ベストポジション

更新ばかりしてすみません。出しても出しても溜まっていくような気がして、しょうがないのです。家にいる時間が増えたからかな? 連続更新が当たり前になりつつあるので、さかのぼって読んでくださいね。

ゴンタは夜中に与えた安定剤のおかげで、今少し落ち着いています。
クリックすると元のサイズで表示します

ハーネスをお願いしたインクの首輪のオーナーさんから、ゴンタにプレゼントが。ゴンタの保護経緯、辛い闘病、そして今の状態に胸を痛めてくださったのだと思います。なんと、速達で送ってくださいました。

機能的なヒップベルト
クリックすると元のサイズで表示します

お支払いしますって言ったのに、いいです、って。

ハーネスとヒップベルトを装着し「あんよ」のはじまり!
クリックすると元のサイズで表示します

写真はよくないけど、歩いているのはわかるでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

ご親切に感謝します。どうもありがとうございます。

ささ、お約束通り、福多朗氏の登場です!

自力でソファに上がった福多朗。更なる頂点を目指すも……
クリックすると元のサイズで表示します

布団に爪をうまくひっかけられず、のぼれません。
クリックすると元のサイズで表示します

私の顔を見ながら、ニャーニャー鳴くので、ぽこっとのせてあげました。

すぐさまほほとあまたの間に割り込みます。
クリックすると元のサイズで表示します

ベストポジションを確保した模様の福多朗氏
クリックすると元のサイズで表示します

真横から見るとこんな感じ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ねんねの前はペロペログルーミング
クリックすると元のサイズで表示します

よかったね福ちゃん^^
クリックすると元のサイズで表示します

スヤスヤおやすみなさい♪
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗の寝顔を見ていると、心が安らぎます。そして同時に、あらゆる視点からこの子のすべてを理解し、守ってくださる方でなければ、譲渡できないと思うのです。守ろうという心だけでは、たぶん私は、満足できないでしょう。目に見える形、を求めてしまう気がします。

私は福多朗をもっとよい環境に送り出したいと、里親探しをはじめました。だけど、機械のように、なにも感じないわけではありません。むしろ……まあ、これ以上は自粛します。

福多朗は多くの方からご支援をいただいた幸運な猫でもあります。

多くの方が、いい意味で家族探しに目を光らせてくださっていると思い、私も気持ちを引き締めます。

清水の舞台から飛び降りる勢いで購入した我が家自慢の猫脱走防止柵! 本当に重宝しています。昼間はあたたかかったので、窓を開けたら、福多朗がやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗、光を感じる? 風も感じる?
クリックすると元のサイズで表示します

いいねえ。

福多朗はこんな体だから外へ出れないだろうと括る方ではなく、万が一福多朗が外に出てしまったら、健常な猫と比べ、どれほど危ないかを想像できる方がいいなあ。

今は穏やかな日々を過ごしている福多朗だけど、あんな事故に遭ったんだもの。手術や治療に費やしたあらゆるものの大きさを考えるとね。なにより、あの事故 で失った福多朗の足やしっぽ、いびつになってしまった骨盤、福多朗が味わった痛み、流した涙、治療をがんばった時間の長さ……。私は、全部ちゃんとわかっ てるからね。

大好きだよ、福ちゃん。もう痛い思いはさせられない。

スポンサーリンク





介護人のひとりごと

今日のゴンタは今までで一番手をつけられませんでした。

昨日の夜中から、30分おきに泣き叫ぶ。なだめるもすぐまた叫ぶ。

朝6時から叫ぶ。昼は20分寝ては起きて叫ぶ(叫ぶ時間は寝ている時間の倍)の繰り返し。

叫ぶ! 叫ぶ! 叫ぶ!

鼓膜が破けそうなほどの大声で。

抱っこ→叫ぶ→あんよ(ハーネスをつけて歩かせること)→叫ぶ。

なにをしてもダメ。

犬猫たちを寝室に避難させ、扉を閉める。

リビングに戻った私は、こりゃもういかん! ってな勢いで、安定剤に手を伸ばしかけたけれど、間隔をあけないとゴンタの体に負担がかかるので、断念。

安定剤も効かなくなってきつつ……かな?

本当にやばいっす。

お水はよく飲んでくれる。おむつをかえるとき半端じゃない抵抗。

ごはんを食べさせようと思ったら、前足をばたつかせ、大暴れ。

顔をケガしました(私が)。

顔を近づけたのが悪かったんですけど。

前足で食器を拒否! 食器に盛られたごはんがケージ床一面に飛び散り、心折れそうになる。

完全になにかに憑りつかれているとしか思えない。

犬の姿をしているけれど、なんていうか……犬じゃないのです。

私だってキーーーーーィだよゴンタ!!

キレそうになったけれど、キレたところで伝わる相手じゃない。

仕方ないので、こちらはオトナの対応に徹する。

床に散らばったごはんを拾い集め、再度口に運ぶ。

また叫ぶ! 前足でごはんを床にばらまく……

この怪獣の奇声や奇行から解放されたい。

はじめて強くそう思った。

だけど暴れるゴンタを膝に抱き、おでこにチューしたら、もうダメ。

かわいくてしょうがない……泣けました。

だって、おでこが、ちょっと臭いんだもん。

ゴンタ、なにに怒っているの?

苦しいかい?

どうしてあげたらいいのかなあ?

言うことを聞いてくれとは言いません。

でも、せめてもう少しだけ、肩の力を抜いてくれない?

明日はかわいい福多朗をお届けします。

更新ばかりしてごめんなさい。

おやすみなさい。

スポンサーリンク





12歳になりました

※連続投稿しています。一つ下も読んでね↓

べべが12歳になりました。

「さあ、出かけるよ!」

そう声をかけると、べべ、ナナ、リルは大はしゃぎ。

無垢な姿を見て、心がギュッと痛みました。

卒業犬猫たちが、ご家族に大切にされている様子を知るたび、嬉しい反面、うちのお子たちに申し訳ない気持ちになります。

ごめんね。

本当は世界中の誰よりもお前たちを幸せにしなきゃいけないのに、いつも後回しで。

ゴンタには寝ててもらおう。

今日の主役は、べべ!

べべが12歳になりました。

犬猫の平均寿命が延びている昨今、12歳なんて、大したことないようにも思えるけれど、べべがまだ子犬の頃から、私たちはずっと一緒に生きてきたのです。

いい日ばかりではなかったなあ。

何もかもを捨て、新たな生活をはじめた私ですが、べべだけはどうしても捨てられなかった。普段、ここには書きませんが、私には離婚歴があります。離婚後は、ド貧乏生活まっしぐら。ワンルームアパートからスタートした私のそばには、常にべべがいてくれました。

べべがいるから働けた。

べべがいるから前を向けた。

折れるわけにはいかなかった。

べべがいるから。

べべが私を導いてくれた。

小さな体で一生懸命。

べべが12歳になりました。

6歳で胃がんが見つかったとき、私は相当の覚悟を持ちました。

不謹慎で口に出すのも怖かったけれど、べべは享年7歳だろう、と。

そのべべが、幾多もの手術や治療を乗り越え、今、私の横にいます。

私にとって、この世界で最も尊い奇跡は、べべ。

べべが生きてくれていること。

ささ、出発出発!!

芸のないチチと私は、やっぱり「お台場」を選びました。

まずは恒例のプレゼント選び! 最初にゴンタの介護用品を買ってから、べべに好きなおもちゃを選ばせました。優柔不断のべべは、興奮しながら迷いまくり(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

結局決まらないので、お母さんが決めてあげました。

お買い物を済ませたら、次は海辺へ^^

寒かったけれど、夜景が半端じゃない♪ スマホの画像じゃ伝わらないですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

つづいて本日のレストランへ!
クリックすると元のサイズで表示します

チチはオレンジジュース、私は珍しくビールをオーダー!

べべは人間用の椅子に座らせてもらえました。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナとリルは体が大きいので、机の下が定位置です。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしいお料理が運ばれてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

オーダーしたのは、鮮魚のカルパッチョ、アボガドとマグロのディップ、うにのパスタ、焼きサーモン、ケーキ、コーヒー、紅茶。

ふたりでシェアしたので、足りないくらいだったけれど、腹八分目がちょうどいい。

じっと見られると食べれないなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

べべのおやつ持参を持参してよかった。合間合間にちょこちょこ与えてご機嫌を伺います。

ケーキはほんの少しみんなに分けました。
クリックすると元のサイズで表示します

レストランを出たあと、駐車場のあるビーナスフォートへ戻りました。

途中、化粧室へ寄った私を、べべナナリルが探してくれていたのがかわいくて遠くからパチッ!
クリックすると元のサイズで表示します

べべへのプレゼントは、ピンクのボール2つ。おやつはナナリル用。マタタビはひかるへ。ゴンタへの介護グッズを優先させなきゃいけないから、質素だけど、堪忍してね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

なぜかゴンタに買ったおむつパンツが大人気?
クリックすると元のサイズで表示します

このあと、べべにプレゼントを渡しました。べべが遊ぼうとした瞬間、ナナがふらっとやってきて、おもちゃをかっさらって行きました。これも毎度同じ図^^;
クリックすると元のサイズで表示します

ナナちゃん?

それべべのだよ。

ナナが飽きるまでべべはひたすら根気よく待つしかないのです。

ジャンジャンっ!

べべが12歳になりました。

べべに聞きたいけれど、怖くて聞けない言葉があります。

苦労ばかりさせてきたから。

保護活動をする私を、べべはどんな気持ちで見てきたのでしょう?

いつもほかの子に心を注ぐ私を、浮気者だと思っているのでしょうか?

べべには聞かないけれど、お母さんは、べべに伝えます。

べべと家族になれて、幸せです。

どうもありがとう。

スポンサーリンク





病院へ行けました

ねもい。

ねもくてしょうがない。

ああ。惰眠をむさぼりたい。

狂ったように、ぶっ通しで寝たい。

少し前まで「働きたい」なんて書いていたのが夢のよう。

今はまったく余裕がないっす(号泣)。

「ハハ~ ねたいときは どうぞ ねればよいのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく どこでだって 石のように ねれます」
クリックすると元のサイズで表示します

※福多朗の写真は、以前みいさんに撮ってもらったのを使ってます。

福多朗、そりゃあんたは寝れるでしょう。お仕事少ないし。

福多朗のお仕事のひとつがこれ↓ 荷物チェック!
クリックすると元のサイズで表示します

べべのまねばかりして困ります(笑)。

チチが楽天で買った商品が届きました。

べべのフード、ナナ&リルのおやつ、福多朗用のペットシーツ。

チチ、どうして高そうなペットシーツを買ったのかなあ?

パッケージの犬が、亡きコロにそっくりだから? このパッケージは捨てられませんね。犬の絵だけ切り取って保管しようっと^^

ゴンタ用品もいろいろ揃えました↓
クリックすると元のサイズで表示します

この他にもちょいちょい注文してます。出先のスーパーでも、赤ちゃんコーナー、老人介護コーナーは必ず覗きます。

動きがハードでおむつがうまくいきません。そこで犬用のサスペンダーつき介護パンツを買ってみました。↑のパンツのサイズについて、チチと店で口論に発 展。もめた挙句、私の意見が通り、「L」を買ったのですが、つけたみたら少し小さい。やっぱチチの意見を尊重すべきでした。

チチは「2L」だって言ったんですよ。

でも、痩せてきちゃったし、ぶかぶかだとおしっこが漏れるでしょ?

だから「L」にしようって私が。

余計なことを言わなきゃよかった^^;

まあ、一応つかえるので、これはこれでよしとします!

しかし高いのね。

3000円くらいした気がする。

私、3000円のパンツなんて、一度もはいたことないです(爆)。100円か200円の下着ばっか。オシャレは下着から、と申しますでしょう? あれ、聞くたびに耳が痛い。

ゴンタは元気です。

チチか私と一緒に、よくリビングを歩いてます。こんな格好ですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

コンタの姿勢に合わせているので、ふたりとも腰が痛くてしょうがない。でもまあ、うちはもともと人間の方が「低姿勢」ですからね(笑)。

そうそう。

ご心配をおかけしましたが、昨日無事に病院へ行けました!

予約の4時間前にはお尻を洗いドライヤーで乾かし、こんな感じに!
クリックすると元のサイズで表示します

でも早すぎたっ! このあと、2回大量のおしっこをしてしまったので、また処理に追われ……。洗うのはギリギリの方がよかったみたい。

まだちょっと時間があったので、ケージで寝かせました。
クリックすると元のサイズで表示します

事前に飲ませておいた安定剤が効いて、ボーとしてくれたようです。かわいそうな気もしますが、交通事故を起こしたらまずいし、病院で暴れたら他の患者さんにもご迷惑をかけてしまいますものね。ゴンタの通院は、私の一大事なのです!

防水シーツ、毛布を敷き詰めた車内に乗せて。ゴンタは大柄なので、寝た状態だと、後部座席が埋まってしまいます。この姿勢のまま病院へ行きたい! 頼むからおとなしくしてて~!
クリックすると元のサイズで表示します

病院で大巻先生の顔をみて、泣き出しそうになった私。

思わず、「先生、助けて~」と甘えた言葉を口走ってしまいました。

傷口を洗浄してもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

テーピングも。でもゴンタ、暴れん坊だからすぐとれちゃうと思うけど。
クリックすると元のサイズで表示します

各種薬を処方してもらいました。

抑肝散について伺ったところ、OKが出ましたので、入手しますね。

病院から無事帰れてホッ↓
クリックすると元のサイズで表示します

痩せてしまったとはいえ、もとは大型犬に近かったゴンタ。長時間抱っこしていると、腕がしびれてきます。どこかへ連れて行くのも、家の中でなにかをするのも、重労働です。

もっと体力をつけないとなあ。

今日はべべの12歳のお誕生日!

べべとお出かけした記事は、次回UPします。

べべ、すごく嬉しそうでした。ぜひ読みに来てくださいね。

スポンサーリンク





卒業生を訪ね

追記:もう少ししたらゴンタ と病院へ行くのですが、何時間も前から準備しています。車の中で暴れたら危ないので、今、車の後部座席をゴンちゃん仕様にかえてきました。この2年間、い ろいろありました。老犬介護って、無知の子犬を育てるのとはちがいます。終わりが見えないっていうか。いや、「終わり」って、「ゴンタの死」でしょう?  どんなに大変でも、まだ私、終わりは見たくないです。ゴンタを無事に、病院へ連れていけますように! ドキドキ^^;

ゴンタは寝ながら暴れるので肩と足に傷ができ、膿んでしまいました。抗生物質の投与、消毒、寝床をやわらかくし、こまめに寝返りを打たせているのですが、 追いつかない。やっと傷が乾いてきたかなと思うと、また擦っちゃう。明日、今後の相談も兼ね、病院へ連れて行きますが、ひとりで連れて行けるか今から心配 でたまりません。先生に意見を仰ぎ、抑肝散の投与が大丈夫そうなら、入手して与えてみます。

皆さまいろんな情報、ありがとうございます。

特に痴呆の大型老犬介護を経験した方のお話は参考になります。

やってみてはじめてむずかしさがわかりました。なんていうか、すさまじいの一語ですね。一番痛感するのが、痴呆犬の制御の大変さ。制御っていうと聞こえが悪いけれど、実際、制御しなければケガをさせてしまうこともあるのです。今は安定剤も併用しながらやっています。

歩きたい歩きたい歩きたい! 残った力を振り絞り全身で訴えるゴンタ
クリックすると元のサイズで表示します

ハーネスを装着し、敷き詰めた毛布をどかして、ケージの中やリビングを歩かせます。
クリックすると元のサイズで表示します

気が済むと1時間くらい寝てくれることも^^

他のお子たちは元気です。日光浴中のべべと福多朗
クリックすると元のサイズで表示します

かわいいですね。

福多朗や他のお子たちのことはまた書きます。

今日は卒業生に会いに行った件について!

昨日、ちょっとしたプレゼントを手に、私ひとりで卒業猫うに(ひらめ)のお宅へ行ってきました。里親さんは延期を打診してくださったのですが、昨年からの お約束でしたし、ゴンタの介護は長くなるので、今を逃すと、いつ伺えるかわかりません。最近、家でなにやらコソコソやっているチチが、行って来い行って来 い! と機嫌よく送り出してくれたので、安心して出かけました。チチは私がいない方がいいみたいです。なにをやっているのか、ちっとも教えてくれないし (笑)。

お見合いの時に撮った写真↓ ご主人に抱かれて
クリックすると元のサイズで表示します

この時はまだ、703号室の保護猫だったんだよねえ。懐かしいなあ。

日当たり抜群のリビング。猫タワーが設置されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

うに、こんにちは♪ 1年ぶりだね。
クリックすると元のサイズで表示します

ご夫妻は、これでもかというほど、うにを溺愛しています。あまりの愛し方に、周りがドン引きしているそうです。公園にひとりさびしく佇んでいた野良時代(または地域猫時代)があったなんて、保護した私ですら信じられないくらい、幸せに暮らしているうに。

TV画面に映っているのはうに。数秒で写真が切り替わります。もちろん、全部うに。
クリックすると元のサイズで表示します

実物がいるのに、TV画面でもうにが流れっぱなしで驚きました。

床に落ちたおひげがもったいないと、猫ひげを集めるスタンドまで^^;
クリックすると元のサイズで表示します

私と妹にもプレゼントしてくださいました。私も落ちているひげを見つける楽しみが増えてうれしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんは定期的にうにの写真を送ってくださいます。全部かわいくてしょうがないのですが、中でも、私が目を奪われたのはこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

※一部モザイクをかけて加工しました。

うにを迎えたあと、ご夫婦は外食の回数が減り、奥さまは在宅でのお仕事を増やしました。真剣な表情でお仕事中の奥さま。なのにうには……。この写真、最高ですね。

この写真の奥さまも、この写真のうにも、そしてこの写真を撮ったご主人も。感動でウルウル。

ふふ。こういうのもいいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうが並んだテーブル。ピザもあったのに写真を撮り忘れた^^;
クリックすると元のサイズで表示します

おいしいお茶やデザート、お土産、お土産が入った袋の中にはご寄附まで入っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

どうもありがとうございました。早速、ゴンタの介護用品を買わせていただきました。なにを買ったのかは近日中にUPしますね。

うに、大好きだよ。

うにとうにのご家族のご多幸を、日々祈っています。

毎回同じことを言ってますが、幸せになれる犬猫が、どんどん増えますように。

スポンサーリンク