幸多き明日へ


今日は保護猫トトロとべべを連れて病院へ行って来ました。
べべは3度目の抜糸。トトロはゲーが治らず、血液検査を受けて内臓を調べ、再度検便してもらいました。虫も居ないし、内臓も問題ないし・・・。どうして ずっとゲーしてるんだろう。。。アレルギー、胃腸炎を疑ってその治療を開始しました。お薬と食事療法で何とかなればいいな・・・。トトロ、頑張って早く良 くなって良いお家へ旅立ってね。

トトロは甘えん坊なので、絶対に卒業させなくてはなりません^^;
703号室ではべべナナリリほほあまたが常に居るので十分に甘えさせてやれない。だから早く治して募集を開始しなければ!焦らずのんびりといきたいところですが、今回は超がつく甘えん坊が相手だから、早く甘えさせてやれる環境を探してやりたいです。

ささ、本題へ♪

日曜に703号室を巣立ったコアラ(爆)の新しいお家を紹介します^^

前輝の新しいお名前は、パパママが悩みまくった挙句、幸多(こうた)になりました。素敵でしょ?本当にいい名前で、もうピッタリですよね。実は私も同じ 字で、幸多って名前良いな、次来た子につけようかな、って思っていたんですよ。だからこの名前にしますって聞いた時はちょっと鳥肌でした。次の子に幸多っ てつけようと思っていたから。私が保護犬、猫につけるのはあくまでも仮名。1頭1頭悩んでつけますが、それは仮の名前でしかありません。仮名がそのままそ の子のお名前になる事もありますが、変わる事も多い。けれど私が良いなって思った名前が幸多だから、それが永遠の名前になるのは本当に嬉しいです。

幸多のそれまでは、憶測でしかありません。

幸多が今までの事を語る事がないからです。

けれど無数の犬猫を見て来た私には何となく分かります。

毛並み、仕草、状況、身に付けていた首輪などで。
この子がどれだけ愛されて、どれだけ幸せだったか、否か。


幸多を保護した時、その首についていた赤の首輪は老朽がひどくて、もうちぎれそうでした。サイズの合わないボロボロの首輪、漂ってくる悪臭、耳の裏まで びっしり拳のような毛玉が出来ていて、繋ぎっぱなしでしばらく運動させてもらっていなかったのか、足取りもぎこちなかったです。

これだけ見ても、これまでどんな風に扱われてきたか容易に想像できる。

けれど私は、そんなことにはちっとも驚きません。

私が驚いたのは、そんな環境で育った幸多が、嫌になるくらい優しい目をしていて、明るくて、従順だった事。どうしてお前は、こんなにも真っ直ぐなの?と問いたくなる。

そして心が痛くなる。どうして笑うのと。

うまく言えませんが、何か特別な魅力を感じました。
気高いというか、寛大というか、とにかく幸多は、今までの事を全て許容していました。
心の大きな犬でした。

そんな幸多のご家族は、とても優しくて誠実なご夫婦。幸多の事を何処までも真剣に考えてくださる方です。幸多の為に色々用意してくれて、考えててくれて、 私はお会いした瞬間に心から安心でした。毎日土手へ通って世話を続け、可愛がり続けてきたチチも大喜び。それ位素敵なご夫婦でした。

そしてお宅も又素敵♪これ、マンションのエントランス部分ですが、どうですか?まるでホテルのようですよね!綺麗に手入れされた広い庭園があってとても開放的。幸多のお宅は、この高層マンションの最上階。日差したっぷりでお昼寝には最適だわと、羨ましくなりました♪


美人で優しいママと


誠実で大らかそうなパパと


行った瞬間からこの笑顔!幸多も嬉しそう^^


「僕んち、とても清潔で快適!コタツでパパママとデレデレ過ごしてます!」


そしてデレデレ過ごした後は、仲良くお散歩♪


周りの環境も素敵で、幸多が尻尾を大きく振りながら新たな生活を送って行けるのが簡単に想像できる。この出会いは、きっと神様が幸多に用意したプレゼントだと思っています。逆境に負けず、ちゃんと生きてきた犬へのご褒美。とても大きなご褒美です。

後ろを振り向かず、どうか踊るように歩いていってね。

本当の家族と出会えて良かったね。

いつまでも幸せにね。
703号室かつくん&なな

「Ⅹ91幸多とそのご家族に愛のポチをお願いします。ぼくのお顔かナナちゃんのお顔をクリックしてね。幸多くん、いつまでも長生きしてパパママに甘えてね。皆で見守ってるよ。」

スポンサーリンク





コメントを残す




*