家族の守り方


昨日は自分の病院へ行きました。肝臓のMRI。病院へ着く頃に大巻先生から電話があって、運転中だったので、有明の病院の駐車場で折り返し、べべの検査結果を聞きました。結果、一言で言うと「癌化を伴う腺腫様ポリープ」だったそうです。

つまり元々は良性の腺腫が悪性化してきたところ。転移はなく、手術で取り除けたということです。何度も言うように、手の打てる状態で見つけて本当に良かっ たです。べべは、全く自覚症状が無かったので、普通であれば見つけることは難しかったけど、定期健診へ連れて行ったから、そこで見つけることが出来まし た。人間の場合も定期健診って本当に大切ですよね。改めて痛感しました。ナナもリルもそのうち連れて行かないと。

でも、幾ら手を打つことが出来たといっても、再発の可能性は否めません。多発性の性質を持つ腺腫が怖いです。だからって、怖い怖いといって何もしないのは良くないので、今は免疫を高めるサプリを飲ませ、手作り食と療養食を混ぜて与えています。

写真を撮るほどでもないのですが^^;載せてみました。

材料はご覧の通り↓ にぼし、野菜、生鮭、チキン、ゴマやひじきなども入れます。


ご飯をグツグツ煮込んで


材料を放り込み、更に煮込んでほぼ完成!


まいたけは生の方が良いと聞いたので煮込みません。


ナナとリルはおじやのままあげます。べべは更に手を加えます。


おじやに生のまいたけ、オリーブオイル、すりゴマを加え、カリカリと一緒にあげて、食後はりんごを小さく切ってヨーグルトを少しだけ加えてデザートにして 食べさせます。食が細くて神経質だったリルがバクバク食べてくれるようになったので、それだけでもお母さんは嬉しいです♪入れる野菜はその時の気分で変 え、栄養バランスがちゃんと取れるよう考えて(いるつもり)続けて行こうと思っています。

これで少し健康になってくれるといいんですが・・・。

愛する子が病気になっても、実際出来る事は少ないのが現実です。病院へ連れて行ったり、お金を払ったり、その子が楽しいと思えるような環境を与えたり、そ の子の為にお洗濯や掃除したり。せいぜいそれ位・・・。だからこそ、出来る事は全部やりたいと思いました。後悔するような飼い方はしたくないから。べべは 私の家族だから。

出来上がったおじやに一番反応していたのはこのお方。


ダメよ。これ、犬用なの。猫さん用も勉強して作ってあげるからちょっと待ってて!


不平不満続出(汗)。


犬達は大喜び。ナナも


リリも


べべもおじやが大好き♪

 

★★★おまけ★★★

と、おじやについてダラダラ書いているけれど、今日の私はかなり忙しいのです^^;

前輝が今夜からうちに一時来ることになりました。
べべちゃんには数日間、我慢してもらい、前輝と実際暮らしてみてその癖を掴もうと思っています。何処へ連れて行っても、大人気になってしまう前輝。これ、本当なんですよ・・・。いい子いい子って、誉められまくるんです。何でだろう・・・。

去勢、歯石取り、ワクチン、シャンプーカット、フィラリア検査(結果マイナス)全て済ませました♪
私に代わって、Iさん、保護活動仲間のKさんが動いてくれて、病院へ連れて行ってくれました。本当に助かっちゃいました。だからもうピカピカ♪

この写真の頃が懐かしいって思う位美男子になりました^^


夜、食べれるわよ。
前輝も、おじや食べようね♪

と、これで終わらないのが703号室。

もうひとり来ました(涙)。

朝からその方の保護、保護後は病院へ走ってワクチン、血液検査、フロントラインなどのケアに追われ、今ようやく一息ついています。夜前輝が来るまでの間掃除を済ませて1時間寝たい。。。寝れるでしょうか。私は・・・。

名前は大巻先生が付けてくれたので、それも後日書きますね。
今日は、ちょっと疲れちゃいました(笑)。

スポンサーリンク





コメントを残す




*