だいふくの、心を洗ってくれるご縁1


皆さまこんばんは。本日の主役は、保護猫まなぶ改め「だいふく」で、話題は、最近私のいっちば~んうれしかったできごとについてです。はい。もう皆さまおわかりですね?

 

 

だいふくの譲渡ですよ♡

0012 (12)

 

 

※だいふくのお見合いの日の様子は、こちらをご覧ください。

 

 

だいふくが我が家でのんびりと過ごしていた頃……

0012 (10)

 

 

里親さんはお迎えの準備に大忙しでした。愛を感じる大きなケージ、いいですね。

0012 (2)

 

 

何度もLINEで状況を教えてくださった里親さんのおかげで、安心のお届けとなりました。

0012 (3)

 

 

キューピットのあゆむもありがとうね♪

0012 (4)

 

 

そして、保護猫あゆむも今月中に703号室を巣立ちます。

0012 (5)

 

 

「ハハ ぼくのあたらしいおうちは ごはんたくさんくれるんですかね?」

0012 (6)

 

 

うん。体調を害さないレベルで甘やかせてくれるんじゃないかな?

 

 

そうそう!

 

 

里親さんはすでにだいふくをFIVキャリアの猫さんでも入れるペット保険に加入させたのです。

 

 

行動力がすごいですね。

 

 

深い考えや責任感の強さにも好感の持てる、本当にやさしくてあったかいご夫婦です。

 

 

おふたりにお会いして、私はだいふくの幸せな未来を簡単に想像できました。

0012 (7)

 

 

いろんな意味で大丈夫だと思います。

0012 (8)

 

 

あとは徐々に馴れていくだけだよね。

0012 (11)

 

 

だいふく、保護猫七色とも仲よくしてくれて感謝しているよ。

0012 (1)

 

 

だいふくは都内のマンションで、当面、ひとりっことして生きていきます。

 

 

里親さんは、もし、次に保護猫を迎えるとしても、私から迎えたいと仰ってくださいました。

 

 

いただいたお手紙を読みながら、心を洗ってくれるすばらしいご縁に涙が出ました。

 

 

もちろん、だいふくはどこに出しても自慢できるお子ですが、以前も書いたとおり、正直、FIVキャリアの保護猫さんは、もう少し時間がかかると腹を括っていたのですよ。

 

 

なのに、こんな早くに夢みたいないいお話を……生きる上での大変なごほうびとなりました。

 

 

大師前どうぶつ病院を経由していますが、だいふくはうちと同区内にいた男の子です。地元の外猫さんたちが一匹、また一匹と安住の地を得ていくのは喜ばしいことですね。

 

 

703号室一同、だいふく家の健康と多幸を祈っています。

 

 

だいふくおめでとう!

0012 (9)

 

 

次回はだいふくの新居に皆さまをご案内します。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

にっこりで、LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す