アニー

皆様はペットブームの裏側で酷使される繁殖犬について、どれくらい知っていますか? 狭い檻の中で選 択の余地なく常に子犬を産まされ、お散歩やシャンプーなどは夢のまた夢。彼らの多くは、人間の言葉を理解していません。栄養不良の汚れた体で、一生懸命働 いて人に仕える。なのに愛されることを知らない。命を削って産んだ唯一の生きがいである子犬を理不尽に奪われ続け、絶望を感じても逃げ場などどこにもな い、地獄のような日々を送り続けている犬のことです。

今から2年半前、一本の電話が鳴り、ママちゃんと出会いました。
「団地の一室でヨークシャーテリアを繁殖し続けている人間が居て、周りの苦情で全頭処分することになった。緊急に助けたいので協力してください」
私は30頭の犬を保護できる場所を確保し、保護する日を待ちました。レスキューにあたったメンバーは知らない人ばかり。頭数が多いため大体の役割を分担し、それぞれがそれにあたりました。私は、お散歩や日々の世話をする係。里親探しには加われませんでした。

毎日会社勤めをしながらの活動でしたので、てんてこ舞いでした。それでも、携わっている人が多かったからか? 口コミで一頭、又一頭と里親さんが決まり、正直、こんなに簡単でいいの? と思うスピードで進んでいきました。

少し落ち着いたある日、チチがお散歩を手伝ってくれたのですが、なんと散歩中に一頭のヨーキーを大怪我させてしまったのです。手当てをするため、怪我した ヨーキーを我が家で保護することになりました。怪我したのはママ犬なので、その子が産んで育てていた子犬2頭と、ママと仲良しだった別のヨーキーも一緒に 自宅へ連れて帰りました。

大変でしたが、ママが子育てを頑張る姿は見ていて胸が熱くなって、素晴らしい体験でした。

子犬が里子に出され、仲良しのヨーキーも巣立ち、怪我をしたママだけが最後までうちに残りました。2ヶ月くらい一緒に生活したと思います。やがて、ママにも里親が現れたと知り、寂しさでいっぱいでしたが、幸せを願い手放すことにしました。

今から思えばそれが最大の後悔です。ママの里親になったのは、ペットショップ&ホテルの経営者でした。ママは繁殖犬として再び働く運命となり、あとでそれを知った私とチチは、深いため息の日々を送りました。

でも、あきらめることなど出来ませんでした。2年1ヶ月をかけてママをこちらに戻したのです。交渉の末、繁殖犬として限界を迎えたママをペットショップは手放すと言いました。今年の3月のある日、迎えに行ったら、ママはちゃんと私を覚えてくれていました。

「よく頑張ったね。ごめんね。帰ろう」

703号室にて。チチが「まりも」と名づけ

我が家で再び、保護することに。 (かつデカイ。。)

今度こそは絶対に幸せにすると誓い、不妊手術後里親さんを募集。縁あって加藤さんご夫妻に出会いました。加藤さんは愛犬を4歳で白血病により亡くしまし た。次は不運な子の里親になろうと、毎日里親サイトをご夫婦でみていたそうです。トイレもおすわりも出来ない4歳過ぎのまりもを加藤さんは快く引き受けて くれました。とっても素敵なご夫妻です。そして、「アニー」という可愛いお名前をつけてくださいました^^

週末、厚かましくチチと遊びに行っちゃいました。(私とアニー)

3ヶ月ぶりに、溺愛されるアニーを見て(加藤さんご夫妻とアニー)

私たちは嬉しくなり、ついつい長居。

チチがお洋服を着せて

うん、可愛い♪

アニーのお部屋 清潔で可愛くて快適そう いいな♪

みんなでお散歩へも行きました。

アニー、幸せになって良かったね。今まで苦労をさせてしまってごめんね。これからもずっと長く生きてその可愛い顔をまた見せてください! 加藤様、アニーを大切にしてくださって、本当に感謝です♪ お土産も色々とありがとうございました。

Ⅹ24アニーは人間の勝手によって「流転」をさせられた末、幸福な家庭を手に入れることが出来ました。でも、幸せになれるのはほんの一握りの犬であることをどうか忘れないでください。

スポンサーリンク

家族団らん

昨日は年に一度の花火大会。昼過ぎから我が家は大騒ぎ。ハハ妹と掃除を頑張りました(汗)。夕方から703でパーティです。参加者は、チチ(花火のために 会社をサボりました 汗)、ハハ、ハハ妹、親戚2人、そしてババ(母)の6名。ジジ(父)は体調不良のため、参加を断念。

そして、こいつら(ナナも居ますが写ってませんね)

まめもちゃっかり参加です。

かつくんは大喜び^^

追いかけ

追いかけられる

ホント邪魔で、イライラしちゃうくらい(呆)。

夕方! ついに完成。ジャジャ~ン♪

違う角度からもパシャッ!

花火はバルコニーへ出て見るんですが、みんなはバルコニーよりも室内のご馳走に夢中でした♪ まあ、せっかくだからと順番に外へ出て、1分ずつくらいは見 ていましたが(笑)。昨年はとってもきれいに見えましたが、今年は路線工事が邪魔をしてあまりきれいに見えませんでした(泣)。でもいいんです。みんな花 より団子でしたから。

楽しかったですよ! やっぱりパーティはいいですね。
ただ、誰一人後片付けをせずに、逃げ帰ったのが悲しかったけれど(涙)。

来年もやろうね♪

あ、ちなみに料理は、ほとんどババのお手製でした。

私は盛り付けを手伝っただけ(汗)。

★★おまけ★★

三毛ちゃん、里親さんが決まりました。お届けが終わったら改めて紹介します!(703の風呂場にて)

ご心配・ご協力ありがとうございました。

~予告~
愛者が縁で、もう一つの尊い命を救うことが出来ました。
私がどうしても救いたかった子です。とっても素敵な出会いです。そちらも今度UPします。楽しみに待っていてください~♪

スポンサーリンク

一休さん

ナナです。皆様いかがお過ごしですか?

久しぶりに晴天が続きましたね。今日は地元の花火大会!
あたしは花火の音が嫌いだけど、人間は楽しみのようで、703に親戚が集まってきます。花火は703号室からよく見えるので、年に1度の恒例行事になっちゃってます。

そんなことより実はあたし……

こんな姿にされちゃいました(泣)。

ハハはもう、キレすぎて具合を壊す寸前です。。。

犯人は、勿論チチです(怒!)

ハハ妹がまめ用に買ったバリカンを使って、ハハの不在時にこんな姿にされちゃいました。あたしはいやだって言ったのに……。

「ハハみたいにショートカットにしようね。ナナちゃん♪」とチチが。

ハハはこのあたしの姿を見て

「あああ、可哀想に! なんてブスなの(嘆)。頭まで剃っちゃって、まるで一休さんみたいにちんちくりんになっちゃってるじゃないの!!」と激怒。

チチは気に入っている様子(汗)。
「一休さんじゃないよ。尼さん風カットだよ。これは」と反論。
もう、どっちでもいい。。。疲れちゃったあたし。

元の姿はこちら

なかなかの美人でしょっ!

なのになのに(号泣)。ああ、早く伸びないかな~

☆☆おまけ☆☆

愛者が卒業して一番寂しいのは

遊び相手を失った

かつくんでした。

遊び相手が欲しくてべべに付きまとっています^^

スポンサーリンク

ナナ

幸せまっしぐら!

愛者の卒業でたくさんの方に温かいコメントと応援をいただきましたことを心より嬉しく思います。ありがとうございました。

さて、愛者は宮本ご夫妻の家族になりました。だからⅩ22宮本愛者です^^
宮本さんと愛者

ご夫妻は、先住猫モナミちゃん&ニコラ君(かつくんと生年月日一緒なんです!)と一緒に暮らし、地域猫ハウちゃんの面倒も見ています。

優しそうなご主人に、素敵な奥様、可愛いにゃんズ。

愛者も幸せになること間違いなしです!

愛者の里親募集を早い段階から知っていたそうですが、ご家庭の事情で7月下旬にならないと引き取れないため、あきらめていたそうです。私が再度募集をかけたのを知り、今度はすぐに応募してくださいました。もう既に愛者なしの生活は考えられないとか♪

愛者、

ちょっとくつろぎすぎ(笑)。

幸せなんだね♪

あなたが幸せだと、私も幸せだよ。

宮本様よりたくさんのキャットフードとご寄付をいただいて、こんなにきれいなお花までいただいて、お姫様気分で家路に着くことが出来ました。(チチはお花なんて、くれませんから)

愛者の近況も快く教えてくださって、嬉しい限りです。
遊びに行きます。と言ったら、「はい。是非。そしてこちらも行きます」と言ってくださっています。今はまだ先住猫のモナミちゃん&ニコラ君と距離があるそうですが、きっとそのうち仲良くなると思います。

宮本様の愛車に乗る愛者(笑)。どこへ連れて行ってもらうの?

愛者、幸せにね。

☆☆おまけ☆☆

こんな方からもお祝いが……。

あ、なにやってんの? 食いしん坊は。

「あ、愛者? コロです。

卒業おめでとう♪ いつもセットでお散歩していたから、愛者が居なくなるのは寂しいけれど、あたしもがんばるよ。幸い、ハハが週に一度来て散歩してくれる し、Kさんがあたしのために犬小屋と日よけを作ってくれたから前よりはずっと快適よ。心配しないでね。一緒に苦労をしたのに、愛者だけ幸せになっちゃうな んて、ちょっとうらやましいけれど、でも、いっぱい幸せになってね! 今度あたしも遊びに行っちゃおうかな? そしたら、パパママにあたしのことを紹介し てね♪」

写真での登場ははじめてです。コロは愛者と同じように飼い主にお散歩してもらえず繋がれていました。 だから愛者とコロ♀とチチと私で毎週お散歩に出かけていたんです。コロは愛者が居た場所のすぐ近くに住んでいます。コロは心臓が悪いので里親は無理だろう とあきらめていますが、それでも毎週、コロが生きている限り、ずっとお散歩して行こうと思います。愛者とはすっごく仲良しだったので、ちょっと出てもらい ました(笑)。健康面のケアや食事などは私が一生面倒を見るってことでⅩ23コロとさせていただきまーす。

スポンサーリンク

愛者

愛される者へ

愛者が我が家を去っていきました。先週のことです。卒業前日はチチとベベナナと一緒に無人のグランドまでお散歩へ行きました。ささやかな卒業式です。長いリードをつけた愛者は嬉しそうに走り回り、それを見て私達は無邪気に笑ったりしました。

「愛者! はやいね! はやいはやい!」

愛者、

幸せだったかい?

我が家で過ごした2ヶ月は、

悪くはなかったかい?

いつもこんな風に私を見つめるから

あなたが居ない703号室は、

とっても広く感じます。

あなたはひまわりのような、犬だから。

どんな命も

理由があって生まれてくるもの

「愛される者」

これがあなたが生まれて来た理由だと、私は思います。

今まで応援して頂きありがとうございました。愛者はめでたく卒業しました。最後の3枚の写真はお届けの日のものです。新しいご家族は素敵なご夫妻で、先住猫ちゃん2匹と暮らしています。幸せな様子は明日UPしますのでお楽しみに。

約9ヶ月前、はじめて愛者に出会ったとき、思いました。
「この犬が幸せになる日など、訪れるのだろうか……」
けれど今は、愛者は幸せになるために生まれて来たのだと確信しています。

私は弱い人間ですので、愛者を送り出すことが切なくて胸が張り裂けそうでした。卒業する数日前は夜も眠れず、何度も愛者が寝息を立てる玄関へと足を運び、抱きしめては話しかけていました。その日に起きた些細な出来事や愚痴。自作の歌を(笑)。

愛者を撫で、話しかけ、叱り、抱きしめ、共に歩いてきました。
だから愛者がここに居ないことが淋しいのです。

だけど愛者が幸せを掴んだことを糧にして、これからも微力な保護活動を続けて「生きたい」と思いますので応援よろしくお願いしますね。

スポンサーリンク

愛者