SALAが逝きました

ブログでのご報告が遅くなりましたが、SALAが逝きました。

 

朝一でemi-goから訃報を聞かされた私は、呆然ののち、激しい心臓の痛みに襲われました。

 

覚悟していたとはいえ、あまりにも唐突です。

 

仕事を早く切り上げSALAを迎えに行ってきました。

今、SALAは首に赤いバンダナを巻き、ピンクの小さな花束を両手に抱えています。

 

生前は皆さまにたいへんお世話になりました。

SALAを気にかけていただき、ありがとうございました。

この場でお礼をさせていただく失礼をお許しください。

 

まだ家族になって1か月。あれもこれもやりたかったのにと自己満足根性が剥き出しです。

 

失ってみて改めて痛感したのですが、“友だち”としても、ラストステージをともに過ごした“家族”としても、SALAの存在は、自分の想像をはるかに超える大きさでした。

 

だから悲しいです。思考がまとまりません。

 

けれど、SALAが拷問のような痛みからようやく解放されたことには、素直にほっとしています。

 

今日病院でSALAの亡骸を抱きました。

当たり前ですけど、どこを触っても、SALAは悲鳴をあげませんでした。

 

 

まるで昔のSALAです。

sara

 

 

おてんばだった頃がなつかしい。

sara (4)

 

 

駿馬のごとく駆け抜けたSALAの終末期を、私はもう少し噛み砕いてから消化しようと思います。まずは火葬まで、奇跡のように美しいビジュアルを堪能します。

 

 

亡くなる2日前にiPhoneで自撮りした最後の2ショット

gbui

 

 

もと飼い主さんが会いに来てくれたあとに、「現在の家族」とも撮ってもらいました。

 

 

クンクン (みいさん撮)

fpoi

 

 

パイを頬張るSALA

gjo

 

 

ほんのり甘くておいしいよねえ。

fjfap

 

 

大好きです。

 

こんなすばらしい犬に出会えて、ほんとうに幸せの一語でした。

 

 

SALAへ

 

よくがんばったね。

 

どうもありがとう。

 

 

スポンサーリンク





おすわりライバル

「ぼき ほほ しじみちゃ こり いーね ども ありがとござまち」

nuigurumi (10)

 

 

「あたちたちは お散歩おわっても土足で勝手にあがりません。こうして玄関でぞうきんをぬらすお母さんをまっています。お母さんー! はやくふきふきして~ おなかすいた!」 nuigurumi (9)

 

 

「日本のマナーと伝統と文化を守る なでしこトリオより」

nuigurumi (8)

 

 

どうしてうちのお子たちはそろいもそろってこんなにかわいいのでしょうね?

 

今日も仕事中、お子たちとSALAのことを考えていました。

 

特にSALAのことを。

 

耐えられずemi-goにショートメール。

 

食べているのか聞いてみたところ、食欲がほとんどないと聞き、ソワソワ。

 

昨日入院させたときの1枚。精神的に余裕がなく写真はこれしか撮れませんでした。

nuigurumi (7)

 

 

安定剤でぼんやり中。敷布団にもなるタンカー、枕としても使えるひつじのぬいぐるみ、水飲み用の哺乳瓶、処方された薬を置き、私は帰りました。

 

タンカーとぬいぐるみは洗いたてなのでいい香りを漂わせています。

 

ぬいぐるみ……

 

まだあどけなかったSALAが古いぬいぐるみをくわえ振りまわしているシーンをよく思い出します。いっとき、SALAの片隅にはいつも古いぬいぐるみが寄り添っていました。

 

私の記憶は断片的ですが……だからこそ特定の情景はいまだに鮮烈なのかもしれません。

 

SALAにかけた言葉もはっきりと覚えています。

 

「おお、いいねえ。それ、私にちょうだい?」

 

SALAからぬいぐるみを取ろうとすると、SALAは軽く唸りながら拒否しました。

 

その姿がいじらしくて、何度か「ちょうだいよ!」とちょっかいを出したっけ。

 

かけた言葉は忘れていないのに、なぜかぬいぐるみの形や種別が空白のまま。

 

クマ?

女の子?(お人形)

うさぎ?

 

 

結局わからなかったので、ひつじをプレゼントすることに。

 

 

おそらくひつじじゃなかったんですけど。

nuigurumi

 

 

SALAは枕としてつかってくれています。ふわふわだね^^

nuigurumi (6)

 

 

昨日の朝、もと飼い主さん母子がおみやげを手にSALAに会いに来てくれました。

 

撫でてもらってよかったね。

nuigurumi (5)

 

 

もと飼い主さんには少しの遠慮もしてほしくないのでしっかりお話しています。

 

私がSALAと暮らせてどれだけ満ち足りているか、どれだけSALAに救われているか。

 

「うんうん」

 

もと飼い主さんは深く頷いてくれました。

 

闘病のイメージばかりが前面に出ているSALAですが、小さな頃から聡明だったんですよ。

まだ生後3ヶ月程度なのに、すでに「おすわり」をマスターしたんです。

 

ある日べべの散歩中にSALAの家の前を通ると、中学生の娘さんたちがSALAに「すわれ」を教えこんでいる場面に遭遇しました。

 

「おすわり」

「すわれ」

「おすわり!」

 

姉妹が交互に号令をかけると、SALAは姉妹の掌におさまっていた煮干ほしさに、ちゃんとすわって見せたのです。まぐれかと思いしばし眺めていたのですが、その後も成功を連発!

 

べべにコマンドを教えていなかった私は、帰宅後速攻「おすわりレッスン」を開始しました。子犬SALAに刺激を受け焦燥感と悔しさがわきおこったのですね(笑)。

 

昨日のことのようなのにあれから14年以上も経ったなんて。

 

泣き叫ぶSALA獣。寝不足を口実にチチが会社をサボるとまずいのでリビングに連行。

nuigurumi (3)

 

 

SALA嬢、体勢をかえ毛布を顔に覆ったらすぐに寝オチ。ブヒブヒいびきをかいています。近くには「おすわりライバル」べべ公も。

nuigurumi (4)

 

 

SALA、あの頃の記憶はありますか?

 

 

私はこれから先も忘れずにいようと思います。

nuigurumi (2)

 

 

明日病院に会いに行くね。

 

早く会いたい。

 

 

スポンサーリンク





しじみさんちへ

今、私の心は曇り空の中にあります。

SALAのことを書き連ねると止まらないので本日はやめておくことに。

 

少し落ち着いたら“いせやん”がどうなっているのかちゃんと説明しますね!

我が家に約1年いた大切な存在です。片時も忘れていないのでしばしお待ちください。

 

週末チチにSALAとお子たちをお願いし、私はみいさんとともに合同卒業猫しじみさんのお宅に遊びに行きました。お届け以来ずっと約束していたのですごく楽しみで。

 

 

「あ アナタたち来たの?」

ssisisi (5)

 

なんと里親りょうちゃんちの目の前で迷子になるという^^;

みいさんと出かけると目的地に着くのかドキドキします。

みいさんはSALA以上の赤ちゃん。ほんとうです。車で送り迎えしないといけません。みいさんに強制されるわけではなく、そうしないとこちらが不安なのです。

こんなになんもわからなくてよく半世紀ちかく生き延びてきたなあ、みいさん(笑)。

 

 

しかし猫のことにはメチャクチャ丁寧。りょうちゃん、チーさんと話が盛り上がっています。

ssisisi (4)

 

 

こちらがしじみさんのご家族りょうちゃん。オシャレで洗練された女性。なのにとっても気さくで、私はりょうちゃんが大好き。りょうちゃん痩せましたねー!

ssisisi

 

 

天然記念物? のチーさんはりょうちゃんのご主人さま

ssisisi (20)

 

 

