猫と三味線

なんか、書きたいことから、三味線云々に話が逸れましたが、こうなったら徹底的に里親詐欺(三味線業者)について補足しようと思います。意味不明でしょうから、まずは一つ下の記事をご覧ください。後半部分で里親詐欺についてふれています。

Q 三味線業者は、どうして里親詐欺をはたらくのか?

A コストの問題が絡んでいるからです。

①子猫を繁殖して三味線に使えるまで育てるには、フード代などのコストや手間がかかります。三味線は普通、成猫を用いるのです。よって、三味線用の猫を、わざわざ繁殖する業者は少ないでしょう(皆無ではありません)。

②野良猫は適さないと言われています。凶暴な猫が多く、また、喧嘩や怪我などで傷を負っている場合が多いです。傷だらけの猫は、三味線にはつかえません。 でも例外的に、人なれしているきれいな猫、捨てられたばかりの猫は、“猫とり”または“猫さらい”に連れて行かれることがあります。私の地元で今問題に なっているのはこれです。

※猫が突然姿を消してしまう事件が相次いでいます。ある方が犯人を尾行し、そのアジトまでつかんでいるのですが、詳細は公表できません。

町でよく見かけていたなつっこい外猫が、あるいは出入り自由の飼い猫が、ある日突然姿を消したら……車に轢かれて死んだか、優しい方が保護してくれたか、はたまた猫さらいによって連れて行かれたのか、分かりませんよね。

③ペットショップの猫、およびブリーダーの猫は高価なので、三味線業者が狙うことはありません。ただこれも、非常に微妙で、売れ残りの犬猫たちは、安価か、タダ同然で手に入るわけですから、ここからの流用もあるでしょう。

①、②、③共に、入手ルートになり得ますが、常識で考えれば、いずれもあまり良いルートではないですよね。そこで、「里親詐欺」なるものが誕生したのです。

里親になりすませば、簡単に猫が手に入る。しかも、費用はほぼタダ。傷の少ない、穏やかな猫を手に入れることができる。三味線猫は、末端価格6000円~ 数万円で取引されています。だから私は、あえてその子にかかった医療費の一部のご負担をお願いすることがあります。保護費用として、医療費がほしいだけの 理由ではありません。

里親詐欺は、1匹集めるごとに、最低6000円手にすることができます。10匹集めたら、6万円。お金のためにやっているわけですから、当然、医療費の負 担を拒みます。だってマイナスになっちゃうからね。どうしても心配なら、医療費についてお話してみるのもいいでしょう。まあ、私個人は、医療費を負担して いただく場合もあるし、私が全額負担することもあるので、マニュアル化はしていませんが。

あ! うちの里親さんがた!

誤解しないでくださいよー(笑)。

皆さんを詐欺だと疑っていたわけではないですからねー。これでも私は、見る目がある方なんです。最初のメールの時点では、誰構わず少しだけ警戒しますが (爆)、お見合いの席で皆さんの本物の笑顔をみると、心底素晴らしいご縁に感謝しちゃうんですから。私が言いたいのは、善い方に紛れ込む悪魔に気をつけま しょうってこと。

脱線した話の補足がこんなに長くなったー(汗)。

保護主さんたちを震え上がらせていないといいんだけど……。

最後にフォロー!

悪魔もいるけれど、今までの703号室の里親さんがたを見れば、素晴らしい方もいるって分かってくださいますでしょ? だから必要以上に身構える必要はないんですよ!

がんばりましょうね。私もラオの家族募集をがんばります。

スポンサーリンク





日記

ハハの主張(譲らないよ!)

★迷子猫菊ちゃんをまだ保護できていないようです。詳しくは、yokoさんのブログをご覧ください。

追記:後半部分で三味線について書いていますが、「うそー! 信じられないっ」って方のために、三味線 をWikipediaで調べました。三味線は犬猫の皮をつかってつくるって、普通に書いてありますから、お読みください。需要があるってことは、アンダー グラウンドに里親詐欺がいるってことです。驚愕ですが、事実ですよ。犬猫の保護主の皆さま、里親募集の際には、どうか気をつけてくださいね!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%91%B3%E7%B7%9A

今日は違うネタを考えていたのですが、書きたいことを書くことにします。

最近はいろいろ思うことがあっても、ここに出す前に自分の中で消化しようとするくせがついてしまい、私らしくありません。読みたくない方はスルーしてくださいね。

犬猫の里親探しのアドバイスを私に求めてくださる方がいて、心があたたまります。命と向かい合い、ご自分にできることをはじめようとしている方は、清々しく、偉大です。その方々のご活躍を根本から覆す発言は、保護活動云々以前に、人間として我慢ができません。

里親探しには、保護主と(場合によっては預かりさんも)、家族希望者がいます。保護主は、犬猫のケアやアピールに努め、家族希望者は、あまたいる犬猫の中から、希望の子をさがします。私自身も、同じことを繰り返しています。

その中で最近数度耳にした言葉。
かつて私も家族希望者や他の方に何度も浴びせられてきた言葉があります。

条件がうるさい。そんなにうるさいことを並べるなら、全部自分で飼えばいいのに

ん……?

マジ?(笑)

無条件で譲渡しろってこと?

自分で飼えない子を保護したのだから、そもそも条件をつけることがおこがましいって?

あるいは、保護したんだから最後まで飼えって? 何百頭も?

違いますよね?

そんなことをしたら、破綻を生むでしょ?

個人の活動家は、名のある動物愛護団体と違って、ほとんどがシェルターを持っていません。いいえ、日本の動物愛護団体の多くだって、シェルターを持てないのです。だから、自宅で保護することがポピュラーですが、ここがそもそも誤解を招くのかな?

べべとラオは違います。

同じ重さの命を持っていますが、ベベは私の愛犬で、ラオは保護猫なのです。

まずはその違いを理解していただきたいです。

私は神経質だから、細部にまで気を配りながら家族探しします。その中で最も譲れないのは「完全室内飼育の徹底」 ですが、それは、脱走や迷子の多さ、怖さを知っているから。自分が保護した愛しい子を、簡単に事故に遭わせてたまるか! そう思う保護主は多い。だから、 条件があるし、お話し合いを重ねるのです。そして、私の思いを理解してくださる方、実践してくださる方と、ご縁を結びたいと考えています。

私の家では、私が保護してきた数百の犬猫たちのすべてと、最後まで暮らすことができません。

誰が見ても明らかですよね?

できれば全員自分の子にしてしまいたいほどですが、このマンションの一室では不可能です。

だから、卒業させては保護し、卒業させては保護し、を続けています。
(↑ここが分からない方はいないですよね?)

自分で飼えないなら、もらってくれる人に対して、譲渡の条件やお願いをするな! そういうことを平気で保護主に言う方の、何もかもが理解できない。

家族希望者さんは、お客さまではないですよ。

もちろん、私たち保護主だって、なるべく失礼のないよう、心配りを怠ってはいけません。でも、心を配るのは、相手がお客さまだからじゃない。

私にとって、保護した犬猫は商品じゃない。
飼えないのに拾ってしまったお荷物でもない。
私の宝です。
自分の宝物を託す相手を探しているのです。
自分よりもっと、よい環境で、大切にしてくれる家族を探しているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

今こうしている間も、一日に何通も、「里親詐欺情報のメール」が地元の活動家から私の元へ転送されてきます。詳細は書けませんが、最近は外国人の「猫とり」がはばをきかせています。里親詐欺、猫とり、あまり聞き慣れない言葉でしょうか?

里親詐欺=善人(里親)を装って、犬または猫を騙し取ること。
猫とり=里親詐欺よりももっと荒々しく、猫をとること。
いずれも、営利または虐待を目的にしている。

里親詐欺の多くは、三味線業者。猫は生きたまま皮を剥がされ、三味線になります。

彼らは狡猾に、「保護猫の家族希望者」を装い、猫を集めるのです。

そして動かない警察が、やっと重い腰をあげて彼らに近づいても、彼らはこう言います。

「いやね、いただいた猫ちゃん、窓から脱走して逃げちゃったんですよ」

大概、証拠を残しません。

そうして命が1頭、闇へ葬られるのです。

本当に言える?

うるさい条件をつけて里親を探すくらいなら、自分で飼えば?

かつくん「ハハの言いたいことは、命を託す相手を心から信用できなければ、何もはじまらないってことなんだよね。“信頼”は、出会った瞬間になし得るもの じゃなく、お互い話し合いを重ねて徐々に見えてくるものだから、ある程度の質問や条件は、理解していただく他ありません。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ラオ坊のご挨拶

★迷子猫菊ちゃんをまだ保護できていないようです。詳しくは、yokoさんのブログをご覧ください。

じーぃ。
クリックすると元のサイズで表示します

あの~ぉ。ラオ坊、自己紹介の方をしていただいてもいいでしょうかね?

「おまいら なに する気だ! ぼくは おまいらになんか 負けないぞ! いじめられてたまるかっ! ぼくはお外で生まれてから だれひとりにたよらず  ずっとがんばって生きてきたんだからな! じまんの爪はむりやりきられたけど 勇ましく シャーしたときの ぼくの するどい永久歯をみたか! ちかよっ たら この歯で その手を噛みちぎってやるっ
クリックすると元のサイズで表示します

汗。

そうですねー

ラオ坊が強いのは、よーく分かったけど。

もうお外には出れないんだから、なれてくれるしか道はないのよね(遠い目)。今すぐにとは言わないけれどさ。ちょっとずつ、ね! ラオ坊、騙されたと思って、私の話を聞いて。

人間はねえ、なんだかんだ、いいところがあるのよ。猫を完璧に守れるのは、猫じゃない。やっぱり人間だもの。だからまずは人間不信を克服しようよ。ラオ坊まだ若いから、絶対になれるよ。チチも私も、ラオ坊を信じるからね。

ってことで皆さま、新入りラオをよろしくお願いします。

めちゃめちゃハンサムです。でも、怒ってばっかりなのでいい写真が撮れません。そのうち、骨抜き写真の数々を披露しますので、楽しみにしていてくださいね。4~5か月程度の男の子で、昨日、大暴れされながらもなんとかMOMOペットクリニックへ。

(ぽこちゃんのママさん! ぽこちゃん! 見てる? 病院で偶然お会いできて嬉しかったです♪)

レボリューション、健康診断、爪切り(←これ一番重要!)、ウイルスチェック(陰性)を終えました。医療ケア、素早く終えたでしょ? でも、募集はもうちょっと先かな? だってまだ、まともにさわれていないんだからね……。

ラオ坊は、チチが保護しました。うちの近所じゃなくて、割と離れている場所にいたんです。犬の散歩中に見つけたそうで、いったん帰って道具を自転車に積み、いそいそと探しに行きました。道具って言っても、キャリー&ごはんのみですが。

プラスティックキャリーにごはんを放り込んで、猫が入ったらぱたっと閉める古典的なやり方で保護成功。ラオがいた場所には、他にも数匹の猫たちの姿が確認 されましたが、全員すばしっこく、近寄ると一斉に逃げだすため、何匹いるのか、実態がつかめません。ラオのような子猫(中猫?)がいるのですから、不妊手 術も手つかずでしょう。捕獲箱があったらもう少し楽だったんですが、捕獲箱は現在、チチの母親、つまり私のお姑ちゃんに貸しだしています。

すごいでしょ?(笑)

うちのお姑さん、子供たちの独立を機に、アメショーのじゅんちゃんをペットショップで買ったんですが、その後、埼玉のボランティアさんから子猫たまちゃんを譲り受けたのです。2匹とももちろん、完全室内飼育です。

そして最近、お庭にやってくる猫たちの不妊手術をはじめました。

お目当ての猫が先日、捕獲箱に無事入ったそうです。話が逸れたけど、お姑さんの家族になれたことを誇りに思います。そんな感じなので、捕獲箱が手元にな く、また、猫たちの数、テリトリーを把握していないので、他の猫については未定ですが、偶然に近い状態で保護できたラオですから、少々凶暴であっても、根 気よく接してご縁を探したいです!

ラオって名は私がつけました いい名前でしょ? うふ^^

今日の写真だと分かりづらいけど、超耳デカボーイです。
(それって自慢になるかどうか……)

ラオの鎧や刃が、日に日に溶けていきますように。

★★★今日のウイリアム★★★

腎臓病治療のため買ったコバルジンが届きました。お安くはないけれど、効果が期待されます!
クリックすると元のサイズで表示します

飲ませた直後、一度嘔吐しましたが、その後、全然大丈夫です♪ megさん、吐いたのが恐ろしくて電話しちゃってごめんなさい。でも、腎臓病の猫を抱える先輩megさんのお話は、大変参考になりました♪ ありがとうございました。

フリータイム時は、ほほにベタベタ
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムはいつ撮っても「寝たきり」シーンばっか(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

甘えのつもりか? すぐこてってなっちゃうんだもん(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほみたいに男らしく立ち上がってくれないとねー!

ウイリアム、ラオ坊、703号室メンバーは、今日も元気よく一日を更新しましたよ。

万物に感謝ですね。

かつくん「ラオ、なれてくれるといいね。それにしてもハハって、バカがつくほど心配性。ウイリアムにコバルジンを与えた後、ウイリアムが偶然毛玉を吐いたんだけど、ハハは副作用を疑い、コバルジンをゴミ箱に放り投げようとしたんだよ。

“待てよ。これ、高かったし……すぐに捨てちゃっていいの?”

ひとりごとを呟きながら、megさんに電話したら、“たまたま吐いただけ。絶対に大丈夫”って言われて脱力してた。ぼく、あきれちゃったよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ウイリアムについて

★迷子猫菊ちゃんをまだ保護できていないようです。詳しくは、yokoさんのブログをご覧ください。

ウイリアムのことでご心配をおかけしております。おかげさまで、食欲もだいぶ戻り、おねだりする元気が出てきました。これもウイリアム好きの皆さまが、あたたかく見守ってくださっている結果だと思います。どうもありがとうございます。

少し前の話ですが、食いしん坊ウイリアムが急にハンストを起こし、何を与えてもプイし、気持ち悪そうにぺろぺろ舌を出したりしまったりするので、不安が募りました。1週間前、MOMOペットクリニックへ連れて行って、診察を受けたのです。食欲不振にくわえ、熱もあり、また、さわると怒るなど、いつものウイリアムとは、明らかに別猫でした。

病院へ連れて行く前、シュシュを取ろうと首にふれた瞬間、穏やかなウイリーが「シャーッ!!」です。私も驚きましたが、威嚇した当のウイリアムはもっとショックだったようで、私の顔を見上げ、どうしたらいいのか、戸惑う表情を見せました。

病院で、先生に私が最も恐れる病名を告げたところ、可能性があると返され、茫然。とりあえず、再度血液検査。高かったグロブリン、腎臓の数値、FIP(コロナ)をはかって、点滴を受けました。

その時のウイリアム
クリックすると元のサイズで表示します

私の胸の中でじわじわ悪夢が蘇ってきます。口に出すのも怖いけれど、かつくんの時と症状が酷似しているのです。どうしても、あの病気だけはやだ。外で苦労していたウイリアムの姿が浮かびました。

やっとの思いで、ゴミ袋から漁ったのは、肉を失った魚の残骸。それを口にくわえながら、とぼとぼ歩いていた姿。まるでマンガのワンシーンですね。

「すげぇっ!」

「あはは、本当だ」

自転車にまたがった男子高生たちは、すれ違いざまに魚の骨をくわえたウイリアムをおかしそうに笑ったけれど、私は全然笑えなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアム。
私がウイリアムをもっと早く保護できていれば、何年も辛い思いなんかしなかったのにね。やっと私の腕の中で甘えてくれるようになったのに、もしウイリアムがかつと同じ病気を発してしまったら……? 考えるだけで恐ろしかった。

数分後、院内ではかれるグロブリン値、および腎臓の数値の検査結果が出ました。

グロブリンは7.1(普通の猫は5程度)。依然高いままです。それにくわえ、腎臓の数値が、少し悪化していました。先生の口から、はじめて、「初期の腎不全」という言葉を耳にしました。ウイリアムはもう、腎臓障害ではなく、腎不全の初期だと考えられます。

いろんな心配がよぎるけれど、とりあえずあとで考えよう。今はコロナの値が一番怖い。FIP検査は、院内ではできないので、検査センターへ送りました。 “ヘビの生殺し”とはよく言ったものです。残酷な比喩ですが、私の心境をこんなにしっくり表現できる言葉もありません。ただただ、祈る思いで病院を後に し、ウイリアムと共に家路につきました。

それからの私の胸中は、皆さまがお察しの通りです(笑)。

……数日後、ウイリアムの薬を取りに、病院へ行ってみると、先生がにこやかではありませんか!

「コロナ(FIP検査)の値、出ました。400です! 完全ではありませんが、400なら、大丈夫と考えてよいでしょう。前に一度はかった時は、800で したから、それより下がっているし、400なら、FIPは陰性とみる病院が多いです。あとはウイリアムくんが食べてくれるようになるといいですね」

おおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!

うぉぉぉぉおーーー!!

400だとー! 400なら安全圏内じゃないかー!

思わず、患者取り違いを心配し、「本当にウイリアムの検査結果で間違いないのか?」確認してしまいました。可愛げのない女ですね(笑)。腎臓は問題だけ ど、FIPが除外されたのは、正直なところ、ものすごく安堵です。現在、FIPと診断された猫ちゃんを抱えていらっしゃる方が気を悪くするといけません が、私はその病気で愛猫かつを失っているので、個人的にすごくしんどい病名なのです。他の子たちのことを言っているわけではないので、誤解しないでくださ いね!

とにかく、ウイリアム、一時は不調でしたが、今は戻りつつあります! 今日はウイリアム用に注文した、活性炭(コバルジン)が届きました♪ 腎臓病治療のため、早速はじめようと思います。ちゃんと飲んでくれるかな?

ウイリアムの今後については、改めて書きますね。

かつくん「ウイリアムの通院の時、実はハハはひとりではありませんでした。ハハと一緒に病院にいた方は、ハハと同じだけウイリアムを心配していました。あ の日、体調不良だったウイリアムを見ても、大巻先生とハハの怖い話を間近で聞いても、その方は動じず、ぶれず、優しくウイリアムをなでてくれました。今、 ぼくの口から言えるのはこれだけですが、ウイリアムを思ってくださる方がいるのは、ハハにとって心強いです。皆さまの応援もすごく嬉しいって!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





連休のできごと3

★迷子猫菊ちゃんをまだ保護できていないようです。詳しくは、yokoさんのブログをご覧ください。

もう、先週末のできごとなんて、今更。。。

書く気力も半減してますし、皆さまもどーでもいいですよね^^;

まあ、せっかくなのでね。

ちなみに今週末は、なんとなくだらけて終わりました。ウイリアムの体調が全快するよう、毎日気持ち悪い儀式を行い、家に引きこもって様子見。チチは暑い中、土日とも朝6時に起きて休日出勤でした。可哀想に。

連休の最終日は、お子たちへの約束通り、お台場へ
クリックすると元のサイズで表示します

まずはビーナスフォートでベベ、ナナ、リルのおやつを物色しました。おやつの他にも、ナナの夏用ベッドをGET! ナナちゃん喜ぶかなぁ、なんて想像して いたのに、お気に召さないようで、かわりにウイリアムがつかってくれています。ウイリアム、ありがとう。誰も見向きしてくれなかったら、泣いちゃうところ だった

おやつ選びに真剣な面々
クリックすると元のサイズで表示します

お買い物を終え、今度は徒歩でデックスの方へ。暑いので、日が暮れてから出発して大正解。カフェ大好きナナは、犬禁止のカフェでもなんでも、お店を見つけるとズカズカ中に入っていくから笑えました。困ったちゃんですが、そういうナナちゃんが大好きです。

「やっと休憩?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだよ。お疲れさま。さっき買ったおやつを食べようね^^
クリックすると元のサイズで表示します

「サーモンジャーキー?」
クリックすると元のサイズで表示します

うん。リルも食べるでしょ? おいしそうだったもんね

人間用の食事。カジキのフライだったっけな?
クリックすると元のサイズで表示します

ホタテのカルパッチョ
クリックすると元のサイズで表示します

この他にもいろいろ注文したのですが、写真がない^^;

「おいしかったよな、べべ」     「うん。トリーツ2コたべた!」
クリックすると元のサイズで表示します

お行儀悪いベベは、途中から人間用の椅子の上に。
クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんとカフェマットを敷いていますが、よい子のみんなはまねしないでね(笑)。

お腹いっぱいになったところで、海岸散策!
クリックすると元のサイズで表示します

お台場の海は人工的ですが、とてもきれいでした♪

恋人同士もよし、友人同士もよしだけど、家族で行くのが一番ですね♪ うちのお子さまがた、元気に生きていてくれたらまた連れて来てあげる だからうんと長生きしてね。

★★★ありがとう★★★

●黒猫クー太の里親MIHOさんから届いたさくらんぼ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとこのさくらんぼ、語っていいですか?
クー太のお見合い時に同じものを出されたのですが、お見合い中、ずーーーーーーーーーとむしゃむしゃ食べていた私(&タロパパ)。これはやみつきのおいしさなのです。

MIHOさん、ありがとうございました。もう、一箱食べちゃったっ(笑)。

●ブログをみてくださっているYさまより、猫缶多数をいただきました↓
クリックすると元のサイズで表示します

Yさま、ありがとうございました。保護猫たちにつかわせていただきます。Yさま、マックス君の様子はどうですか? 愛する家族の闘病は、人間の方が参って しまうので、どうかお体を大切にしてください。ご自身が大変な中、気にかけてくださってありがとうございます。マックス君の穏やかな日々を心より祈りま す。

この他にも、たくさんの方から、ウイリアムを気づかうメールをいただいています。ウイリアムについては、次回詳しく書きたいと思いますので、よかったらまた遊びに来てくださいね。

最後に、大切なお知らせがあります。

犬猫の保護活動に尽力しているemi-goちゃんからのSOSです。

emi-goちゃんは現在、茨城県のとある場所で、犬の保護活動をしています。犬たちはemi-goちゃんがケアしますが、保護のスペースが限られているため、預かりさん、もしくは、里親さんを募集しています。預かりさんも里親さんも、ある程度覚悟をしている方でないと、難しいと思います。

「こんな犬やだ」

って返されても犬が不憫です。

今現在の環境が悪いからって、「悪い犬」だと決めつけないでくださいね。それは違いますよね? 最近は猫の保護ばかりですが、私はこれまでにたくさんの犬 たちを保護してきました。どの子の環境も悪かった。けれど、どの子も素晴らしい犬に成長しています。犬が悪いんじゃない。703号室を読んでくださってい る方なら分かりますよね。

emi-goちゃんは急いでいます。詳細は、emi-goちゃんのブログでご確認ください!

かつくん「住む環境を選べない犬猫たちを、“差別的な眼差しでみる半端な偽善者”が、ハハは一番苦手です。ナナちゃんやリル、ウイリアムをみれば一目瞭然 だよね。過去は関係ないってさ。次回はウイリアムについて! 遅くなってごめんなさい。ハハは、ウイリアムの体調が戻るまでは、どうしても書く心境じゃな いらしい。ご心配をおかけしていますが、ウイリアムは先週より元気です。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク