さようならジャン


皆さまこんばんは。今日もまずはひかるの様子からお伝えします。

リジン(サプリ)をふりかけたひかる氏のごはん(ドライフード:ロイヤルカナンインドアキャット ウエット2種:イナバ缶)
クリックすると元のサイズで表示します

ケージの中で食べさせずにケージの外で食べさせる作戦。

ひとり引きこもった食事はやめて、外食してくださいね。

私と語らえば、きっとごはんがおいしく感じられるよ♪

ケージから無理矢理引きずり出すことはまだできない私。

まずはおもちゃで釣ります。
クリックすると元のサイズで表示します

一眼レフだと驚くようなので、最近はもっぱらスマホで撮影。画像が荒いのはご勘弁ください。わかりづらいかもしれませんが、ひもつきの猫じゃらしだと夢中になって遊んでくれます。
クリックすると元のサイズで表示します

少しすると安心するのか好奇心が増すのか、ケージから出てきます。ごはんは私のすぐそば。じっとひかるが近づいてくるのをウキウキしながら待ちます。

やった 食べ出した! むしゃむしゃ、いい勢いです。
クリックすると元のサイズで表示します

ブラッシングのご奉仕
クリックすると元のサイズで表示します

ケージから出てくると、普通にさわれます。チチがいなくても。チチはいつでもどこでもさわれるけど、私はあと一歩。ひかるは私よりもチチを信じているから。でも着実に距離を縮めています。しばらくは私がごはん係だから、ひかる、よろしくね。

食後、すぐにケージに戻るかと思ったけど、今日は一緒に遊んでくれました。消化にわるいからちょっとだけね。はじめからなれている猫ならこんなシーンは当たり前かもしれないけど、シャイなひかるのこういう姿はぜーんぶ“晴れ姿”だと思います。だから感慨深さもひとしお!
クリックすると元のサイズで表示します

画像が荒い写真を並べて自己満足の世界に浸ってますけど、皆さまも喜んでくれたらうれしいです。

ひかる、今日は★5つのおりこうぶりでした。

ひかる大好き^^

★★★ありがとう★★★

MIHOさんが703号室の保護猫たちに大量の猫砂を送ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

わーいわーいMIHOさんありがとう。助かります。保護猫たちに使わせてもらいますね。

MWさまより先日ゴンタへのお花代をいただいた際にドリンクも入っていたのですが、写真を撮るのが遅くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。お酒や二日酔い関係はチチへ、ですね(笑)。いつもすみません。R-1は私が飲ませてもらってます。おいしいしお腹によさそう♪

最後に、書くのが辛く数日間ご報告していませんでしたが、卒業犬ジャンが天国へ旅立ちました。ゴンタ同様、平穏な旅立ちだったそうです。

ブログには書かなかったけど昨年会いに行ったんです。

これはその時撮った写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンは、去年の4月に肝臓ガンが破裂し危篤状態に陥りました。里親さん(ご主人)から深夜電話をもらった時は、本当に覚悟したんです。ご主人も、もって2~3日だろうって。

その時すでに全身にガンがまわっている状態だったジャンは、奇跡のがんばりをみせ、なんとそれから約1年も生きました。すごいことです。ご家族の愛に応えたとしか言いようがありません。

まだ若いジャンが旅立ったのはとても残念です。卒業生の死は心が痛みます。だけど、ジャンのご家族がどれほどジャンを愛してくださったかを知っているので、無念ではありません。

前の飼い主のせいで患ってしまったフィラリアの手術、ガンの手術、まだ日本では珍しい免疫療法、食事やサプリに気を遣い、歩けなくなったジャンの介護を毎日毎日……。

あらゆる面でいったいどれだけ大変だったか。

犬猫と暮らす私には容易に想像できます。

だけど里親さんはいつもこう仰います。

「ジャンが喜ぶなら」

「ジャンのためなら」

「ジャンと暮らせてよかった」

「ジャンを私たちに託してくれてありがとうございます」

と。

そのたび、私は頭を垂れ、ただただ里親さんに感謝の気持ちでいっぱいで、もうどうしたらいいのか。

もともとアウトドアのご一家なので、ジャンは元気な頃からたくさんお出かけしていました。病気を患ったあとも、ジャンの体調をみながら、いろんな場所に連れて行ってくれた里親さん。ジャンほど幸せな犬がいるでしょうか?

闘病中でも、ドッグランは欠かせないよね。これは私のデスクトップに保存してある大好きな1枚です。ジーンズ姿のかわいいこと!
クリックすると元のサイズで表示します

遊び疲れて眠るジャン
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンの病気なんか、どっか行っちゃえばよかったのにね。

正直、若く逝ったジャンの命が惜しすぎて苦しいけど、ジャンはいい犬生だったと思います。ジャンのご家族が全身全霊でジャンとジャンの病気と向かい合い、 闘い、ジャンを守ったのですから。ジャンの里親さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。お二人のおかげで、ジャンは犬らしく生きることができま した。

多くの犬猫たちが幸せになれることを祈って、合掌。

スポンサーリンク





コメントを残す




*