ラオ坊のご挨拶


★迷子猫菊ちゃんをまだ保護できていないようです。詳しくは、yokoさんのブログをご覧ください。

じーぃ。
クリックすると元のサイズで表示します

あの~ぉ。ラオ坊、自己紹介の方をしていただいてもいいでしょうかね?

「おまいら なに する気だ! ぼくは おまいらになんか 負けないぞ! いじめられてたまるかっ! ぼくはお外で生まれてから だれひとりにたよらず  ずっとがんばって生きてきたんだからな! じまんの爪はむりやりきられたけど 勇ましく シャーしたときの ぼくの するどい永久歯をみたか! ちかよっ たら この歯で その手を噛みちぎってやるっ
クリックすると元のサイズで表示します

汗。

そうですねー

ラオ坊が強いのは、よーく分かったけど。

もうお外には出れないんだから、なれてくれるしか道はないのよね(遠い目)。今すぐにとは言わないけれどさ。ちょっとずつ、ね! ラオ坊、騙されたと思って、私の話を聞いて。

人間はねえ、なんだかんだ、いいところがあるのよ。猫を完璧に守れるのは、猫じゃない。やっぱり人間だもの。だからまずは人間不信を克服しようよ。ラオ坊まだ若いから、絶対になれるよ。チチも私も、ラオ坊を信じるからね。

ってことで皆さま、新入りラオをよろしくお願いします。

めちゃめちゃハンサムです。でも、怒ってばっかりなのでいい写真が撮れません。そのうち、骨抜き写真の数々を披露しますので、楽しみにしていてくださいね。4~5か月程度の男の子で、昨日、大暴れされながらもなんとかMOMOペットクリニックへ。

(ぽこちゃんのママさん! ぽこちゃん! 見てる? 病院で偶然お会いできて嬉しかったです♪)

レボリューション、健康診断、爪切り(←これ一番重要!)、ウイルスチェック(陰性)を終えました。医療ケア、素早く終えたでしょ? でも、募集はもうちょっと先かな? だってまだ、まともにさわれていないんだからね……。

ラオ坊は、チチが保護しました。うちの近所じゃなくて、割と離れている場所にいたんです。犬の散歩中に見つけたそうで、いったん帰って道具を自転車に積み、いそいそと探しに行きました。道具って言っても、キャリー&ごはんのみですが。

プラスティックキャリーにごはんを放り込んで、猫が入ったらぱたっと閉める古典的なやり方で保護成功。ラオがいた場所には、他にも数匹の猫たちの姿が確認 されましたが、全員すばしっこく、近寄ると一斉に逃げだすため、何匹いるのか、実態がつかめません。ラオのような子猫(中猫?)がいるのですから、不妊手 術も手つかずでしょう。捕獲箱があったらもう少し楽だったんですが、捕獲箱は現在、チチの母親、つまり私のお姑ちゃんに貸しだしています。

すごいでしょ?(笑)

うちのお姑さん、子供たちの独立を機に、アメショーのじゅんちゃんをペットショップで買ったんですが、その後、埼玉のボランティアさんから子猫たまちゃんを譲り受けたのです。2匹とももちろん、完全室内飼育です。

そして最近、お庭にやってくる猫たちの不妊手術をはじめました。

お目当ての猫が先日、捕獲箱に無事入ったそうです。話が逸れたけど、お姑さんの家族になれたことを誇りに思います。そんな感じなので、捕獲箱が手元にな く、また、猫たちの数、テリトリーを把握していないので、他の猫については未定ですが、偶然に近い状態で保護できたラオですから、少々凶暴であっても、根 気よく接してご縁を探したいです!

ラオって名は私がつけました いい名前でしょ? うふ^^

今日の写真だと分かりづらいけど、超耳デカボーイです。
(それって自慢になるかどうか……)

ラオの鎧や刃が、日に日に溶けていきますように。

★★★今日のウイリアム★★★

腎臓病治療のため買ったコバルジンが届きました。お安くはないけれど、効果が期待されます!
クリックすると元のサイズで表示します

飲ませた直後、一度嘔吐しましたが、その後、全然大丈夫です♪ megさん、吐いたのが恐ろしくて電話しちゃってごめんなさい。でも、腎臓病の猫を抱える先輩megさんのお話は、大変参考になりました♪ ありがとうございました。

フリータイム時は、ほほにベタベタ
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムはいつ撮っても「寝たきり」シーンばっか(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

甘えのつもりか? すぐこてってなっちゃうんだもん(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほみたいに男らしく立ち上がってくれないとねー!

ウイリアム、ラオ坊、703号室メンバーは、今日も元気よく一日を更新しましたよ。

万物に感謝ですね。

かつくん「ラオ、なれてくれるといいね。それにしてもハハって、バカがつくほど心配性。ウイリアムにコバルジンを与えた後、ウイリアムが偶然毛玉を吐いたんだけど、ハハは副作用を疑い、コバルジンをゴミ箱に放り投げようとしたんだよ。

“待てよ。これ、高かったし……すぐに捨てちゃっていいの?”

ひとりごとを呟きながら、megさんに電話したら、“たまたま吐いただけ。絶対に大丈夫”って言われて脱力してた。ぼく、あきれちゃったよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*