ぼく、少しずつだけど……


ひかるに会いに来てくださった方は、ひとつ下の記事もお読みください。また、過去記事をさかのぼればひかるの写真がたくさん出てきます。

「ぼくの赤い糸は、どこに繋がっていますか?」
クリックすると元のサイズで表示します

ひかるはずいぶん変わりました。

臆病でシャイな男の子が勇気を出して、一歩ずつ私たちに歩み寄ってくれています。チチと私は、毎日ひかるについて会話を交わします。

「ひかる、今日オレとおもちゃで遊んでくれたよ。結構長い間、夢中になって」

「おもちゃが好きそうだから、週末また買ってこようか?」

「またたびに酔った顔は、おっさんだよな?」

「誰かさんにそっくりじゃない?」

「オレはあそこまで変な顔しないよ」

「だっこしたら喉ならしながら嬉しそうに“もっと”だって。撫でてたらおしり突き上げるし、気持ちいいんだろうな」

「本当は嬉しいんだろうね」

「ならとっさに逃げようとしなくてもいいのに」

「それはひかるの遺伝子に組み込まれた行動だから、まあ、しょうがないよね」

「よっぽどな目に遭ったんだろうなあ」

「うん、そう思う」

ひかるはチチの膝の上で、私たちの会話を聞いています。

わかってんだか、わかってないんだか。

端正な顔に聡明な表情を浮かべ、なにかしきりに考えている様子。

なにを考えているのでしょう?

心と心をぶつけながら、絆を模索するひかると私たち。

外国の方と話すより、ずっと大変。

異種同士だからしょうがないけど。

ひかる、ひかるは人間を誤解しているよ。

私たちは殴ったり蹴ったり絶対しない。

ひかるがいやがることはしない。

理不尽に痛い思いをさせたりしない。

私たちは行動で証明していくから、どうか見ててね。

今のひかるは、怖がりだけど家庭猫として十分合格ラインです。うちのあまたんのように神経が図太く、誰にでもすぐ心を開くタイプではないけれど、気持ちをかけた分だけしっかりと応えてくれる男の子です。

夜、保護部屋から飛び出し家の中を探検するのがひかるの日課。

リビングにも足を伸ばすようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

犬が近くにいても大丈夫!
クリックすると元のサイズで表示します

この子は、いい子です。自己表現がちょっぴり下手なだけ。
クリックすると元のサイズで表示します

私は微力ながら保護活動をつづけていきたいので、スペースを確保しなければなりません。ひかるに卒業してもらわないと、次の子の保護が遅れます。だけど、 健康状態が悪い子やどうしても人間と暮らしていけなそうな子を無理矢理家族募集していないつもりです。胸を張ってひかるを送り出せるから、募集しているの です。

シャイで、FIVキャリアで、成猫のひかる。

決して条件がいいとは言いません。

でも、自信を持っておすすめします。

ひかるはかわいい。

変わろうと努力する姿は、胸を打たれます。

ひかるに対するお問い合わせを心待ちにしています。

お心ある方はどうぞよろしくお願いします。

★★★ありがとう★★★

LJママさまよりひかるとあかりに支援物資が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

フード、おやつ、猫砂、どれも助かります。LJママさま、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク





コメントを残す




*