舌の力


書きたいことが山ほどあるのですが、今夜の主役はさぶとSALAでいきます^^

次回はシナ&モンのお届け記事、そしていせやんへとつづきます。

いずれも「幸せいっぱいの卒業」ですのでご安心ください。

 

闘病記録のような内容は読んでいて気が重いかもしれません。

だから無理しないでどうぞスルーしてくださいね。

ただ、私にとっては今のこの一瞬も大切です。

犬猫の一生は若く元気のあるときばかりではないですものね。

 

まずは保護当時から慢性腎不全ステージ3のさぶ。腎臓を患う猫が多いですね。猫の死因の第一位が慢性腎不全だと言われているくらい。でも慢性腎不全は長くつきあっていける病気なので私はさぶのケアを楽しんでいます。

 

さぶは食事療法、ネフガード、Dフラクションプレミアムのサプリメントのほか、セミントラ(薬)を飲ませています。くわえて週に2度の補液を自宅で行っています。暴れるので針を刺す際はチチとふたりがかりでしたが、なんと最近はひとりでできるように♪

 

脱衣所で補てい服を着せ、説得します。

 

「さぶくんさぶくん。ちょっとだけちくっとするよ? お願い。じっとしててね」

 

 

「どうしても やるのか?」

pagae (3)

 

 

精神的余裕がないのでいい写真が撮れませんが、じっとしてくれています。

pagae (12)

 

 

「おれ やるときはやるからね」

pagae (13)

 

 

終わったあとの流し目のドヤ顔がイケメンですね。さぶ、ありがとう。

 

 

そしてSALA。金曜の午後お迎えに行ってきました。

pagae

 

 

ICUで姫待遇。私に気づいて「お? 帰る?」の一枚

pagae (2)

 

 

モルヒネパッチをはってもらっています。効くのはだいたい72時間未満と伺いました。

pagae (15)

 

 

陰部からの膿は2種類の抗生物質で様子を見ることに。抗がん剤、ステロイド、胃腸薬を合わせると結構な量の薬ですが、好物に混ぜちゃえばペロッと平らげてくれるので助かります。

 

ステロイドなどはすでに減量の方向へ向かっています。

 

病院へ連れて行くのが大がかりなので先生と相談。容態に変化がなければ今後基本は自宅で療養させてもらうようにしました。

 

SALAは入院中にたくさんの検査を受けました。

検査の結果、残念ながらガンは確実に進行しているようです。しかしこうしている間もSALAのいい細胞がSALAの悪い細胞と闘っていて、SALAはちゃんと生きています。体を動かすときは辛そうですが、安静時は穏やかな寝息を立てることも。めちゃくちゃかわいいですよ。

 

 

帰りの車の中。タンカーがあればひとりでも運べます。便利グッズがありがたい。

pagae (14)

 

 

SALAのごはんは手作り食が中心。とは言っても、冷蔵庫のあまりものですが^^;

pagae (4)

 

 

SALAごはんできましたよ? どうかな?

pagae (5)

 

 

なんかにおいがするでしょう?

pagae (9)

 

 

食べはじめてくれました。まんざらでもなさそうです。

pagae (6)

 

 

具がちょっと大きかったね。ミキサーで粉砕した方が食べやすいかも。

pagae (8)

 

 

写真では伝えられない舌の力強さ。SALAは苦しい病の中にいても生を探求しているのですね。

pagae (7)

 

 

SALAちゃん完食! 食べれるうちはいっぱい食べてください。

pagae (10)

 

 

しんどそうな表情を見るたびにいろんな気持ちが交錯します。

pagae (11)

 

 

痛いのはSALAであって私ではありません。代わってやることができないです。

けれどSALAが力強く舌を動かしながら自力で食べているうちは、それがSALAの意思だと思って補助していきたいです。

チチも率先してよく面倒を見てくれています。

SALAを抱っこするのは私よりうまいかも。

 

毎日ドタバタですが、なるべく明るくお子たちをケアしていきますので、皆さま懲りずに遊びに来てくださいね。10頭から7頭に減ったので余裕が生まれています。

 

しばらくはべべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、SALAで暮らしていきます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*