シッター日記 会いたくて

今月中に第一種動物取扱業の手続きをする予定です。

 

 

一時期よりは復活したものの、まだ気力体力に完全なる自信が持てず、自分とあまぱんの体調を見ながらノロノロ状態の日々。しかし前々からの約束でシッターの依頼をいくつかいただいていたので、その分はありがたくお受けしています。

 

 

先日は卒業生ナイト氏&先住ローズ姫宅の3回のお留守番でした。

 

 

打ち合わせにお邪魔したときの一枚。ナ、ナイトくん^^;

IMG_4606

 

 

人見知りをするローズちゃんはめちゃくちゃな美猫さん

IMG_4634

 

 

ごはん、お水の交換、猫食器洗い、トイレ掃除、換気、ブラッシング、おもちゃ遊び、おやつ、ケージにいるナイト坊のフリータイム、ローズちゃんのニキビケア……amalさんの依頼をノートに書いてお世話させてもらいました。

IMG_4638

 

 

毎回お出迎えしてくれるローズちゃん

IMG_4722

 

 

でもママじゃないとわかると寝室のベッドの下へ避難します。

 

 

猫にとっては当然のリアクションですね。

 

 

シャッターと窓を開けるとナイト坊がすっ飛んできます。

IMG_4672

 

 

大好きなおもちゃを追いかけて

IMG_4671

 

 

「ごはんまだですか?」

IMG_4637

 

 

あれこれしていると、ステイ時間の1時間半があっという間にすぎていきます。

IMG_4608

 

 

「おやつを楽しみに生きている」というローズちゃんとナイト坊に毎回必ずちゅーるなどを1本ずつあげました。いつも待ちきれないナイト坊がかわいくて♥

IMG_4678

 

 

本日はなに味にしようかな? なんて考えるのも私の楽しみのひとつ

IMG_4701

 

 

「おいしいです」

IMG_4702

 

 

「ねえねえ どっちがぼくのですか? はやくくださいよ」

IMG_4737

 

 

ローズちゃんはベッド下までお運びして召し上がってもらいます。

IMG_4679

 

 

※かわいそうなのでフラッシュは焚いていません。見えづらくてごめんなさい。

 

 

初日は抱っこしてニキビケアとブラッシングをしました。

IMG_4688

 

 

じゃっかんビビっているものの、いちおう気持ちよさそうにしてくれています。

IMG_4692

 

 

けれど2回目以降は、ベッドの下のローズちゃんのあごをガーゼでサっと拭く程度にして無理やり仲よくしようとするのをやめたのです。もちろん、ローズちゃんの様子はamalさんにラインで(動画や写真を添付して)報告しています。

IMG_4635

 

 

そしたら最終日、ローズちゃんが少し打ち解けてくれました。

IMG_4729

 

 

涙が出るほどうれしかった。ローズちゃんありがとう。

 

 

ママじゃなくて私でごめんね。ママもうすぐ帰ってくるよ♪

 

 

2日目は私が帰ったあと、台風が来るとあって心配で仕方ありませんでした。夜中にふたりがどうしているのか気になって、次の日顔を見るまでドキドキ……。

 

 

仕事で伺っているのですが、仕事の責任感とは明らかに別の感情をいだいています。会いたくて会いたくて、会えると安心するし笑顔になれます。

 

 

amalさんに長く細かいお手紙(日誌)を残した私。読むの大変だっただろうな。

 

 

反省点はご負担いただく駐車場代金が高くなってしまったのと、車での往復にとても時間がかかってしまったので、次回は電車にしようと思います。

 

 

お返しする鍵を入れたミニミニ封筒。以前出先で見つけて衝動買いしたもの

IMG_4747

 

 

あまぱんシールをペタっ! ふふ。キュートでしょ?

IMG_4748

 

 

amalさん、ご依頼ありがとうございました。

 

 

ローズちゃんもナイト坊も元気に過ごしているそうです。ホッ!

 

 

シッターのことを書いたのですが、703号室卒業生の近況自慢も兼ねています。

 

 

読んでくださりありがとうございました。皆さまよい明日をお迎えください。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





近ごろのできごと

私信:ポスカ2セットとノラスタ2冊をご注文くださったKさま、本日レタパで投函しました。メールをお送りしています。ありがとうございました。

 

 

心身の不調から少し解放されつつある気がします。前より食事がおいしく感じられ、楽しいと思える時間が増えました。まわりのあたたかい方に感謝です。

 

 

先日シッターのお仕事の打ち合わせ帰りに寄った母の店で「台湾話」に花を咲かせていた貴方野チェロスさんとシルヴィーさんがなんとノラスタをお買い上げ♥

siiia (1)

 

 

本当に胸が躍りました。ありがとうございました。

siiia (2)

 

 

ポストカードの注文画面からメールで注文してくださる方もいて励みになります。コツコツ地道に自分の思いを波及させ、積み重ねていきたいです。

siiia (3)

 

 

里親さんやお友だちを中心にシッターのお仕事の依頼も多くいただいています。

 

 

703号室の卒業犬まるは山口県周南市出身。成犬になったまるを黒田さんに私がゴリ押しし(笑)、家族として迎えてもらいました。(卒業記事はこちら

 

 

先日黒田さんよりまるのお散歩シッターの依頼を受け、打ち合わせに行ってきたのです。

siiia (9)

 

 

訓練士さんも頭を悩ませた超ビビり犬のまる。譲渡時は外を歩けませんでした。

siiia (8)

 

 

でも黒田さんの愛情と弛まぬ努力の甲斐あって、今はお散歩大好きになっています。

 

 

安全第一なので、ダブル首輪&ハーネスとリード3本で事故を防ぎます。

siiia (10)

 

 

emi-goの病院にトリミングの仕事で来ていた白米子ちゃんにひさびさに会えました。

siiia (11)

 

 

「私、今日いちばんうれしかったのは田辺さんに会えたことです!」

 

 

だって。白米子ちゃん、かわいすぎますね。

 

 

さあ、まるくん、がんばろう!

siiia (14)

 

 

へばっちゃった^^;

siiia (12)

 

 

黒田さんの見守りのもと、公園をテクテク

siiia (15)

 

 

本番はスポーツウエアーとウエストポーチのフル装備をします。

 

 

黒田さん、ゆっくりお話しできてよかったです。

 

 

クレートトレーニングが完ぺきなまる。おりこうでしょ?

siiia (13)

 

 

「お母さん ぼくもいい子にしていますよ?」

siiia (7)

 

 

はい。そうね。じきに16歳になる高菜くんは日に日に若返っていきます。

 

 

ほかのメンツの写真も添えておきますね。

 

 

カメラがキライの怒りんぼ娘保護猫すずらんはフリー生活を謳歌しています。

siiia (16)

 

 

ダラダラ転がっているさぶ

siiia (17)

 

 

光合成中だそうです。

siiia (18)

 

 

だいぶ前の一枚ですが、保護猫白まんじゅうも元気です。週末爪切る予定!

siiia (4)

 

 

次のスターハンサムツヤツヤ保護猫黒真珠

siiia (5)

 

 

トイレしているところ撮ってごめんね。ふふ。困った顔をしていますね。

siiia (6)

 

 

毎日見ている顔ばかりなのに、毎日どんどん好きになるから不思議ですね。

 

 

次回はシッター日記を書こうかな? メル子の卒業記事はその後につづきます。

 

 

皆さまおやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





未来へ向かって、ひのちゃんと女の旅へ

皆さまこんばんは。また遅くなりました。いろいろ滞っていてごめんなさい。届いたプレゼントなどはゆっくりお礼をさせてくださいね。そろそろblogの毎日更新をがんばります。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、今日はひのちゃんの新居へご案内します。8月24日にタイムスリップですよ。

 

 

ひのちゃんとよっちゃんのお茶会(お見合い)の様子はこちらをご覧ください。

 

 

「陽乃のご縁が決まりました/幸せの703号室」

 

 

さあ、ひのちゃん、案内係の私と未来へ出発です。

IMG_4317

 

 

チチが上野駅まで車で送ってくれました。よっちゃん家の先代猫あーちゃんへお花をプレゼントしたかった私は早めに家を出たのです。キャー! どれもキレイ♡

IMG_4319

 

 

キャリーの中のひのちゃんはひと声も発さずおりこうでした。

 

 

ひのちゃんひのちゃん、これに乗るのですよ♪

IMG_4324

 

 

足元にはひのちゃんとお花とお茶菓子とひのちゃんのお嫁入り道具などもろもろが……

IMG_4325

 

 

あっという間によっちゃんの最寄り駅に到着。駅まで迎えに来てくださったよっちゃんの車に乗り換えました。ひのちゃん、あとちょっとだからね^^

IMG_4326

 

 

お輿入れ完了!

IMG_4328

 

 

ひのちゃん、お疲れさま♥

IMG_4329

 

 

よっちゃんお手製のおいしすぎるランチをごちそうになりました。

IMG_4352

 

 

大好物のシャインマスカットもペロリ

IMG_4351

 

 

 

満腹で動けない(笑)。

IMG_4346

 

 

陽当たり抜群のよっちゃん宅。もう20年以上住んでいるそうです。

IMG_4166

 

 

床には滑り止めマットが敷かれています。

IMG_4344

 

 

ひのちゃんのケージやグッズ

IMG_4339

 

 

玄関と

IMG_4342

 

 

掃き出し窓の脱走防止対策も完ぺき

IMG_4341

 

 

6畳強の2つのお部屋と広いロフト。清潔で人のぬくもりを感じる素敵なお家でした。ほんとうに居心地がよく、次はお泊りで遊びに行く約束をしています。

IMG_4356

 

 

天国のあーちゃん、ひのちゃんとよっちゃんを見守ってね。

IMG_4338

 

 

私からクールビューティのあーちゃんにブルー系のお花を選びました。

IMG_4345

 

 

ひのちゃんお気に入りのハンモックもひきつづき使ってもらいます。

IMG_4347

 

 

緊張しながらもおやつに夢中のひのちゃん

IMG_4360

 

 

よっちゃんがノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を何冊も買ってくれていました。

IMG_4348

 

 

私が1年かけて書いた本なので心からうれしいです。

IMG_4359

 

 

お友だちへのサイン本を頼まれました。もちろん喜んで書かせていただきました。

IMG_4358

 

 

よっちゃんにしがみつくひのちゃん

IMG_4333

 

 

ひのちゃんが自分の幸福に気づくには、多少のタイムラグがあるでしょう。

IMG_4332

 

 

でも、近いうちに賢い姫にはぜんぶわかるはずです。

IMG_4331

 

 

ひのちゃんはラッキースター☆☆☆

 

 

703号室の希望の星です。

 

 

私の大好きなよっちゃんと私の大好きなひのちゃんがひとつ屋根の下で暮らす。

 

 

ひのちゃんの赤い糸を結んだ私は感無量です。万物に感謝ですね。

 

 

よっちゃんよりemi-goと私にオシャレなおみやげのほか

IMG_1547

 

 

ひのちゃんの医療ケア代やお届けの日の往復の新幹線の切符をいただきました。

IMG_4353

 

 

かわいい封筒に入ってる♪

IMG_4354

 

 

※ひのちゃんの医療ケアの明細書、各種証明書をよっちゃんに渡しています。

 

 

よっちゃん、ひのちゃん、「家族は1日にしてならず」です。どうかゆっくりゆったり、少しずつ仲よくなっていってください。すばらしいご縁をありがとう。

 

 

善き里親さん方に出会えるのを楽しみにこれからも自分のペースでノラスタスカウトをがんばります。読んでくださった皆さまにも「ありがとう」を添えて!

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ284ひのおめでとう。名前は陽乃→ひのになりました。先代猫あーちゃんの闘病のとき、よっちゃんは獣医さんと連携してこれでもかというほどあーちゃんにすべてを注ぎました。だからハハはなんの心配もしていません。よっちゃんは自立した愛情と責任感の強い女性だからです」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





あまたの「円満」と「にっこり」

ひのちゃんとはじめて会ったのは、emi-goの病院の捕獲箱の中をのぞきこんだときでした。emi-goが私に言ったのです。「この子を見てください」と。

keufa (1)

 

 

TNR対象として捕獲されたひのちゃんは不妊手術を終え、リリース待ちの状態でした。

 

 

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、瘦せっぽちで本当にボロボロ。目が白濁していて視力に問題があるのは一目瞭然だったのです。

 

 

視力に問題のある猫をリリースしたら、外で生きづらいかもしれない。

 

 

私も心配になり、「なんとかならないの?」とemi-goに聞きました。

 

 

のちに中島先生とemi-goは、ひのちゃんをTNRに連れてきた方にひのちゃんを家猫にするよう説得。その甲斐あってひのちゃんは家に入れることになり一同大喜びしていたのです。

 

 

ところが、どういうわけかひのちゃんを連れて帰った方の考えが変わり、ひのちゃんはリリースされました。emi-goづてで事実を知った私はいてもたってもいられなくなりました。

 

 

私と同じ気持ちだったemi-goは直ちにその方に電話し、病院で引き受けるのを条件に外にいたひのちゃんを再保護してもらったのです。

 

 

こうしてノラスタひのちゃんは、emi-goの病院に戻りました。

IMG_1597

 

 

いつ行ってもちょこんとおりこうにしていてかわいかったです。

IMG_1331

 

 

emi-goの病院に感謝だねひのちゃん♡

IMG_1280

 

 

スタッフのみんなにもたいせつにされ、ピカピカ女子に大変身♪

IMG_1281

 

 

emi-goの病院は私と同区内なので、ひのちゃんは私の地域の猫。ひのちゃんにすっかり恋をした私は、ひのちゃんを703号室に連れて帰り、ひのちゃんの赤い糸をいっしょに探そうと決意。

 

 

ふふ。それがひのちゃんと私のなれそめです。

IMG_1479

 

 

実際生活を共にすると、ひのちゃんが弱視であることが顕著にわかります。

IMG_1475

 

 

想像の域ですが、きっと視界に靄がかかっている状態でしょう。

IMG_1478

 

 

涙もよく出ます。

IMG_1483

 

 

ちょっと怖がりさんでもあります。

IMG_1530

 

 

でも、何ごとにも一生けんめい。耳をピクピク動かし、前足で「確認作業」してから行動をする聡明な猫なのです。ひのちゃんの仕草のひとつひとつに私は「意味」を感じました。

 

 

ひのちゃんがあくびをする顔がとても好きでした。

IMG_1531

 

 

ひのちゃんを幸せにしたい、と心から思ったし、私にとってひのちゃんは人を幸せにできる力のある自慢の保護猫です。ふんわり漂う儚さがひのちゃんの魅力

IMG_1538

 

 

抱っこするとしがみついてきます。

IMG_2844

 

 

名を呼んだらカメラ目線をくれました。うれしい。やったね!

IMG_2845

 

 

ほかの保護猫たちとも仲よくしてくれてありがとう。すっかり姫だったよね。

IMG_3214

 

 

外猫が1匹家の中に入れば、あまたの「円満」と「にっこり」が訪れます。

 

 

まず、猫のひのちゃんがにっこりします。

 

 

次に、ひのちゃんの保護に関わったemi-go、中島先生、お世話してきたスタッフ、ひのちゃんをTNRに連れてきた方、それから私がにっこりします。

 

 

そして言うまでもなく、里親さんがにっこりします。

 

 

まだあります。外猫ひのちゃんのみすぼらしい姿に胸を痛めたであろう道行く「猫好きさん」たちが(結果的に)にっこりします。そうでしょ?

 

 

最後に、猫がキライな方、苦手な方にとっても、ひのちゃんが目の届かない場所へ行き、どこかで家猫になるのはにっこりの喜ばしいことではないでしょうか?

 

 

ひのちゃん、あなたは素敵です。

 

 

大きな存在意義を持って生まれてきました。胸張っていいですよ。

 

 

里親さんの元で末永く暮らしてくださいね。

IMG_1477

 

 

牛歩ですが、「然るべき場所への移動」をこれからもコツコツとやっていきたいです。

 

 

皆さま、ブログを読んでくださってありがとうございます。遅くなりましたが、次回はひのちゃんのお家にご案内しますね。メル子の卒業記事も控えています。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





愛の王子

私が体調不良だった間じゅう、なにひとつ手がかからなかったあまぱん。もっとも大変だった「シリンジごはん」にいたっては、一度もしなくて済んだという。

 

 

本日東大病院の診察台にのったあまぱんは見るからに毛艶が蘇っていました。

000001 (18)

 

 

あまぱんは今、死に至る病気と闘っています。

 

 

慢性腎不全ステージ4(ときどき3)+超難病、肝アミロイドーシス

 

 

なのに体重が前回よりさらに120g以上増。ツヤツヤで顔も若返っています。

000001 (5)

 

 

とめどなく溢れていた鼻の膿はどこへ消えたのでしょう?

 

 

まっ白だった歯茎がほんのりピンク色に染まり血色がよくなっています。

 

 

黄疸もなくなりました。

 

 

本当にうれしい。私にはあまぱんが生きる気満々に感じられます。

000001 (10)

 

 

岡本先生も終始ニコニコ顔でした。先月のあまぱんとは明らかに別猫だと♪

000001 (11)

 

 

外圧で肝臓が壊れてしまうため、抱っこするのも未だに怖いですが、あまぱんのたくましさ、生命力の強さ、先生たちの医療の明るさに深謝しています。

 

 

また、あまぱんやあまぱんの看病をする私にあたたかい眼差しを向けてくださったすべての方にありがとうの気持ちです。皆さまのおかげですよ。

 

 

検査を待つ間、ひとりテクテクお散歩しました。

000001 (7)

 

 

天国のべべ公、ナナ、ほほもさんざん通った東京大学動物医療センター

000001 (1)

 

 

泣いたり笑ったり、貴重な思い出が詰まった聖地です。

 

 

ほほを抱いて歩いたこともあったっけ。なつかしさに胸が締めつけられますね。

 

 

白身魚と野菜のお弁当を買い、半分食べて半分テイクアウトすることにしました。

000001 (17)

 

 

ボリューム感たっぷり!

000001 (8)

 

 

アイスコーヒー付きで700円。お得です(笑)。

000001 (12)

 

 

検査が終了したあまぱんを院内に迎えに行きました。

 

 

前田先生が笑顔で仰った言葉

 

 

「(検査結果が)いいですよ。すごくいいです」

 

 

私はたちまちドヤ顔になりました。ふふ。前田先生お誕生日おめでとうございます。

000001 (3)

 

 

貧血→改善

肝臓の数値→改善

腎臓の数値→改善

 

 

奇跡ってあるのですね。もう、どれだけ安心したか……

000001 (6)

 

 

(※参考に書いておきますが、検査にかかった費用は7,940円+駐車場300円)

 

 

諦めずに治療をつづけてよかったです。先生たちにもお礼を述べまくりました。

 

 

でも私がいちばん感謝を伝えたい相手は愛の王子あまぱんです。

 

 

メンタルがメソメソとだらしないお母さんのそばにまだいてくれるそうです。

000001 (19)

 

 

あまぱんありがとう。大大大好き♡

 

 

帰宅後、お手紙を書いたりオーダーいただいたノラスタにサインをしたり

000001 (13)

 

 

さかえ先生がノラ猫あがりのスターたちをいっぱい買ってくれました。めちゃめちゃありがたい。野島さんから私が新たに100冊買ったのでほしい方は連絡ください。

 

 

「おれからもありがとな KISS」

000001 (2)

 

 

そして素敵なできごとの2つ目は、ノラスタメル子が明日トライアルへ出ること

000001 (9)

 

 

「ハハ~ わたしの未来はなに味?」

000001 (4)

 

 

黄昏のお顔をしています。

000001 (15)

 

 

さあ、メル子の爪切りや嫁入り道具の準備でもしますかね?

 

 

里親さん、このおてんばさんをどうぞよろしくお願いします。

 

 

次回は卒業生ひのちゃんのお届けレポをお届けしますね。

 

 

703号室は透明性の高い譲渡をめざしています。

 

 

LOVE♥

 

 

 

スポンサーリンク