1もい、爆発的なかわいさをありがとう!

ウチは山口県出身のもいって言うそ

ブチかわいいそに なんのまちがいか知らんのんぢゃけど 気づいたら ノミだらけで 保健所入っとったちゃ

その後も 無我夢中で よー覚えちょらんのんぢゃけど ANA便に乗って 東京着いて 愛嬌ふりまくっちょったら 嫁入りが 決まったっちゃ

ノラ猫のみなさん 

あきらめちゃいけんよ!!

人間を手のひらで転がしてみーね きっと花が咲くけー!

では一足お先に ごむれーします

ここだけの話 703号室は犬も猫もおって 楽しかったちゃけど そうそうしちょった 今は標準語で姫生活謳歌しちょります♡

IMG_8820

 

 

※えっと。もい語はaiさんに翻訳してもらいました^^; 山口弁は胸がキュンキュンしますね。個人的にとても好きです。aiさん、ありがとうございました。

 

 

保健所からaiさんちに移動した頃のもい (写真はaiさんより)

IMG_7357

 

 

我が家ではノラスタガールとしてtwitterのアイコンでも大活躍

IMG_0044

 

 

もいは会う人会う人をメロメロにしてしまう魔法使いの女の子です。

IMG_1444

 

 

まなちゃんはしばらく「もいちゃんロス」になっていたんだとか(笑)。

 

 

健康で明るくてやさしいもい

IMG_1435

 

 

もいの人を信じてやまない屈託のなさが私の心に沁み、しっかりと残っています。

IMG_1385

 

 

こんなすばらしい子がなぜもっとも似合わない保健所にいたのか

IMG_1394

 

 

まあ今となってはどうでもいいですけど、思い出すと胸がちくっと痛みますね。

IMG_1418

 

 

ノラスタの原稿に追い込まれていたときも、もいの存在は私を支えてくれました。emi-goが着せたピンクの術後服がこれでもかというほどしっくり合っています。

IMG_8194

 

 

鏡餅っぽいもい

IMG_8320

 

 

ね?

IMG_8321

 

 

しっぽもぽんぽんでイケてます。

IMG_1430

 

 

もいは猫に依存するタイプではなく、人間にベッタリのお子ですが、さぶやあまぱんとは徐々に仲よしになってくれました。おだんごシーンは一度もなかったんですが、近くでうまく共存してくれていたので大合格♪ もい、ありがとうね。

IMG_9244

 

 

こんな感じの距離感もいいね!

IMG_9252

 

 

私があまぱんとさぶに買ったフードを撮っていたら、すかさずササっと走ってきて写真の中に控えめに写っていたという。もいはなにをしても愛おしいです。

IMG_9452

 

 

おーい。もいちゃん! 幕の内弁当はあげませんよ?

IMG_9291

 

 

もいの里親さん(奥さん)はご実家にいた頃、もいとそっくりの白猫さんと暮らしていました。ご結婚後、ご主人のお仕事の関係で海外赴任が長かったこともあり、猫と暮らすのをずっとがまんしてきたのです。ご主人のお仕事が落ち着かれ、いよいよ念願の猫生活を! と2年前よりご夫婦で保護猫探しをはじめたのですが、なかなかご縁に恵まれず。心が折れかかったこともあったんですって。

 

 

「でも、これもすべてはもいちゃんと出会うためだったのですね」

 

 

そう穏やかに仰ったのを聞いたとき、私は譲渡活動をしていてよかったと思いました。

 

 

関連記事はこちら→ 「もいのご縁が決まりました/幸せの703号室」

 

 

卒業の際に必ず渡すご家族へのラブレターにもいに似た感じの猫を描いてみました。里親さんは私の本やポストカードもお求めくださり、感謝です。

IMG_9733

 

 

703号室で準備する気持ちばかりの嫁入り道具。詠吉ママのきちこさんが編んでくれたフリフリの毛糸シュシュも入れました。お菓子の上に乗っている二本のバラはピンクが入浴剤(里親さんへ)、赤が猫のおもちゃ(猫じゃらし)になっています。いいでしょ? なににしようか選ぶのも保護主として幸せなひととき♡

IMG_9732

 

 

もいは慎重で責任感の強い素敵すぎる里親さんの愛娘として生きていくことになりました。応援してくださったすべての皆さまにご報告させていただきます。

IMG_1419

 

 

お茶会のとき、家じゅうの写真を撮り、間取り図までご持参くださった里親さんのおかげで、もいの新生活を想像しやすく、安心してもいをお渡しできました。

 

 

次回はもいのお家にご案内します。

 

 

お楽しみに!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





おなじ「猫」

さんけいろさんからかわいい猫ハンモックとお菓子をいただきました。

maruku (4)

 

 

さんけいろさんありがとうございました。ハンモックは保護猫たちに使います。

 

 

昨日の母の日は、母にワンピースをプレゼント。その後、家族でごはん

maruku (5)

 

 

タイの家庭料理を堪能。まーさん、ごちそうさま♪

 

 

退院した保護猫マルクはエネルギッシュにフリー時間を楽しんでいます。

maruku (12)

 

 

手でちょいちょい邪魔してきます。今遊んであげられないの!

maruku (1)

 

 

ちょびっと電池切れ

maruku (14)

 

 

明るくて人が大好きのマルク。里親さんちでもじょうずに暮らせますように。

 

 

リタパンは食欲が止まりません(汗)。見てこのまあるい背中

maruku

 

 

実は私、リタがツボなんですよ。リタパンはほかの猫との相性がイマイチなのでできれば一匹飼いを希望しています。それか根気の強い方。詳しくは近日中にお送りするリタ特集で書きますね。気になる方はご連絡ください。

 

 

すずらんも元気です。手からちゅーるを舐めてくれるようになりました。

maruku (2)

 

 

本当に牛歩ですけれど、すずらんは私のたいせつな保護猫ですので、希望を捨てずに彼女の未来を考えています。まずはリタ、次に黒真珠、そしてすずらん、白まんじゅうの順番で家族募集をしていこうと考えています。もちろん、すずらんと白まんじゅうは更なる人馴れが必要です。合間に甘えん坊たちの里親探しを挟むかもしれませんが、私は一頭も忘れていないことをここに記しておきますね。

 

 

さて、昼はemi-goの病院にてちび三毛さんのお見合いをしてきました。

maruku (8)

 

 

一か月くらい前だったでしょうか? チチとラーメン屋で担々麺を食べていたら703号室卒業生チョビの里親さんが偶然お店に居合わせたのです。

 

 

「もしまたいい子がいたらご紹介ください。女の子で黒猫か三毛猫が希望です」

 

「わかりました。いたら連絡しますね」

 

 

という会話を経て、実現したこの度のお見合い。emi-goの病院に保護されている母子猫の中に三毛猫と黒猫がいるのでチョビママさんに連絡して会いに来てもらいました。子煩悩の母猫が一生懸命娘たちを育てています。健気ですね。

maruku (3)

 

 

ちなみに子猫だった卒業生チョビはだいぶお姉さんになりました。

maruku (13)

 

 

不妊手術はemi-goの病院で済ませています。チョビ、妹ができるよ♡

maruku (15)

 

 

手袋をつけてちび三毛さんを抱く里親さん

maruku (7)

 

 

ふふ。ずっと目尻が下がりっぱなしでした。

maruku (10)

 

 

目やにがついていたからスタッフのかなちゃんが目薬をさしてくれました。

maruku (6)

 

 

スクスク育つんだよ。チョビ姉さんが待っているからね。

maruku (9)

 

 

母猫と姉妹たちとしばらく過ごさせてやりたいので、お渡しはだいぶ先になりますが、ちび三毛さんのご縁が決まりました。名前がついたらお知らせします。

 

 

帰る間際にemi-goに呼び止められ「見てくださいよ。リリースしたら生きていけますかね?」と言われ、のぞきこんだ捕獲箱の中に悲しげな表情の猫がいました。

maruku (11)

 

 

ちび三毛さんが猫ならこの子も猫です。

 

 

片方は母猫と病院に守られ明るい未来が約束されているけれど、片方は視力に問題を抱えながらも外で生きるしかないのは理不尽ではないでしょうか? 端的に言って、このキジトラはきっと長生きできないと思います。理由は外で生きなければならないからです。この猫の桜耳が私には無性に切なかった。emi-goと相談してみようかな。最近はうまく募集と卒業レポのUPができずキャパオーバー気味ですが、2か月待ってくれたら私が募集する。

 

 

それから、最後に私がICUで見たのはある成猫の痛々しい姿でした。飼い猫であるその猫は8階の自宅から落下し、ひどい気胸と全身骨折で非常に危険な状態です。奇跡を信じて中島先生が懸命に治療していますが、どうなるかはわかりません。

 

 

猫の事故は100%人間が防いでやれます(天災などの有事以外)。ならば防いでやりましょうよ。

 

 

703号室の里親さん、脱走防止対策を含めた完全室内飼育の徹底を再度見直してください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

★★★お知らせ★★★

 

名入れつきノラスタの入金確認をしたのですが、多めに振り込んでくださっている方がいました。ありがとうございました。未だお手元に届いていない方、不良品を手にした方はいますか? いたら遠慮なく仰ってくださいね。5月15日にいよいよ「ノラ猫あがりのスターたち」は正式発売となります。応援してくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





3マルクの入院 ほか

emigo良質なフードのプレゼントをありがとう。これみんな大喜びだったよ。

2norasu (1)

 

 

皆さまこんにちは。私は羽のように軽くなったさぶりんを膝の上にのせています。

2norasu (11)

 

 

さぶは先日東大病院での体重測定の際に体重が増えているとみんなで喜んだばかりだったのですが、この度の膿胸ですっかり痩せてしまいました。命があるだけよかったのはもちろんですが、もともとほとんど自力で食べなくなっているさぶを太らせるのは実はとてもたいへんだったのです。苦労の末にようやくつけたお肉を失って悲しい。でもまた一からがんばります。それが私の役目ですから^^

 

 

新星マルクを病院に連れて行った日に、さぶのお礼参りも済ませました。

norasunonra (4)

 

 

マルク、不妊手術がんばりましょうね。

norasunonra (7)

 

 

生後半年程度だから小ぶりでしょ?

norasunonra (8)

 

 

病院スタッフのかなちゃんがパチパチ撮ってくれました。

norasunonra (9)

 

 

私は別に写りたくなかったのですが……

norasunonra (10)

 

 

超絶甘えん坊のこのお方は、人が抑えていないと写真が撮れないのです。

norasunonra (11)

 

 

すぐカメラに寄ってきちゃうから^^;

norasunonra (1)

 

 

病院で子育てをがんばっているお母さん猫と赤ちゃん猫たち

norasunonra (5)

 

 

一家は家族募集中です。私も少し関わらせてもらうかもしれません。明日子猫のうちの一匹のお見合いを病院で予定しています。その子は私が譲渡責任者です。

 

 

けがを負って保護されたタスキくんは保護主さんが猫カフェ? の預かりさん? に渡すとのこと。私は陰ながらタスキくんの幸せを祈る方向になりました。

norasunonra (6)

 

 

 

無事に手術を終えたマルクを病院でみいさんが撮ってくれました。

2norasu (6)

 

 

やっぱりじっとしていなかったそうで、emi-goがおさえています。

2norasu (2)

 

 

しかしかわいいよのう♡

2norasu (3)

 

 

動きの激しさがよくわかる一枚(笑)。

2norasu (5)

 

 

みいさん素敵な写真をありがとう。いい記念になりました。

2norasu (4)

 

 

里親さんも準備をすすめてくださっています。近いうちにきちんとお伝えしますね。

norasunonra (2)

 

 

「譲渡」における透明感が売りの事務所703号室ですから♪

 

 

本日のマルク。退院です。血液検査(スクリーニング)とマイクロチップも装着

IMG_0463

 

 

血液検査の結果は全項目異常がありませんでした。ホッ!

 

 

今うちに帰ってきて、ケージの中でムニャムニャしゃべっています。

 

 

さて、スターだらけで放出時間が足りないのが私の悩みですが、もいの卒業記事をUPしたあとはリタパンがらみの更新を多くし、家族サイトに掲載します。

2norasu (7)

 

 

まんまるで萌えるでしょう? フォルムとかめちゃくちゃハマりますよ。

2norasu (8)

 

 

最近、行動範囲を広げてリビングにもリタが来られるようにしました。

2norasu (9)

 

 

リタが気になる方はぜひ教えてくださいね。どうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、Twitterで募ったサイン入りのノラスタを48冊で締め切り、昨日までにすべて投函しました。感謝感謝。野島さんから私が買った合計200冊は著者割引として2割引いてもらっています。だから1冊売れると300円私に入る計算。お子たちに医療費がかかる中、皆さまにお買い上げいただき、仕事として非常にありがたかったです。北海道の小宮さんもお求めくださいました。

norasunonra (3)

 

 

小宮さんもノラスタに登場しています。探してみてくださいね!

 

 

それから皆さまは私から「商品」を買ってくださったので、もし不良品や傷物がありましたらぜひ遠慮なく仰ってください。喜んで交換いたします。本当にお願いです。どうか我慢しないでくださいね。なお、入金確認は明日以降にします。

 

 

あと、にゃん太通販のほうで多めに振り込んでくださった方がいたようです。その合計金額がおよそ1万円でした。それは私がにゃん太通販に300冊を送る際の送料として使わせてもらいました。300冊の送料が高かったので(42冊で1920円)助かりました。ありがとうございました。

 

 

次回はもいが主役です。皆さま来週もごひいきに!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





2マルク、リラックスのお茶会

さて、もいの吸引力により703号室へやってきた黒猫笑子は翌日のお茶会を経て「マルク」という名を授かり、前向きなトライアルが決まりました♪ お茶会の様子をご覧ください。

IMG_0221

 

 

卒業生実葉から譲り受けた「縁力」の強いケージにて

IMG_0218

 

 

ふふ。セット完了。いただき物のお菓子も添えています。

IMG_0217

 

 

ピンポンが鳴って出てみると、イメージ通り爽やかで素敵な女性がお見えでした。

IMG_0243

 

 

マルクをすごく気に入ってくれたようです。

IMG_0246

 

 

マルクを紹介した私も鼻高々♡

IMG_0245

 

 

里親さんに抱き着くマルク

IMG_0234

 

 

自己アピール力に長けています。甘えん坊はなにをしていてもキュート!

IMG_0231

 

 

「おひざ好きだもん」

IMG_0223

 

 

「だっこだっこ」

IMG_0222

 

 

里親さんを即メロメロにしてしまいました。やるね!

IMG_0235

 

 

遊んでもらったり、「トイレできるもん」を披露したり

IMG_0247

 

 

クスクス、和気あいあい、にっこりの2時間のお茶会

IMG_0252

 

 

マルクお疲れさまでした。おめでとう。

IMG_0250

 

 

里親さんを交えて、大事に育ててくれたあつこさんとも電話で話しましたよ。

IMG_0249

 

 

みんなあなたの良縁を喜んでいます。

IMG_0376

 

 

お兄ちゃん猫たちとのトライアルがうまくいきますように。

IMG_0375

 

 

まあ、これを見る限り大丈夫そうな気もするけれど(笑)。

IMG_0378

 

 

でも、なにごとも慎重に考えておいたほうがいいですよね。

 

 

マルクの里親さんから手土産をいただきました。ありがとうございました。

IMG_0256

 

 

話し合った結果、マルクはわが家で不妊手術&マイクロチップ装着を済ませてからのお届けになりました。5月22日にお嫁に行きます。一年前の同じ日は「ノラスタ」カバーガールのローズの卒業式でした。あれから1年経っても私は相変わらず猫を譲渡しているのですね。じゃ1年後も同じかな?

 

 

幸せになれる子が増えることを願いつつ、一歩一歩歩いています。

 

 

私は自分が日本を確実に変えているひとりであると自負しています。私にできることはだれにでもできること。さあ、みんなで「できることさがし」をしましょう!

 

 

マルクは無事に不妊手術を終えました。

 

 

里親さんには写真、動画付きで報告しています。明日迎えに行ってきますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





1マルクの笑子時代(もいの吸引力より)

ゆきりん、あまぱんとさぶのシリンジごはんのプレゼントありがとう。助かります。

IMG_0058

 

 

皆さまこんばんは。私の愛するさぶりんが無事に帰ってきました。

 

 

さぶりんの退院を祝してブログを書きたいところですが、さぶはうちの子なので保護猫優先でいきますね。でも実生活はお子たちが一番で、保護猫たちは二番です。

 

 

私は今まで犬猫に関する不幸をたくさん目の当たりにしてきました。

 

 

もともと日本の犬猫たちを取り巻く社会の歪に辟易して、17年前に保護活動をはじめたのです。自分の内なる怒りや嘆きでこの世界に飛び込んできました。

 

 

しかし、いつの間にか私は負の感情のほとんどを捨ててしまったのです。

 

 

怒りは原動力になりえても持久力にはなりえない。

 

 

結局私たちは不信感だけで生きてくことはできないと気づいて。

 

 

確かに、挙げたらキリがないほど多くの犬猫たちが理不尽な目に遭わされています。

 

 

拝金主義者、暴力、ネグレクト、殺処分、虐待、無関心、ポイ……

 

 

けれど「不幸」に踊らされて己の生産性を失うのはもったいない。

 

 

私たちが垂れ流すべきは不幸ではなく幸せだと思います。絶対にそうです。

 

 

幸せへの探求こそが持続可能の健全な精神をつくるのかもしれませんね。

 

 

「不幸など幸せのスパイスにすぎない」と、うちの卒業生たちが教えてくれています。私はこれからも幸せにウエイトを置く活動をめざしていきます。

 

 

さて、卒業生もいの吸引力のおかげで新たな出会いがありました。

IMG_7759

 

 

だれがどの角度で見ても超かわいい♡

IMG_7749

 

 

703号室に来て間もない頃の写真です。

IMG_7757

 

 

もいの希望者さんのおひとりに、この度黒猫の女の子を紹介したのです。

IMG_9964

 

 

ホワイトビューティかブラックビューティかのちがいはあれど、ビューティはビューティ!

 

 

年齢、性格、健康状態がもいと似ているのであつこさんに茨城から我が家に連れて来てもらいました。仮名は笑子(しょうこ)ちゃん

IMG_0199

 

 

キャー!

IMG_0179

 

 

キラキラでツヤツヤ♪

IMG_0178

 

 

あつこさんは私に丸投げでいいそうなので私が譲渡責任者に^^

IMG_0198

 

 

笑子ちゃんよろしくね♪

IMG_0186

 

 

お目目がこぼれそうに大きい……(感動)。

IMG_0185

 

 

まだ幼猫の頃に運よく保護された笑子。状態が悪かった笑子はあつこさんの献身的なケアで命を長らえたのです。あつこさんに見つけてもらえてよかったね。

IMG_0202

 

 

来て早々で申し訳ないけれど、明日はあなたのお茶会よ? 大丈夫?

IMG_0184

 

 

まあ、私ががんばるから笑子ちゃんはケージでくつろいでいればいいよ。

IMG_0183

 

 

然るべき場所への移動。私の保護譲渡活動の要です。笑子のお茶会の成功を祈りつつも、仮にダメだとしても私が責任を持つ形にさせてもらいました。

 

 

高い場所からお接待のあまぱん

IMG_0176

 

 

保護部屋にて

IMG_0188

 

 

猫じゃらしで少し遊んでもらう保護猫白まんじゅう

IMG_0204

 

 

お? じょうずじょうず~

IMG_0203

 

 

保護猫たちは至近距離でちゅーるをもらいました。

IMG_0192

 

 

あつこさんが撮った私がえらい汚らしくてすいません(汗)。

IMG_0197

 

 

この格好のままあつこさんと近所のガストへ行き、ゴチになりました。

 

 

保護を待つ犬猫たちがいる。ご縁を待つ保護犬猫たちがいる。保護犬猫たちとの赤い糸をさがす方がいる。うまく結べれば幸せになれる犬と猫と人が増える。

 

 

私の微々たる活動にはいい循環と希望と波及がダダ洩れです。感謝!

 

 

翌日の笑子のお茶会は次回UPしますね。もいの卒業記事も近々に!

 

 

最後に、Twitterで募ったノラスタの名入りサイン本を順次発送しています。

 

 

私に届いていたメール分はすべてお受けしました。返信しても届かない方がいるのが心配です。iさん、メールありがとうございました。iさんのことですよ。明日送りますね。神奈川県川崎市のY本さん、ご住所に番地はございませんか?

IMG_0315

 

 

どんどん派手になっていく気がする。止まらん……

IMG_0314

 

 

店では母が張りきって売ってくれています。

IMG_0296

 

 

「娘が保護した猫ちゃんの本」程度の理解はあれど、母がノラスタを読むことはないでしょう。日本語が完ぺきではない母が読むには長すぎるしむずかしいのです。もし私が母より先に逝ったら、どなたか母に読み聞かせてやってくださいね。よろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク