光そして影

直木賞作家の森絵都さんから「ラン」台湾版が届きました。森さんはご著書の台湾中国語バージョンがでるたびにこうして送ってくださるのです。一冊は母に渡し、一冊は我が家の本棚にしまって大切に読ませていただきます。森さんありがとうございました。

gaou

 

 

森さん、あまぱんちゃんと食べています。スウちゃん(ハクちゃんも)もどうかお大事に!

 

 

みいさんから追加で大量の写真が届きました。どれもうっとりため息です。

 

(※本日の猫写真はすべてみいさんより)

 

 

ソレイユ投薬のため、捕獲

bjao (2)

 

 

時間節約したかったのでチャコさんとのお見合い時にその日分の投薬を済ます魂胆でした。

bjao

 

 

風邪治療中のソレイユは目薬と飲み薬をがんばりました。

faioufa (2)

 

 

 

しかしソレイユくん、きみは儚げだね……

gaou (2)

 

 

こういう子たちがわんさか外にいるのが切ない。

 

外は猫の楽園ではないです。

少なくても都心部では。

 

野良猫たちのほとんどは警戒心があらわです。

間仕切りのない空間にいるはずなのに自由を謳歌している雰囲気がありません。

猫は多かれ少なかれ本能的に身の危険を察知する賢い生き物なので、外では無邪気になりきれないのでしょうね。安全な家の中に入った猫の表情こそ、平和的だと思います。

 

 

私は昔、カラスにメチャクチャにされた子猫の亡骸を近所で目撃したことがあります。

 

おそらく1キロに満たないキジトラ風の子猫は、三羽のカラスに挟み撃ちにされ、顔、腹部、たしか後ろ足のあたりまで鋭いくちばしで執拗に突っつかれていました。

 

神社の片隅

 

小さな体が朽ち果てるまでカラスたちに抗った姿を想像しただけで胸が潰れそうでした。

 

どんなに怖かったのか?

 

けれど私はどうすることもできませんでした。絶命してまもなくだったであろう子猫の屍とそれを囲うカラスたち……地獄絵図を前に身が竦んでしまったのです。

 

今なら近寄って残った部分をかき集め弔ってやれるだけの勇気があるのかな?

 

まああんなシーンは二度とごめんですけど。

 

 

生粋の野良の子猫たちが外で十数年の寿命をまっとうする可能性は限りなく低いでしょう。

ahdrea

 

 

蝶よ花よと育てられている家猫がいる一方、食べものすらなく荒地をさすらいつづける外猫がいます。両方どちらも「猫」なのに、どうして理不尽なほど境遇がちがうのでしょう?

 

まるで光と影。不公平です。

 

私たちが知らぬ顔で「運命」と簡単に片づけてしまえば、好転は望めません。

 

もしもそれが運命なら、私たちの手で運命を変えればいいのではないでしょうか?

 

人間の少しの努力で、他の種の運命が変わるなら、喜んで手を差し伸べたいですね!

 

私は1頭でも多くの犬猫たちが終の棲家にたどりつけることを祈り行動していきたいです。

 

 

長くなりましたが最後に、実はこれがいちばん言いたいことですが……人間が庇護すべき対象は子猫のみならず、私は成猫も子猫も垣根なく家族を得るべきだと思います。

 

 

子どももオトナも幸せになりたいのは同じだもんね^^

 

この星は何歳からでも生き直すチャンスに溢れているはずです。

 

 

青レンジャーと赤レンジャー

aoiu

 

 

卒業の決まったニコとピースはなかよく過ごしています。

 

さて、明日は仕事なので早起きです。皆さまもよい一日をお過ごしください。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

良き縁

皆さま! 吉報です。

 

唐突ですが、このたび保護猫ピスタチオとルナのご縁が決まりました。

faoivgfa (3)

 

 

さあ、みいさんの美しい写真でメンバーをおさらいしてみましょう^^

 

 

ピスタチオ(♂)

faoivgfa (5)

 

 

ルナ(♂)

faoivgfa (6)

 

 

空美(♀)

faoivgfa (4)

 

 

ソレイユ(♂)

faoivgfa (2)

 

 

すごくないですか?

 

本気でみいさんの才能にビビリました。

 

子猫たちの一瞬一瞬を光とともに閉じ込めたような写真ばかり。はあ……うっとり。

 

ピスタチオは「ピース」

ルナは「ニコ」として

同じお宅で生きていくことになりました。

 

里親になってくださったのはチャコさん。私とは約10年ぶりの再会です。

 

チャコさんはなんと、みいさんの妹さん。

 

みいさんが保護した「ふくちゃん」を引き取り大切に育てていたチャコさんご夫妻ですが、先天性の重い心臓病を抱えていたふくちゃんが昨年末に他界。ふくちゃんの不在から約9ヶ月の時間を経て、新しい家族を迎える運びとなりました。

 

私はチャコさんご夫妻がふくちゃんとどのように暮らしていたかをよく知っているので、ピース(ピスタチオ)とニコ(ルナ)を100%安心してお渡しできます。

 

ピースとニコのご縁の裏側にある涙や葛藤……いろんなものを乗り越えて今があるんだと思うと感慨深さこの上ありません。とにかくチャコさんがまた猫と暮らす道を選んだことが、私は勝手にうれしくてたまらないのです。

 

みいさんも間に入ってあれこれおせっかい仲人してくれました。みいさんありがとう。

ブログに書くのはしっかりお話がまとまってからと思っていましたが、実は数週間前より水面下で動いていたのです。

 

そうそう。赤ちゃんも妹さんの前ではいちおうお姉さんでしたよ(爆)。

 

 

掃除する時間がなかったので、お見合いはうちのマンションの集会室(密室)をレンタル。広い部屋に放たれた4匹は水を得た魚のように飛び回り手に負えなかったです(笑)。

 

 

もう、放置^^; かわりにチャコさんがたくさん遊んでくれました。

faoivgfa

 

 

みいさんと私の紹介もあり、チャコさんはピース(ピスタチオ)を考えてくださっていました。

 

しかし、せっかくなら相性の合う2匹でとのご希望があったので、私からあつこさんに声をかけさせてもらったのです。「ピースと体格が合いそうな男の子がいたら紹介してほしい」と。

 

「いっぱいいるよ~子猫だけで12匹いるんだから」

 

「じゃあ……この際3くらいいっちゃいましょうか?」

 

「えーいいの? 助かるぅ~」

 

あつこさんは遠方に住んでおり、子猫1匹を連れて我が家に来るのもたいへんだろうと、一気に3匹引き受けることにしたのです。いっときは4匹ワラワラいても、すぐにチャコさんが2匹を家族にしてくれるので、私は残りの2匹だけ一般募集すればいいのです。

 

あつこさんのところから来た男の子はニコ(ルナ)とソレイユ。

 

どちらにするかはチャコさんにお任せしました。

 

さんざん悩まれてピース(ピスタチオ)とニコ(ルナ)に決めてくださったので、こうして皆さまにご報告している次第です。

 

 

「友人の妹だからって、私を贔屓しないでください」

 

今日そう仰っていたチャコさん。

 

いや~普通にだれから見てもすばらしい里親さんです。

 

微塵の不安もありません。どうぞよろしくお願いします。

 

チャコさんは現在、脱走防止対策などをしてくださっています。

 

お届けは今週末を予定しています。卒業レポをお楽しみに!

 

ピースとニコは早速同じケージに入ってもらっています。卒業まで日がありませんが、私にできることはなんでもやらせてもらいたいです。

 

一般募集のソレイユと空美はみいさんが多めに写真を撮ったので近日中に里親サイトへ掲載します。気になる方は非公開コメントでご連絡ください。

 

生きていると疲れることも多いですね。

 

けれど奇跡のような体験もさせてもらえて、人生ってすばらしいです。

 

慈悲深くおやさしい皆さまもぜひ一緒に喜んでください♪

 

万物にLOVE!

 

スポンサーリンク

あなたたちは燦々と

日々多々がありますが、食は元気の源。今宵は台湾ちまきをいただきました。100%完全手作り。ピーナッツが香ばしくておいしいですよ。

faiuafrdtf

 

 

食べることは生きること!

 

ですからね。

 

おいしかったといえば、最近感動したのはこちらのスコーン♪

faoiu;gvav (11)

 

 

まりおさんマイ太郎さんとの合同卒業生黒猫アミちゃんの里親さんから届いたプレゼント!

 

ご主人のお兄さまのお店のものだそうです。ありがとうございました。

 

アミちゃんの卒業記事はこちら⇒ 「アミのご縁

 

アミちゃん相変わらず麗しいこと! 幸せそうでなによりですね^^

faoiu;gvav (9)

 

 

アミちゃんの里親ご夫妻が「斉藤さん」と名づけた子猫(♂)を保護

faoiu;gvav (7)

 

 

責任感の強いおふたりは「じぶんたちでがんばります」と里親探しに奔走されています。

しかしだからこそお手伝いしたいです。斉藤さんはコクシジウムを撃退ののち私かマイ太郎さんが家族募集をやらせていただきますのでよろしくお願いします。

 

そして、食欲の秋に耽っているのは私だけではありません。

 

肺が要観察中のあまぱんはヤラーのウエットを召しあがっています。

faoiu;gvav (13)

 

 

痩せたのが心配でキトンフードも混ぜてあげていますが、食欲が出てきました。

faoiu;gvav (4)

 

 

ヤラー、トイレシーツ、バイオウィルを贈ってくださったのはめいちゃん&ちび太のママさん

faoiu;gvav (3)

 

 

めいちゃん&ちび太ママさん、いつもあたたかく見守ってくださりありがとうございます。

 

 

「ぼきからも ありがと ござまち」

faoiu;gvav (5)

 

 

 

応援してくださる皆さまのおかげで4匹の保護猫たちも楽しげに過ごしています。

 

 

いちおう先輩のピスタチオは表情豊か。仕草がいちいち萌えます。

faoiu;gvav

 

 

emi-goが持たしてくれたハンモックが大のお気に入り。見よ! ピスの目の輝きを!

faoiu;gvav (2)

 

 

相変わらずリビングから保護部屋に通い婚スタイルでほか3匹とのフレンドシップをはかっています。つられて私も大忙し。子猫といってもですね、みんなある程度育っているのです。

 

だから動きもダイナミックですし、とにかく手がかかる^^;

 

それぞれ単体だと聞き分けのよいお子たちばかりですが束になるとドタバタで(汗)。

 

中でも私がいちばん大変さを痛感しているのは、投薬の数。

 

ピスはお薬ナシですが、あつこさんが連れてきた3匹は大量のお薬とセットでした。

状態の悪い猫たちを躊躇なく保護するあつこさん。

お薬はあつこさんのケアの賜物なので欠かさず与えています。

 

風邪薬(2種)、下痢止め(3種)、駆虫薬も数回分入っています。

 

加えて、べべ、ほほ、あまぱん、さぶの投薬や点滴も……。

ナナ、リルにもサプリやフィラリアの薬などを飲ませているので、いったい私はどこまでやったんだろうと、ときどきわからなくなるんですよ。頭ゴチャゴチャ。

 

長男気質のルナ

faoiu;gvav (6)

 

 

体は2キロ近いかな? 食欲旺盛でほかのお子たちを蹴散らしながら食べてます(ウソ)。

faoiu;gvav (8)

 

 

アンニュイなお顔をする空美(そらみ)

faoiu;gvav (12)

 

 

しとやかでおとなしいです。

faoiu;gvav (10)

 

 

チチは「かつくん」、あつこさんは「蘭丸」と呼ぶのですが、空美は女子ですから!

 

 

4匹の中でもっとも軟弱なソレイユ王子

faoiu;gvav (14)

 

 

実は治りかけた風邪が環境変化などで再びぶり返し、食欲がほとんどなかったのです。

 

 

そのため、1日6~7回にわけごはんを少量ずつ食べさせていました。

faoiu;gvav (15)

 

 

本日の午後、ごはんを(ソレイユなりに)勢いよく食べる姿を見て心底ソレイユに感謝しました。ソレイユありがとう。お前さんは太陽なんだからもっと食べてくれたらうれしい。

 

 

10匹のお子たちがみんな健やかに過ごせますように。

 

ああ責任重大だ……

 

長くなってごめんなさい。最後まで読んでくださった方にBIGなLOVEを!

 

スポンサーリンク

メンバー勢ぞろい

昨日はブログを更新する気力がありませんでした。

あつこさんがはるばるお越しくださるというので、ひとりで汚屋敷の掃除をしまくりで。

もう、スッキリ暮らしたいです……荷物が多すぎる。チチが買いまくったいろんなもの。

チッ 捨てたい。

 

 

ポストをのぞくと、マイ太郎さんからのプレゼントが入っていてにっこり

nekoda (4)

 

 

ピスに合う色を考えしばし(掃除地獄の)現実逃避

nekoda (2)

 

 

赤にしてみました。ピスは男子ですが、すごく似合いますね。

nekoda (20)

 

 

もうすぐお友だちくるよ。ピスくんなかよくできるかな?

 

 

保護部屋に設置したピスのケージは「お友だち」たちにつかってもらうことに。ピスはリビングのケージに引っ越しです。ピス、通い婚スタイルで少しずつお友だちと距離を縮めようね。

nekoda (3)

 

 

瀕死の状態でひとり外をさまよいemi-goに運よく保護されたピスタチオ。以後、珠のように大切に育てられました。同世代の猫との接触がないため、人間を“親きょうだい”と信じて疑いません。しかし事情があり猫社会のルールをおぼえてもらわなければならないのです。

 

「事情」はそのうちお話しますね!

 

 

夜8時頃あつこさんが3匹の子猫たちとともに到着!

nekoda (6)

 

 

きみたち、ピスと同じくらいの月齢かな?

nekoda (15)

 

 

ピスとあわせ4匹になりました。全員我が家から終の棲家をめざすお子たちです。

 

譲渡に関するいっさい、伴う責任も私が引き受けました。丸投げしてくれたほうが私はやりやすいです。あつこさん信じてくださりありがとうございます。ご期待に副えるよう慎重にやっていきます。もちろんもろもろを報告させていただきますね。

 

 

それにしてもこんなにたくさん(笑)。

nekoda (11)

 

 

あつこさんのご友人よりリンゴも! 母にもおみやげありがとうございました。

nekoda (10)

 

 

リビングケージで待機中のピス

nekoda (8)

 

 

7匹の猫と暮らしていらっしゃるあつこさんのご友人がピスを撫でてくださいました。ピスの人なつっこさに驚いたご様子です。「かーわいいわ……」だって^^

 

小さなホストさんがんばりましたね!

nekoda (7)

 

 

この間にも空腹を訴えまくるあつこさんを救うため、一同母の店へ

nekoda

 

 

あつこさんは何度も母の店に来てくれています。前回お見えになったのは春でしょうか? その頃の私は卒業猫このは(寿子)の保護に躍起で、捕獲箱片手にあつこさんにお会いしたっけ。ご友人も交えひさびさにお話しながらごはんを食べました。

nekoda (9)

 

 

帰宅後、ピスを連れて保護部屋へ

nekoda (16)

 

 

ピスははじめてあうお友だちたちに興味深々ながらも、どう接したらいいのかわからない雰囲気。人間には甘えん坊なのに、同じくらいの大きさの子猫にはシャーだって^^;

nekoda (17)

 

 

まあ小さいうちは環境適応能力が高いからすぐになれるでしょう。

nekoda (18)

 

 

みんなかわいいね♪ いいご縁がありますように。

nekoda (19)

 

 

ピスタチオはお見知りくださっていると思うので、ほかの3匹を紹介します。

 

 

仮名:ソレイユ(♂)

nekoda (12)

 

小柄な男子。現在風邪の治療中。ちょっとビビリかな?

 

 

仮名:ルナ(♂)。ツイッターでShinko.さんが名づけ親

nekoda (14)

 

体格がいい。環境変化にも物怖じせず、堂々とふるまっています。

 

 

仮名:空美(そらみ ♀)。ツイッターでみいさんが名づけ親

nekoda (13)

 

紅一点。器量よしのやさしい子です。

 

ソレイユ以外の子猫たちはゆうに1キロを超えています。

 

家族募集は来週から取り組んでいきますので応援してくださいね。

 

賑やかになった703号室をどうぞよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

幽霊カメラマン

保護猫ピスタチオが30時間くらい排泄しなくて心配だったのですが、ケージ内にトイレを増やしたら今しがた哲学的な表情でオシッコしてくれました(号泣)。神さまありがとう。

IMG_6244

 

 

ハンモックにひとりちんまり中。短めの前髪がほんとうに萌える♪

IMG_6238

 

 

目が合っただけで喉を鳴らします。emi-goが我が家に送り込んでくる子はみんな性格がいいのです。おそらく心根のまっすぐな彼女に似るんでしょうね。

IMG_6249

 

 

我が家でやさぐれる前にとっとと婿入りさせたいです(爆)。ウソ。我が家でも素直なお子に育てあげたいです。へへ。

 

 

ってか、やさぐれてるのは私。

 

 

私はねえ、じぶんの能力の限界を痛感しているのです。

 

じぶんの撮る写真がお話になりません。

 

Tabby Photoさんの写真教室に2回も通ったんです。ほかの生徒さんのレポートを拝見してビビリました。みんなプロ顔負けのうまさ。上達度。なのになんで私だけ下手のままですか?

 

 

「しらねー」

IMG_5852

 

 

 

SALAの保護などでブログUPが遅れまくりましたが、8月23日私は確かに行きました。

IMG_5536 IMG_5784

 

 

よーし! がんばるぞ!

IMG_5818

 

 

私には目標があるのです。

IMG_5537

 

 

みいさんに頼らずに保護動物たちの写真を美しく撮りたい。

 

家族募集を控えたお子たちにとって写真はすなわち「最大のアピールツール」。

 

なのにじぶんの写真がいまいちで、マジ愛せません。

 

このまま私は終わっていくのでしょうか? 咲きもしないまま朽ちるのか?

 

 

惜しい……耳がないよお(T – T)

IMG_5667

 

 

実物は天使みたいな寝顔だったんです。こんな細目じゃなかった。

IMG_5839

 

 

モデル猫がボケッとしてません?

IMG_5657

 

 

これもそうだ。オシャレなワンカットを狙ったのが見え見えですがあえなく撃沈……

IMG_5766

 

 

帰宅後、カメラの中を覗いて驚愕。

 

ボケてる写真、なにを撮ろうとしているのかわからないレベルの写真の多さに加え、なんとほとんどのモデルさんたちが私を見下すような目線なのです。

IMG_5663

 

 

ごめんなさい。私……臭かった?

IMG_5643

 

 

レッスン終わったら速やかに退散しますのでもう少しおつきあいください(汗)。

IMG_5893

 

 

あのぅ……

IMG_5590

 

 

目線くれよぅ……

IMG_5751

 

 

途中で物撮りに逃げました。いや~このカフェは洗練されています。

IMG_5872

 

 

物は裏切らないからいいね。不動ってすばらしい!

IMG_5869

 

 

一緒に参加したゆきちゃんの里親まりおさんは真剣そのものですが、まりおさんには負ける気がしない。どう考えても私の写真の方が馬いです(笑)。

IMG_5738

 

 

猫たちがどこを見ているかわからないとのツッコミはナシでご覧ください↓

IMG_5769

 

 

ね、まあまあなのもあるんですよ。

IMG_5675

 

 

それにしてもさびしい。

IMG_5608

 

 

あのさあ、きみたち……私は存在感がないのかね?

IMG_5636

 

 

「眼中ないよ?」

IMG_5671

 

 

「なにも見えないの……」

IMG_5829

 

 

有名カメラマンならぬ、幽霊カメラマンですわね。

 

とまあ自虐感満載の内容ですが、レッスン自体は有意義でした。モデル猫たちもかわいいし講師陣おふたりの掛け合いがおもしろい。なにごとも「楽しく学ぶ」がいいですよね。

 

 

まりおさーんとのラブショット^^

IMG_5862

 

前回参加の様子はこちら⇒ 「カメラ女子をめざして

 

 

終わったあと、なぜか会場まで来てくれたマイ太郎さんと合流し浅草ランチ^^

IMG_5904

 

 

中山先生、お決まりのビール片手に「お疲れさまでした!」。(写真は中山先生より)

jao

 

 

先生がたお世話になりました。何度も同じ質問をしたにも関わらず親切に教えてくださりありがとうございました。教室は今後もあちこちで開催されるそうなので興味のある方はぜひ!

 

私は学んだことを活かしつつ? ピスタチオら子猫軍団の撮影をがんばります。

 

が、みいさんを呼ぶかもしれません。

 

では、ピスの排尿を祝して、紅茶で乾杯~からのおやすみなさい!

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク