多頭のわが家の検便方法

皆さまこんばんは。ご心配をおかけした乳がんの再検査は経過観察で大丈夫でした。twitterにたくさんのコメントありがとうございました。うれしかったです。

 

 

母は行きの車の中で、私の腫瘍が悪性なら店のランチをやめて私といっしょに闘病する、との強い覚悟を口にしていたので妙に責任重大だったという(笑)。

 

 

検査後も病院を出ると即、友人、知人、台湾の親戚たちに電話かけて報告しまくりの母。私のいないところでどれだけ大げさに騒いでいたのかが窺えますね。

 

 

さて、ご縁の決まった保護猫メル子。少し話は遡りますが、お見合いの前に里親さんにメールで頼まれていたのは「検便」。里親さんのお宅には先住猫さんがいるので、コクシジウムなどが心配とのこと。ごもっともですよね。

 

 

ということで、お見合いの2日前からメル子をリビングのケージに隔離

IMG_4430

 

 

ふだんは保護部屋で保護猫黒真珠、白まんじゅうと暮らしているメル子ですが、正確に検便をするために「ひとり暮らし」をさせました。ちなみにトイレは丸洗いのあと、塩素で消毒し、新しい猫砂を入れてあります。ふふ。完璧でしょ?

 

 

お見合い前日の金曜の朝……出てる出てる♡

IMG_4431

 

 

いいのをしていますね。袋に入れて大巻先生の病院へ!

 

IMG_4442

 

 

あらゆる寄生虫を調べてもらいました。結果は陰性。大巻先生から証明書も出ています。メル子は過去に1度検便をしているので今回と合わせると計2度済み!

 

 

しかし、正確さを突き詰めたいのなら、検便は3~4回やってもいい気がするので、それをそのまま里親さんにお伝えし、里親さんの判断にお任せしました。

 

 

里親さんからお願いされることもありますし、私が里親さんにお願いすることもあります。703号室はひとつずつ丁寧に信頼関係を築くのを目標にしています。

IMG_4447

 

 

近所に住む卒業生ポテチ&コテツママのきーやんさんが大巻先生の病院へ来てくれたので、カフェでお茶しました。いつもシッターの依頼をありがとうございます。

IMG_4445

 

 

善き方に囲まれて心の洗濯をさせてもらっています。

 

 

明日はあまぱんの東大通院日

IMG_4433

 

 

正直ここまで元気になるとは思いませんでした。

IMG_4434

 

 

先週撮った写真ですがイキイキとしているでしょう?

IMG_4435

 

 

1日3回の点滴もがんばっていますよ。

IMG_4437

 

 

皆さまよい日々をお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





メル子のトライアルが決まりました♡

こんにちは。昨日はうれしいことがあったので、応援してくださった皆さまへご報告を♪

 

 

家族募集をしていた保護猫メル子のご縁が決まりました。まずはトライアルですが、里親さんは真剣です。安心してお任せできると信じています。

IMG_4467

 

 

寝込んでいた間、家事もろくにできなかった私。散らかった家を片づけるところからMIHOさんが手伝ってくれました。MIHOさんに心からありがとうを伝えたいです。

 

 

「ひさびさに会ったら……あんたおばあちゃんみたい。早く着替えてメイクしな」

 

 

MIHOさんのひと言がグサリ(笑)。でもおかげでシャンとした!

 

 

さあ、メルちゃんがんばろう!

IMG_4474

 

 

703号室のお茶会(お見合い)は平均2時間以上

IMG_4475

 

 

まずは遠路はるばるメル子に会いに来たくださったご夫婦にメル子と存分にコミュニケーションを取ってもらいます。日常生活、医療ケア、マイクロチップ、したこと、しなかったこと、懸念事項、(自分がわかる範囲での)メル子の性格、保護のいきさつ、(私の)自己紹介、ポリシー、譲渡までの今後の流れ……話すべきことが多岐に渡っているので時間はあっという間にすぎていくのです。

 

 

ふふ。里親さんにおみやげいただきました。ありがとうございました。

IMG_4469

 

 

お茶菓子をのせるのに使ったお皿はひのちゃんの里親よっちゃんのプレゼント

IMG_4468

 

 

ひのちゃんの良縁にあやかりたい保護主の心境があらわれているでしょう?

 

 

お茶を飲みながら和気あいあいと。時おりMIHOさんにも話に入ってもらいながら……

IMG_4477

 

 

不思議ですが、お茶会の間だけはほんとうに元気になるのです。

 

 

なんででしょうね? 自分でもよくわかりません。

 

 

うちのお子たちやほかの保護猫たちにも会ってもらいました。

IMG_4480

 

 

メル子がいる環境をそのまま見てもらうのがいちばんだと思います。

 

 

メル子はご主人が昔飼っていた愛猫さんに似ているんだそうです。

IMG_4451

 

 

写真を拝見しましたが、そっくり!

 

 

保護部屋でおやつをあげてもらっているところ。メル子、いいねぇ^^

IMG_4476

 

 

いろんなお話をする中で、私に関する質問も2つ……

 

 

①どういう思いでかわいい保護猫を手放すのか?

 

 

②なぜ若い頃からこの活動をしているのか?

 

 

うまく答えられたかわかりませんのでここに簡単に書き記しておきます。

 

 

①A:手放さなければ次の保護が叶わないから手放しています。私の目標はうちのスター(保護猫)たちの幸せです。幸せにできるのは私だけだとは限りませんし、幸せにしてくださる方のもとへ送り出せば、私は新たに1匹家に入れられます。

 

②A:自分が描いた理想の社会に住みたいからです。みんなが自分の家の周りを掃けば、街はいずれ美しくなるでしょう。家の周りを掃くように、私にできることをひとつずつしています。実際、ずいぶんいい社会に変わってきたのを実感します。だからこれからも同じことをつづけていきます。

 

 

メル子はおねだりしたり甘えたりして自分アピールに余念がありませんでした。

IMG_4479

 

 

結果、ニコニコのお茶会に

IMG_4473

 

 

私の写真ばかりでMIHOさんのがない。MIHOさん、写真いっぱいありがとう!

IMG_4472

 

 

終了後

IMG_4455

 

 

さぶは定位置でお昼寝

IMG_4456

 

 

重いけどあったかい

IMG_4457

 

 

いつもそばにいてくれてありがとう♥

IMG_4458

 

 

メル子を気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

メル子は数日後に我が家を巣立ちます。

 

 

家の中に入れる犬猫が一頭でも多く増えることを願って

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





思い残すことのないように日々を生きる

皆さまこんばんは。昨日保護猫ひのを無事に届けてきました。

00001 (3)

 

 

ひのはよっちゃんちで幸せに暮らしていきます。めちゃくちゃかわいいね♡

00001 (2)

 

 

トライアルなしの正式譲渡なのですぐに卒業記事を書けるのですが、私に気力が生まれるまで少しお待ちいただければうれしいです。

 

 

ひのと仲よしだった白まんじゅう

00001 (4)

 

 

白まんじゅうがもっとさびしがるかと心配でしたが、仲間の黒真珠、メル子がいるので意外と元気です。椅子の後ろにいて隠れちゃってるけど^^;

00001 (5)

 

 

保護猫メル子は家族募集中です。いい結果をお伝えできるようがんばります。

 

 

さて、最近会う方会う方に覇気がないといわれますが、実は今大きな不安を抱えています。生活の不安やお子たちの闘病の不安は絶えず頭上にありますが、自分自身がいつまで健康でいられるのかについても悩むようになりました。

 

 

先月受けた人間ドッグの結果が返ってきて、私の乳腺に腫瘍が見つかりました。そして乳腺のほかにも二か所、要精密検査、とのことで落ち込んでいます。

00001 (1)

 

 

病院の予約は済ませました。来月初旬に行きます。

 

 

診断レポートを見たとき、私は風邪の真っ最中で具合が悪く、なんだか悲しくてホトホト自分が情けなくなりました。まあ、中年ですしガタもきますよね。

 

 

私は20代後半でがんの手術を受けたことがあるので、「もしも」という漠然とした怖さに支配され、今はうまく笑えません。幸い昔は初期がんだったけれど、いつ、どのような病気に倒れるのかドキドキします。思い残すことがないように日々を生きるというのはむずかしいですね。愚痴ばかりで本当にごめんなさい。

 

 

明日は今日よりパワーアップしていたいです。

 

 

皆さまもお身体を大切にしてくださいね。

 

 

あ! 風邪のほうはだいぶよくなりました。あまぱんも変わらずです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あまぱん、きみは最高の男です!

703号室の保護猫メル子は家族を募集しています。

IMG_3677

 

 

「ご縁 ちょうだいっ!」

IMG_3797

 

 

だそうです^^; 応援してください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

さかえ先生、猫砂とおやつのプレゼントありがとうございました。助かります!

