キビ坊+タビ坊

※blogを連続更新中!

 

 

お待たせしました。頭痛がじゃっかん去ったので先ほどのつづきを書きます!

 

 

①6月7日、キビ坊のお届け

IMG_1486

 

 

キビ坊と私。市川家までふたりきりのドライブ。移動には神経を注ぎ、洗濯ネットとキャリーバックの二重使いで慎重に運びました。1時間弱で到着♪

IMG_1510

 

 

キビ坊、新しいお家だよ。

IMG_1509

 

 

慣れるまで時間がかかると思うけれど一歩ずつね!

IMG_1500

 

 

短期間だったのに、こんなに心のこもった脱走防止対策を施してくれた市川さん

IMG_1481

 

 

見てください。上部の隙間まで鉄の網で完全に塞いでくれたのですよ!

IMG_1520

 

 

掃き出し窓にも専用の柵が取りつけられていました。

IMG_1479

 

 

隙間もがっつりガードされています。

IMG_1483

 

 

感動のひと言に尽きますね。キビ坊はパニックに陥りやすいタイプなので、きちんと考えてくださったことが私にとってどんなに安心に繋がったか……。

 

 

感謝の気持ちでいっぱいです。キビ坊用にケージも用意してくださいました。

cache_Messagep243080

 

 

どこでもとりあえず石のように固まるキビ坊(苦笑)。

cache_Messagep243081

 

 

まあ、徐々にね。 ※私はほかの服も持っています。

IMG_1545

 

 

②チャチャちゃん

 

 

清潔で快適なお家の中には先代猫チャチャちゃんの面影がいっぱい♡

IMG_1517

 

 

作家さんが作ってくれた「チャチャちゃん」

IMG_1518

 

 

チャチャちゃんのメモリアルスペース。写真、絵、そしてご友人から寄せられたチャチャちゃんへのお手紙と市川さんへのお手紙。読んで鳥肌が総立ちでした。

IMG_1519

 

 

子猫の頃からシニア齢まで家族の中心にいたチャチャちゃん(写真は市川さんより)

IMG_1627

 

 

市川家の愛の中で一生を全うした超幸福の猫さんです。

IMG_1629

 

 

会ったことはないけれどチャチャちゃんのやわらかい雰囲気が写真を通じて伝わってきます。

IMG_1630

 

 

チャチャちゃんを病気で失った市川さんはキビくんに出会うまで精神的にきつかったそうです。そりゃそうですよね。仲よしで相思相愛なのですから。

IMG_1628

 

 

チャチャちゃんとキビ坊は同じ性格ではありませんが、市川さんとお父さまはキビ坊の個性を尊重しながら向き合ってくださっています。

IMG_1512

 

 

ちょこっと添えられたお父さまの手がいいですね。

IMG_1497

 

 

③お手紙、プレゼント、キビにかかった医療費などをありがとうございました。

IMG_2361

 

 

遅い時間にいただいたあたたかい紅茶が身に沁みました。ごちそうさまでした。

IMG_1488

 

 

プレゼントに入っていた「すっぽんの煮こごり」

IMG_2909

 

 

先日温そうめんにして豪勢な晩ごはんをいただきましたよ。味が上品かつ元気が充電された気がします。とてもおいしかったです。ありがとうございました。

IMG_2910

 

 

④タビ坊フォスターのその後

IMG_2879

 

 

譲渡後、キビ坊のオドオド、ビクビクグセがなかなかよくならず、ふと出てしまったキビ坊をケージに戻そうとした際に手を噛まれてしまった市川さん。何度も話し合い、私から2匹目のフォスターになることを提案させてもらったのです。

 

 

前に書いたとおり、猫が好きなキビ坊のために天真爛漫で怖いもの知らずのタビ坊を投入し、弟分にする作戦♡ 賢いキビ坊はタビ坊の行動を学習するにちがいありません。まずは「フォスター(預かり)」からお願いすることにしました。

 

 

結果、こういうことになっています。(タビ坊の写真、動画は市川さんより)

 

 

そしてもちろん、正式譲渡です!

 

 

キビ坊に並んで、子猫タビ坊も市川家へお婿入りしました。キビ坊はタビ坊の出現以降、明るくのびやかになり、自分から市川さんの近くへ来ることも増えたんだとか。

IMG_1499

 

 

ちっこいタビ坊のおかげですね。タビ坊もおめでとう♪

IMG_2669

 

 

キャー! すごくうれしいです。

 

 

キビ坊とタビ坊の近況は市川美絵さんのJFNラジオSeasoning(月~木)やツイッターで見られます。私も楽しみにしているひとり。市川さん、お父さま、今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

 

善き方への命のバトンタッチは最高ですね。素敵なご縁に深謝です。

 

 

※譲渡レポートは里親さんの了解を得ています。

 

 

かつくん「Ⅹ281キビ、282タビおめでとう。市川さんの動画を観てほっこりしました。外見もそっくりだし名前も似てるし、いいきょうだいですね。岡山県出身のキビと東京都生まれのタビ。縁あって揃った保護猫コンビ。市川家で末永くお幸せに」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





キビ坊

皆さまこんにちは。本日の主役は岡山県から703号室に来た卒業生ミラクル改めキビ坊です。申し訳ありませんが(なんと)5月17日にタイムスリップします。

IMG_1058

 

 

ちゃんと書きたいので長くなります。ごめんなさいね^^;

 

 

まずは私がキビ坊の保護譲渡を引き受けたいきさつをお読みください。

 

「ミラクル2(リレー)/幸せの703号室」

 

※キビ坊の ハンサム写真は「ミラクル1/幸せの703号室」をご覧ください。

 

 

①岡山県のあさみさんちの庭→あさみさんちのケージへ

IMG_9619

 

 

あさみさんが面倒を見ていた地域猫時代のキビ坊の強烈なエピソードをひとつ!

 

 

脚を怪我したキビ坊をあさみさんが地元の病院へ運んだ際、到着前にキャリーバックから脱出し、なんと(2キロの道のりを)自力であさみさんちの庭へ帰ったそうです。キビ坊は強い意志の持ち主ですね。ミラクルという仮名の由来もここからきているとのこと。話を聞いてキビ坊が車に轢かれなくてよかったと思いました。

 

 

②岡山県よりemi-goの病院へ

IMG_0690

 

 

キビ坊をあさみさんから託され病院まで運んだのは山路さん

IMG_0594

 

 

その節はお疲れさまでした。キビ坊、よく来たね♪

IMG_0592

 

 

山路さんが描いたHGA48のキビ坊(ミラクル)イラスト。そっくりでかわいい!

IMG_1543

 

 

私の手が空くまで数日病院で預かってもらいました。

IMG_0606

 

 

emi-goとは持ちつ持たれつの関係で12年つき合っています。長いでしょ?

IMG_0605

 

 

病院へ会いに行ったときに撮ったもの。緊張していますね。

IMG_0599

 

 

③5月21日、キビ坊が703号室に来ました。

IMG_1053

 

 

慎重でシャイなキビ坊

IMG_1083

 

 

(山路さん紹介の)市川さんとのお茶会が入っていたため、とにかくちょっとでも人に慣れてもらいたいと、こまめにコミュニケーションを取るよう心がけました。

IMG_1426

 

 

くつろぎ中のキビ坊

IMG_1145

 

 

景色に同化するキビ坊(笑)。

InkedIMG_1338_LI

 

 

食事はケージにて

IMG_1086

 

 

好き嫌いなくなんでも食べるおりこうさん

IMG_1087

 

 

最近気難しくなってしまったさぶとも共生してくれて助かりました。

IMG_1396

 

 

さぶ兄と仲よくごあいさつ

IMG_1157

 

 

人に対しては一拍置いた雰囲気のキビ坊

IMG_1028

 

 

完全に信頼するには時間がかかるかな?

IMG_1155

 

 

人との距離のはかり方を考えあぐねている様子のキビ坊

IMG_0918

 

 

大丈夫だよ、と言葉をかけてもすぐには理解できないよね。

IMG_0917

 

 

安心したり

IMG_1412

 

 

不安になったり……

IMG_1393

 

 

気持ちが行ったり来たり。キビ坊は今、過渡期なんですよね。

IMG_1392

 

 

このまま譲渡していいのか、ありのままのキビ坊を受け入れてもらえるのか……いろいろと悩みました。だからこそ包み隠すことなくすべてを市川さんに見てもらおうと考えたのです。

IMG_1391

 

 

④5月27日、キビ坊のお茶会

IMG_1038

 

 

岡山県に縁を感じている市川美絵さんが山路さんのSNSに載っていたキビ坊の写真を見て運命を感じ、同居するお父さまとふたりで会いに来てくれたのです。

IMG_1043

 

 

シャイな主役を尻目に張りきるあまぱん

IMG_1040

 

 

フォローのつもりなのか、「自分自分」アピールなのかはわかりません。

IMG_1046

 

 

あまぱん、マッサージしてもらってよかったね。

IMG_1045

 

 

市川さんの意思は固く、話し合いの結果、キビ坊は市川家の一員となることが決定。ゆっくりじっくり時間をかけて馴染ませていく形になります。キビ坊、がんばるんだよ。

IMG_1039

 

 

⑤キュートなプレゼント

IMG_1152

 

 

市川さんより保護猫たちへちゅーるのおやつとおいしい紅茶をいただきました。

IMG_1076

 

 

ありがとうございました。「しおり」としても使えるんですって。いいですね。

IMG_1154

 

 

キビ坊の岡山の母あさみさんもプレゼントを送ってくださいました。

IMG_1075

 

 

あさみさんありがとうございました。一部はキビ家に渡しましたよ。

IMG_1818

 

 

⑥譲渡前のキビ坊(注意事項)

 

 

ある夜、ふと目に飛び込んだシーンに凍りついた私

 

 

ウォっ……

IMG_1160

 

 

リビング掃き出し窓の脱走防止柵(1m80cm)を乗り越え網戸を破こうとしていたキビ坊。仰天。すぐさま窓を閉め、隙間を塞いで市川さんに連絡

InkedIMG_1162_LI

 

 

キャリーバッグから脱走した過去を持つキビの「隙の狙い方」は半端じゃありません。正直、いろんな意味で近年の保護猫たちの中でいちばん危なっかしいです。

 

 

キビ坊が脱走防止柵を乗り越えようとしている画像を送ると、市川さんは即脱走防止策を強化すると返してくれました。保護動物たちの安全が第一の私にとって、この上ないありがたいお言葉です。

 

 

6月7日、キビ坊がうちを巣立っていきました。短い間だったけれどお世話をさせてもらえて幸せのひと言に尽きます。後半はキビ坊の終の棲家をご紹介しますね。

 

 

長文を読んでくださった皆さまに感謝です。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





ぎゅーがしたい

※blog連続更新中です。

 

 

ほほ痛が疼いています。

 

 

あんなにそばにいたのに、どこをさがしてもほほがいない。

111 (4)

 

 

 

ほほを深く意識すると息が苦しい。ほほがいないことを受け止められない。

 

 

自責の念に耐えらえない。耐えられる気がしない。

 

 

自分を呪いたくなる。だから正直あまり考えたくない。

 

 

ずるいお母さんの自己防衛本能だと思う。

 

 

写真もできれば見たくない。見るとなにも手につかなくなるから。

 

 

行動、思考が止まるのが怖い。

 

 

しかし一日としてほほを忘れたことがない。忘れられないのに二度と会えないという現実の残酷さから逃げたい気持ちに押しつぶされそうになる。

111 (6)

 

 

 

ほほや、生きていれば7月7日で12歳になったよね。

111 (7)

 

 

 

ぎゅーとしたい。ほほを嗅ぎたい。アンテナを指でなぞりたい。

111 (8)

 

 

 

ほんとうに私はほほを「過去」にしたくないんです!!!!

111 (5)

 

 

まるでほほがいなくて当たり前のように生きていくのは超しんどい。

 

 

うまく言えないけれど、ほほはいたから。

 

 

7か月前まではここにいた。

 

 

自分の腹を痛めたわけじゃないけれどほほは目に入れても痛くない。完全完ぺきに私の子でした。

 

 

一区切りをつけるいい機会かと勇気を振り絞り昔の写真ファイルを開いたのが悪かった。余計にほほへの思いが溢れてきて困っています。

 

 

今、精神的な窮地に陥っています。ほほがクソ愛おしいです。

 

 

近年のほほしか知らなかった方には新鮮かもしれません。遊ぶほほ

111 (2)

 

 

テーブルの上に自分の意思と自分の運動機能でふつうに乗るほほ

111 (9)

 

 

漆のごとくピカピカの毛艶が自慢だったほほ

111 (1)

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱんが元気なレギュラーメンバーだった頃

1gonn (4)

 

 

リルとあまぱんは歳を取ってヨボヨボで、べべとナナとほほが消えた。

 

 

あんなにそばにいたべべとナナとほほがいない。

 

 

拷問かと思うほどキツいですよ。

 

 

未練がましいと笑いたい方はどうぞ。正解です。

 

 

ほほへの未練に溺れています。

 

 

いや、溢れているなんて生易しいもんじゃなく、感情が爆発しそうです。

 

 

もう、どうしようもないほどめちゃくちゃにかわいくてぜんぜんコントロールできない。

 

 

ほほの仕業かと疑うほどほほに占拠されています。

111 (3)

 

 

 

どこ行っちゃったんだろうね。

 

 

 

スポンサーリンク





レオじいをたずねて

皆さまこんばんは。今日もあっという間に終わってしまいました。

 

 

冷えたかと思えば急に火照る……モコモコウェアとキャミソールの間を行ったり来たり。

 

 

更年期のホットフラッシュがつらいこの頃です。ふぅ。ブログに書きたいことを溜めこんでいるので6月30日にタイムスリップさせてください。

 

 

みんなで卒業生リリの里親ちかたんちにお邪魔したのです。

 

 

メンバーはちかたん夫妻、あっティーさん、きーやんさん、マイ太郎さん、MIHOさん、ゆちゃん、まなちゃんと私。みいさんは風邪で来られませんでした。

IMG_2552

 

 

※ みいさん、ブログにノラスタの感想ありがとう。本当にうれしかった。

 

 

私はクタクタになるまで繰り返し一生着ようと誓って買った一張羅を着ていきました。はい出た出た猫のサマーセーター(笑)。これしか持ってないの? て頻度で登場していますね^^; 衛生面は大丈夫。ちゃんとお家クリーニングで洗ってますから!

06BEC4E6-DF79-4E78-B021-1AED3B7B0310

 

 

ちなみにちかたんは紺を

IMG_2652

 

 

あっティーさんはピンクを購入

IMG_2766

 

 

いいなうらやましい。昭和の女は気に入ると色ちがいでほしくなりますよね。

 

 

かなり濃い感じになると思いますが、いつかみんなでお揃いしたいです。

 

 

ホームパーティの主役はレオじい♡

IMG_2594

 

 

現在腫瘍と闘っています。背中の大きな腫瘍を掻き壊さないよう、かわいいお洋服でガード。女性たち(私ら)の心を掴んで離さない16歳のイケメン王子です。

IMG_2577

 

 

レオじいは人見知りのリリとは対照的。輪の中心にいるのがお好きなタイプ

IMG_2563

 

 

みんなのお話を一生けんめい聞いている顔がたまらなく萌えます。聡明ですよ。

 

 

ちかたん夫妻がこれでもかというほどたいせつに育てている姿が胸に迫ります。

IMG_2551

 

 

腫瘍がレオじいに意地悪をしないよう祈ります。どうかこのまま、このまま。

 

 

持ち寄り式の食事会なので参加するほうも気楽に伺えますね。

IMG_2546

 

 

私は和菓子を持参。ゆちゃんのシャインマスカットがキラキラに光っています。

IMG_2574

 

 

洗い物が減るように、とあっティーさん。

IMG_2567

 

 

キュートな猫皿やカップを持ってきてくれました。白はアザラシですね?

IMG_2569

 

 

ぜったいこういう写真を撮られる私。行儀が悪くてすみません。

IMG_2585

 

 

私の下にいるのはマイ太郎さん。隠れん坊リリの写真を狙っているのです。

IMG_2560

 

 

虐待していませんからね。3秒だけぎゅー&ちゅーさせてもらったのです。

IMG_2587

 

 

このあとリリはダッシュで逃げて行きました。リリの性格はわかっているのでメンバーはレオじいに群がって満足していました。猫の性格もいろいろですものね。

 

 

ワイワイすること3時間。レオじいに負担をかける前に退散した私たちを玄関で名残惜しそうに見送ってくれたレオじいの姿がずっと脳裏に焼きついています。

 

 

玄関まで来るのはめずらしい、とのこと。そうを聞くとなおさら愛おしいです。

 

 

なぜかゆちゃんのバッグの上からどこうとしなかったレオじい

IMG_2580

 

 

中の物を取る際、レオじいに平謝りだったゆちゃんにクスクス笑わせてもらいました。

 

 

ご主人に全身で甘えるレオじい。じーんとしちゃうね。

IMG_2558

 

 

シャイなリリは入っていませんが、素敵な家族写真を♪

IMG_2565

 

 

これからもレオじいのペースでのんびりと生きてね。

 

 

ちかたん猫缶を、あっティーさんお手紙とamazonギフトカードありがとうございました。

IMG_2774

 

 

7月は仕事以外のお出掛けをセーブして真剣に勉強します。

 

 

そしてなるべくあまぱんやお子たちのそばにいたいです。

 

 

あまぱんはコンベニア注射(精密検査の結果コンベニアがあまぱんに合うと東大の前田先生に言われています)を打っているにも関わらず、風邪の症状がひどくて追加で別の種類の抗生物質を飲ませないとコントロールできないかもしれません。大きな腫瘍を抱えているものの、正直レオじいのほうがツヤツヤであまぱんより断然若く見えました。うちのあまぱんはいったい何歳でしょうか?

 

 

自分勝手ですが、私は今年はだれも見送らないと固く決めているのでできることを精いっぱいやっていきます。もちろん、お子たちのQOLは無視しません。

 

 

ちかたん、みなさん、活気あふれるひとときをありがとうございました。

 

 

レオじい、おだいじに♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





達成感のある週末

※blogを連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

本日はフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学(11期)の講義を担当しました。

1 (15)

 

 

朝の部だったので前日は早めに保護部屋にて就寝

1 (5)

 

 

布団とスタンドライトを持ち込んでセットするとこうなります。

1 (4)

 

 

「なにしに来たのよ」

1 (8)

 

 

「ハハ ぼくらといっしょに寝るつもりですか?」

1 (9)

 

 

そうよ? 私が入ると狭くなるけれど、みんなで仲よく寝よう♪

1 (6)

 

 

納得いかない様子の面々

1 (10)

 

 

はい。私なんてしょせんすずらんに見下ろされる保護主です。

1 (7)

 

 

「ぼくは中立派 おやつさえあれば6:4の6でハハの味方になります」

1 (3)

 

 

眠剤のおかげで703号室の上品な保護猫たちのおかげで朝までぐっすり。会場へ予定時間の50分前に着いてしまうという(汗)。まあ、遅れるよりはいいか。

 

 

チチに車で送ってもらいました。チチありがとう。「犬座学」ですが、お気に入りの猫のサマーセーターをチョイス。我ながらかなりのインパクト! 超好きです♡

1 (11)

 

 

毎回、外苑前のオシャレな犬猫メモリアルスペースDEARPETで開催

1 (12)

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を置いてもらいました。感謝!

1 (13)

 

 

2時間弱、犬の保護やフォスターになるための基礎的な知識について話しました。参加者のみなさんは真剣そのもの。第一期から講義を受け持っていますが、本当にすばらしい取り組みです。

 

 

※ちなみに猫座学のひとコマも私が担当しています。

 

 

自分なりの解釈ですが、「犬座学」と「猫座学」のめざすところが微妙にちがうので、それぞれに合わせた内容を心掛けています。犬は包括的に、猫は具体的に。私の保護活動の武勇伝や自慢ではなく、「使えるノウハウ」を意識しているため、修了生に「実践者」が増えていると自負しています。もちろん、ほかの講師の方々のお力が大きいのは言うまでもありません。

 

 

一同、記念にパチッ! (松原さん写真ありがとうございました)

1 (14)

 

 

建築士の男性もいらっしゃいました。性別の垣根を超えて考えてきたいですね。

 

 

講義後、ノラスタをお求めくださった方や、私の着ている猫セーターを買いたいと褒めてくださる方がいて、ワイワイニコニコ立ち話。楽しいひとときでした。

 

 

出し切ったごほうびにひとりランチバイキング

1 (16)

 

 

ドリンクバーつき、取り切れないほどの豪勢な品数で1,500円

1 (17)

 

 

表参道にしては安いですよね。タッパ持参で行きたかったくらいです。

 

 

帰宅後、家事に精を出しました。掛け布団カバーを洗濯し、油まみれだったキッチンの換気扇フィルターを交換。ふふ、真っ白になって気分爽快です。

1 (1)

 

 

「やればできるんだな」

1 (2)

 

 

昨夜撮ったバスマット王子さぶ。私がお風呂から出るのを待ち構えています。

 

 

さぶが濡れるとたいへんなのでバスマットは使わず、古いバスタオルの上で水滴を落としました。我が家では犬猫たちが断然優位です。

 

 

リルとタカナもにっこり

IMG_2843

 

 

犬組もかわいいでしょう? 保護猫すずらんと白まんじゅうの爪切りを終えたし、ブログも2つ書けたし、私なりに達成感のある週末を過ごしています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク