七色 22、センターに七色


皆さまこんばんは。ステイホーム期はスーパーでの徘徊が日課となっています。

 

 

左のカゴが猫用品、右のカゴは人間のごほうび。カルカンパウチの安い日のお店はまさに楽園♡

000123 (2)

 

 

ネットでの買い物が苦手の私は、出先でのちょこ買い率が高いのです。

 

 

「エコバッグの中身はわたしのごはん?」

000123 (7)

 

 

「わたし 授乳中だからお腹が減るの」

000123 (5)

 

 

うん。そうだよね。いっぱい食べようね。

 

 

子猫たちも少しずつ猫用のフードに口をつけています。

 

 

ほかの幼猫に比べると(完全な)乳離れが遅いかもしれません。しかし、母乳に勝る栄養はないので、無理に離乳をさせようと思わなくなりました。ご覧のとおり、しっかりと育っているしね^^

000123 (9)

 

 

七色はちゅーるが大好きなので、毎日あげています。

000123 (6)

 

 

こちらはだいぶ前の写真。子猫たちが小さいですね。

000123 (1)

 

 

ベッドを子猫たちの譲るやさしい七色

000123

 

 

まあちとうりはベッドにて。トマ玉はアンカーの上の特等席

000123 (3)

 

 

出産してから子猫たちに自分の多くを捧げてきた七色ですが、昨夜私は七色のうれしそうな顔を見て感動しました。そのシーン撮影しようとしたのですが、カメラを出すのが遅れ、残念ながら証拠写真や動画をここに提出できません。ちょっとあとにパチッと撮ったのがこちら↓

000123 (10)

 

 

長男まあちが、両手で七色の顔を器用に包みながら、七色にグルーミングをしてあげていたのです。

 

 

七色が子猫たちを舐めている姿は数えきれないほど目撃していますが、逆ははじめてのこと。

 

 

私の目には、七色が息子のまあちに甘えている風に映りました。

 

 

まあちがオトナで、七色が子どもの表情だったのです。立場が逆転の……。

 

 

七色は本当に穏やかで気持ちよさそうでした。

 

 

七色はちゃんと報われているのですね。七色の惜しみない愛情が、おチビさんたちに伝わり、まっすぐに育っているおチビさんたちからも返ってきているんだ、と感じました。

 

 

私にとっては、奇跡のようなできごとだったのです。

 

 

七色、あなたはすばらしいね。心から尊敬しています。

000123 (4)

 

 

センターに七色、両端に七色の愛の結晶たちを添えて♡

000123 (8)

 

 

PS 七色に一生けん命キレイキレイのお手入れをしていたまあちですが、10分も経たぬうちに乳首側に移動し、七色のおっぱいを吸いはじめたこともつけ加えておきます(笑)。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す