今の心境

家族募集中のしじみや届いたプレゼントなどは明日UPします。

 

どうしてもほほの写真を載せたくて

11037565_548394555300288_5992183415076228646_n

 

 

今日は立ち上がるどころか、首を持ち上げるのもむずかしそうでした。

でもじぶんのことはじぶんでやろうとします。

最近はほほ自身があみ出した斜め匍匐全身で水飲み場やトイレに移動しています。

ものすごく不自由そうで時間もかかるので、見ていられずトイレや水をほほのそばに持っていくのですが、ほほは私を無視するのです。頑固者で困ります。

本音を書けば仕事も辞めてほほと過ごせる時間を大切にしたいです。でも生活もあるしね。

ほほを失うかもしれないと思うだけで私はどうしたらいいかわかりません。

正直、ほほのがんばる姿を直視できないときがあります。

そんなじぶんが恥ずかしいです。

そもそももともとほほにはハンデがありました。ほかの猫よりずっとたいへんだったのです。

ほかの猫たちがいとも簡単にやってみせるなにもかもがほほには難題でした。

歩くことも走ることも跳ぶことも遊ぶことも。

しかしほほはできないと嘆いたりせず、日常生活を努力しつづけました。

なのにこれ以上、ほほから「できること」を奪う病気が憎いです。

高度医療センターでのセカンドオピニオンが頭をかすめますが、ほほが移動に耐えられる確証が持てないのです……。車で30分の行きつけの病院だってほほには命懸けなのですから。

いっそMRIの機械を我が家に設置して往診してほしい。

明日薬をもらうついでに大巻先生に相談してみます。

 

ほほは生きています。

頭のてっぺんからつま先まで愛してます。ほほと家族になれて幸せです。

分けられるものはぜんぶ分けたい。

 

 

ほほLOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





しじみの家族募集をはじめます(夜が明けたら)

実はほほ、薬を飲んでもふらつきがひどく動きが鈍くなってきました。

でも猫としてのプライドは高く、椅子を這いながらテーブルの上に上がっています。

先のことはなんにもわかりませんし、だれも保証してくれませんがほほは生きてます。

IMG_2705

 

 

ほほが転ぶたびに胸がチクチクします。

がんばっているんだから報われたいよね。

 

 

家族募集中の萌乃も元気です。私が彼女の魅力を伝えきれないせいで彼女へのお問い合わせがありません。どうしたらいいかな? ほほのこともあり、今詰まっています。

IMG_2703

 

 

こんなにかわいいのになあ。萌乃が卒業する日まであきらめずに家族募集するのみですね!

萌乃へのお問い合わせを心待ちにしています。

 

 

さて、いよいよしじみの家族募集を開始します。

IMG_2718

 

 

しじみがにわかに人気者だったので私はいやらしいと思われたくなくてどこか遠慮がちに「しじみさん」などと呼んでいたのですが、そういう姿勢はもうやめます。

「引いた立ち位置」では良縁を決められないからです。主体的にやらないと。

ここは図々しく出ることにしました。

厚かましくて見苦しいかもしれませんがご容赦くださいね。

 

ですが、今のしじみをいちばん熟知しているのはもちろん、みいさん

保護後、彼女はみいさんの美しい写真を通じて皆さまの目にふれ、みいさんの手厚いケアを受けながら生きています。みいさんとコミュニケーションを重ねながらご縁を探していく所存です。

どうぞよろしくお願いします。

 

しじみは魅力の塊ですね。里親サイトへの掲載写真を選ぶのにものすごく苦労しました。

泣く泣く削った写真もあります。みいさんこれ以上写真撮らないで~ってお願いしちゃったほど^^;

 

ここでも写真を貼らせていただきますのでよかったらみいさんのブログと併せてご覧くださいね。

 

なにその鼻の皺……やばすぎでしょう? このお方は世界中を悩殺する気ですね。

IMG_2714

 

 

私が好きな一枚。里親サイトへ掲載するならしじみを大きくトリミングした方がいいとの意見がみいさんから出ましたが、オリジナルのまま掲載します。このちまっと感がたまらないから!

IMG_2710

 

 

アップの写真だとド迫力ですが、実際のしじみは小ぶりな猫さんです。

 

仮名:しじみ

性別:女子

毛色:左右不対称で非常に珍しい三毛

体重:4キロ

年齢:推定4歳

ウイルスチェックはFIV、FeLVともにマイナス

 

しじみは現在はみいさんのお宅にいます。みいさんの最新のブログには私が会いに行った日の記事が(家庭訪問)。どこへ行ってもやりたい放題ですみません。みいさんのブログで私の図々しさが暴露されています。いいことも書いて~(笑)。

 

甘えん坊のマー君を見ていたらうらやましくなり、私もみいさんに膝枕してもらいました。

IMG_2608

 

 

ブレて下手な写真ですがおやつで釣ってお友だちになりチューをゲット!

IMG_2599

 

 

やったね^^

 

 

この子と暮らせる方は絶対幸せです。断言しちゃう。

IMG_2708

 

 

超メロメロだよ……。

 

みいさんがツイッター(#里親募集しじみ)でも写真を垂れ流しています。

 

※ 膝枕としじみチューの写真以外はすべてみいさん

※ しじみの面倒を見てきた猫撮るさんが掲載用の写真を編集してくれました。猫撮るさんちには家族募集中の米太郎くんといねちゃんがいます。チェックしてみてくださいね。

 

しじみへのお問い合わせは一括して私が承ります。

どうぞ気楽にカモーンしてください。心からお待ちしています。

 

 

LOVE!

 

ほほ、LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





麦さんちへ

間が空いてしまいましたね。ごめんなさい。

保護猫素なう改め麦の卒業レポ第二弾です!

 

「ここ どこですか?」

IMG_2580

 

 

麦の新居は都心に位置する真新しい分譲マンション。我が家からは車で1時間の距離でした。

 

時間がない中、準備してくださった掃きだし窓の脱走防止柵。これがあるととても安心します。

IMG_2438

 

 

手間を厭わず麦の安全に配慮してくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

腰高の窓にはすべてルーバーが! イマドキのマンションはいいなあ。うらやましいです。

IMG_2620

 

 

これなら特段脱走防止対策を施す必要はないですよね。

 

 

下手な写真で雰囲気が伝わりにくいですが、日当たり良好の快適なお部屋です。

IMG_2603

 

 

ひさびさに「お届け」に一緒に来てくれたチチもすっかりリラックス!

IMG_2607

 

 

チチから帰りがけに「掃除をがんばれ」と言われた私^^;

IMG_2596

 

 

いろいろ言い訳を並べたいところですが……仰るとおりですね。里親さんを見習います。

 

麦さん、はじめはご夫婦の書斎からスタートしてもらう形を取りました。

IMG_2586

 

 

お? 麦グッズだ♪ ほかにもいろいろありました。

IMG_2584

 

 

「ぼく どこかに隠れたいです」

IMG_2589

 

 

「すこし精神的におちつきました」

IMG_2594

 

 

かわいいハウスだね。うちもほしいなあ^^

 

 

人間は譲渡手続きをサクっと済ませて

IMG_2600

 

 

しばし談笑。おいしいお菓子やお茶をごちそうになりました。

IMG_2445

 

 

麦さん~ 見晴らしはどうですか? 今はそれどころじゃないかな?

IMG_2613

 

 

ご主人の趣味のカメラでたくさん撮ってもらってね!

IMG_2439

 

 

麦さん、うちに来てくれて本当にありがとう。

IMG_2592

 

 

あなたが来たことで私は何度和ませてもらったことでしょう。

IMG_2591

 

 

誰にも愛されるそのゆるキャラでのんびり暮らしてね。

IMG_2590

 

 

里親さんからは麦にかかった医療費をお預かりし、プレゼントをいただきました。

IMG_2683

 

 

入浴剤とお子たちへのおやつです。どうもありがとうございました。

 

 

以下は里親さんから届いた麦の写真↓

IMG_2480

 

 

あれ? 麦さん、お家はいらないの?(笑)

IMG_2454

 

 

抱っこされて

IMG_2479

 

 

おもちゃで遊んで

IMG_2528

 

 

外に彷徨っていた一匹の野良猫が終の棲家を得られました。保護してよかったです。

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも増えることを願いつつ微力な一歩をつづけていきます。

 

「かつくん X216麦おめでとう。脱力系の風貌ながらあっという間にご縁を得て、先輩の保護猫萌乃がひがんでいます。ご家族といつまでも楽しく暮らしてください」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





変化をも抱いて

保護動物のお見合い前、私はほんのりした緊張感で準備にかかります。

伺うパターン、お越しいただくパターン、そのときどきで準備内容は変わります。

素なうあらため麦はこちらの方で会う形にしました。ほほが不安定だったこともあり、うちのマンションの密室の集会室をレンタルし、そこでゆっくりお話しすることに。

ひとりでせっせと必要な書類や荷物を運ぶ。猫を運ぶ。

今回はなぜかかすかに孤独を感じました。

 

さあ、起きて! 今日はお前さんが主役だよ。がんばろうね!

IMG_2263

 

 

「命の譲渡」は私にとって分不相応な重責です。

毎度毎度、例えようがないほどキツイです。

私が、私ごときが、一頭の未来や運命を決める。

 

考え詰めると本気で吐き気を催してしまうのです。

逃げ出せるものなら、なにもかもを放ってしまいたい。

自分で保護しておいて、矛盾ですね。

がっがりされるかもしれませんが、これが私の本音です。

 

ただ、裏返せば、自分の中でここだけはずっと変わらない部分なのでよく言えばピュアな気持ちで取り組んでいるのかもしれません。私の短所であり、長所であり。

 

お見合いは平均正味2時間。

その間、ひとつでも多くを聞き取り、ひとつでも多くを伝えたいので早口になってしまいます。

そのため、希望者さまはお見合い後ぐったりと疲れが出る方もいて、申し訳なく思います。

お互い真剣ですからね。

 

今回はさまざまな資料とともにこの絵本を用意しました。 「どうして?」 (石黒謙吾/文)

IMG_2593

 

 

人間の赤ちゃんが生まれたあと、飼い主の夫婦から少しずつ見放されてしまう犬の物語。

今の日本は大概、極悪人ではないふつうの人々がなんらかの理由をつけて犬猫たちを遺棄しています。どこにでもある話で、誰にでも起きえる話です。

 

私たちの人生にはさまざまなライフステージがあります。

 

結婚、離婚、出産、転職、昇進、降格、失業、闘病、介護……

 

私はライフステージの変化時に遺棄される犬猫たちを数えきれないほど見てきました。

そして私自身も、離婚や闘病の経験者です。

 

誰の人生にだって、晴れの日もあれば、雨の日もあります。

けれど、どんなライフステージに於いても、私は一度家族として迎えた犬猫たちを最期まで看取るのが人間としての最低限の責任だと思います。

 

麦の里親さんは、終始私の話を真剣に聞いてくださり、ご自分たちの考えもお話してくださいました。その際のご夫婦のかもし出す雰囲気に私は安堵しました。

なんて表現したらいいのか……根幹が太くどっしりと凛としたご夫婦なのです。

この方たちはいい加減な約束をしない。そう思えました。

 

お見合い時の一枚↓ ゆるゆるでおやつもらうとき以外ほぼ動かなかった麦さん(笑)。

risou

 

 

ご主人は被災地浪江の出身でご苦労もあったでしょうが、強く朗らかなお人柄でした。奥さまも聡明で素敵な女性なのでピッタリお似合いです。

IMG_2609

 

 

そこにゆるっとした麦が加われば最高ですね!

IMG_2375

 

 

卒業の朝、里親さんから届いたメール

 

本日はよろしくお願いします。

脱走防止柵が届き、装着完了しました!

新しい家族を迎えること、二人で首を長くして待ってます(^-^)

遠い道のりになると思います。

お気をつけてお越しください。

途中、何か困ったことがありましたら、いつでも連絡ください!

 

ご主人の「仏滅の日を避けたい」とのこだわりに激しく賛同し日程を調整したので卒業まであっという間だったのですが、短期間にお迎えのご準備をしてくださりお疲れさまでした。

 

 

さあ、到着しましたよ!

 

麦、ここが新しいお家です。

IMG_2617

 

 

卒業の日の様子は、次回UPしますね。

 

譲渡後、実はご主人側にちょっと猫アレルギーの症状が出て心配でしたが、いろいろ模索しながら家族で楽しく共生してくださるそうです。うれしいですね。

 

健やかな日も、病める日も、愛いっぱいの日々を送れますように。

そして幸せを掴む犬猫たちが増えますように。

 

つづく

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





バランバランの宴

「ほけ~」

noseru (6)

 

 

萌乃嬢……だらしない顔ですね……嫁入り前ですのにいいんでしょうか?

 

私が布団でゴロゴロしていると必ず横に来て「撫でろ!」と催促するようになりました。

faf (2)

 

 

はいお嬢さま。喜んで!

faf

 

 

写真が下手でごめんね。実物のかわいさを伝えきれないのが本当に悔しいです。

萌乃に新しいお問い合わせはきていません。お待ちしています。よろしくお願いします。

 

 

この方の卒業レポは明日中に完成させたいですね!

noseru (2)

 

 

里親さんと濃厚に愛し合う日々を送っています。

noseru (4)

 

 

里親さんが送ってくださった萌え写真も放出しますのでお楽しみに^^

noseru (3)

 

 

「マイホームサイコーです」

noseru (5)

 

 

よかったね(笑)。

 

 

実は母の店(台湾料理屋)が遠くないうちに閉店を迎えることになりそうです。

はじめは3月いっぱいの予定だったのですがもう少し粘ることに。なお、今後の予定は未定です。

直木賞作家の森絵都さんは母の店に数え切れないほど来てくださった方なので先日のシンポジウムでお会いした際に閉店予定の旨をお伝えしたところ、驚いてすぐに来てくださいました。

そういえば数年前、日本経済新聞のコラム欄に森さんが母の店の「台湾タケノコ」について書いてくださったことも。その節はありがとうございました^^

 

森絵都さん、絵本作家スギヤマカナヨさんファミリー、毎日新聞社石郷岡さん、文藝春秋菊池さん

noseru (8)

 

 

母もうれしそうでした。石郷岡さん、集合写真ですのでこっち向いてください(笑)。

 

 

石郷岡さんはうちの母のキャラが和むんですって。

noseru (9)

 

 

男性たちは「男の話」で盛り上がっているご様子。いちばんのおしゃべりは「はるくん」でした。

IMG_2656

 

 

料理が追いつかないほどたくさん召し上がってくれました。

IMG_2661

 

 

みんな大好き! 看板メニューのトマタマ。たまごのふわふわ加減が割とむずかしいのです。

IMG_2673

 

 

はるくんはキャラが目立つなあ。将来が楽しみです。

IMG_2674

 

 

ご存知森絵都さんは「希望の牧場」の著者でもあります。

IMG_2659

 

 

「希望の牧場」は私にとって圧巻の一冊です。拝読して鳥肌が止まりませんでした。

もっともっと売れればいいなあ。

児童図書としても評価が高い「希望の牧場(岩崎書店)」をぜひお手元に!

 

酒豪の森さんにサインをお願いしました。

若干テンションが上がった? 森さんの発したひと言……

 

「牛も描いちゃう?」

 

「はい。牛もぜひお願いします」

 

私は期待に小さな胸が膨らんでいくのを自覚しました。

faoi (4)

 

 

で、でき上がったのがこちら↓

IMG_2667

 

 

え?

なんすかこれ?

牛、ちいさ……

 

しかもはじめは「牛」ではなくどう見ても「犬」だったのです。

カナヨ画伯に指摘され「耳」を追加し、なんとか「牛」におさめました。さすが!

 

みんな話がバランバランでしたが定期的にお会いする面々で盛り上がったあたたかい宴でした。

noseru (7)

 

 

ちなみに筆頭でよくしゃべったのはカナヨさんの息子のはるくんで、その次は私です。はるくんはどうか知りませんが私は口から先に生まれてきたんだからしょうがないよね。

 

皆さまからおみやげをいただきました。

IMG_2681

 

 

森さん、カナヨさん、菊池さん、母や妹にも他にたくさんのプレゼントありがとうございました。

 

さあ、そろそろパソコンを閉じますか!

 

 

ほほは相変わらずですが、薬をがんばって飲んでいます。

noseru

 

凛々しいですね!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク