ジャン2


つづきが遅くなりました。teacupの管理画面がメンテナンス中だったので、更新できませんでした。

術後、容体が急変したジャンですが、輸血が功を奏しました。黒木先生が泊まり込んでケアにあたってくれたおかげもあり、なんとか持ち直したのです。でも、また悪くなるのか? そればかり心配で、行ける日はお見舞いへ行き、行けない日は、里親さんや、emi-goと密に連絡を取り合って、ジャンの様子を見守っていました。

つとめて明るく振る舞っていた里親さんですが、その精神状態は、穏やかではなかったと思います。里親さんは、ジャンの首にしこりを発見してから、ずっとノンストップで走ってきました。ジャンのためにできることは、なんでも惜しまずやってきた方たちです。

本当にすごい気力、体力、精神力です。

数日間は、酸素室に入ったままのジャンでしたが、自力でごはんを食べられるまでに回復したので、一般病棟に移動。その頃から、里親さんに笑顔が戻り、私も、肩の緊張がほぐれてきました。

お見舞いへ行った時に携帯のカメラから撮ったジャン
クリックすると元のサイズで表示します

病院でもすごくいい子^^

あれれ? 奥にはスヌーゴンが?
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンの入院中に、病理検査に出していた腫瘍の詳細が、明らかになりました。病理検査の結果が検査センターからかえってきたのです。emi-goがメール で知らせてくれたのですが、結果については一切触れていなかったので、心に一抹の不安を抱えて、病院へ向かいました。その日も、ジャンの里親さんは、夜お 見舞いへ来ることになっていたため、私が先に病院へ行ったのです。

苦悶の表情を浮かべながら、ひとつひとつ言葉を選んで結果を伝えてくれた黒木先生の顔を、私は直視できませんでした。想像以上に、厳しいものだったからです。

今日は里親さんの顔をみて帰ろう。

ふとそう考え、病院の待合室でご夫妻を待っていましたが、急に胸が苦しくなって、待合室にはいられなくなり、自分の車に戻りました。シートを倒して、目をつむっていると、ジャンとご家族の顔が浮かんできます。

ジャンの大きな耳、スライスマッシュルームのような鼻。

うちでナナリルに怒られながらも、走りまわっていた姿。

お見合いの日、卒業の日、同窓会。

里親さんのお宅へ遊びに行った時、里親さんが私とチチに作ってくれた料理の味……。

あの麻婆豆腐の味。

あああ。

その後、病院へ着いた里親さんは、黒木先生の話を聞いて、号泣しました。

「なんでジャンばっかり!!」

私はどうしたらいいのか、なにを言えば慰めになるのかわからず、自分が伝えたかった言葉を、うまく伝えられなかったと思います。

だから、この場で伝えますね。

ジャンは、ジャンという名をいただき、ご家族の元へ巣立った時から、最高に幸せな犬です。

ジャンの里親さんは、ジャンにとっても、ジャンを保護した私にとっても、誇りに思える方たちです。この2年間、ジャンのために、どれほどのことをしてきた でしょう。ジャンはちゃんとわかっていますよ。ジャンは5歳だから、まだまだがんばれます。ご家族がどんな選択をしたとしても、その選択は、ジャンにとっ て、正しいものであり、最良の道です。

ジャンは幸せな犬です。

ジャンは幸せな犬。

愛するヤンキーくんと
クリックすると元のサイズで表示します

ベッタリいい関係!
クリックすると元のサイズで表示します

にこにこにこにこ、生きるっていいね。
クリックすると元のサイズで表示します

家族が一緒なら、全然怖くないもんね。安心しきったポーズでおやすみなさい!
クリックすると元のサイズで表示します

休みの日には、家族とアウトドアやドッグランにお出かけ三昧^^
クリックすると元のサイズで表示します

旅館にて
クリックすると元のサイズで表示します

ご主人おもしろい。もっと大きなサイズの写真だったのですが、恥ずかしがるといけないので、縮小してみました。いい写真ですね♪

家族写真。実家のご両親もジャンが大好き! ジャンは家族のアイドルです。
クリックすると元のサイズで表示します

改めて写真を並べてみると、ジャンファミリーの軌跡に感動します。

退院の日のジャン
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンは現在、家に帰って、のんびり過ごしています。抜糸の日にまた病院へ来るので、私も一目会いたいな。そして今度、ジャンと一緒にドッグランで遊びたいな。ベベナナリルも連れて。

里親さんはもちろんのこと、ジャンを担当してくれた黒木先生や、ジャンへ血をわけてくれたチョコちゃん、emi-goをはじめとする、心やさしい看護師さんの皆さまに、深謝します。

また、ジャンのことをここで紹介させてくださいね♪

皆さまの強ーいパワーが、ジャンに届きますように。

かつくん「ジャンくん、お疲れさま。ジャンくんにはいい家族がいるんだね。だからジャンくんは、強いんだね。ハハも全力で応援したいって。チチが送ったDフラクションは、毎日必ず飲んでね。だまされたと思って!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*