お嬢の城。家具の配置換えがなされており、はじめて訪れるかのごとく新鮮な感じ

ssisisi (14)

 

 

造花もイケてます。

ssisisi (16)

 

 

お! 育ってる育ってる^^

ssisisi (15)

 

 

しじみ嬢の卒業時に記念にプレゼントしたカップも大切に保存されていました。

ssisisi (10)

 

 

部屋のあちこちを占めているのは、りょうちゃんがポチったと思われるしじみさんへの貢物

ssisisi (19)

 

 

超高級オーガニックフード「ヤラー」。私も食べたい(ウソ)。

 

うちも療法食になる前は犬のべべ、ナナ、リルに「ヤラー」を与えていたのですが、サラリーマン家庭にはなかなかきびしいお値段でした。

 

それにしてもさあ……

 

えっと(汗)。この家にいる猫はたしかしじみさんだけですよね?

 

 

「つべこべ言わず アナタたちもごはんにしたら?」

ssisisi (7)

 

 

お仕事で多忙の中、りょうちゃんが作ってくださったランチ

ssisisi (3)

 

 

とてもおいしかったです。

ssisisi (18)

 

 

お肉を食べないみいさんへ配慮し、ひき肉ではなく大豆をつかっています。 こういうさりげない心遣いにりょうちゃんのお人柄がにじみ出ますね。

 

 

デザートとコーヒーもしっかりいただきました。ごちそうさまでした。

ssisisi (21)

 

 

ただ甘やかせればいいってもんじゃないんだろうけど、しじみさんを見ているとやっぱり幸せそうだなあと。しじみさんを見守ってきた猫撮るさんもすっかり安心でしょうね。

 

 

記念に抱っこさせてもらいました。

ssisisi (13)

 

 

りょうちゃんもチーさんもしじみさんが動くたびに「はあ……かわいい」を連発!

ssisisi (2)

 

 

イタイ人たちです。

 

 

ひさびさにカメラ持参で出かけた私は、写真撮影に余念がありませんでした。

 

みいさんのかばんが意外とコンパクトだったので、カメラを持ってきたのは自分だけかと張り切っていたのです。

 

「あ、あたしカメラ持ってきたんだった」

 

と言われるまで、鼻高々でシャッターを切りまくっていた私は、みいさんのひと言を聞いて戦意喪失^^; あのー皆さま、美しい写真はみいさんのブログでご覧ください。

 

 

自分がまあまあよく撮れたなあと思ったのは以下の2枚。蓮の形をしたペンダントライトと

ssisisi (8)

 

 

芸術的模様とグリーンアイが半端なく萌えるしじみさん

ssisisi (11)

 

 

設定とかチンプンカンプンの私ですが、まあまあよく撮れてるでしょう? ダメ?

 

夜はナツ&メグのお届けが入っていたので、りょうちゃんちを出たあと高速道路を飛ばし赤ちゃんをみいさんを送りました。あっという間だったけど癒されまくりでした。

 

帰り道を運転しながら、りょうちゃんの皿洗いをどうして手伝わなかったんだろう……あんな量のお皿をひとりで洗う姿を想像し、ほんのり後悔。りょうちゃん、ごめんなさい。

 

 

梅干とお茶、キュートな猫タオルをおみやげにいただきました。

ssisisi (9)

 

 

しじみさんが「プイ」した爪とぎのお下がりももらいました。うちの猫たちは大喜びです。

ssisisi (6)

 

 

みいさんからも生活用品の数々が。みいさん助かるー。ありがとうね。ジュース1本は写真を撮る前にすでに腹の中におさめてしまいました(爆)。

ssisisi (12)

 

 

ご縁を得て巣立った犬猫たちが新しいお宅でくつろぐ姿を見ると和みます。

逆に交通事故などに遭いペチャっと潰れた亡骸を見つけるたびに萎みます。

 

犬猫の幸せは「家族と暮らすこと」。

 

そう信じてこれからも行動していきます。

 

多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク