三重まるっ! (こま吉おめでとう)

愛する皆さまこんばんは^^ いろいろ吉報があります。保護猫ジョイの家族が決まりました。

 

応援してくださった皆さま、このたびもありがとうございました。ジョイについては改めて書かせてください。今日はデカ円改め「こま吉」の正式譲渡をいっしょに祝ってほしいのです。

 

 

昨年の10月、捕獲箱でゆううつそうにしていた大きな男の子

kabe-3

 

 

 

その後病院で暴れ(スタッフは猛禽類のケア用に作られた手袋でお世話していたという^^;)、703号室でも数ヶ月怒りっぱなしだったのがなつかしいです。

 

 

3か月のロングトライアルを経て卒業しました。

 

 

トライアルに出かけたときの記事はこちら1こちら2をお読みください。

 

 

FIVキャリアで屈強だったこま吉をあたたかい手で迎え入れてくれたきちこさんとご主人に感謝。ある程度人慣れしてからの譲渡ですが、実はたいへんだったと思うんです。

 

 

室内に盗撮カメラを設置してお仕事に出かけていたおふたり(爆)。

komapm-9

 

 

 

お宅は楽しげなグッズが溢れています。使い心地よさそう~!

komapm-8

 

 

 

その甲斐あって今こんなですよ♪

komapm-16

 

 

 

ご主人(hisrockさん)とラブラブ

komapm-18

 

 

 

ふたりの世界

komapm-17

 

 

 

ベッタリ甘えていました。

komapm-19

 

 

 

遊びに行ったチチ、私、妹は完全に部外者で

komapm-5

 

 

 

私たちは終始訝しい視線で見つめられていました。ごめんねー(涙)。

komapm-6

 

 

 

来客を激しく不審がるこま吉をなだめるきちこさん

komapm-10

 

 

 

いや、いいです。こういうのは慣れていますから(笑)。

 

 

M的な発言をさせてもらうと、むしろ嫌われるぐらいの方が私はうれしいです。こま吉の賢い脳内には「家族」と「家族以外の人」の二種類しかありません。こま吉が家族を持ち、家族以外を警戒することこそが私の微々たる行動の成果だと考えています。

 

 

まるっ!

komapm-11

 

 

 

三重まるっ!

komapm-12

 

 

 

高熱を出し、「お届け」に来れなかったチチも大安心の様子。

 

 

お茶やケーキ

komapm-15

 

 

 

お菓子をボリボリいただいて

komapm-14

 

 

 

しばし猫の話をしました。慢性腎不全の猫のケアの方法などです。

komapm-13

 

 

 

こま吉のお宅には、妹と私が4年前に譲渡した「ぽん吉」がいます。

komapm-7

 

 

 

ぽん吉もFIVキャリアのシャイな成猫でした。最近、ぽん吉が慢性腎不全の診断を受け、きちこさんとご主人は病院の選び方や自宅でのケアについて悩んでいたのです。我が家もナナ、あまぱん、さぶが同じ病気なのであれこれ勝手なアドバイスを差し上げました。

 

 

私たちが遊びに行った数日後、ぽん吉は入院になってしまいましたが、現在は退院し、自宅で皮下点滴を行っています。妹が極度に心配し、大量に「皮下点滴セット」を送りつけていました。もちろん、きちこさんの方でも準備し、ご主人と日々心を鬼にしてがんばっているそうです。

 

 

 

里親さんのツイッターから拝借した写真(左:ぽん吉 右:こま吉)

komapm-2

 

 

 

こま吉は困ったような表情を浮かべるんですよね。赤ちゃんみたいで萌える。

komapm-4

 

 

 

大好きな1枚。まんまる~!

komapm-3

 

 

 

きちこさんから紅茶やお茶やponkoma-2

 

 

 

紅茶やお菓子をいただきました。ありがとうございました。

komapm

 

 

 

ひと昔(10年ほど前)は「成猫」というだけで家族募集のハードルが高かったのを思い出します。それにくわえ、FIVキャリアの猫は「もらい手がほとんどない」とされていた時代もありました。キャリアの猫たちを保護した多くの保護主さんが落胆し、途方に暮れたのを覚えています。

 

 

ですが偏見を持たない善き里親さんたちによって近年はキャリアの猫たちの活路が開けています。本質を見てくださる。個々の魅力に気づいてくださる。正しい知識と勇気と行動力のある方が増えつづけていますよね。つくづく日本はすばらしい国だと思います。

 

 

自分の譲渡活動は絶望を希望に塗り替えてくれます。

 

 

尻込みせずにこれからもできることをつづけていきたいです。

 

 

はい。最後にかつに登場してもらいましょう。

 

 

天国に眠るかつもFIVキャリアの男の子でした。耳の先からしっぽの先までかわいかった。

 

 

保護動物の卒業記事の終盤にのみかつが登場します。気づいている方いましたか?

 

 

私自身へのごほうびにかつを出しているのです。かつに出番を与えられるよう、自分を鼓舞してきました。かつが発する番号は卒業した子の数でもなければ卒業した順でもなく、ただこのブログで紹介した順をつけているだけです。ブログをはじめる前から譲渡活動をしていた関係で当初の卒業生たちの一部は未紹介のまま。非常に中途半端な形になっていますが(汗)。

 

 

かつくん「ハハ長いよ。x237こま吉おめでと。ぽん吉とこま吉。とってもいいコンビだね。703号室でもよくがんばったね。独りぼっちで長いお留守番にも耐えてえらかった。すっかり家族のアイドルになったこま吉。703号室一同、こま吉の幸せを祝福しています。それにしてもみんなきちこさんちにおじゃましすぎ。ハハ、ハハの母、チチ、妹・・・・・・メンバー勢揃いで失礼しました」

1-3483

スポンサーリンク





生き甲斐

ぽんこま家に遊びに行った日のことはまたもや書けず(涙)。予定がいろいろ詰まっていて^^;

 

写真の整理を終えたので次回こそ!

 

 

今日はいい時間を過ごしました。真心を込めてお話をしました。偽りのない私の気持ちを伝えることができました。なにごとも結果は重要ですが、どのような道程をたどるのかもたいせつだと思います。抽象的な言い方でごめんなさい。近々もろもろをご報告させてくださいね。

 

 

 

ジョイおまい、新しい顔を見せてくれたね。オトナになってますますハンサム度アップです。

eiurae-2

 

 

 

夜、チチがひさびさに帰宅。遅く帰ってきても必ず「家ごはん」を食べたがるので準備でバタバタと忙しい。メニューは、厚揚げの炊き込みごはん、アサリのみそ汁、ブロッコリーやトマトなどの野菜、カレイのみりん漬け、長芋のすり下ろし、梨でした。

 

 

ナナへの皮下点滴のあと、ふたりのヒミツの会話を偶然耳にした私。

eiurae-4

 

 

 

「長生きしてね。ずっと生きてね。ナナはおとうさんのすべてなんだから」

eiurae-3

 

 

 

だって。

 

 

 

また、前はべべにすがるように漏らしていました。べべの食欲が著しく落ちていた頃です。

 

 

「食べたいものを教えてくれたらいいのに。べべはなにを食べたい? お父さんなんでも買ってあげる。べべの食べたいもの、全部買ってあげる」

 

 

夫としては「?」や「・・・・・・(ため息)」の存在ですが(笑)、お子たちにとってはいいお父さんだと思います。今はお子たちに時間も手もお金もかかる時期。だからこそ相手の言動で真意が見えやすいですが、「惜しまない」という姿勢はお互いが一致していて生活しやすいです。

 

 

同じ温度でなければ遠慮や摩擦が生まれ、それらが蓄積されるとお子たちに悪影響を及ぼしかねません。たとえばどちらかが「連れ子にやさしくしてやってる」みたいなニュアンスだと恩を着せる側と着せられる側になることもあり得ます。

 

結局、犠牲になるのは庇護が必要な非力なお子たちです。その類の苦しみは身をもって知っているので、ほかのことで夫婦間のゴタゴタがあったとしても喜んで目をつむれます。チチがお子たちのためにがんばって働いているから。

 

 

じゃっかん迷惑顔のナナ。いやだよね。酒臭いもんね。でもナナたちが生き甲斐なんだって。

eiurae

 

 

 

今週も無事に過ぎようとしています。

 

 

ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク





財産管理人

今日は3か月のトライアルの旅に出ているこま吉(デカ円)の近況を送るはずでした。先日、チチと妹とこま吉に会いに行ったのです。

 

しかしまだ写真の整理に着手していないというのろまさ。デカ円改めこま吉の様子は2~3日以内にUPします。いろいろなプレゼントも届いていますが、それもおいおい自慢させてください。

 

※ こま吉の卒業記事の紹介は「こちら1」「こちら2」をご覧ください。こま吉の同居猫のぽん吉は妹と私が地元で保護し、きちこさんちへ里子に出した元保護猫です。

 

 

今から掃除機をかけて犬猫トイレを丸洗いします。

 

 

うちは犬猫トイレを定期的にお風呂場でジャバジャバ洗っています。

 

 

大きいので洗って乾かすのは意外と重労働。でもたまにやらないと臭いが、ねえ^^;

 

 

家族募集中の保護猫ジョイは元気です。あいかわらずハイエナ行為がすごいねおまい。

zyoi

 

 

 

右からも左からも圧迫をかけられ、ゆっくり食事できないほほが不憫(笑)。

 

 

昨夜、新しい竿で大物を釣り上げました。

zyoi-2

 

 

ふふ。かわいいでしょう♪

 

↑ この写真だとわかりづらいかもしれませんが、ジョイは最近ひとまわり大きくなりました。

 

 

 

海子改めももちゃんが写っていますね。これは2か月くらい前の写真かな?

zyoi-4

 

 

 

この頃からドッシリしてきて、オトナ猫の貫禄が出てくるようになりました。

zyoi-3

 

 

 

毛艶がいいのはもとからですが、ポジティブな意味で肉づきもよくなり、ますますハンサム。カメラを構えるとビビリ顔するのが難点ですけど。

img_1126

 

 

 

ジョイが無邪気に遊んでいる姿や、夢中で食べている姿は703号室の希望です。

 

 

うちのレギュラーメンバーがみんな闘病しているゆえ、余計にそう感じるのだと思います。

 

 

病院知らずの犬猫と暮らしている方は、私が保護猫ジョイの健康を「アピールポイント」に据えていることに、ピンと来ないかもしれません。

 

 

「そんな当たり前のことをわざわざ書かなくても・・・・・・」

 

 

でも私にとって、特段手をかけなくても健康の状態でいてくれるこそが奇跡です。

 

薬を飲ませなくても、無理やり食べさせなくても、定期的な通院をしなくても、きちんと排泄し、ごはんをほしがり、ハッキリした声で鳴き、家中あちこち飛びまわる。どれだけありがたいか。

 

 

むろん、「万物無常なり」ですので、ジョイだって病気をしないとは限りません。けれど私の想像ではそれはだいぶ先のような気がするのです。

 

 

空のお皿を必死に舐めるジョイの顔を見ていたら、無性にくすぐったい気持ちになりました。

 

 

(ケージの中限定ですが)お腹を出して寝たりもするんです。証拠写真を撮ろうと近づくと、すぐに我に返って起き上がってしまいますが、私はジョイのヒミツをいくつも目撃してきました。

 

 

自己の感情を表現することに長けた猫はごまんといます。

 

 

人の心を射貫く術を知っている猫も仰山います。

 

 

ジョイはそこでは負けます。人見知りするし、慎重で、不器用だから。

 

 

でも、ほかのお友だち(犬猫)にやさしく接することができます。控えめではありますがジョイは信じた人に甘えてくれます。喉を鳴らします。いっしょに遊ぶと喜びます。長いお留守番をさせても、文句を言わず静かに私の帰りを待っていてくれます。ケージもいやがりません。

 

 

つまるところすべては「一長一短」ですかね。

 

 

未来のご家族の手にジョイを託すまで、私は彼の財産をたいせつに守っていきたいです。

 

 

ジョイの財産すなわちジョイの健康。

 

 

ジョイ、今日もいっぱい食べなさい。そして食べる顔をこちらに向けなさい。その顔を見て私は力をもらうから。こういうのWinwinの関係っていうのかも。いつもありがとう。

 

 

I LVE JY!

 

 

スポンサーリンク





慢性腎不全の猫と走る道のり

今日は朝から幸せでした^^

 

最近、チチ不在の日はチチの部屋の寝具をすべて洗い、チチの部屋で寝ることにしています。

 

理由はベッドが大きいから。体のコリがほぐれる気がするのです。

 

お子たちを無理やり誘わず、私だけそ~っとチチの部屋へ移動。

 

 

今朝、目を覚ました私は右腕あたりにあまぱんとさぶのぬくもりを感じました。

 

左側を見るとリルがデーンと伸びています。

 

ベッドの足元にはナナが控えめに横になっていました。

 

ひとりで寝ていたはずなのに、ナナ、リル、あまぱん、さぶが同じベッドにいる。

 

 

「いつの間に・・・・・・」

 

 

ベッドから降りると、ベッドのすぐ下に犬ベッドをくわえ運んできたべべが寝ていました。べべの横のラグにはほほが。私が夢見ている間に、寝室にレギュラーメンバー全員集合。

 

 

不思議。あなたたちお母さんのそばがよかったの?

 

 

うちは総じてなかよしですが、それぞれの相性が特別にいいというわけでもありません。なのにメンバー同士所狭しと転がる姿を見て「家族の絆」を感じました。みんながみんなを無意識に求めているんだと思いました。私を中心に円を描いたような形になっていたのがうれしかった。

 

たいへんなこともありますが、いえ、むしろ正直なところ、たいへんなことの方が多いこの頃ですが、全部吹っ飛びました。お子たちをもっとたいせつにしていきたいです。

 

 

振り返れば私はつい義務的な発言が口癖になっていたかもしれません。

 

「~~(投薬など)しなくっちゃ!」

 

「あああもう~~(散歩など)をする時間だ」

 

「次は~~(ごはんなど)だ」

 

 

お世話が習慣化し、重い腰をあげる真意をいちいち深く考えなくなってしまったのです。

 

 

「~~しなくっちゃ」の先にある言葉を想像してみる。

 

 

「べべと生きていきたいから薬あげなくっちゃ」

 

「ごはんを食べさせないとほほがお腹をすかせちゃう」

 

 

結局、お子たちとともに生きていきたい私が好きでやっていることにすぎないんですよね。

 

 

ところでジョイ、ジョイは来てくれなかったね? さびしかったよ。

 

 

「ぼくも行ってよかったんですか? なら今度勇気を出してみますね」

turoa

 

 

 

うん。いつでもそばにおいで。大歓迎です。

 

 

午後、湿った空気をべべと味わいに出かけました。

turoa-3

 

 

 

べべの歩幅に合わせてお母さんもてくてく

turoa-4

 

 

 

べべ、雨降るのかね? 降らないのかね?

turoa-2

 

 

 

帰宅後、メンバーをかえて車でお出かけ。向かった先は動物病院ですけど^^;

turoa-9

 

 

 

トップバッターはあまぱん。口は痛そうですが、呼吸音は安定。平熱。体重100g増!

turoa-5

 

 

 

慢性腎不全のあまぱんは腎臓の検査をしてもらいました。

turoa-6

 

 

 

つづいてさぶ。平熱。体重横ばい。さぶは腎臓を含むスクリーニング検査を依頼!

turoa-8

 

 

 

「先生 おれそろそろ帰るよ」

turoa-7

 

 

 

だーめ(笑)。

 

 

 

20分後、検査結果が出ました。あまぱんは腎臓の数値が下がっていました♪

turoa-10

 

 

 

さぶも微減です。大巻先生に誉められすっかり笑顔の私

turoa-12

 

 

 

自宅での点滴(補液)とセミントラのおかげです。100%そうです。

 

 

信じてつづけてよかった。大きな希望となりました。

 

 

慢性腎不全は猫の死因の第一位。たくさんの猫たちがこの病気と闘っていることでしょう。

 

 

私は昔、まーもを慢性腎不全で亡くしました。保護したときにはすでに最終ステージだったのです。だからさぶは早い段階で補液を開始しました。慢性腎不全は侮れない病気ですから。

 

 

保護から2年半経ちますが、さぶは数値が悪化していません。キープしています。

 

 

すごいでしょ?

 

 

私が積極的にやっているのは以下の3つのみ

 

点滴(補液)→貧血の値に気をつけながらとにかく水分を体内に入れています。

セミントラなどの血管拡張剤→投薬はこれだけですが、1日も欠かさずにつづけてきました。

計画的なモニターリング→経過観察(血液検査)を怠らずにやってきました。

 

 

ネフガードや食事管理はしていません。知らないわけではなく、しない理由があるのです。

 

ネフガードなどの「炭」は大学病院では近年特に重要視されていない傾向にあると伺いました。むろん、それぞれの病院の方針があるので私の書いていることは「絶対」ではありません。

 

うちはなぜか炭を混ぜると吐く確率が上がるので、いったんやめて様子を見ています。

 

それから食事には気を遣っていますが、完璧な「食事療法」がむずかしい状況です。

 

なんでもおいしそうに食べてくれるタイプの子なら迷わず腎臓サポート食だけを与えますが、口の痛みが深刻なあまぱんも、元来食の細いさぶも、私が食事療法にこだわればこだわるほど痩せ細ってしまいます。大巻先生と相談の上、シニアフードやおやつをじょうずに使いながら、食べたいものを気持ちよく食べさせて体重を維持する方法に切り替えたのです。

 

それがうちの場合に限ってはとってもよく合っているようで、数値の安定に繋がっています。

 

 

あまぱんとさぶの診察および検査、セミントラ2本、べべの2週間分の薬を出してもらって33,660円。このほかに駐車場が600円。いつもだとついでに病院で点滴をお願いするのですが、節約したいのでやめました。病院だと2匹で約5,000円弱ですが、自宅でやれば2匹合計で1,000円程度で済むのです。闘病は長い旅路ゆえ、切り詰められるところは切り詰めないとね。

turoa-11

 

 

 

お子たちはがんばっています。でも、死闘という雰囲気ではありません。

 

 

ゆったり穏やかに、それぞれの病気を受けいれ、向き合ってくれています。

 

 

支えているつもりが、こちらが大きな勇気ばかりをもらって・・・・・・日に何度も思うのですが、ほんとうに私にもったいないほどすばらしい子たちです。皆さまのお子もきっとそうですよね。

 

 

ああ。世界中の万物に感謝の気持ちです。

 

ドキドキしていたから、なおさら。

 

 

これからもしぶとくお母さんのそばにいてほしい。不死鳥のごとく。

 

 

スポンサーリンク





新鮮なのください

直木賞作家の森絵都さんより新刊が届きました。森さん、いつもありがとうございます。

mikazuki-6

 

 

ボリュームある一冊。絶対骨太でおもしろいにちがいありません。読むのが超楽しみなんですけど。また魂を込めた感想文を森さん宛に送りつけようと思います。

 

 

ちなみに今私が使っているノートパソコンは森絵都さんのお下がり。長い間使っていますが、ぜんぜん故障しません。まだしばらくお世話になる予定です。

 

 

「ハハってずうずうしいんですね。その黒いパソコンももらいものですか?」

mikazuki-2

 

 

 

いや~ ジョイそうじゃないんだよ。

 

 

3年以上前の話だけど、当時は割と家計が厳しく、そこへ急にパソコンが壊れちゃったもんだから天女さまが使ってないパソコンをゆずってくださったの。

 

森さんその節はほんとうに助かりました。森さんのお下がりパソコンを使ってたくさんの卒業生を排出したのでちょっとは恩返しになったかな?

 

 

「なるほど~ そういうことですか。ハハ物はたいせつに使いましょうね」

mikazuki-5

 

 

 

おまいもね。爪とぎとかオモチャとか壊さないでたいせつに使ってください。わかった?

 

 

「ぼくひとつも壊したことないけど?」

mikazuki-4

 

 

 

そうだね。たしかにジョイはいたずらや破壊しないよね。

 

 

「遊び方も上品って言われます」

mikazuki-3

 

 

 

え、だれに?

 

 

おまいほとんど私の前でしか遊ばないのに、だれに言われるの?

 

 

 

「ぼき」

mikazuki

 

 

 

笑。そっか。ジョイをほめて育ててくれて、ほほありがとう。

 

 

さて、掃除も終わったことですし、買い物にでも出かけますかね?

 

 

明日はあまぱんの通院。どうか腎臓の数値がひどく悪化していませんように。

 

 

最後に、あまぱんの不経済な水の飲み方を皆さまに告発して更新を終えたいと思います。

 

 

どうしてもこうしたいらしい。

mikazuki-7

 

 

 

やめてほしいのですが、ピンクの舌をちょろっと出して水をすくう姿がかわいいので

mikazuki-8

 

 

 

あまぱんのやりたいようにやらせています。

mikazuki-9

 

 

 

スリムになったでしょ? でもがんばって病気と闘っていますよ。

mikazuki-10

 

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク