カレンダー便! 1

あまりの忙しさに、数日間更新をサボってしまいました。ごめんなさい。

今日は「ぎょえ~~!」な出来事に遭い(遭ったのではなく、自分でつくりだしたとも言います・汗)穴があったら入りたい心境に陥っています。あとでお風呂にゆっくりと入って気持ちを鎮めないとな。

そう、あれは、歯医者の帰り道――。

無人の道路をチャリで走っていた時のこと。

自作の「べべの歌」を大熱唱しながら進んでいくと、赤のBMWが目に留まりました。そこでBMWバージョンに「べべの歌」をアレンジし直し、さらなる歌声で、ペダルをこぎ進んで、すれ違いざまに「洗車しろよ~♪」と決めゼリフを叫んでみたところ、

車の中からきらりと光る物体を見つけ、背筋が凍りました。

変質者を見据える二つの目。

中には運転手が乗っていたのです。
しかもしかも!若いイケメンが!!

誰も聴いていないと思って歌った「べべの歌 BMWバージョン」。

しっかり車の持ち主に伝わっていました。
私、異常者だと思われたわね……。
目が合った後、急に恥じらいを見せ黙るのはかえって不自然だと瞬時に判断し、少し控え目に続きを歌いながら家路を急ぎました。家に着くと、肌寒いはずなのに汗びっしょり。

べべの歌」はもう封印します。
我慢できなくなったら、「アマパンマンの歌」を歌います。

ウソ。

我慢できなくなったら、703号室の中で歌います。

数日ぶりなのに、こんなにくだらない私の失態から読みはじめなければならない皆さまが不憫です。けれど、慣れていらっしゃるでしょうから、いつも通り、さらりと流してください。

「気の毒な女」

そんな風に笑って頂ければ、本望です。

ささ、パッと切り替えちゃって、本題へ!

703号室カレンダーの売上金61,600円の使い道についてですが、皆さまにおうかがいをたてたところ、私や私の周囲で全額つかってもいいとのあたたか いお言葉を多数頂きました! ありがとうございました。 ご存じの通り、私とKさんは今、病犬のコロを抱えています。コロの治療費は、病院の厚意で多少安 くしてくれていますが、通い続けるには、凄い額がかかります。Kさんと折半してもきつい。けれど、私は最後まで諦めたくないのです。コロを苦しめるような 治療法は選びません。あくまでコロのQOLを上げる治療に徹します。コロは「屋上」という名の牢獄に囚われながら生きてきました。そのコロが今、病に苦し んでいます。

だから「幸せのカレンダー」の売上金のうち、コロに4万円つかわせて頂こうと思い至りました。皆さまのお陰で、コロは医療を受けることが出来ます!感謝感 謝です! 正直、治療費はもっともっとかかりますが、4万円は今の私とKさんとコロにとって、とっても大きな額です! これからも、頑張ってコロと一緒に 闘います!

先週末通院した際の記事は、次回にしますね。
私がお手伝いしている「茶トラ猫兄妹の里親探し」の様子もUPします。
ご縁、決まりましたよ~♪
仲人役の私も、とっても幸せな気持ちになりました!

そうそう。
姫&ゴクウはもう我が家にはいません。
それぞれのお宅で「新たな一歩」を踏み出しています!
その様子もしばしお待ちください^^;
近日中に必ずUPします!

話が逸れちゃったけど、カレンダーの売上金、残りの21,600円ですが、これを物資にかえ、3~4の団体、あるいは個人へ寄附させて頂くことに決めまし た! いろいろな団体が物資を必要としているので、どこへ送ればよいか悩みましたが、第1回目は、姫路市の方へ送ることにしました。大きな公園の車の中 に、数十頭の猫達を押し込んでいたホームレスから、1匹、又1匹と猫達を保護し、ご縁を探してきた方です。ホームレスというキーワードが私と重なり、又、 今も多くの猫達が食料を必要としていることから、少量ではありますが、フードを送らせて頂くことにしました。

総合栄養食の猫缶と


ドライフード


銘柄は気にしないとのことでしたので、量に拘りました。
と言っても、多くの猫が食べるにはあまりに少ない量でしょうが^^;

明日送ります!


次回の「カレンダー便」も又報告しますね!
皆さま本当にありがとうございました。ペコリ。

かつくん「次回は里親探しのお手伝い&コロの通院。その後はゴクウ、姫の卒業記事を書くって。 それにしても、ハハって、本当に恥ずかしい女だよね……。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。」

かつくん なな

スポンサーリンク

日記

あかいくびわ

ねえゴクウ。真新しい赤の首輪が似合うね。
[マジカルメーカー終了のお知らせ]

この前、生まれて初めてのシャンプーの後、濡れた体をブルブルして、あどけない瞳で私を見つめた時、なんてきれいな男の子だろうと感動しました。すぐさま抱き寄せてゴクウの心臓に耳をあて、ドクドクドクドクと波打つ心音を自分の中に保存した。

ゴクウはもう、振りかえっていないから、私も振り返るのは今日で最後にするね。

ねえ、ゴクウ。
十キロに満たない体では、色々と不自由も感じたでしょう。
子犬の頃のあなたは、疥癬に蝕まれていた優しい成猫を母親のように慕っていたよね。疥癬がひどく、顔がただれてしまった猫の額を、小さなあなたは舐め続けた。
ペロペロペロペロ。
ペロペロペロペロ。

子犬に疥癬がうつってしまう!
猫を憐れみながらも、心配そうに眺める私に「ミーがペロペロすると、喜んでくれるんだよ! ミーは大丈夫。だからそんな目でミーたちを見ないで!」とでも訴えるように、猫の体を細い前足でしっかりと支え、あたたかい唾液を繰り返し上塗りした。
ペロペロペロペロ。
ペロペロペロペロ。

少しして、その猫は亡くなり、あなたは母親代わりの大切な存在を失ってしまった。
腐った牛乳。
パンの耳。
怒鳴り声。
棒。
痛み。
暗黒の社会を創る木箱。
仲間の死……。
ここに挙げようと思えば、きりがないほど、絶望の矢が小さな体を狙っていたけれど、現実は厳しいものだったけれど、それでもあなたは、不幸の数を数えようとはしなかった。

703号室内で朝から晩までよく働く尻尾。
ブンブンブンブン。
フリフリフリフリ。

ねえ、ゴクウ。
土手で生きていたあなたがやってきて、私は色々考えたの。
いいえ。本当はゴクウがくる前から、たまに考えていたことだけれど。
私も人並に生きてきて、人並に裏切られ、人並に傷ついて、躓いたりした。
特に、幼少期や少女期の頃は、思うようになんて、全然生きられなかった。
そして私も、歩んできた道中で、何かを壊したり、誰かを傷つけたりした。
だから不幸の数を数え、溜息ばかりの青春時代を送ったの。
今は図太くなって、いい意味でも悪い意味でも少々強くなって、過去は教科書だと思うようにしているけれど、それでも時たま、ほんの一瞬、被害妄想に駆られることがある。

あああ。
ゴクウのようになりたいな。
ゴクウだけではなく、我が家にやって来た犬猫達はみんなそれぞれ何かしらを抱えているはずなのに、巣立つ頃には、笑顔しかなくなってしまう。
いつもいつも思うことだけれど、犬や猫の心の再生力は、宇宙の神秘だね。

「宇宙の神秘であり、人類の宝ともいう」
[マジカルメーカー終了のお知らせ]

そうね。
人類の宝なら、人類からもっと恩恵を受けないと損だわね。

「それよりも、ミー、赤似合ってる?」
[マジカルメーカー終了のお知らせ]

うん。すっごく似合う。YOUに似合いそうなものをオーダーしたんだもん。卒業後もずっと使えるよう、丈夫なものにしたかったから。まあ、卒業記念のお婿入り道具の一つよ。

皆さま、ゴクウは今週末、我が家を巣立ちます。
募集もしていないうちに卒業が決まったのですが、里親さんとは既に数回お会いしてお話をさせて頂きました。ご存じの通り、ゴクウはコロンJと共に土手のホームレスのテント小屋で長年生きていました。ホームレスも多種多様。ゴクウはコロンと共に4歳の頃、辛い暮らしから解放され、穏やかなホームレスに引き取られました。

痛みからは逃れたけれど、楽園とは程遠い暮らし。
いつ住処を追われるのかさえ、分からない。
私もいい加減、彼らを心配するのは疲れたし、解放されたいと願っていました。
だからどの年にもまして、積極的にホームレスたちとの交渉に臨みました。コロンはすんなり手放してもらえたけれど、一族の最後の犬、ゴクウはなかなかそうはいきませんでした。そこで、色々と作戦を練りました。交渉へ行くタイミング、回数。説得の方法。お酒や食料品や金銭を渡し、手紙を書いて情に訴え、何度も何度も頭を下げました。土手のホームレスたちは、生活の糧である“空き缶”や“古紙”の大幅な値下げに喘いでいます。だから、「今」なのです。彼らの生活が今より潤っていたら、保護は叶わなかったでしょう。

「犬どころではない」
皮肉な話ですが、彼らの生活が最も苦しいこのタイミングだからこそ、ゴクウを保護できた。そんな気がします。

土手で暮らした約7年間は、良いも悪いも変えようがない。
けれど、未来は無限だから、どうか安全に、健やかに、幸せに、そして一秒でも長く、「生きる」を満喫してほしい。

かつくん「ゴクウ、おめでとう。ゴクウの新しい家族の紹介は卒業後にします。まだ数日間は703号室にいるから、又会いに来てね。新しい家族の方々には、土手犬の危うさをめいいっぱい伝えたハハ。脱走や迷子がどうしても心配なんだって。ああと、ゴクウが可愛いから盗難も心配だって。けれど、とってもいいご家族だから、きっとあらゆる危険からゴクウを守ってくれると皆で信じています。

ゴクウの卒業、チチは絶対に、泣きます!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。」

かつくん なな

スポンサーリンク

デブ猫Ama pan子

森絵都さんの『君と一緒に生きよう』を一気読みしました。


お陰で睡眠時間2時間です(汗)。
今、猫の里親探しのお手伝いも始めたので(詳細はまた今度!)時間が幾らあっても足りません。けれど、面白い本って、続きが気になって読んでしまうじゃな いですか。時間や予定を全部忘れ、いや、忘れている訳ではないんです。予定をいったん他のところに預け、熱読しました。全部お薦めですが、私が特に好きな のは、10章(P137~)と13章(P177~)です。これは読んだ方にしか分かりませんね(笑)。

芸能人が身につけているアクセサリーや、話題のダイエットグッズは瞬く間に世間に浸透し、あちこちで「売り切れ御免」状態になる。私はその辺に疎いので、話題に乗り遅れる事もしばしば。でも、そんなもん、どうだっていいんです。

私には、本当に必要なものが分かっている。
これこそ広めるべきだと思う書物がある。
森さんは非常に意識が高く、また、ご自身も「不遇な犬達の里親」なので、真っ向から今の現状に迫るような「君と一緒に生きよう」をお出しになったと思われますが、一読者としては、こういう本こそ、浸透しなくてはいけないと思うんです。

私たちの代わりにあちこちに取材へ出かけ、見たくないものを見て、折角書いてくださったこの一冊を広めることはとても大切だと思うのです。これは森さんの作品であるのと同時に、声なき犬たちの声であり、それを囲む人間たちの汗や涙や笑いなのです。

他にもお薦めしたい本が数冊(全部保護活動や犬猫関連の本)あります^^
でもそろそろ本題に入らないと本の話で今日も終わりそうなので、またの機会にしますね。

まずはこれをご覧下さい↓


卑しい二人組が、テーブルに並べられたプレゼントを物色していますね(笑)。

「ミーのはどぉれ?」


「あたちは音が鳴るおもちゃがいい!」


プレゼントの贈り主は、ヨヨランで一緒に遊んだ華ママ姫
少し前のべべの誕生祝いとして色々用意してくれていました^^
人間の私たちに、入浴剤の数々まで! 本当にありがとう♪

「ありがと」


あまたん!!!可愛いよーーー!!!どうしよう!!!どうしよう!!!


見て下さいよ。この後姿。


神様はどうしてこんな可愛い生き物をこの世に創造してしまったの?(嘆)


べべに頂いたお洋服ですが、筋肉質デブのべべにはちときつい^^;
なので同じおデブでも、プニュプニュおデブのあま子に着せてみました♪

「あまたんだってきつそうだよ?」

あああ。
そんな声は全然聞こえない。
絶対に聞こえない。
そんなこと、誰にも言われるわけがない。

「ぼき およーふく こわいでち」


「こり きてると べべちゃんにおいまわされまち」


「ほらね」


ほほに着せたところ、べべが狂ったようにほほの匂いを嗅いで追い回しました。
「返せ!」なのか?
「気持ちわるい!」なのか?
「可愛い!」なのか。

べべの気持ちは分かりませんが、ぬ子たちが今日もスクスクと育ち、サンサンと輝いている事実だけは良く分かりました。 うちの子が可愛いからって、盗まないでくださいね~♪エへ♪

かつくん「なんだよ。気持ちわるいじゃん。特にあまた。チチが言葉を失うほど気持ちわるがってたのを、ぼくは知っています。着せた瞬間絶句し、その後思い出したように

『やめろよ!!早く脱がせろ!!』と大声で吠えていましたから。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。」

かつくん なな

スポンサーリンク

君と一緒に生きよう

頭が悪いので、活字が苦手で、読書少女というよりは、ぐうだら少女だった私ですが、大人になる につれ少しずつ本を読むようになりました。と言っても、入院生活が長かったので、退屈しのぎに読む程度。友人らと騒ぎに行くこともできない。働くこともで きない。お酒の楽しさを既に知った後の禁酒入院生活。その反動からか?当時はチャールズブコウスキーなど、偏ったものが割と好きでした。その後、推理小説 にはまり、本屋へ宝探しに向かう回数も増えました。

べべと暮すようになってからは犬の本をむさぼりました。
色々な本をここでご紹介したいのですが、それはまたの機会にします!

今日は待ちに待った森絵都さんの「君と共に生きよう」の発売を祝して、拙いブログで宣伝しちゃおうと思います。


森さんとは取材などで数回お会いしていますが、本当に直木賞作家なの?って位気さくで、華奢で(体型はあまり関係ないか^^;)可愛い女性なのです。年下 の私が“可愛い”というのはちょっとアレかな~と思ったんですが、本音です。透明感があって、でも凛としていて、そう。私の中では“妖精”のイメージで す。

そして手が小さい(笑)。
手の大きさは関係ないですね。
でも私は森さんの美しい小さな手を見て感動したんですよ。
数々の作品を世に送り出した森さんの手。
その手が小さかったことに、なぜか衝撃を受けました。

本の宣伝と言いながら、手の話ばかり。
ごめんなさい(笑)。

本は、私なんかが宣伝するのがおこがましいくらい素晴らしい一冊です。
絶対に皆さまに「知るきっかけ」「動くきっかけ」を与えるものになります!

不遇な犬を取り巻く現状のあれこれについて知りたい方は、ぜひぜひぜひ!

森さんの魂と、取材を受けられた方々の熱き思いが詰まった一冊です!
あちこちの可愛い保護犬&幸せになった犬も登場します!

私は沢山買って配ります!
長野の親せきにも送るつもり(笑)。

森さんのような方がいてくれると、細々した活動の中に光がさすようです。
なかなか光を浴びない活動。
本当はもっと沢山の人に犬猫たちの現状を知って欲しいけれど、現実は厳しい。
そんな中、出版された「君と共に生きよう」。

「君と共に生きよう」は光の一冊です。

あ、個人的には「つきのふね」も好き♪
最近読んで泣いちゃった。

本には私とももママちゃんも登場します♪ ミスママさんもね!
うちの子たち&リュウの可愛い写真も出てます♪

それから、まだ途中なので、ちゃんと終わってから改めてご報告をさせて頂きますが、私も本を出す予定です。詳細はまたの機会に! 私の本も誰かにとって 「知るきっかけ」となれば幸いと思い、日々おバカな自分と格闘しています。こんなことになるなら、もっと勉強しておくんだったな…OR…もっと本を読むべ きでした(苦笑)。

「森さん、スギヤマさん、いい本を出してくれてありがとございます。
ナナが又おしゃれするから遊びに来てほしいって あたしも待ってるよ」

かつくん「すごいぬ子は今日も現れず。けれど近日中に必ず登場するので、乞うご期待! 森さんの一冊には愛が詰まっています。ぼくも生きていたら、森さんの小さな手でなでなでして欲しかったな。きっとあったかいんだろうな。
703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。」

かつくん なな

スポンサーリンク

日記

ヨヨランのウッドチップ

私、言い間違えが多いようです。
昨日カジキマグロを使ったお料理を生意気にもUPしましたが(料理の達人、ごめんなさい)あれはメカジキだった恐れが出てきました。さて、どっちでしょう。まあ、どっちかです。

それから、夜ほほが私の椅子の上を陣取っていたので、

「どいて。○○○さん(保護活動仲間Kさんの姓)」と、自分の口から予想 もしない言葉が出てきて驚きました。どうしてほほのことを、Kさんと呼んでしまったんでしょう。不可思議です。ほほとKさん……。う~ん……。考えれば考 えるほど接点がない。しかも別にKさんのことが頭をよぎっていたわけでもないしな。私って、もしかすると、ただのバカかも(汗)。

あ、今「もしかすると」なんていらないよ。
お前はただのバカだよ。
そう思った人、

そんな人まさか絶対にいないよね(願)。

要らぬ前ぶれが長くなりましたが、先週末ヨヨランへ行った時の写真をUPします。お台場へ行こうか迷ったんですが、 華ママちゃんのブログを読んで、ヨヨランのウッドチップがフカフカだと知ってどうしても行きたくなったんです!ウッドチップの上で気持良さそうに転がっている華ママちゃんの愛犬こじこじの写真を見ていたら、うちの子たちも転がりたいだろうな~って。

ヨヨランと言えば、私のイメージではももママちゃん華ママちゃんだったので、お誘いしてみました(かなりしつこく^^;)

華ママちゃんが来てくれましたよ~! 愛しのこじこじを連れて~!


こじこじとべべはキャラがかぶっているし、同じ誕生日だから親近感わきまくりです。

フカフカのウッドチップの上を走るべべ子♪


ナナは控えめながらもちゃんと遊んでいました!


リルはこの笑顔


ゴクウは固まっていたので、抱っこしてみました!


広ーいドックラン! 木もいっぱい!


華ママちゃんの娘1 華ちゃん♪ 美少女すぎる。可愛い……


娘2 マリアちゃん♪ 堂々たる雰囲気でかっこよかったよ^^


娘3 まめちゃん♪ あなたはいつ見ても小さいのね^^ うちのデブまめとは大違い・汗。


そして、永遠のパピーこじこじ!


ゴクウ、自分より小さいまめちゃんにちゃんとご挨拶していました!


どれくらい遊んだかな? とにかく楽しかったです!べべがフカフカのウッドチップの上で転がっている姿を見て、ちょっと感動!おのぼりさんやって良かった!!

保護活動をされているデンママさん一家にもお会いしました!写真がうまく撮れなかったのですが、代表してアビーちゃんを載せちゃおうっと^^


色々お話できて嬉しかったです♪

ラン後、お水を飲ませました!


はい。まずはべべから! その後は順番ね!


「あたしたちはここのお水は遠慮します!」


華ママちゃんのお子たちは、庶民水は飲まないらしい(笑)。
華ママちゃんが「うちの子達ここのお水飲まないのよ」と困った素振りで話しているのを聞いて、笑いました。華ママちゃんの子たちなら、飲まないだろうな~(笑)。

今日の写真は、ほとんど華ママちゃんに送ってもらったものです。
あまりにも腕の違いが出たため、急遽泣きついて送ってもらいました。
ごめんよー。そしてありがとう♪ また遊ぼう♪

プレゼントもたくさん貰っちゃって、何か得しちゃったな^^
そのネタは次回に引っ張ります!

フカフカのウッドチップを走る我が家の犬たち。
お前たちは素直で可愛いよ。
どんなに忙しくても、家族は大切にしないとね!
そんな風に感じた一日でした。

かつくん「すごいぬ子の登場は次回へ続く!あ、それからまだ未定だけど、近日中にとても可愛い子が来るかも? 楽しみに待っててね^^

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。」

かつくん なな

スポンサーリンク