ラストステージに立つきみ


703号室を応援してくださっているピチコさまが子猫あずきちゃん(4ヶ月・ウイルス検査マイナス)の家族募集をしています。くわしくはこちらをご覧ください。

timgc241005-1timgc241005-6

 

 

やさしいピチコさまに保護されたあずきちゃんが良縁に恵まれますように。

非公開コメントでのお問い合わせも大歓迎。気になる方は私にご連絡くださっても大丈夫です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、怒涛の日々ですがようやく資料作りのメドが立ちました。我ながらまあまあのデキではないかとうぬぼれています。とは言っても表紙を入れてもA4用紙5~7枚程度。大騒ぎした割にはボリューム感に欠ける感じですが、なにごとも簡潔がいちばん!(笑)。

 

 

ブログネタがたくさん溜まっています。

 

今夜はなにを書こうかな?

 

 

「お母さんの書きたいこと書けば?」

IMG_6023

 

 

あまぱん、そうだね。

 

じゃあ、SALAの近況にしようか。

 

SALAが我が家に来てから、私はもと飼い主さんと数度お会いしました。写真を持って私が訪ねたり、偶然会ったり。先日はあちらから連絡をくださり、プラムをいただいたのです。

IMG_6608

 

 

もと飼い主さんは明日SALAに会いにきます。SALA喜んでくれるかな?

IMG_6606

 

 

ひさびさの再会を前に女子力を高めないと。チチがお風呂にいれてくれました。

IMG_6658

 

 

ドライヤー中のSALA。涼しくなってきたからしっかり乾かします。

IMG_6664

 

 

SALAは完全介護が必要です。ひとりでは寝返りも打てず水も飲めません。

 

脳転移の影響か? 何時間でもずっと鳴きつづけています。

そのたびに寝返りさせたり撫でたり声をかけたり。

要求がなくただ鳴いていることも。同じ声調をリピートするので神経の異常を疑っています。

ちなみに痛くて鳴いているわけではありません。痛いときは別の鳴き方をします。

「キューン」

「キャンキャンキャン」

とかね。

 

昼夜なく吠えるSALAの声が近所迷惑になっているのを知りつつも、どうしたらいいか?

 

安定剤を飲ませると落ち着くこともあるので、少しおとなしくしてくれている間に家事やお子たちの世話を済ませています。これがなかなかたいへんで^^;

 

チチも面倒を見てくれています。

 

週末の1日はチチに任せて外出できるので大助かり。ありがたいです。チチも私も連続睡眠ができないのが目下の悩みですが、日に日にSALAが愛おしくなるのもまた事実。

 

食欲は風前の灯。だましだまし食べさせていますが、食べれる量は徐々に減っています。

 

強制給餌をするつもりは毛頭ありませんが、SALAが完全に食べ物を受けつけなくなるまでは食べてもらう努力をしていきたいです。なになら食べられるのか考えながら。

IMG_6611

 

 

もうすぐ私の仕事がはじまります。

 

本音を言えば仕事よりSALAが大事です。でも社会人としての責務があるので行くしかありません。私の仕事の間、SALAは病院でemi-goに看てもらう予定です。

 

仕事をしないと家計を維持できないし、仕事のために入院させるのは不経済かつ不本意だし。なんか、いろいろね……。けれどお留守番できないSALAを家の中に置いて不自由な思いをさせるのはいやなのでSALAにとってのベストを考えていきます。

 

SALAの吠える声を動画に撮ってみました。

 

 

※音量に気をつけてください。

 

鳴きはじめるとこんな感じ。動画を撮るためにしばし呼びかけに応えていませんが、普段は姫のもとへすっ飛んでいくので自分の生活がままならない(笑)。下僕の域ですね。

 

楽しいだけではないですが、私は自分の選択に微塵の後悔もありません。

そしてくりかえしますが、すべては私の自己満足です。

 

闘病、介護の断片だけを皆さまにお見せすると、「かわいそう」と誤解されるかもしれませんが、SALAは穏やかに眠っていることもあります。顔にベロベロチュウしてくれることも。

 

SALAはどうだか知りませんが、私はSALAが好きです。家族になれてうれしい。

 

SALAは今動物としてのラストステージに立っています。

 

「老い」や「病」は苦しいこともあるでしょう。

 

しかしそれを含め私は「生きる」って尊いと思います。

 

SALAはすばらしい犬です。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • anny703

    うさねこさま
    銀ちゃんはとっても幸せだったと思います。うさねこさまの文章を拝見していればだれにでもわかることです。
    仰るとおりどんなにやっても足りないですよね。私もじゅうぶんだったかどうかはわかりません。
    コメントのお返事が遅れた間にSALAが逝ってしまいました。とても悲しいです。
    SALAとの縁に心から感謝しています。

  • うさねこ

    ハハさま、チチさま、SALAちゃんの看護ありがとうございます。
    SALAちゃんを看ながら、他の子のお世話、里親様探し、身体がいくつあっても足りないと思います。吠えるSALAちゃんに向き合って精神的にもきついことと思います。
    糖尿病の銀を看取って1ヶ月が経ちました。SALAちゃんのことを読んでは、仕事や母の入院を理由に最終ステージだった銀をちゃんと看てやれなかったのではないか、いえ、看てなかったと後悔の念が押し寄せます。きっと、どんなに手をつくしても後悔はあると思うのですが。それでも、亡くなる3時間前までごはんを食べてくれたことが私の心の支えです。
    ハハさま、チチさま、ご無理をなさいませんように。と、言ってもそれが無理なことは承知ですが、たくさんのお子のためにどうぞご自愛ください。

コメントを残す




*