ジョイの赤い糸探し

皆さまこんばんは。いかがお過ごしですか?

 

 

日中、家のことを終えた私は自宅の固定電話の解約手続きをしました。節約の一環です。

 

ほとんど使わないのに、基本料金が毎月3,000円近くかかるんですよ。もう要らないかなあと。

 

携帯電話の番号は据え置きのままですので、お友だちや里親の皆さま、なにかありましたら携帯の番号へご連絡くださいね。

 

 

さて、明日ようやく保護猫ジョイを里親サイトに掲載します。みいさんが私の撮った写真をレタッチしてくれたので、それなりにかわいいはず!

 

 

待たせちゃってわるかったねえ。ジョイには心からいろいろ詫びたい。

91 (3)

 

 

 

ジョイはちょっとシャイですが、性格のいい猫です。

 

 

うちのほほ、あまぱん、さぶが育ててきただけありますよ。お友だちと仲よくできますし、律儀に序列を守るんです。自分が新参者であるのをジョイは知っているから。

91

 

 

 

ジョイは猫が大好き。犬も人もまあまあ好き。うれしいときは喉を鳴らして派手に喜びます。

 

 

はじめの2週間くらいは人の心をじょうずに読めず、戸惑いを見せますが、徐々にかわいがってくれる人に全身で甘えるようになっていきます。

 

 

その過程を味わえるのもジョイと暮らす趣といえるかもしれません。

 

 

※ ジョイが私を認めて瞬間は感動したな。なつかしい記事を載せてみました。

→ 「ジョイの一歩/幸せの703号室」

 

※ ジョイは不器用な一面がありますが、正義感の強い友好的な猫です。

→ 「わたしの盾になってくれた、きみのぬくもりを/幸せの703号室」

 

 

 

私がいたらぬせいで、ジョイの家族募集に手がまわらず春頃から我が家にいます。まだ1歳のみずみずしいハンサムボーイにかわいそうなことをしてしまいました。

 

 

私は環境的にも経済的にもこれ以上うちの犬猫の数を増やすことができません。くわえて、健康体のジョイを我が家に縛っておくのも不本意です。

 

 

よって遅くなりましたが、以後ジョイの家族募集を真剣にやっていく所存ですので皆さまどうぞ応援をよろしくお願いします。

91 (2)

 

 

 

仮名:ジョイ(JOY)

年齢:1歳

性別:男性

趣味:食べること、しゃべること

特技:ケージ3段目への一発華麗ジャンプ(運動神経抜群)

好き:お友だち猫、おもちゃ、なでなで

嫌い:爪切り(笑)

健康状態:ウイルス検査:極めて良好(FIV/FeLV 共にマイナス)

 

 

半日程度のお留守番できます。

トイレ失敗なし、爪とぎはダンボール型を愛用中。

食べ物は猫の物ならなんでも。たまに犬の分まで食べようとして私に注意されます。

若いですが、わちゃわちゃしていません。落ち着きがあります。

ケージに入るのをいやがりません。むしろ食事はケージ内で摂ろうとします。品がいいですね。

 

 

私がジョイに合うなあと思う家族像はこちら↓

 

●6名以上の大人数のご家族形態よりは、おひとり暮らしの女性や共働きなどのご夫婦

●先住犬猫とうまくやれるのでいてくれてももちろん大丈夫ですが、ジョイをひとりっ子として育ててくださるのもいいと思います。人間と密な関係になるからです。

●ジョイを「家族」として迎え入れ慈しんでくださる方

●広すぎる邸宅よりは、ふつう程度の規模のお家

●ジョイは新しい環境に馴れるまで、2週間~1か月かかります。その間は結果を急がずあたたかい眼差しでゆっくりじっくり向き合ってくださる方

 

 

ジョイは今、我が家の元気の源です。明るいジョイはみんなに愛されています。

 

 

闘病中のお子たちの中にいて、唯一健康で手もかからず、希望を与えてくれるジョイ。

 

 

我が家はリルを除き全員重い病気を患っています。病名のつかないリルでさえ、食べものの好き嫌いが激しく、慢性的な食欲不振ゆえごはんを食べさせるのに一苦労の毎日。

 

 

703号室に於いて、心身健やかなジョイは私に心の平穏と明日への活力を与えてくれる存在。

 

 

だからこそジョイへの恩返しとして、私はジョイを彼の終の棲家へと案内したいのです。

 

 

そして、外で順番を待つ生き場のない野良猫たちをたとえ一匹ずつでも我が家に招き入れ、その猫たちの家族探しの活動を、生涯私は細々とつづけていきたいです。

 

 

 

「ハハ~ ぼくにも赤い糸は見つかるのかな?」

91 (4)

 

 

 

見つけたいねえ。

 

 

きっとやさしい手がジョイを迎えに来てくれるのを信じて。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

にっこり闘病!

私のiPhoneの待ち受け画面はみいさんが撮ってくれたお気に入りの1枚!

kawaiikimi (2)

 

 

 

保護猫ジョイは703号室にて家族を待ちわびています。おひとり暮らしの女性も大歓迎ですので気になる方は非公開コメントでお知らせください。ひさびさにジョイに会ったMIHOさんからは太ったと指摘されています。だってジョイ・・・・・・よく食べるもん^^;

 

 

 

本日は2か月ぶりのほほの通院日。午前中、MIHOさんが703号室へ。ほほを気にかけてくれるMIHOさんは必ずつき合ってくれるのです。いつもありがとう。

hohoganbar

 

 

 

ほほはキャリー内で抗議のおしっこ(涙)。またか・・・・・・。

 

 

 

車で約30分。お世話になっている東京大学附属動物医療センターへ到着!

 

 

 

名を呼ばれ、諸検査へ

hohoganbar (7)

 

 

 

実はほほ、卒業生もも(海子)が我が家を巣立ってから元気が半減したのです。ブログに書くと里親さんにご心配をおかけするかと控えていたのですが、内心少し不安でした。

 

 

けれど、予想に反し体重200g増↑ おおお。ほほ~やるね!

hohoganbar (8)

 

 

 

「やりとき は やりまち」

hohoganbar (5)

 

 

 

歯茎の腫れはひどくなっている気配。コンベニアを打って様子を見ることに。

hohoganbar (3)

 

 

 

担当の前田先生がパソコンを使ってほほの状態を丁寧に説明してくださいました。ほほは重度の水頭症ゆえ、脳内の水の量が異常に多いですが前回と今回の脳の状態はほぼ変わらず。

hohoganbar (9)

 

 

 

画像の黒い部分は脳内の水です。現在利尿剤とステロイドで治療中。

 

 

まあ、持病なので悪化していなければよしとしましょう♪

 

 

 

歯茎は痛そう。食欲が落ちないのが不思議です。

hohoganbar (10)

 

 

 

左側の腫れが顕著ですね。

hohoganbar (11)

 

 

 

抜歯手術は麻酔の危険を伴うのでできません。

 

抗生物質でじゃっかんの改善を狙うしか方法がないのです。

 

 

ほほの歯茎の写真を見て親バカの私が発した言葉は「かわいい~」でした。

 

 

前田先生に引かれるかと思いきや、先生がひと言。

 

 

 

「実はですね・・・・・・もっとかわいい写真が撮れたんです」

 

 

前田先生がカチカチっとマウスを動かしながら得意げに画面に出してくれたのがこちら↓

hohoganbar (12)

 

 

 

うおー!! ほんとだ!

 

 

 

先生の遊び心に一同満面の笑顔^^

hohoganbar (2)

 

 

 

日本で最先端を走る動物医療センター

 

 

なのにこの雰囲気はなんですの?

 

 

最高ですよ。

 

 

 

ほほの元気がいつ頃からどのように半減したのかを前田先生に説明する際、正直私はおそるおそるでした。先生に頭がおかしいと思われるのが怖かったのです。

 

 

「あの・・・・・・非科学的な話を信じてもらえるかわかりませんが、うちにいた猫(もも/海子)にほほが恋をしたらしく、その子が我が家を出てから落ち込んでいるようなのです」

 

前田先生「そうですか。ほほさん・・・・・・(笑)」

 

「え、ほんとうです」

 

前田先生「はい。わかりますよ。そういうの、あると思います。ほほさん・・・・・・(クスクス)。元気が減ったと伺ったのでお薬の量を増やそうと考えたのですが、じゃあ・・・・・・(失恋が理由なら)増やさないでおきますね」

 

 

うーん。なんかいいなあ。

 

 

うちのお子たちの闘病を明るく支えてくれる周りの方々に深謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

会計待ち

hohoganbar (4)

 

 

 

大学病院の診察料について何件か非公開コメントでお問い合わせをいただいたので明細を載せておきます。薬は70日分。駐車場は500円。

FullSizeRender

 

 

 

帰宅後、みんなのお世話や投薬のつづきを。MIHOさんが補液シーンを見たがったので動画に撮ってもらうことに。MIHOさんの愛するクー太(703号室卒業猫)が慢性腎不全の診断を受け、近い将来クー太に自宅補液をはじめたいんですって。

 

 

東大の前田先生もMOMOペットクリニックの大巻先生も水分摂取の重要性を唱えています。

 

 

慢性腎不全の犬猫たちにとって水分はたいせつ。しかし口から飲める量には限界がある。自宅で皮下補液をやれるようになるのが理想的ですよね。

 

 

まずは補液セットをバスルームに準備。ラクテックは湯せんし人肌程度の温度にしておきます。

hohoganbar (6)

 

 

 

補液セットをどのように使用するのか、つづきは動画をご覧ください。

 

 

※ 私とKISS&LOVEのオンパレードで、終始恋愛ドラマのようでお恥ずかしいですが、さぶの出てくる動画がオススメです。針を刺すところがハッキリ映っています。

 

 

トップバッターはあまぱん

 

 

次はさぶ(最初から最後まで超いい男! 自慢の彼氏)

 

 

おまけとしてべべの短いシリンジ動画も見てください。赤ちゃんみたいで萌えますよ。

 

 

 

MIHOさん動画ありがとう。ふだんはひとりで地味にやっています。

 

 

毎日のことですから私自身の忙しい日や体調の悪い日は結構きつく感じることも。補液は1日1回ですが、投薬や給餌は何度も行うためノルマをこなしていく感覚に似ていますし。

 

がんばったつもりになっても、うまくお子たちの体調を維持できない日もあります。

 

でも私は仏頂面しません。というか、できません。

 

 

うちのお子たちがあんまりにも前向きでキラキラだから、顔をおがんでいるだけでつい幸せな気分になってしまうのです。声をかけずにはいられない。撫でずにはいられない。

 

 

「闘病」

 

 

書くと重くなる一語。

 

 

ですがうちのお子たちはそんなに辛そうではありません。

 

 

みんなまだ私のそばにいたいんだと勝手にうぬぼれています。

 

 

明日もにっこりと向き合いたいですね。

 

 

「病」とも、「老」とも。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク

べべ公の食事介助

やっと保護猫ジョイの写真フォルダーを整理しました。先に我が家を巣立ったジョイのきょうだい龍&キャッチと同じフォルダーにごちゃごちゃに入っていたので振りわけたのです。

 

 

特にキャッチとジョイは毛色が似ているから紛らわしかった^^; 不精者の自業自得です。

 

 

フォルダー内のジョイの写真をあらためて見直すと思いの外いいのがあってうれしい。

tguoanvir (4)

 

 

 

これはさっき撮ったばかりのジョイですが、ハンサムでしょ?

tguoanvir (6)

 

 

 

おまいさんにも必ず運命の人がいるよ。いっしょにさがしていこう!

tguoanvir (8)

 

 

 

龍&キャッチ&ジョイを保護したピチコさんよりチチにビールが届きました。

tguoanvir (2)

 

 

 

ほぼアル中のチチは大喜び。ピチコさんありがとうございました。

 

 

 

卒業生麦&とろろの里親さんよりシャンプーとコンディショナー、お手紙、ご支援が届きました。

tguoanvir (7)

 

 

 

かわいいカード! お顔同様美しい字で私への応援メッセージや麦&とろろの近況をお知らせくださいました。里親さんとは仲よくさせてもらっています。麦&とろろをたいせつに育ててくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

今日届いた写真。ちょっとした気持ちを送ったところ、とろろがカメラ目線をくれました。麦はにおいを嗅いでいます。ごめんね麦。猫の物じゃなくて(笑)。

tguoanvir (5)

 

 

 

里親さんは今度703号室に遊びに来てくださるそうです。楽しみにお待ちしています。

 

 

 

さて、昨夜は感極まって要らぬことをペラペラ書いてしまいましたね。ごめんなさい。

 

 

大胆なことを出せるようになったのが自分でも不思議です。読み返す勇気すらないのでいっそ記事を削除してしまおうかとも悩みましたが、自分を恥じるのはやめました。いろんな縁が重なって私は生まれてきたので、生まれてきた事実だけを素直に喜びたいです。

 

 

家族のありがたみを噛みしめつつ。

 

 

ということで、そろそろ今回の主役に登場してもらいましょう。

 

 

胃がんと闘っているべべ公(15歳)の食事風景を皆さまにご紹介しまーす。

tguoanvir (9)

 

 

 

用意したのはシリンジ(10ml)と流動食。ロイヤルカナンの瓶ですが、中身はクリニーケア。クリニーケアは缶なのでシリンジを使うとドロッとこぼれてしまう。いちいち小皿にうつすのも面倒な私はロイヤルカナンの瓶をくり返し洗い、詰め替えて使用中。

 

 

蓋にシリンジの吸引口大の穴が空いていて便利。瓶を逆さまにしチューと吸います。1回でだいたい10ml。これを1日10~20回(汗)。

tguoanvir (10)

 

 

 

20回で約200キロカロリーを摂取できます。べべの理想体重を維持するには少し届きませんが、残りはちゅーるやお腹にやさしいおやつなどを食べてもらえれば大丈夫。

 

 

朝3~5回。昼3~5回。夕3~5回。夜3~5回。寝る前3~5回。

 

 

正直な話、意外とたいへん(汗)。

 

 

 

よしべべ公! 準備はいいね!

tguoanvir (11)

 

 

 

このときは写真を撮りながらだったのでイヤがって見えるかもしれませんが、実際はスムーズに飲んでくれます。時間はかかりますがべべ公の激しい抵抗には遭いません。

tguoanvir (12)

 

 

 

べべ公の歯石も取りたいなあ・・・・・・。

 

 

床にこぼれた分を自分で舐めたりしているところを見ると味は嫌いではなさそうです。

 

 

 

がんばったね。

tguoanvir

 

 

 

シリンジを吸ってる姿は赤ちゃんがミルクを飲むのに似ている気がして愛おしいです。

 

 

世間一般では「強制給餌」の部類に入るかな?

 

 

しかし私は「食事介助」だと思ってつづけています。

 

 

以前はべべの食欲、気力に任せっきりにしていたのですが、食欲がどんどん衰退し、体力も激減しました。明らかに今よりQOLが低かったです。

 

 

実際、死んでしまうんじゃないかと危惧するほどべべは一時、弱っていました。

 

 

「なんだったら食べてくれるんだろう」

 

 

私もチチも半ノイローゼ状態に陥り、五里霧中の日々。

 

 

でもシリンジを通じて経口でしっかりと栄養を摂取できるようになってから、べべの全身状態が著しく上がったのです。しかも病犬用に計算された栄養バランスのおかげで消化もスムーズ。

 

 

昔、愛猫かつが亡くなる間際にした強制給餌がかつにとって正しかったのかわからなくなり、かつが天国へ旅立ったあとも延々と私は自問自答を繰り返していました。

 

 

それが一種のトラウマとなり、私は自分の固定観念に縛られたせいで、なかなかべべ公のシリンジ食に踏み切れなかったのです。けれど、同じ物事でもそれぞれの個体によって誤にも正にもなり得ることをこのたびべべ公に教えてもらった気がします。

 

 

食事は家族のコミュニケーション。

 

 

ほんのりふっくらしてきたべべ公は、ほほのごはんをハイエナする元気が出てきました。

 

 

 

食べることは生きること。べべ公ありがとう。

tguoanvir (3)

 

 

 

お口のまわりにごはんをつけた顔を眺めて、お母さんは幸せに浸っています。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

MY FAMILY

歯石取りの相談にのったところ激萌のおたよりが返ってきました。

KIMG2411

 

 

 

いや~ん。にっこにこじゃないですか! 笑顔って伝染するんですね。私もにこにこ^^

IMG_4816

 

 

 

あまりにもかわいいので自慢させてもらいました。ありがとうございました。

 

 

平日はほとんど家にいる私ですが、週末はチチと協力し合い、お出かけを楽しんでいます。

 

 

 

昨夜はイカセンターへ。透明のイカを食べましたよ。でも比べるなら昔九州で食べたイカのほうがやわらかかったかも。30分くらいですが、ひさびさにデパートもうろつきました。大丸ってはじめて入ります。アウトドアの便利そうな小ぶりリュックに目をつけてみたり。

IMG_4873

 

 

 

チチさんイカごちそうさま。ダッシュで食べてあっという間に帰宅。3時間弱の外出でした。

 

 

 

で、日曜の本日は妹、母とランチへ。3人で出かけるのはいつぶりだろ?

 

 

「どっかに行きたい!!」と、妹が企画したのです。

 

 

待ち合わせに登場したふたりのめかしぶりを見て仰天。母は妹の家へ寄りメイクとヘアセットを妹にお願いしてきたらしいです。気合いが入ってますね。とはいっても、妹はネット通販で買った1,000円のワンピース。母はユニクロのスカートを履いていました。へへ。暴露しちゃった^^;

 

 

姉の私はと言いますと・・・・・・イトーヨーカドーの年季もののシャツを着ています(爆)。

 

 

ふたりは私のラフすぎる格好に失望したらしく、行きはほぼ口をきいてもらえませんでした。

 

 

ごめんなさい・・・・・・。

 

 

妹が前から行ってみたかったというカジュアルフレンチへ。母の分は姉妹で仲よく出すことに。

eia

 

 

 

女性3人。ペチャクチャ会話が弾みます。母を介して妹と出会えた私は、妹が生まれてからずっと妹の存在を心の糧に生きてきました。そういう意味では母に感謝ですね。

 

 

そして重大な収穫が!

 

 

今日はじめて私は自分の実父のフルネームを知ったのです。これまで父の話は我が家では禁句に近い状態でしたので、話せるようになれてうれしいです。やっぱりルーツですからね。

 

 

父と私は外見も性格も瓜二つだったようで、昔から台湾の親戚たちが私を見て「(私の)父と私が同じすぎる。似すぎている」などと話しているのを偶然何度か耳にしたことがあったのです。しかし母の口から直接聞いたことはありませんでした。

 

 

さっきレストランや電車の中で、どこがどう似ているのかを母が教えてくれたんです。もっと聞きたかったなあ。いつか機会があったら再度挑戦してみよ。

 

 

私の記憶の中の父は穏やかでやさしい人でした。8歳までまめに会っていたのですからもちろんおぼえています。私が台湾から日本へ来た日、父が台北の空港で私を見送ってくれました。ボロボロに泣いて私の手を離そうとしないから飛行機に乗り遅れそうになったのです。そして私が中学生の頃、一度だけ日本に会いに来てくれました。まだどこかで生きてるといいなあ。

 

 

おっと。語りすぎ。気分がよくてつい。

 

 

 

あ、ここ犬猫ブログでしたね。失礼しました。お子たちは元気にしています。

 

 

 

補液、投薬、ごはん、散歩などのお世話を楽しくしています! 補液は毎日やっています。

 

 

あまぱんも少しずつですが食べれるものを食べています。保護猫ジョイの家族募集は来週あたりにと考えています。興味のある方はぜひチェックしてくださいね。

fai

 

 

 

今夜、あぱまんの保護主ぷくぷくさんから電話がかかってきたのです。ブログを読んでくださったみたいです。すっかりご無沙汰しちゃってすみません。あまぱんの近況にくわえ、あまぱんへの愛とぷくぷくさんへの感謝をたくさん伝えました。

 

 

保護後、お家に入れてホッとしたのか? ぷくぷくさんの腕の間に挟まれて眠ったあまぱん。

 

極寒の外暮らしに耐え抜き、ストーブのぬくもりの前でくつろいだ表情を見せたあまぱん。

 

 

ぷくぷくさんのあまぱんの思い出を伺い、改めてあまぱんをたいせつにしていきたいと胸に誓った夜でした。家族ってほんとうにプライスレスですよね。

 

 

犬猫から逸脱した話題が多かったですが、皆さま来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

犬と猫と一緒に老いていく心構えとは

こんにちは、チチです。

ハハが疲れていそうなので私からの投稿になります。私も疲れてないわけじゃないですが。

最近は我が家のメンバーの老化が激しくて心配が絶えません。当然私も老いてます。

犬と一緒に白髪も増えました。ただ太ったのは私だけですが。(これはストレス太りです!というとハハに説教されますが。。。)

IMG_0642

気が付けば今のメンバーと出会って約10年以上。

皆老いるのは当たりまえ。

それとどう向き合っていくか。

と考えて素晴らしいあるべき姿勢について結論を出したところで、心をコントロールすることは出来ないので、右往左往オロオロしながら過ごしていくだけです。。。

仕事が終わって帰宅するとギャンギャント迎えてくれるナナ(ちょっとボケました…)、顔中ナメ回すリル(口臭がしなくなりました!)、ヘラヘラ笑って迎えてくれるベベ(食欲が出てきました!)、所定の位置でご飯を催促するほほ(元気になりました!)、元気に走り回るジョイ。

あまたは食べたそうにしてるけど食べてくれないのが心配です。

ずっと続くことがないことは頭では理解してるけど、当たり前の日常を有り難く感じてます。

これからしばらくは色々な子を心配して過ごしていくことになります。

犬や猫は人間より寿命が短いんだと心の中で繰り返して納得させようと試みてはいるものの意味がないのでやめました。

これからも一喜一憂の人生です。

ちょっとは達観したいもんです。

 

スポンサーリンク