IMG_4308

 

 

ほかにもいろいろいたただいていますが、おいおい勝手に自慢させてください。

 

 

保護猫らみんなで仲よくごはんの図

IMG_4282

 

 

センターはメル子と陽乃ちゃんの女子チーム。左に黒真珠、右に白まんじゅう♡

 

 

食べ終わるまで保護主はずっと見張っています。だれがどの程度食べたかって大切ですものね。食いしん坊たちは「食べきり(残さず食べきること)タイプ」なのでありがたいですよ。カリカリだけでもおいしそうに平らげてくれます。

 

 

かわゆいですねー♪

 

 

さて、私のテンションが高いのは、苦痛だった咳の減少と、あまぱんが復活したためであります! ご心配くださった皆さまにぜひ報告させてください。

 

 

先週、自分の体調不良であまぱんの通院を延期したのが凹みました。今日はなにがなんでも行く! さぶも連れて行く! そう意気込んで東大病院へ向かったのです。

IMG_4289

 

 

まずはさぶ。体重が200グラム増えました。膿胸に倒れたときより800グラム増えています。さぶの年齢(推定13歳以上)を考えるとすごいでしょ?

 

 

腎臓のチェックのほかに胸部のレントゲンを依頼。なぜか顔に傷を作ったさぶ。抗生物質を飲ませていたものの、ばい菌が体内に侵入していないか不安だったのです。

IMG_4292

 

 

首絞めてないよ(笑)。岡本先生の丁寧な聴診では異常ナシ

IMG_4290

 

 

うちのさぶ、かっこいいでしょう。先生よろしくお願いします。

IMG_4295

 

 

つづいてあまぱんを診察台へ

IMG_4296

 

 

体重が100グラム増えて4キロ台へカムバックしました。神さまありがとう。体重測定の時点で喜びが爆発しそうでした。鼻水も出ていないし、黄疸が消え、血色がよくなっているのです。毎日いっしょに暮らしているからぜんぶわかる。

IMG_4297

 

 

私がベッドから起き上がれないとき、あまぱんは自力でごはんを食べてくれました。本当です。私、点滴や投薬はどうにかやっていたのですが、ほとんどシリンジごはんをあげていなかったのです。なのに太ったって、どれだけいい子なの!

IMG_4298

 

 

さぶといいあまぱんといい、私はお子たちに恵まれています。

IMG_4300

 

 

精密検査前だったにも関わらず、ウキウキモードの私。

 

 

ふたりの状態を客観的に見て、検査結果が悪いというのはあり得ないです。

 

 

そうしたらひさびさに食欲がわき、東大のレストランでカレーを注文♥

IMG_4302

 

 

パラパラ舞う雨を眺めながら浮かんだ一語は「雨降って地固まる」。

IMG_4304

 

 

しみじみ、万物に感謝ですね。

 

 

検査の結果は予想通り。あまぱんもさぶも彼らなりの「いいコンディション」でした。

IMG_4305

 

 

診察と検査費は駐車場代を入れて2匹で24000円ちょい。ホッ!

IMG_4313

 

 

普通の感覚からすると割とヘビーな闘病をしているとは思います。

 

 

健康な猫に比べると肝臓や腎臓の数値は決して楽観できません。

 

 

しかし、私には一喜一憂するだけのふり幅がまだ残っているのです。私があまぱんとさぶの生に執着しているのは単に失う恐怖に耐える自信がないのと、もうひとつは……うまく言えないのですが、あまぱんもさぶも「生きている」のがそれなりに楽しそうだから。

 

 

そばで見ていて辛くなるような、苦しいだけの闘病なら絶対させません。

 

 

前田先生、岡本先生とにっこり3ショット

IMG_4307

 

 

あまぱんは703号室でのんびりしているので近々ラブショットを放出しますね。

 

 

皆さまも体調管理に気をつけてください。

 

 

明日は朝早いのでこの辺で失礼します。

 

 

飛んでけデッカい

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





感染症を予防しましょう

皆さまこんばんは。体力をUPさせようと1日のほとんどを寝てすごしています。新しい仕事、あまぱんとさぶの通院、陽乃ちゃんのお引っ越しを控えています。横に慣れる時間は横になり、病院で処方された薬を飲んで、ビタミンを多く摂っています。早く私の「通常モード」に戻したい。

 

 

妹が私のカメラで撮った陽乃ちゃん

IMG_1486

 

 

 

たまらないかわいさですね♡

IMG_1501

 

 

これは私が撮った黒真珠。甘えん坊の家族になってくださる方はいませんか?

IMG_1491

 

 

 

「ハハ~ メル子も 嫁にいきたい」

IMG_1533

 

 

メル子のアピールをしなければならない時期に要らぬ気管支炎になるとは……。自己管理不足を反省しています。保護猫メル子は私とちがって(笑)元気溌剌の健康体ですので、どうかお心ある方の目に留まりますように。

IMG_3803

 

 

メル子は推定生後8か月~10か月の女の子。終えた医療ケアをおさらいします。

 

 

不妊手術、マイクロチップ装着、ウイルス検査(結果FIV、FeLV共にマイナス)、3種混合ワクチン、検便(異常なし)、(保護時首元に少し傷があったため)皮膚の検査(結果異常なし)、念のため駆虫(ドロンタール、レボリューション)

 

 

明細や各種証明書は必ず開示し、家族となる方へお渡しします。

 

 

私は可視化できる透明な譲渡をしたいので、メル子の里親希望者さんは不安に思うことはなんなりと聞いてくださいね。

 

 

ちなみにごはんはロイヤルカナンインドアキャットのドライフードを1日に40グラム程度を朝晩の2回に分け与えています。本当に食欲旺盛で助かります^^;

 

 

華奢だけど健康的な食べっぷりでなにより!

IMG_3800

 

 

 

ロイヤルカナンといえば、7月28日、emi-goといっしょにロイヤルカナンが主宰する勉強会へ参加してきました。私の聞きたかった内容は特別講演1のこちら↓

IMG_3495

 

 

「感染症」

 

 

保護犬猫の出入りがある703号室でいかに感染症を予防するか、私は真剣です。

 

 

犬猫に携わる方がみんながこれ以上ないほどがんばって取り組むべき問題です。

 

 

特に狂犬病とパルボは侮れません。

 

 

ほかにもたくさん……日本でシェルターと呼ばれる場所が先進諸外国とどれだけちがうのかを学びました。もちろん、欧米の動物愛護の土壌は恵まれているので単純比較はできないでしょう。でも、私は絶えず危機意識をもち、絶えず環境改善を考える側の人間でいたいです。

 

 

自分が病気の運び屋になったら大変です。

 

 

たとえ微々たる活動であっても、誇りある活動をしていきたいです。

 

 

大きな会場が満席。日本が次のステップに移行している証拠ですね。

IMG_3499

 

 

ドイツのディアハイムは病気の検疫を徹底しています。うらやましいですね。

IMG_3500

 

 

病気を隠蔽し、あるいはうやむやにして里子に出してしまうのは楽な道かもしれません。でもそれでは心ある活動とはいえないと思います。治せるものはしっかりと治し、健康体にした上で譲渡をめざしていきたいです。

 

 

パルボは実際に起きた感染拡大の例が紹介されていました。

IMG_3502

 

 

適切な予防と注意勧告を行えていたら、亡くならずに済んだ猫たちが多くいます。人間の自己防衛本能が猫たちを置き去りにした話は悲しく胸に迫りました。

 

 

ロイヤルカナンのフードも展示されていました。

IMG_3496

 

 

うちは闘病の子たちがロイヤルカナンのごはんを食べているので日ごろからロイヤルカナンを選ぶ傾向にありますが、いいごはんはほかにもいっぱいありますよね。それぞれの個体に合っているものを選ぶのがいちばんだと思います。

 

 

プレゼントで嬉しかったのはこれ

IMG_3509

 

 

保護動物の環境を整えQOLをあげることに特化した一冊

IMG_3510

 

 

誘ってくれたemi-goありがとう♡

IMG_3494

 

 

保護動物やお子たちと生きる上で有意義な時間でした。

IMG_3492

 

 

終了後、慌てて病院へ戻って中島先生の手術を手伝うemi-go

IMG_3504

 

 

私も当時病院に預けていたメル子の顔を見てから帰ることに

IMG_3507

 

 

ふふ。メル子はご覧のとおり病院でも自分アピールが止まりませんでした。

IMG_3505

 

 

メル子は家族を募集しています。いい子です。

 

 

家族希望者さんからのお問い合わせには誠心誠意対応いたします。

 

 

一頭一頭のよりよい譲渡をめざしています。

 

 

メル子の赤い糸結びのお手伝いを皆さまにしていただければ幸いです。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク