カップル誕生

「わたちに こうべをたれる しもじもの 民どもよ」

IMG_3663

 

 

「さぶにい 青い目を灯台のごとく光らせ わたちを守るがいい」

IMG_3651

 

 

フリータイム中の保護猫萌乃は元気いっぱいです。

 

iPhoneで撮った萌乃の写真を拡大してみたのです。

IMG_3656

 

 

あの~ おでこにくっきりじぶんのイニシャルが!!

驚愕の事実です。

 

M

 

なんとまあ……

 

「萌乃(もえの)」の仮名はたまたま偶然つけたのですよ。

 

「M」はまったく意識していませんでした。

 

なのにすごいことです奥さん!

 

自己紹介しまくりじゃないですか!

 

もちろん名づけ権は里親になってくださった方にあるので名前が変わってもぜんぜん大丈夫ですが私にとってはうれしい発見でした。

ツイッターでアイラインやノウズシャドウもかわいいと評判の萌乃は現在家族募集中です。

 

 

「ハハちゃん 今日はおれが主役だよな?」

IMG_3688

 

 

昨年9月に保護した「いせやん」。

正直、これまで本当に苦労しました。

過去に保護した攻撃性の強い猫たちの中でも極めて異例の屈強さ。

引っかくし噛むし威嚇もすごいのです。

 

ウー!

シャー!

タッ!

 

何度かチチが血だらけになりました。

ほかの保護猫たちは無理やり触らなければ同じ部屋にいられるのですが、いせやんはちがいました。いせやんのいる部屋に入った瞬間、こちらに向かって襲ってくるのです。

 

情けない話、一時期私はいせやんのいる部屋に入るのが億劫でたまりませんでした。

どうにか洗濯ネットに入れてしまえば触れるものの、それ以外はどうしても無理で。

 

チチもお手上げ状態でいせやんの「人馴れ」を半ばあきらめていたと思います。

 

ところが数ヶ月前、ふと閃いていせやんとあまぱんを一緒にしてみたところ、いせやんがあまぱんに激しく甘える意外な姿を目の当たりにしたのです。

いせやんはさぶと大喧嘩になりましたし、ほほをいじめました。ほかの保護猫たちにもずいぶんいばっていたのです。でもなぜかあまぱんにだけは従順で。

あまぱんといると機嫌がよくなり大胆に喜ぶので、あまぱんをさわるついでにどさくさに紛れていせやんにタッチしたら成功。そのうち、あまぱん同伴の条件つきでさわらせてくれるように。いせやんの保護以来私ははじめて希望を感じました。

あまぱんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

しかし!

 

ここからがむずかしい。

 

あまぱんなしだとまったく人をよせつけないのです。

あまぱんがいるのといないのではキャラが180度ちがう。

 

おそらく彼も突破口を探していたんでしょう。

人と仲良くなれる糸口を。

けれど、体に染みついた「人間不信」と「咄嗟の攻撃(防御)」の鎧は想像以上にかたく彼の心と体を覆っていたため、彼自身も、私も、大きな壁にぶち当たりました。

 

あまぱんを介してのみ、お互いが歩み寄れる。

いせやんも私も、あまぱんというクッションに依存し、守られながらコミュニケーションをはかっていました。

 

次の一手が……出てこない……。

 

悶々と時間だけが過ぎて、気づけば焦燥感すら薄れ……。

 

 

えーい! これじゃいかん!

 

悩みに悩んだ私は、冷静に分析して導き出した作戦を遂行することにしたのです。

 

まずは自作の歌を明るくしつこく歌いました。

 

「だいじょうぶだいじょうぶ~♪ ぜんぜんだいじょうぶ~はーい! だいじょうぶだいじょうぶ♪ ぜんぜんだいじょうぶはーい!」

 

これを毎晩。あまぱん同伴時に歌うことに。

 

2週間くらい歌ったでしょうか?

 

やがて……あまぱんを抱っこした私が歌を歌いだすといせやんが駆け寄ってくるようになりました。あまぱんとのラブタイムを耳で覚えたのです。

たとえば缶詰を開ける音をききつけてごはんだと認識する猫のように。

あるいはピンポンが鳴ると警戒して隅に隠れる猫のように。

 

次に決戦の夜に備え用意したのは、睡眠導入剤とコンタクトの洗浄液

 

お酒でもよかったのですが、便宜上、常飲している睡眠導入剤(ちゃんと病院で処方されてます)を飲むことに。私が飲んでいる睡眠導入剤は、精神のリラックス効果があります。効きはじめると眠りにつくまでの間、心地いい開放感とともに気が大きくなる。う~ん……大胆になるといいましょうか?

 

その作用を利用することにしたのです。飲んだ量はいつもより多め。反省してます。でも大丈夫だったから心配しないでください。

 

ふだんは飲むとおとなしく布団に入りますが、この日の私は飲んだあとすぐにいせやんの元へ向かいました。計算どおり、気が大きくなっています。若干意識が朦朧として。

視覚的恐怖を克服するため、コンタクトもはずしました。

ひどい近視と乱視のため、ほとんど前方がぼやけています。

視力の悪さは、裸眼で歩くと転んでしまうレベルです。

 

これで準備は整いました。

 

だいじょうぶだいじょうぶ~♪ ぜんぜんだいじょうぶ~はーい! の歌を歌いながら茶系の塊ににじり寄る私。いせやんの表情も仕草もぼやけていて見えません。

その上、頭がぽわっといい感じにイッちゃってます。

 

よし! なにがなんだかよくわからん!

これならいける!

 

 

そして次の瞬間……

 

イメージどおり私はあまぱん同伴なしのさしでいせやんを抱きしめることができました。

 

遠のく意識の中で私は「殻を破った」と思いました。

 

 

次の朝、二日酔いに似た感覚で起床。

夕べのできごとが夢なのか現実なのか半信半疑だった私は、いせやんの元へ様子伺いに行くことに。

 

ドアを開けた瞬間、いせやんがすごい勢いで走ってきました。

私の目をまっすぐに見つめています。

 

しゃがみこんで「だいじょうぶ」の歌を歌ってみると、いせやんは私の体にじぶんの体を叩きつけるようにスリスリしてくれました。

 

「よっ! 来たか! やっときてくれたんだな。おれ、半年以上待ってたぞ」

 

 

言葉にできないほど、うれしかった。

 

 

私に足りなかったのは勇気だったんです。

IMG_3665

 

 

淋しい思いをさせたよね。

IMG_3668

 

 

これでもうだいじょうぶ。いせやん、どうもありがとう。

IMG_3678

 

 

カップル誕生^^ ラブラブになりました~♪

IMG_3684

 

 

これにはチチも心底驚いており「すげえなあ」を連発しています。

自慢ですが、チチはまだあまぱんなしのいせやんをさわることができません。

 

 

体当たりの

 

 

LOVE!

 

 

でございますが、よい子はまねしないでね(笑)。

 

次回は犬連れの春の海の記事をお送りします。楽しい週末をお過ごしください。

 

 

 

 

スポンサーリンク





703号室の六福神

東大病院関連のコメント、メール、ツイッターのDMありがとうございました! 超助かりましたし参考になりました。ブログのコメントも少しずつお返事していきまーす^^

いつもあたたかく見守ってくださっているkazさまご支援ありがとうございました♪ 非公開コメントにお返事ができませんのでこちらにて失礼します。

Aさまポストカードは郵便局のレターパックでお送りしました。お買い上げありがとうございました。

 

 

私の宝物

IMG_2149

 

 

誘拐されたらどうしようなかわいさ

IMG_2768

 

 

あなたたちがいてくれるから毎日を楽しく過ごせています。

IMG_2769

 

 

晴れの日も曇りの日もそばにいてくれてありがとう!

IMG_2741

 

 

深い縁と固い絆で結ばれた

IMG_2742

 

 

私の尊い家族たちよ

IMG_2735

 

 

KISS!

 

 

 

本日は体調不良ゆえこれにてドロン~!

恒例の保護猫萌乃嬢は次回颯爽と登場します。

 

 

 

スポンサーリンク





私は萌乃とLOVEります

“継続は絆なり”

 

これは私の勝手な造語ですが、保護動物たちに向き合い教わった言葉です。

 

この言葉を信じて、私は毎晩保護猫萌乃とLOVEることにしています。

IMG_3566

 

 

すぐに心が通じる子もいれば、一筋縄にはいかない子も。

 

努力しているのになあ……

 

私はみみっちい人間ゆえ、思うようにいかないと落ち込むことも。

 

でもだからこそ、シャイな子と距離が縮まるのが至上の喜びになるのです。

 

 

「仕方ないの。せまい洗面所じゃ逃げ場がないから わたちは まな板の上の鯉」

IMG_3548

 

 

毎晩毎晩、萌乃とこうして過ごすのが好きだよ。

IMG_3551

 

 

束の間でごめんね。なにもかも、私の不徳のいたすところですお姫さま。

IMG_3554

 

 

この写真をツイッターに放出したらクロスした足がかわいいって言われました。萌えるー!

 

華奢な体ですし、こまめにブラッシングしているのでミニ球になってしまいましたが、萌乃の抜け毛を丸めて作った「萌玉」を里親さんになってくださる方に差し上げます。

IMG_3572

 

 

絶対ほしいでしょ? すごいほしくないですか?

IMG_3570

 

 

この子の里親さんには少しだけお時間をもらいたいのです。

萌乃が環境の変化を理解できるまでほんのちょっとでいいから、萌乃の立場になって想像してもらいたいのです。萌乃を保護したのは交通量の激しい大道路。この子は騒音の轟く環境下でひとりがんばってきました。

ごはんを持って近づいても、萌乃は簡単に私の罠にはかかりませんでした。

からあげがわんさか入ったケージを離れた場所から見つめて切なそうに泣くばかりで。

萌乃は腹ペコだったけれど、怖がりで慎重だったのです。

心の殻を閉ざすことで生き延びてきた猫なのです。

 

その萌乃が精いっぱいの勇気で私と対峙し、山を越え、LOVEってくれています。

 

尊いことだと思いませんか?

 

はじめオドオドしたとしても、すぐに「こんな子ダメだ」と決めつけずにせめて2週間~1ヶ月は慈悲深いお心で大目にみてください。仲良くなる道程で萌乃のかわいさに脱力しますよ^^

 

 

「いいからシーバもってこい」

IMG_2843

 

 

あ、はいはい^^;

小さいのによく食べるのね。

 

萌乃は家族募集中です。いつか必ず皆さまにいいご報告ができるようがんばります。

 

 

ほかにもいろいろなお子たちがご縁を待っています。

 

 

(703号室関連のお子たち)

 

家族が決まったしじみ嬢(写真:みいさん みいさん家にて)

IMG_3256

 

 

もうじきしじみ嬢はお引越しします。その前に里親さんご夫婦ともう一度お会いする予定です。

 

 

忠ねこ 天音(写真:マイ太郎さん マイママさんちにて)

IMG_3221

 

 

太陽の子 さんきゅう

IMG_3463

 

 

カミングスーンの いせやん

IMG_1837

 

 

ぜひお見知りおきの上、気楽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

☆ありがとう☆

 

超お礼が遅くなりましたが、まりおさんマイ太郎さんおいしいお菓子をありがとうございました。カメラの中に写真が入っていたので、今頃思い出して載せてみました(汗)。

IMG_2458  IMG_2568

 

 

 

最後に、ほほのことを!

IMG_3262

 

 

いろいろ迷った末、ほほのQOL向上のため東大病院へ連れて行くことにしました。

大巻先生が東大病院に予約を入れてくれたので来月行ってきます。

現在、水頭症(小脳ヘルニア)が疑われていますが、投薬などの内科的処置では予後が厳しいので思い切って中を調べてみようと。何度も先生と話し合って決めたことです。移動や通院でほほにかかる負担を最小限に留めるよう家族として最大限の努力をします。

 

これを読んでくださっている皆さまに3つ質問させてください。

 

※東大病院にかかったことのある方にお聞きします。

 

①東大病院の待ち時間は総合的に長かったですか? どれくらい待ったのか教えていただければありがたいです。

②科目によっても当然異なるのは承知していますが、費用はかかりつけの動物病院に比べどの程度のものでしたか? CTやMRI検査をしたことのある方ならなお参考になります。

③愛犬愛猫の検査で最新の医療機器無麻酔のCTをやったことのある方はいますか?

 

差し支えなければコメントください^^

 

さて、私はこれから萌乃とLOVEります。

 

今の一瞬が彼女の未来に繋がることを祈りつつ!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





最近のはなし

家族募集中の萌乃は元気です。

IMG_3475

 

 

ただいまフリータイム中の萌乃は、ケージの上に置いたベッドであまにい、さぶにいとイチャイチャしてます。ここ数日でまた私との距離が縮まりました。心を込めてお世話するとちゃんと返ってきます。近々、萌乃の近況をまとめますので萌乃好きの方はお楽しみに^^

 

 

週末はチチ、べべ、ナナ、リルと19時間お出かけしました。

IMG_3465

 

 

妹がその間猫たちのお世話をしてくれたからこそ実現したのです。

猫たちの写真をつけて近況報告もまめにしてくれました。ありがとう。

 

ブログではすっかり猫中心の生活ですが、犬たちだって大切に決まっています。

べべ14歳、ナナ13歳、最年少のリルだってもう11歳……

いつまで一緒に歩けるかわかりません。

 

 

たまにはごほうびしないとね!

IMG_3470

 

 

リル、朝の海は最高だね。この日は風もなく春の海日和でした。

IMG_3469

 

 

お出かけ記事は落ち着いたら書きます。

 

ブログの更新がなかなか現実の生活に追いつきませんが、我が家の日々の様子、703号室で愛用しているケア用品、卒業生便りをツイッターにて放出しています。ツイッターをやっている方はそちらもあわせてご覧ください♪

 

昨夜ツイッターに載せた我が家のケア用品は慢性腎不全のさぶ用の新薬セミントラ。2本目に突入しました。間で一度血液検査を受けさせていますが、CREAが微減したのです。

IMG_3525

 

 

毎日欠かさず飲ませていますが、さぶはじょうずに飲んでくれています。

 

 

通院用に買ったハードキャリーが届きました。これもケアグッズとしてツイッターにUP済み!

IMG_3538

 

 

丈夫なハードキャリーだと安心します。洗濯ネットと二重使いで安全な移動を目指します。

ちなみに、写真に写っているのは保護猫いせやん氏!

すっかり私に夢中になってくれました(涙)。いせやんのことはまとめて書きますので、もう少しお待ちください。とんでもない甘ったれですよ。こうなるまでが超長かったけど^^;

 

それにしてもいろいろとお金がかかるよのう。

まあでも、体が動くうちは働けるし、扶養家族がいるって幸せなのかも。

 

 

話は変わりますが、昨日はじぶんの通院日だったのです。今日もですけど。

じぶんの肝臓の検査結果がすごく悪くて、週に2回飲んでいた薬が毎日になりました。通院も2ヶ月に1度から1ヶ月に1度に……なんだかとてもショックでひさびさにビビリました。

実はほかにも気になる不調があり今日はそちらの検査の結果を聞きに病院へ行くのです。

行く前からすでに萎えきっています。はあ。

 

昨日、病院のあと、電車に乗ってひとり六本木に!

 

俳優座劇場で行われている震災で消えた小さな命展3へ行ったのです。

IMG_3515

 

 

命展へ伺ったのは2度目ですが、震災で亡くなってしまったたくさんの清らかな魂とそのご家族の愛と苦悩がやさしいタッチで描かれていて心に染み渡りました。

IMG_3516

 

 

アイメイクがボロボロになるのを恐れ、目にいっぱい涙を溜めながら慎重に見まわっていた私ですが、ゴンタの絵に出会った瞬間、涙が爆発!

 

立っていられないほど泣きました。

 

ゴンタだけでなく、ゴンタの土手犬仲間や私まで描かれていたとは。※ゴンタはこちらを!

 

生きている15年の間、おそらく一度も叶わなかったゴンタの「走りまわる」夢が、絵の中で叶えられていました。肉づきのいいゴンタがニコニコうれしそうなのも印象的で。

 

 

代表のうささん(右)、ボランティアのうさみるさん(左)と

gfa

 

 

ゴンタに会えてすごくうれしかったです。ありがとうございました。

 

命展はまだ開催中です。ぜひ!

 

ゴンタ、スヌーゴン、あいかわらずかわいいねえ。絵の中で会えてうれしかった。

gon (9)

 

 

一生懸命生きたもんね。大好きだよ。

079

 

 

うさみるさん、かわいいチョコとマカロンのプレゼントをありがとうございます。

IMG_3543

 

 

ほほを添えてみました。

ほほは遠くないうちに、東大病院にお世話になると思います。

最新兵器、無麻酔のCTがあると聞いたのです。キャリーに入ったまま無麻酔でCTを撮れるならほほにかかる負担が最小限で済むかもしれません。

ほほのこともまた書きますね。

 

ではそろそろ病院へ行く準備をはじめます。

 

良い一日を!

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





Touch me

今日家族募集中の保護猫萌乃は長めのフリータイムを謳歌しました。

kitras (26)

 

 

フリータイムのあと、萌乃は浴室ネイルサロンへ

kitras (27)

 

 

ピンクのリアル肉球萌えーーー!!

 

美を磨くのは女性のつとめ。長かった爪をバッサリ切り全身マッサージ&スープのおやつを堪能してもらいました。あまにいとさぶにいの同伴なし。私と萌乃のふたりきりの時間です。

 

 

さて、書こう書こうと思いながら2ヶ月経ってしまいました。

さっきようやく、キットの保護主さんから返してもらったカメラの中をみることができたのです。

ニャンニャンBOXや703号室ポストカードをお買い上げくださった方へのご報告が遅くなりましたが、私が支援させていただいた地元のTNR(8匹、最後の1匹は近隣のカンパで実現)についてもまとめますのでよかったら最後までおつきあいください。

 

キットはたいへんな姿で保護されました。当時の様子を知らない方はこちらを。ほかにも703号室ブログ右上の検索バーで「キット」と入力すると関連記事がいろいろ出てきます。

 

2月18日早朝、入院先の病院にてキットは天に召されました。

夜、キットの入院費と火葬代を保護主さんに届けるついでにキットにお別れのあいさつをさせてもらいました。その日の記事はこちらです。

kitras (29)

 

 

豆さまからもキットへの支援金をお預かりしました。豆さまその節はありがとうございました。

 

艶やかな体、穏やかな表情

kitras (30)

 

 

住み慣れたお家に戻って最後の夜を保護主さんと過ごすことに

kitras (28)

 

 

キット、お疲れさまでした。よくがんばったね。

kitras (25)

 

 

たくさんの猫を見送った保護主さんのお宅には小さな骨壷たちが……

kitras (32)

 

 

握手

kitras

 

 

白いソックスを履いたようなフワフワのお手手を、私も握らせてもらいました。

kitras (33)

 

 

キット、ありがとう。安らかにお眠りください。

 

 

ポストカードをお買い上げの皆さまのおかげでキットの医療費のほとんどと、キットの保護主さんが手がけた8匹の猫たち(支援は7匹分)のTNRを行うことができました。

最終報告をいたします。前回はこちらをご覧ください。

 

未記載の6匹、7匹、8匹目の医療明細(TNRほか必要な医療ケアをさせてもらいました)

kitras (31)

 

 

6匹目(メス)

kitras (2)

 

 

不妊手術時の写真

kitras (3)

 

 

7匹目(メス)

kitras (15)

 

 

不妊手術時の写真

kitras (16)

 

 

近隣のカンパで実現した8匹目(オス)のお顔の写真を失念。陰部の写真のみとなりました。

kitras (8)

 

 

7匹の外猫の不妊手術および基本的な医療ケアにはある程度まとまったお金が必要です。

私一人の経済力ではむずかしかったでしょう。ニャンニャンBOXやポストカードをお買い上げくださった方々のおかげで実現しました。ポストカードはまだ売り切れていませんが、多少の在庫を抱えたとしても、キットの医療費やTNRができたことで私はとても満足です。

ご善意に感謝します。どうもありがとうございました。

 

保護主さんに渡していたカメラに入っていた生前の写真を皆さまにご紹介して、本日の更新を終えたいと思います。

 

亡くなる数日前のキットの姿です。

kitras (18)

 

 

「ぼくがどこにいるかわかりますか?」

kitras (17)

 

 

「ヒント:すごくふにゃふにゃしていてあたたかい場所です」

kitras (19)

 

 

「おかあさんのおひざ元、が正解でした~」

kitras (20)

 

 

「ぼくは片目が不自由だけど、もう片方をいっぱい開けておかあさんを見つめています」

kitras (6)

 

 

「ぼくを抱っこしてくれてありがとう」

kitras (7)

 

 

「ぼくを撫でてくれてありがとう」

kitras (5)

 

 

「ぼくはやわらかいベッドの上もだいすき」

kitras (23)

 

 

「点滴までの時間、ここで考えごとしたりおかあさんとお話するのがぼくの日課です」

kitras (22)

 

 

「ぼくはだいたい聞き役です」

kitras (21)

 

 

「おかあさんのヒミツ、ぼくはだれにもいいません!」

kitras (24)

 

 

「ぼくはときどき、おかあさんの自転車に乗せてもらい通院しました。ぼくが風邪をひかないよう、ぼくの入ったキャリーバッグにおかあさんは毛布を敷きつめてくれました」

kitras (9)

 

 

「ぼくの腎臓はボロボロです。けれどぼくの、心は錦」

kitras (14)

 

 

「ぼくは意外とモテました」

kitras (11)

 

 

「人気の秘訣は“ぼくの寡黙さ”」

kitras (12)

 

 

「へんな顔をしても、ぼくは笑いませんから」

kitras (13)

 

 

「笑いませんってば」

kitras (10)

 

 

「命の終盤まで、ぼくは天涯孤独な野良猫でした。しかしラストステージでようやくぼくは人のぬくもりに出会い、あらゆることを吸収して空に向かって旅立ったのです。

 

“Touch me”

 

きっと多くのイヌ科ネコ科が人の手を求めているでしょう。

だれだって、いい子いい子されたらうれしいはずです。

 

みなさま、ごきげんよう。ぼくに親切にしてくれてありがとう」

kitras (4)

 

 

キットの生前はお世話になりました。

お礼が遅れて申しわけありませんでした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク