1 いまぼく あったかいきもち(満天より)

これから必死に書きます。

 

 

頭の中を整理してみましたが、これ以上省けないところまで来ているので、長くなります。皆さまはお疲れになるかもしれませんが、よかったらぜひ最後まで読んでください。

 

 

 

【満天という猫】

 

これまではっきり言及したことはなかったのですが、満天は「捨て猫」にちがいありません。ともに生活をしていると、満天が生粋の野良猫だったようには思えないのです。

gaoria (4)

 

 

 

人にベタベタするタイプではないのですが、ときどき、満天の中に「人と暮らしてきた歴史」を垣間見ることが。無理やり抱いても怒らないし、おねだりもじょうず。家のいちばんくつろげる場所を占拠するのがうまいのも満天でした。

gaoria (11)

 

 

 

鳴き声はドナルドダックに似ています(たぶん)。

gaoria (19)

 

 

 

703号室は多頭です。

 

 

ゆえに満天はほかの子たちと写っている写真が多かった気がします。

IMG_0089

 

 

 

満天は空気を読むことに長けています。

IMG_0035

 

 

 

空気を読むのに、満天はナチュラルで

IMG_0076

 

 

 

おもしろいキャラクターです。

IMG_0046

 

 

 

私を和ませてくれました。

IMG_0065

 

 

 

アピールフォトを撮るために、満天に首飾りをつけた日も、満天は両手を使い何度も器用に首飾りを外しました。その様子がまるで人間のようで、クスッと笑ったのを思い出します。

IMG_0044

 

 

 

あたりまえですが、満天はぬいぐるみではありません。強い意思を持って生きています。

gaoria (26)

 

 

 

私は満天のそこが好きです。

 

 

けれど、満天は場の雰囲気に合わせ、ある程度折り合いをつけることができます。

FullSizeRender

 

 

 

最初キライだった子猫ソイルを受け入れました。

gr (19)

 

 

 

私がつぎつぎにあたらしい子を連れて帰るもんだから

gr (30)

 

 

 

仲よくするしかなかったのよね。

IMG_2837

 

 

 

満天、ごめんね。

gr (6)

 

 

 

ソイルを受け入れすぎてくれた満天

gr (16)

 

 

 

カップルのごとくラブラブだったかえがぽつんとひとりぼっちに(笑)

gr

 

 

 

モテる男は辛いねえ^^

IMG_2828

 

 

 

ソイルを抱き枕にする満天の足がたまらない。

IMG_2831

 

 

 

満天は食いしん坊でもありました。さぶ兄のごはんを狙っています。

gaoria

 

 

 

そしてほんとうは孤高で怖がりな猫でもあるのです。

 

 

認知症の犬のナナが吠えながら猫たちを追いまわすから、満天はナナから遠く離れたスペースにいました。満天はナナが囓ってボロボロにしたガリガリサークル(爪とぎ兼ベッド)がお気に入り。1日のほとんどをガリガリサークル内で過ごしていたのです。

 

 

 

そこへKYのほほが近づくと、コアゾーンをめぐり満天がほほを追い払います。

gaoria (2)

 

 

 

ほほは満天に怒られると、リビングのあちこちにマーキングをして自己主張に精を出しました。

 

 

ほほのマーキングがひどくなったのは、私が満天を保護したから。

 

 

私は満天にもほほにも、申し訳ない気持ちでした。

 

 

満天はうちでみんなと共存しましたが、もともと好んでここに来たわけではありません。

 

 

近所で私に拉致され別の選択肢がなかっただけなのです。

 

 

聡明な猫なので、満天なりに溶け合う努力をしてくれていたのでしょう。

 

 

そんな満天に転機が訪れました。

 

 

なかなかご縁に恵まれなかった満天に、声がかかったのです。

 

 

 

 

【ルランくん】

 

ルランくんは1歳10カ月でこの世を去りました。703号室のかつと同じ病魔と闘い抜いて・・・・・・

IMG_0199

 

 

若くして亡くなったルランくんは、けれど孤独ではありませんでした。ルランくんには最後まで包み込んでくれた家族がいたのです。ルランくんの家族にとって、ルランくんは宝物でした。

 

 

「子どもたちが成長し、命に責任を持てるようになったら、念願の猫との暮らしを実現させよう」

 

 

ルランくんのお母さんはすぐに猫を迎えませんでした。家族のライフステージに合わせ、機が熟すのをじっと待っていたのです。ルランくんは家族にとって、待ちに待った存在でした。

 

 

ルランくんは愛をまといながら生きました。

gaoria (8)

 

 

 

家族のアイドルそのもの

gaoria (25)

 

 

 

病気が発覚してからは、家族が一丸となって、ルランくんのケアに全力を注ぎました。

gaoria (17)

 

 

 

お父さんはがんばって医療費を稼ぐ係。お母さんは通院係。食事や投薬はお母さんやお兄さんが担当し、お姉さんもルランくんを撫で、励ますのが日課でした。

 

 

しかし、ルランくんの病気は、現在の獣医学ではどうにもならないのです。

 

 

私もかつを失ったとき、ルランくんとかつのこの病気を心の底から恨みました。なにもかもをなげうってでも助けたかった。かつは私の家族だから。できることはなんでもしたつもりです。

 

 

なのにかつは日に日に弱っていくばかりで・・・・・・

 

 

ルランくんの家族の経験を聞き、私はありありと10年前を思い出しました。

 

 

かつの不在が自分にとって、どれほど悲しかったか。

 

 

連日、かつの面影を求め、かつに似た毛色の保護猫の写真を探しては眺めていたっけ。

 

 

かつの死から5カ月後、縁あって私は、かつと同じ黒白模様の「あまた」に出会いました。

 

※そのときの心情を綴った記事はこちらです。

 

 

ルランくんのお母さんもまた、当時の私と同じ行動(里親サイトを見てはため息)をくり返し、ふと現れた満天の姿を目に留めてくれたのです。いろんな迷いや不安を抱えながらも。

 

「ルランくんと満天」

 

「かつとあまた」

 

 

満天への問い合わせメールを開いたとき私はお母さんの心情が痛いほど伝わってきました。

 

 

そしてご縁を感じたのです。深いヤツを。

 

 

 

 【文通】

 

保護動物のご縁結びのやり方は人それぞれ。私にも当然独自のノウハウがあります。

 

 

お母さんとのメールを通じ、私たちはお互いをより、知りました。

 

 

知れば知るほど思ったのです。

 

 

「この方を逃してたまるか」

 

 

と。

 

 

あ、言っちゃった(笑)。

 

 

でもいいことばかりを書くわけにはいきません。どの個体にも多少の短所があるのです。

 

 

満天の場合は、媚びない強い自立心や、私の趣味で受けさせたSDML検査の数値が基準値より1だけ高かったこと、猫風邪の影響で目が腫れ、咳をしたことなどが家族募集に際してのウイークポイント。満天は総じて健康体でまちがいないのですが、私はなるべく私の知りうる限りの情報を希望者さんに伝えたいのです。

 

「こんなはずじゃなかった」

 

「それ、聞いてない」

 

伝達不足が誤解を生むこともあり得ます。いい譲渡が目的なら、希望者さんに誠実さを求めるなら、自分が先にそこを見せなければ円滑な人間関係は芽生えません。

 

 

私のほうにもお聞きしたいことが山ほどあります。特に脱走防止に関しては、703号室の里親さん方ならおわかりでしょうが、かなり細かく詰めます。そうすると、お互いへのメールが重苦しくなり、頭を使わないと読み書きできないようになり、どうしても事務的になってしまいます。

 

 

そこで私は満天にお願いし(笑)、彼にちがう角度からお母さんにメールを送ってもらいました。

 

 

満天が703号室の生活で感じたことや、満天の好物、苦手なもの。

 

 

ソイルが満天のお母さんにメールを送ったこともあります。

 

 

一発目を送ったときは頭がおかしいと思われるかとビクビクだった満天(と私)ですが、お母さんからにこやかな返事が。満天をいっぱい誉めてくれました。会える日を指折り数えてくれました。お母さんだけでなく、お姉さんも満天のメールを楽しみにしていたそうです。ふふ。

 

 

年に一度くらいしか私の布団に入らないほほを

gaoria (9)

 

 

 

気まぐれでふと潜ってきたほほを

gaoria (27)

 

 

 

満天がじっと見つめています。

gaoria (18)

 

 

 

そして直後にほほのまねをしました。満天が布団に潜ってきたのはこのときだけです。

gaoria (10)

 

 

 

満天は布団に潜ったあと、すかさずお母さんに報告しました。

 

 

一歩ずつ一歩ずつ距離が近づいて

 

 

とうとう晴れのお茶会を迎えたのです。運命のように。

 

 

 

【お茶会】

 

お母さん、お兄さん、お姉さんがソイルへの猫缶のおみやげとお菓子を持ってきてくれました。

IMG_9809

 

 

 

礼儀正しいお兄さんは、開口一番、「つまらないものですが、よかったらこれ、どうぞ」と手渡してくれたのです。ああ美形の一家。外見は今どきの大学生ですが、中身に芯があります。

 

 

お母さんもお姉さんも想像通り、いえ、想像以上のおだやかさ、あたたかさでした。

 

 

仕事の都合で来れなかったお父さん(お父さんとはビデオレターを拝見し、後日ごあいさつに伺う約束を交わしています)にかわって3人で満天に会いに来てくれました。

gaoria (21)

 

 

 

満天は愛想のいい猫ではありませんが、お茶会の間中、根気よく向き合ってくれています。

gaoria (3)

 

 

 

べべ、ソイル、かえのこともかわいがってもらいました。

gaoria (12)

 

 

 

満天はおやつをもらってまんざらでもなかった様子。

 

 

先代猫ルランくんの話を伺いました。

 

 

話をすればするほど、家族の仲のよさ、いい意味の密着度、相手への関心の大きさを感じました。思春期のお兄さんとお姉さんが両親と行動をともにしているのも正直驚きです。

 

 

仕事の都合で来れなかったお父さんの話になると、お母さんは言いました。

 

 

「主人は・・・・・・愉快な人なんです」

 

 

お兄さんがフォローをするようにつけ加えました。

 

 

「大学に行かせてもらえて、(お父さんに)とても感謝しています」

 

 

なんていうか、オトナの口調をまねた言葉ではなく、ほんとうに自然にスッと出た本心のように感じたのです。家族全員が全員への感謝を持ちながら生きているファミリーです。

 

 

ここに満天を加えたい。私も自然にそう思いました。

 

 

楽しくて実りあるお茶会でした。

 

 

お茶会のあと、お父さんを含めた家族会議の結果、満場一致で満天を迎えるくれることに決まりました。満天に伝えると、満天は喜び勇んで、またすぐに家族にメールを送ったのです。

 

 

「お父さんお母さんお兄ちゃんお姉ちゃんへ

ぼく きょうもおくすり飲めました

ちっとも苦くありませんでした

ぼくの保護者になってくれてありがと

ぼくいまいるお家でこの黒いの(ほほ)がいちばんにがてです

大きなナナというおばあちゃん犬もときどきぼくを追いまわします

ぼくは運動神経がいいのでサクッと交わします

ぼくはタフなほうです

外に比べたらこの家はぬるま湯

でもぼくはここにいながら

いつかぼくにもほんとうの家族ができるのをほんのり夢見てきました

いまぼく

あったかいきもち

そしてエヘンて顔をしています

満天より」

 

 

捨て猫満天は、野良猫としていっしょうけんめい生き延びました。

 

 

私の保護猫になり、紆余曲折を経て、家猫、愛猫への昇格を果たしたのです。

 

 

家族は満天の顔の傷も気に入ってくれています。

 

 

満天の甘えない一面も、大きな体も、満天の丸ごとを受け入れてくれました。

 

 

ルランくんと似たところも。ルランくんと似ていないところも。

 

 

次回は満天の新居へご案内します。

 

 

長い文章、お読みくださってありがとうございます。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

ソイルの家族が決まりました

皆さまこんばんは。保護猫ソイルのご縁が決まりました。

soiru (7)

 

 

 

 

皆さまの応援のおかげで最終的には25件のお問い合わせをいただきました。ステキな方ばかりでマジメな話、先週はずっとピリピリモードでした。不遇な犬猫は少ない方がいいに決まっていますが、今回ばかりはソイルがあと数匹いてくれたらどんなによかったかと思ったほどです。

 

 

日々やり取りを重ね、最終的に二家族になったところで胃の痛みがピークに達しました。

 

 

うれしい悲鳴といえばそれまでなのですが、私はうれしくなかったです。お断りしたくなくて。

 

 

ソイルに目を留めてくださった善き方々が良縁に恵まれますことを切に祈っております。

 

 

リツイートしてくださった方、応援メッセージを寄せてくださった方、ありがとうございました。

 

 

 

本日お茶会の合間に撮った写真

soiru (8)

 

 

 

おやつをもらったり、遊んでもらったり、撫でてもらったり

soiru (10)

 

 

 

はじめちょっと緊張したソイルですが、終盤はどんどん自分らしさを出すことができるように^^

soiru (11)

 

 

 

ご家族は、さっそくソイルをお迎えする準備に入っています。

soiru (9)

 

 

 

 

くわしくは卒業レポートでご紹介しますが、とっても理知的でやさしいご夫婦です。

 

 

前から猫と暮らしたかったけれど、まずは住環境を整えるのが先だと考え、長年がまんしてきたそうです。2年前、ペット可能住宅にお引っ越ししたあと、今度はお仕事が落ち着くのを待って、このたびようやく里親になることを決意。真摯なお人柄ですね。猫をたかがペットではなく、家族として考えてくださっているのを感じました。ここは私が信頼を寄せるポイントです(笑)。

 

 

 

ソイル、よかったね。おめでとう♪

soiru

 

 

 

明日はこのアザラシを

soiru (2)

 

 

 

 

いや、人魚姫を

soiru (3)

 

 

 

いや、保護猫かえを連れて検診に行ってきます。

soiru (5)

 

 

 

「え~ 聞いてませんっ!」

soiru (6)

 

 

 

今、言いました!

 

 

 

「はあ・・・・・・」

soiru (4)

 

 

 

牛歩ですが、少しずつ前に進んでいます。

 

 

実葉まで含めた保護猫全員をお嫁に出すのが私の夢です。

 

 

うちの保護猫たちが善き方といい出会いを果たし、いやいや引き取ってもらうのではなく、待ち望まれた存在として我が家を巣立っていくのが私の希望です。決して譲れない願いです。

 

 

全員を送り出したあと、べべたちとしばらくのんびり過ごします。

 

 

それまではがんばるぞおおおお!!

 

 

応援してくださる皆さまに愛と感謝を込めて、LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

エナジー

今日は予定通り千葉のマイママさん宅に伺いました。保護猫実葉の写真撮影をしたのです。

rewa

 

 

 

実葉のはしゃぐ姿を見ていたら、あとからあとから感動がわきあがってきました。

 

 

はじめて実葉と出会った日、私は正直実葉の存在が重かったです。いっそ話を聞かなければよかった。実葉を知らなければよかった、と。

 

 

でも、今はちがいます。

 

 

家族募集のスタートラインにようやく立った美しい実葉。写真は撮影してくれたみいさんがレタッチしてくれるので、満天の卒業記事のあとにUPします。実葉は応援してくれている方も多いので、皆さまとシェアしたいです。ぜひ楽しみにしてくださいね。

 

 

 

さて、我が家に先日私の旧友かおりから猫フードとメッセージカードが届きました。

rewa (7)

 

 

 

良質なフードが計16キロも!

 

 

かおりと私は同じ高校。かおりが自分のフェイスブックに載せていた高校生の頃の写真

rewa (6)

 

 

 

写真が古いせいで、私のおでことあごあたりが白くなっています^^; ジャージ姿の私の真上にいるのがかおり。25年以上は経っています。なつかしいなあ。

 

 

高校の卒業式のあと、みんなで私服に着替え六本木の街に集まったときの写真

rewa (4)

 

 

 

時代を感じますね。真っ赤な口紅をしているのが私。かおりは水色のコートを着ています。あの頃はお互いマジメじゃなくて、多感で、やたら気が強くてほんとうに子どもでした。

 

 

 

これは2年前にかおりと渋谷で食事をした帰りに、母校渋谷教育学園で撮った写真

rewa (5)

 

 

 

少しはオトナになったかな?

 

 

かおりからの意外なプレゼントとメッセージにウルウル。譲渡活動をはじめたばかりの頃はそれまでの友人たちがずいぶん離れていったものです。「変わったね・・・・・・」「どうしちゃったの?」「大丈夫?」と、あちこちからよく言われました。

 

 

だからこそこれ、すごくうれしかった。かおりありがとう。

 

 

昔の自分にかおりからのメッセージとプレゼントを見せてあげたいです。

 

 

日々多くのエナジーをいただいています。感謝感謝です。

 

 

 

皆さまにとって明日がいい一日でありますように。

rewa (3)

 

 

 

703号室内でいちばんやさしいあまぱんを添えて、おやすみなさいのごあいさつを!

rewa (2)
 

簡単更新でごめんなさい。ドタバタがすぎたらゆっくりとお会いしましょう♪

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

週末の予定など

だいぶ前ですが、にゃん太さんからプレゼントが届きました。私がiPhoneで撮ったお気に入りの写真をカレンダー(ポスター)にしてくれたのです。どうもありがとうございました。

ee (5)

 

 

 

にゃん太さんが主宰している「にゃっ展(表参道)」に今年も私がノコノコとお話に伺う予定だそうです。はあ(笑)。今年は昨年の反省をいかし、随所に工夫を凝らしたいと思っています。

 

 

近くなりましたらお知らせしますね。去年の記事はこちらにも書かれています

 

 

さて、今夜は同級生たち60人と飲みに行きます。いい年して同級生とやたら仲がいいのもあれですね。チチがお子たちの面倒を見てくれるので私は羽を伸ばします~♪

 

 

 

日中、家の掃除をしていた私。ケージをどかしたところ、こんな風になっていました。

ee (4)

 

 

 

行方不明になっていた目薬発見! 得した気分です。ソイルが転がしたんですね。

 

 

ついでに乾燥運子も見つけました(号泣)。

 

 

だれが乾燥運子をケージの下にしまい込んだのかは不明ですが、運子をしたのはまちがいなくほほです。ほほにとってリビングは・・・・・・リビング全体がトイレです。

 

 

 

でも、「お約束どおり」で、なんかかわいい。

 

 

ケージをどかしてなんにもなかったら少しさびしいですもん。

 

 

明日から週末ですが、703号室は予定がぎっしりです。

 

 

土曜は保護猫実葉の撮影会。千葉のマイママさん宅までみいさんを運んでいきます。

ee

 

 

 

そしてその次の日はソイルのお茶会

ee (8)

 

 

 

ソイルは日に日に健やかな成長を見せています。

ee (7)

 

 

 

こんなに健康な子猫、めずらしいかも^^;

ee (9)

 

 

 

ほかの子猫たちは必ず一度は不調になったものですが、ソイルはうちに来てから体調を崩していないんです。ワクチン後に1日だけおとなしくなったけどね。

ee (6)

 

 

 

合計24件のお問い合わせが来たソイル。皆さまにいいご報告ができるよう、現在調整中です。

ee (11)

 

 

 

引きつづき見守っていただければ幸いです。

 

 

 

実葉の写真撮影、ソイルのお茶会、の合間にできたら保護猫かえの検診にも行きたいな。

ee (2)

 

 

 

かえ美猫なのに私のへんてこな写真ばかりでごめん。ちゃんとしたカメラでも数枚撮りました。近々かえの魅力を自慢させてください。検診の結果は改めてお知らせします。

ee (3)

 

 

 

 

満天の卒業記事は週末のドタバタがすぎたら書きます。

ee (10)

 

 

 

卒業記事を楽しみにしてくださっている方がたくさんいるそうですが、しばしお待ちください。

 

 

これまでずっとあたたかく応援してくださった皆さまへのご報告と、満天とご家族への感謝を込めて、ゆったりとした気持ちでご紹介したいのです。

 

 

満天はあたらしい環境に順応していますのでご安心くださいね。

 

 

皆さまにとっていい週末でありますように。

 

 

ああ、もうこんな時間。そろそろ支度しなきゃ。なに着てこ?

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

こんにちはナナちゃん

こんにちはナナちゃん

konnnitihanana (6)

 

 

 

15年前の今、ナナはお母さん犬のお腹で、ほかの6頭のきょうだいたちと

 

 

この世に誕生する準備をしていたね

 

 

そして3月ごろ

 

 

ナナは7きょうだいで生まれてきた

 

 

生後1カ月を過ぎたナナたちは、ゴミのように捨てられ

 

 

その後気性の荒いホームレスに番犬として引き取られ

 

 

「不遇の犬猫のためになにかをしたい」

 

 

と息巻く若かりし日の私と出会った

 

 

ナナときょうだいたちはさんざんな目に遭い

 

 

悪天候の荒れ地を這い

 

 

暴力や飢えや乾きと死闘をし

 

 

7頭のうち3頭が餓死や焼死で

 

 

若くして亡くなってしまったよね

 

 

せっかく生まれてきたのに

 

 

とても残念だった

 

 

当時は自分の非力を恨み、泣いて泣いて泣いてまた泣いた

 

 

私は力がほしかった

 

 

気性の荒いホームレスのもとからナナたちを連れ帰る力がほしかった

 

 

あのとき、ナナのきょうだいたち3頭が惨めに朽ちていったとき

 

 

私はもう一頭も死なせないと誓った

 

 

ほんとうに誓った

 

 

それまでの人生の中で、いちばん固く胸に誓った

 

 

以後何年もかけ、ナナと生き残ったきょうだいたちを保護し、終の棲家に案内した

 

 

いつか自分が死ぬとき、死の床で

 

 

まちがいなく私は

 

 

ナナときょうだいたちの姿を思い出すと思う

 

 

やれなかったことも

 

 

やれたことも、ぜんぶ

 

 

 

ナナは私が死地から連れ帰った最初の犬

IMG_4875

 

 

 

あの頃のナナは怖がりで怒りっぽくて

 

だれでも構わず噛んだよね

 

 

「この子、家庭犬になれるかなあ・・・・・・」

 

 

13年前、2歳になろうとしていたナナを私はひそかに「不良娘」と呼び、不安の中で保護した

 

 

保護するか

 

 

あの場所で死なせるか

 

 

その二択しかなかったから

 

 

 

ナナはとまどいながらも私と暮らしてくれた

 

 

賃貸コーポの2階の一室がナナのあたらしい家

 

 

2DKの細長い間取りだったよね

 

 

 

考えてみると

 

 

ナナのほうにも選択肢がなかった気がする

konnnitihanana (2)

 

 

 

フルタイムの共働きで留守番ばかりの環境にも

 

 

ナナは文句をいわずよく耐えてくれた

 

 

 

はじめての散歩をおぼえてる?

 

 

あのときナナは車に怯えてガクガク震え、おしっこを漏らしてしまったね

 

 

結局一歩も歩けずに、抱いて帰ったのが、昨日のことのよう

 

 

でも、のみこみの早いナナは、さすがだったね

 

 

体内の細胞が総入れ替えしたかのごとく

 

 

どんどんどんどんどんどん変化して

 

 

気がつくとやさしくておだやかな犬になっていた

 

 

 

まだべべとナナのふたりっこだった時代、みんなで家族旅行へ行ったよね

 

 

ナナははじめての旅行に大興奮

 

 

ドッグランや山を走りまわって、意外なほどはしゃいだ

konnnitihanana

 

 

 

 

旅でナナの屈託のない笑顔を見つけた私は、この犬を幸せにしたい、と思った

 

 

それもまた昨日のことのよう

 

 

 

ナナ、年を取るのはイヤだねえ

 

 

視力聴力が低下し、後ろ足がうまく立ちあがらなくて

 

 

体が思いどおりにいかずイライラするよね

konnnitihanana (3)

 

 

 

腎臓病の治療も辛いでしょ?

 

 

物忘れもだんだんひどくなって・・・・・・

 

 

ナナは半分以上妹を忘れてしまった

 

 

そしてナナはときどき、私でさえも忘れてしまう

 

 

ナナはべべを忘れ、べべを噛み、猫たちに吠えかかり、たまに私を噛むようになってしまったね

 

 

一瞬忘れちゃうんだから、まあ、しょうがない

 

 

けど正直なんだかさびしい

 

 

 

「茶色のほうの犬は噛むかもしれないので、さわらないでくださいね」

 

 

うちに来るお客さんにナナを指さし、こう伝えなければならないのが悲しい

 

 

ナナをそんな風に紹介するのが悲しい

 

 

 

だから私は最近ナナに「こんにちは」を連発する

 

 

「こんにちはナナちゃん」

 

 

そして胸の中で歌う

 

 

 

「こんにちはナナちゃん(赤ちゃん) わたしがママ~よ♪」

konnnitihanana (5)

 

 

 

失っても再び私たちは会える

 

 

忘れたら一からはじめればいい

 

 

そういう意味でなら、ナナとの過去はもういらない

 

 

捨てる

 

 

 

こんにちはナナちゃん

konnnitihanana (4)

 

 

 

生きていてくれてありがとう!

 

 

I LOVE NANA

 

 

 

スポンサーリンク