熊本マンゴー

ブログをいくつか連続更新しています。よかったらスクロールしてくださいね。

 

 

もうだいぶ前になっちゃったけど、さかえ先生よりごはんのおともをいただきました。

IMG_2933

 

 

 

仲よしの方々とわけあいました。ありがとうございました。おいしかったです。

 

 

 

昼、何時間も病院に拘束されヘトヘト。大学病院の内科はメチャクチャ待ち時間が長いです。

 

 

 

待合室で直木賞作家森絵都さんの「出会い直し」最終章【青空】を熟読

wakai (9)

 

 

 

いやー泣いた。鳥肌と涙で怪しい女になっていたと思われます。

 

 

感極まって出先から森さんにショートメール。森さんとは10年以上のおつき合いですが、ショートメールを送ったのは1~2回しか記憶にありません。パソコンからメールするか手紙のやり取りか直接お会いするか、この3パターンがお決まりなのに。いい本ですほんとうに。

 

 

おかげで辛い待ち時間が有意義なものとなりました。

 

 

検査結果はやっぱりコレステロールが高い。薬をしっかり飲んでこの数値(涙)。もっと下げる必要があるそうなので少し強い薬に変えてみます。中性脂肪は逆に低いんですけど・・・・・・?

wakai (7)

 

 

 

はあ。

 

 

じゃっかんしょんぼりの帰り道。しかしあの250円のぬか漬けは買いたい。

 

 

 

ぬか漬けを求めて古い八百屋へ寄った私は、ついに宝物を発見してしまったのです。

 

 

 

デッカいアボガドと熊本マンゴー!!

wakai (11)

 

 

 

デッカいアボガドはおそらく皆さまの想像以上の大きさです。

 

 

写真なんかじゃわかりません。ドッシリと重いです(種が小さいことを祈ります)。一個いくらだと思います? 200円ですよ? キュウイフルーツ大のアボガドはスーパーで1個100円ですが、そんなのを2個買ったところで、デッカいアボガドの1個にもなりません。つまり超お得。

 

 

 

そして、デッカいアボガドよりさらに目を引くのが、熊本マンゴーの気絶しそうな赤み!!

 

 

 

今、冷蔵庫でマンゴーをひとつ冷やしています。うううっ・・・・・・

 

 

 

店内の熊本マンゴーの前で立ち尽くしていた私に、八百屋のおじさんが声をかけてくれました。

 

 

「2個2,800円の値がついているけど、それ甘いよ~ 甘さが特級!! ふつうこの値段じゃ買えないんだけど・・・・・・あーいいや、買うっていうならもっとおまけしてあげるよ」

 

「え、いくらになります?」

 

「2個で2,000円キッカリ! どう?」

 

「えーーーえーーーあああ!! そんならください♪」

 

「はい。2個で2,000円ね」

 

 

2,000円は決してはした金ではありません。ですが、再度マンゴーの画像を見てください。

 

 

どうです? 安すぎると思いませんか? 幸せっ!!

 

 

通院の疲れと検査結果のショックをデッカいアボガドと熊本マンゴーが相殺してくれました。

 

 

いや、相殺じゃないですね。むしろプラスの感情にしてくれたのです。やったね♪

 

 

 

おっと。失礼っ!

 

 

くだらない内容で失望されるといけないので、最後は美しい写真をご覧ください。

 

 

 

2016年6月25日にみいさんが撮ってくれたべべ公

wakai

 

 

 

保護猫たちの撮影のついでに、お子たちもモデルさんになってもらったのです。

wakai (12)

 

 

 

キラキラのナナスマイル

wakai (10)

 

 

 

さびしそうな表情で上目遣い。自分の欲求が通らないときはよくこの顔をしていました。

wakai (2)

 

 

 

約1年前は足どりがしっかりで

wakai (3)

 

 

 

体つきもぽっちゃりです。

wakai (8)

 

 

 

なつかしいなあ。

wakai (6)

 

 

 

背中がかわいい。好きな1枚です。

wakai (4)

 

 

 

 

これはほんの数時間前に撮ったべべ

IMG_3461

 

 

 

玄関で静かに私の帰宅を待っていました。おしっこいっぱい出ちゃったね^^;

 

 

 

月日が流れるにつれ、だいぶ「おばあちゃんさ」が顕著になってしまったけれど、べべは、うちのお子たちは一段一段、各々のライフステージをあがっているんだと思うに至りました。

 

 

 

老いと向き合う年齢までお子たちが無事に生きて来れたことこそ、そここそが、私が見て気づいて誉めてやるポイントです。よーくがんばってる。よーくがんばってる。えらい。

 

 

 

これからみんなにごはんを食べさせます。終わったらいよいよ・・・・・・

 

 

 

熊本マンゴーをペロッといく!

 

 

 

皆さまごめんなさいね私だけ。へへ。食べた感想だけでも言いましょうか?

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 お話会感想

1つ下にほほのかわゆい記事あります!

 

 

私がめざしているのは、自分の力で完結できる世界です。

 

 

ピラミッドスタイルではありません。

 

 

終始だれかの「手伝い」ではなく、一部のパーツでもなく、たとえ小さなエンジンだとしても、最初(保護)から最後(譲渡)までやれる人が増えれば、より社会的浸透性を感じることができます。ふつうの人が当たり前に取り組む活動こそ裾野が広がっていくのではないでしょうか?

 

 

たくさんやる必要もありません。

 

 

 

目の前の気になるあの子だけでもどうにかできたらその子の未来が切り開けます。それは奇跡のような素晴らしいできごとです。

 

 

その子にとっても、自分にとっても。

IMG_3380

 

 

 

 

本気を出したふつうの方々から来たコメントをぜひ紹介させてください。

 

 

 

(お話会保護の回参加)kokoronさんより↓

 

annyさん、こんにちは!
先日のにゃっ展「お話し会/保護について」でパートナーとともにお話を伺いました、kokoronと申します。
その後の5月12日、捕獲機…ではなく、またも抱っこで、近所で遭遇した子猫(当時推定生後5週)を保護する機会があり、離乳もトイレトレーニングも済ませた現在、『ネコジルシ』サイトにて里親募集に挑戦しております。
https://www.neko-jirushi.com/foster/85210/
昨日デビューしたのですが、子猫のためか黒猫のためか、思っていたよりも早く数名の方にご希望をいただき、里親詐欺を念頭に置きつつ対応をさせていただいているものの皆さま飼い主としては申し分なさそうに感じられ、戸惑っております。
こんなことなら、にゃっ展のお話し会で譲渡についてもお聞きすればよかったです……(^^;A
拙いながら実際に里親さん募集も体験し、この体験を基盤にannyさまのお話をもっとお聞きしたい、という思いを抱いております。
お忙しいことと存じますが、いつかまた、にゃっ展のような機会を設けていただければ、703号室ファンとしてこんなにうれしいことはありません。
annyさまのおかげで、猫さんたちとより深く関わる勇気が持てたと感じております。一言、お礼と状況のご報告をさせていただきたく、コメントをさせていただいた次第です。
これからもtwitterやブログを楽しみにしております。また、annyさまやチチさま、703号室のレギュラーメンバーさんたち、保護猫さんたちのご多幸を心からお祈りしておりますね(^-^)

 

 

 

(お話会譲渡の回参加)児玉さんより↓

 

ステキなおまじないありがとうございました。

わたしは、にゃっ展のお話会に参加させていただきました児玉です。

お話し会では、譲渡に関するアドバイス、とても具体的でわかりやすく、参加して本当によかったと思いました!ありがとうございました。

その後、保護していた子猫の募集をネットでもやってみました!

アンニイさんのようには上手にできませんでしたが、掲載例を参考にさせていただきながら書きました。
何件か応募をいただきましたが、こちらの求めている方を探す大変さを思い知りました、、
アンニイさんの日頃の苦労は計り知れないものだな、、と。
なかなか決まらずそのたび落ち込みましたが、諦めず必ずステキな里親様に譲渡する!という覚悟で待ちました。
今週、二組の方とお見合い予定です!
まだお会いしないとわかりませんが、とてもよいご縁の予感がします!
お話会に参加しなかったら、出来なかったかもしれません。
本当にありがとうございました。m(__)m
今後もわたしに出来ることを少しずつがんばりたいと思っています。
長くなり失礼しました。

●●●●●●●●

胸打つ内容です。ありがとうございました。そしてがんばってください。

愛と尊敬を込めて

スポンサーリンク





10分更新 黒珠を眺めるおまじない

元気が出ないなあとか

 

 

疲れやすいなあとか

 

 

悩みが消えないなあとか

 

 

体力が落ちたなあとか

 

 

不安の中で生きる方へ

 

 

 

我が家の黒珠が癒しパワーを補給したいと申しております。

FullSizeRender

 

 

 

 

この写真を眺めながら「平気平気」と3回唱えてみてください(笑)。

FullSizeRender (1)

 

 

 

 

心の荷が少し降りるおまじないです。イライラも減るかもしれません。

 

 

 

私は片手で実物を仰向けに抱っこし、もういっぽうの手で出っ張ったおでこをちょんちょんこすっています。仰向けの黒珠は目が合うといっしょうけんめいまばたきを返してくれます。

 

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ。ぜんぜんだいじょうぶ。

 

 

 

ほほの存在は不思議と我が家をリラックスに導きます。

 

 

 

なんの渦中にいてもクスッと笑えたら勝ち!

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク





その「すべて」の中には

夜2時間程度の外出から戻ってみると、リビング中が運子まみれで激萎え(涙)。

 

 

だれの仕業かはわかっています。べべ公でまちがいなしでしょう。

 

 

 

まあしょうがないよね。考えてみれば、運子が出ているだけですごいこと。

 

 

 

これは2016年7月11日に東大病院で撮ったべべの胃の画像↓

ikiehosii (14)

 

 

 

本来犬の胃はもっとぜんぜん大きいのですが、べべは胃よりも膨れあがった腫瘍(病理検査で胃がんの確定診断)に胃が圧迫されています。腸への入り口にも4cm大の腫瘍が。そのため、固形物が食べられません。強力な制吐剤を飲ませなければ絶えず吐き戻します。

 

 

 

べべは6歳の終わりに検診で胃がんが見つかり、麻布大学信田教授による大手術の結果、当時の病巣部は取れました。ですが以後腫瘍の再発(と手術)を繰り返し、16歳4カ月の今なお、べべはあいかわらず同じ病気と闘っています。

 

 

 

先日べべ公の薬をもらいに大巻先生の病院へ行った私は、先生に話しかけてみました。

 

 

「先生、べべまだ生きていますよ」

 

 

すると先生はちょっと苦笑い。

 

 

「そうですか。すごいことです。けど(胃の)中はどうなっているんですかね・・・・・・」

 

 

そうなんです。東大で画像を撮ったのは10カ月半前。

 

 

あのときですでにひどい状態だったのに、よくもっているなあ、としみじみ。

 

 

 

がんばっているね。

IMG_3289

 

 

 

昨年の7月はべべを失う覚悟でした。本気の覚悟だったから毎日が悲しかったです。

 

 

 

東大病院での選択の際の私の思いが詰まったたいせつな記事↓

 

 

「もっとも耐えがたい後悔/幸せの703号室」

 

 

 

客観的に見て、べべは類い稀なる生命力の持ち主だと思います。

IMG_3295

 

 

 

先生方にも恵まれました。助けてくださって深く感謝しています。薬飲むのもじょうずですよ。

IMG_3294

 

 

 

実は先日、急にべべの具合が悪化し、MIHOさんとの外でのランチをキャンセルしたのです。

 

 

 

急きょ「家遊び」に予定を変え、MIHOさんに来てもらうことに。悪いね^^;

IMG_3287

 

 

 

ごはんは私が適当に作ったランチを。夜はMIHOさんがおみやげに持ってきたキンパをふたりで食べて簡単に済ませました。おもてなし力低くてすみませんね。

IMG_3425

 

 

 

前の晩までぐったりだったのに、MIHOさんが来た日は元気が戻ったべべ。言葉悪いけど、まるで死ぬ死ぬ詐欺ですね。ふふ。

 

 

 

ときどき、時限爆弾を抱えているような気持ちになって、精神的緊張感と肉体的疲労感に襲われることがあります。べべに限らず、うちは闘病中のお子が多いので。

 

 

 

だけどいっしょに闘えるのは幸運なことでもあるんだとわかっています。

 

 

 

できるだけ明るく、朗らかに、私はべべと向き合っていきたいです。

 

 

 

病気を持つべべごとを、まるまる私の手で包み、べべの病気に対しても憎い怖いばかりでなく、にっこり笑いかけられる強さをめざしたいです。実際はなかなかむずかしいですけどね。

 

 

 

私はべべのすべてが好きです。その「すべて」の中には、病気も含められているのかもしれません。本来病気などないほうがいいに決まっていますが、あるんだから、しょうがない。

 

 

 

べべのおでこに小鳥が止まるかな? とか意味のわからないキモい(※ かなりキツイイタイ閲覧注意!)ちゅっちゅ動画をMIHOさんが撮ってくれました。お子たちを相手にたまにやりますが、要は私はあまりの親バカで救いようのないキス魔です。べべに免じて許してください。

 

 

 

こっちはワニさん遊び。これにはいちおう理由があります。べべがしれっと薬を吐き出していないかをたのしく? チェックしているのです。

 

 

 

私よりずっとオトナのべべは、呆れつつも私につき合ってくれている気がします。

 

 

 

相思相愛、とみていいでしょうかね? だったらうれしいなあ。

IMG_3310

 

 

 

生きていてくれてありがとう。

 

 

 

部屋中に散らばる運子たちもべべの生きる証!

 

 

 

(でもできればほどほどに)

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 我が家の構ってちゃん

左目下の盛り上がりが気になって気になってふだんはいっさい見ない手鏡が手放せません。

 

 

負のスパイラルに陥りそうな精神状態。はあ・・・・・・。

 

 

 

しかし家で悶々と落ち込んでばかりもいられないので、気晴らしにプレゼントを持って妹家へ

IMG_3396

 

 

 

妹の誕生日が近いので、コットン&シルクのサマーショール、バスソルト、ケーキを渡しました。

IMG_3413

 

 

 

メインのショールは自分も買おうかと悩んだほど気に入ったもの。大判の薄手。色もいい! 室内と外の寒暖差が激しい季節に活躍しそうな一枚です。喜んでくれましたよ。よかった。

IMG_3403

 

 

 

私の目の不自然なテーピング姿と新たな膨らみを見てふびんに思ったのか? 妙にやさしかった妹。爪だけでもかわいくしようかね? と、ネイルをやってくれたのです。

IMG_3400

 

 

 

なかなか凝ってるね。ありがとう。多愛もない話をしていたらあっという間に完成!

FullSizeRender

 

 

 

帰宅後、我が家の「構ってちゃん」があまぱんと私の間に飛んできました。

FullSizeRender (1)

 

 

 

あまぱんはサクにとって「保険」のような存在なのかもしれません。あまぱんがそばにいると、サクは自分を大胆に出すことができるのです。そういうところ、とてもかわいいねえ。

FullSizeRender (2)

 

 

 

甘噛みされています。指がむずがゆいけど、幸せなひととき

FullSizeRender (3)

 

 

 

サクをちゃんとアピールしていくからね。どんどん剥けているの、皆さまに見てもらおう。

FullSizeRender (4)

 

 

 

「ハハ~ ぼくにも魅力ありますか?」  ※写真MIHOさん

IMG_3302

 

 

 

当然あります。仰山あります。

 

 

 

あまぱんのごはんは奪うけど、サクはべべにベッドを譲るやさしい少年です。

 

 

話を聞きながら首を傾げる姿はこの上なく思慮深いです(笑)。

 

 

 

サク、好きだよ。幸せを求めて歩いていこう。

 

 

明日もいっぱい飛びまわって、ごはんをおねだりしてね。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク