表示します

ロイカナのカリカリにサーモン缶、Dフラクション、リジン。特に外で苦労してきたこの子たちにはおいしいものを食べてもらいたいです。

「サーモンうまっ
クリックすると元のサイズで表示します

グッチがかわいすぎてごめんなさい。

この写真、超気に入ってあちこちに載せまくっている私。

目が真剣ですね。

グッチはなんでもおいしく食べてくれます。なんでも、です。

愛おしいですよ。

繰り返しますが、家族募集中です♪

「おれも食べていいの?」
クリックすると元のサイズで表示します

もちろんっ! これはのりまきの分ですよ。

食べているところを撮ろうと思ったらもうなくなってた◎o◎
クリックすると元のサイズで表示します

のりまきも快食快便です。

【食後のひと休み】
クリックすると元のサイズで表示します

このあとあまぱんはお日さまの横で惰眠をむさぼりました。

【爪切り】

おびえるリルをつかまえ爪を切る鬼母
クリックすると元のサイズで表示します

鬼母はリルの爪切りシーンを目の当たりにし震えていたべべの爪も切りました。神経に触れぬよう慎重に切るので私は汗びっしょりに

投薬、トイレの始末、爪切り……犬猫と暮らすのは楽しいことばかりじゃないけど、この子たちのお世話をさせてもらえるのがありがたいです。

【準備】
クリックすると元のサイズで表示します

【お決まりの“チェック”】
クリックすると元のサイズで表示します

ほほ、さぶ、あまぱん、べべが入れ替わり立ち替わり邪魔してきます。呆れ笑いしながら、撫でながら、話しかけながら、かけがえのない時間は流れていくのです。

【めちゃめちゃにする】
クリックすると元のサイズで表示します

【占拠する】
クリックすると元のサイズで表示します

そのわがまま、でしゃばり、好奇心旺盛の性格はだれに似たの?(笑)

【“2頭目の犬”がやってくる】
クリックすると元のサイズで表示します

スタッフさんからこの子の保護と里親探しの依頼を受けたので、自分にできることを精一杯やらせてもらおうと思います。チチが「ペタ(PETA)」と名づけました。

まだ栄養状態が100%ではないので、子犬用フードを食べさせています。家族募集は4月に入ってからはじめますね。

【ワンシーン】
クリックすると元のサイズで表示します

保護部屋でPCに向かうチチ。そばにはつかず離れずのグッチのりまきペアが! そして悪い子べべは、猫用の空の食器を必死に舐めています^^; べべちゃん、どんだけ食いしん坊ですか?

全員載ってるでしょ?

みんなキャラが濃いから写真を撮っているだけで幸せです。

今は頭数が多いですが、環境が悪くならないよう気を配り、できるだけ個々に時間と手をかけ、卒業できる子はきちんと卒業させられるよう努力しますね。

次回はひとりで出かけたときのことを!

よい週末をお過ごしください~♪

フォトメッセージ展

スポンサーリンク





正体

703号室は現在、保護猫グッチの家族を募集中です。

グッチの記事については2つ下↓からご覧ください。今日は登場しませんが、毎度かわいい写真がいっぱい出てきますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

ずっと息苦しく眠剤を飲んでもなかなか寝れず、だるいのに自分の一部が完全に覚醒している状態です。書くことも辛く、いっそこのままふたを閉めてしまいた いのですが、小さな町で起きたほとんどだれも知らない事件ですので、悩んだ挙句やっぱり書くことにしました。情けない話、指が震えています。うまく書く自 信もありません。気分のいい話ではないので無理におすすめできません。

【おおよその経緯:スタッフさんの話より】

約1年半ほど前、スタッフさんが勤務する動物病院にある小型犬が運ばれてきた。

小型犬は2歳未満。衰弱が激しく自力で立てず。まさに死の峠が迫っている感じ。飼い主は、変わった風の中年男性とその親族。小型犬はそのまま緊急入院となったが、その後容体が少しずつ回復。

小型犬の入院から数週間後、病院の催促により、飼い主が様子見に病院に現れる。手には新しい犬(2頭目の犬)を連れていた。

しばらくして、小型犬が退院。

迎えに来た飼い主が小型犬、2頭目の犬(当時子犬?)を連れて帰る。回復した小型犬、2頭目の犬、ともにその時点ではすこぶる元気。

それから数ヵ月後、2頭目の犬が病院に運ばれてくる。

1頭目の犬と同じく瀕死状態。全身から悪臭が漂い、栄養状態最悪。

当時の写真(ある程度回復したあとに撮られた1枚)
クリックすると元のサイズで表示します

飼い主いわく、1頭目の小型犬は死んだとのこと。

言い訳を並べていたが不審に思った病院は口実をつけ、2頭目の犬の入院を長引かせることにした。飼い主に犬を飼うのはやめるよう忠告。

2頭目の犬の入院中、飼い主は3頭目の犬を連れて病院に見舞いに来た。当時3頭目の犬はまだ5~6カ月の子犬。快活そのもので病院で愛嬌をふりまき、ス タッフたちの心を曇らせた。飼い主への色濃い疑惑。黒に近い灰色だけど、犬の所有権があちらにある限りどうすることもできない。この時点で警察に訴えても 結果は見えている。気になった病院関係者がこっそり飼い主の男の自宅周辺をまわったが内情を知ることはできなかった。2頭目の犬は病院に入院したまま。

そして先日、飼い主が突如ビニール袋を手に病院に現れ、入院したままの2頭目の犬の返還を病院側に要求。病院側は拒否。

その後飼い主は、ビニール袋の中から3頭目の犬の遺体を取り出し、妥協策として<診断書>を書けと病院に迫る。診断書を持って犬たちを買ったペットショップに行き、また新しい犬と取り替えてもらう?(あるいは安く買う?)ためだと主張。

補足)他で亡くなった犬の診断書を出すのはほとんど不可能。

かつて病院で愛嬌を振りまいていた3頭目の犬の享年は1歳にも満たない。遺体は変わり果てた形相で絶句するほど痩せており、土まみれ(たぶん一回埋めたのを掘り起こしている)。

この時点で病院は警察に通報。駆けつけた警官に3頭目の犬の遺体の状況を見せ、今までの経緯をすべて話した。警察は飼い主を連行。飼い主は警察が来るまで終始挙動不審で高圧的な態度だったが警察の姿を見て態度を一変。おとなしくなった。

病院側は正式に電話と文書で犬たちを売ったペットショップ(大型店)に抗議。そして今後への懸念から近隣の他のペットショップにも電話などで飼い主の実名 や特徴などを伝え、注意を促す。その他にもいろいろな措置を考え、現在実行中。連行後、警察から病院に連絡があり、飼い主は生き残った2頭目の犬に関わる すべての権利を放棄し、今後病院にも迷惑をかけないとの約束を伝えられる。

3頭目の犬の死因は「餓死」。

補足)飼い主は病気? を理由に働いておらず、生活保護を受け、福祉に頼り生活している。

疑問)生活保護の場合、犬猫の飼育は禁止されているはずなのに、定期的に訪ねるであろう民生委員は犬の存在を把握できなかったのか? どこかに隠していた? あるいは他の場所で飼っていた?

【私がこの話を知った時点ときっかけ】

数週間前、スタッフさんと電話で別件を話しているときにこの話をぼんやり聞かされた。その時点では、3頭目の犬はまだ生きていたと考えられる。スタッフさんは3頭目の犬を心配する一方、病院に入ったままの2頭目の犬の未来を案じていた。飼い主に返したくないと。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●

以上が概要です。細かい補足などは多々ありますが、記事に書ききれないので今回はこの辺までにしておきます。3頭目の犬の遺体の写真は載せるべきか真剣に 迷いました。衝撃を受けやすい方に配慮しクリックしてご覧になる形を取りました。もちろん私は見ていますが、チチは見ていません。

※↓こちら1とこちら2をクリックすると写真が出ます。

《こちら1》《こちら2》です。

私はそれぞれの犬たちが生まれたところ、母犬から引き離され市場に出回り、大型店のウインドーケースに並べられたところ、無邪気にあくびをする姿、寝顔、 ごはんを頬張っている顔、売られているところ、その後の地獄を繰り返し想像しました。意識的に想像したのではなく、想像してしまったのです。

納得がいかないことが多すぎますが、生活保護の件もそうです。生活保護はそもそも税金で支えられています。私たちの血税で犬を買い、虐待した飼い主が許せません。

追記:生活保護を受けていても犬の飼育はOKのようです。うちの近所の民生委員さんは以前、「贅沢品になるからダメ」と言っていたんですけどね。法律では大丈夫なんですね。うーん。

しかしこれは氷山の一角だと思います。だからとても恐ろしいのです。犬猫が簡単に手に入ってしまうなら日本は今後もこういう事件があとを絶たないでしょう。飼い主が悪いのは百も承知です。それを放置した家族や福祉、まわりもみんな悪いという意見も当然あるでしょう。

でも、犬猫を殺しても「器物損壊」くらいの罪にしかならないこの国で、物言えぬ犬猫たちを守るには、悪人を罵るだけでなく、個々が具体的にできることを実践していくしかないのかなと私は思います。

今回のことはその場にいなかった私でさえ、胸がつかえすぎて吐き気が止まりませんでした。病院の方々のご苦労を思うと言葉を失います。動物病院は本来患者 のプライバシーに立ち入らず、動物の病気を治す場所であるのに、「所有権問題」とたたかいながらも2頭目の犬を守り抜くなど、他にもここに書ききれないほ ど水面下で動いていました。2頭目の犬が生き残ったのは病院が返さないという姿勢を貫いたからです。(3頭目の犬は元気な頃に一度付き添いとして病院に連 れられてきただけで診察は受けておらず、保護するのは無理だったのです)

なにをどう書いたらいいか途中で何度も混乱し、うまくまとめられませんでしたが、これが胸の痛みの正体です。

明日2頭目の犬と会います。

生きていてくれてありがとうとしか言えません。

スポンサーリンク





心が沈んでいます

ここ数日間、コントロール不能なほど心が沈んでいます。

今日は大師に心願成就の祈願に行ってきました。

その記事をUPしようと思ったんですけど、気力がありません。

数日前にかかってきた1本の電話から動悸がすごくて、ブログに書きたいのですが、なにをどう書いたらいいのかわかりません。消化ができていないから支離滅裂になるかもしれないのです。

次の更新で勇気を出して書きたいし、なにより保護猫グッチのご縁探しをがんばりたいのでグッチのことをいっぱいアピールしたいです。

私は里親探しに情熱を燃やしています。きっと多くの保護主さんが同じ気持ちでしょう。だからあちこちかけずり回り時間やお金をかけ、自分が納得するご縁を 探すのではないでしょうか? その途中でだれかと衝突したり誤解されたり、もういろいろです。マジメにやっていればやっているほどすべてがただのきれいご とでは済まないのです。むろん、逆にすばらしいご縁に励まされ力を得ることも多々ありますが。

たとえば、後見人のいない90歳のご老人が私の保護子猫にお申し込みをしてくださったら、それが深いご厚意からであっても私はお断りすると思います。

たとえば、16歳のフリーターのおひとり暮らしの方からお問い合わせが来たら、その方の心がいかに美しくても、「動物と暮らすのはもう少しあとでもいいんじゃないかな?」と思います。

暴言や脅しが含まれたお問い合わせにも対応しません。犬猫を譲渡できません。

その他にも、すごくいい方であっても、ご家族構成や環境等でお話がまとまらないときがあります。わざわざ書かなくても皆さま理解してくれますよね。

でも、お金さえ出せばだれでも買えるのなら、意味ないですよ。

虐待魔であってもお金があれば買えるのなら、意味ないじゃん。

なんでだれにでも売るんですか?

お金さえあればだれでもいいのですか?

だれでも?

犬猫を嬲り殺すことや餓死させることが趣味の人にでも?

いいんですか?

ペットショップ関係者の方でこれを読んでいる方はいますか?

買う金さえあれば、いいんですか?

みんなお客さま?

お客さまは神さま?

悔しくて息が苦しいです。

犬猫には戸籍もなければ人権もありません。虐待され死んでも大したニュースにはならないでしょう。そんなことはうんざりするほど知っています。

でも、人間同様、喜びや痛みを感じる動物であり、彼らの命にも尊厳があります。お願いだから、どうかどうか、少しは売った後の彼らの生活に想像力を働かせ、心を寄せてやってください。あんな死に方をするために生まれてきたんじゃ、浮かばれないですよ。

ごめんなさい。今日はこんなことしか書けなくて。

スポンサーリンク