忠ねこ 天音


本日のフリータイム

 

あれー? 萌乃、そこあがっていい場所だっけ?

IMG_3366

 

 

「チラッ 家政婦はハハだけど わたちは 見た」

IMG_3363

 

 

少し前の写真ですが、さぶにいを完全に舐めてる萌乃嬢

IMG_3231

 

 

フリータイムは心もフリー!

自由気ままのかわいい娘です。お問い合わせが一件もありません。

非公開コメントでのお問い合わせも大歓迎。少しでも萌乃が気になった方は私にコンタクトしてください。ツイッターのDMでもなんでもOKです。

 

 

 

こうして足を投げ出して眠るまでこの子は幾多の夜をひとり淋しく生きたでしょうか?

IMG_3229

 

 

「天」の文字を名前につけたくて、いくつか候補を出し「天音(あまね)」になりました。

どうぞお見知りおきください。

 

先週の木曜、飢えた私はフラッと母の店に寄ったのです。

店に居合わせた人から聞きたくない話を故意に何度も聞かされ、うんざりしました。

今思えば、耳を塞ぎたい内容でもやっぱり聞いておいてよかったです。

でなければ、あんなに近くにいたのに天音の存在すら気づかなかったでしょうから。

 

天音は忠犬のように、亡くなってしまった飼い主さんを古アパートの前で待ちつづけました。

 

1日

1週間

1ヶ月

2ヶ月……

 

だいぶ前に亡くなった飼い主さんの家から離れようとしませんでした。

飼い主さんと自分が長い年月を過ごした大切な場所。

 

天音のおうち

IMG_3139

 

 

事情に詳しい人が、私に天音を保護させようと扇動し話した内容がにわかに信じがたくて、つい確かめたくなりました。罠にはまった小鹿ですね(笑)。

 

「ボサボサの黒白がずっといるの~ 亡くなった人の家の前から動こうとしないの~ いつ行ってもいるから気の毒でたまに餌をあげてるの~ かわいそうで~ 」

「ほう。なら保護すればいいじゃないですか」

「うちは1匹いるから無理なのよ~」

「うちは常時10頭近くいますけどね」

 

(会話をだいぶ要約しましたが実際は何倍もしつこくて……)

 

いったん会話を終わらせたのですが、気になってごはんが喉を通りません。

いても立ってもいられなくなり食べるのを中断して店を飛び出しました。

 

暗がりの中、アパートの階段を駆け上がる。

 

「猫ちゃん! いるの?」

 

 

「いるよ。わたしいるよ」

IMG_3142

 

 

あああ……

いたんだやっぱり。何ヶ月も、相当長い間いたらしいです。

 

毛は乾ききってパサパサでガリガリに痩せていました。

 

天音のいきさつを簡単にまとめます。

飼い主さんがいた頃は「完全室内飼育」されていたとのことですが、飼い主さんが亡くなったあと、部屋を片づけにきた親族によって天音は外に出されてしまいました。

不憫に思った故人のお隣のMさん(初老の男性)が外で天音の面倒を見ていたのですが、1ヶ月ほど前にMさんが脳梗塞で倒れ入院。

それから天音は天涯孤独となり、アパート2Fの階段付近でひとり静かに暮らすようになりました。天音の存在など、ほとんどだれも知らなかったと思います。

私もまったくの初耳で、私を扇動した人すら最近詳細を知ったらしいのです。

 

Mさんが作ってくれた食事場所

IMG_3140

 

 

昼間行ってみました。

キレイな植木はMさんの趣味です。入院中の現在はMさんの知り合いが水やりしているそう。手前がMさん宅、つきあたり奥が天音の元の家です。

IMG_2821

 

 

奥の家はL字構造になっており雨よけがありました。

IMG_2824

 

 

寒い冬をここで乗り越えた天音。元家猫には相当厳しい環境だったでしょう。

 

 

待っても待っても開かない扉。中に入りたかったよね。

IMG_2825

 

 

街灯の光が届かない暗闇の中で私の姿を見つけ走り寄ってきた天音。

私の足元にスリスリまとわりついて離れませんでした。

保護道具を持っていなかったので「帰るよ」と声をかけ立ち去ると、天音はあとを追ってきました。

必死に、でも、階段まで。

私が階段を降りると、彼女は踵を返して部屋の前に向かいました。

その姿があまりにも一途で切なくて、私は再び呼びました。

 

「猫ちゃん!」

 

そうしたらタタッと戻ってきて私をじぶんの家に案内しようとするのです。

 

「わたしの家はいちばん奥! あそこがわたしの家なの。一緒に行ってみない?」

 

私は胸が苦しくて仕方なくなり、天音の保護を決めました。

 

 

天音にとっては迷惑かもしれないけど、連れて帰っちゃった。

IMG_3153

 

 

だってあそこに過去はあっても未来はないもの。

あなたは忘れ物じゃないし、不要物じゃない。

ちゃんと生きていて、これからも生きていかなければならないから、もうここはいいよね。

 

突然のSOSに応えてくれたemi-goありがとう

IMG_2818

 

 

非番にも関わらず夜間病院に駆けつけてくれて、天音を入院させてくれました。

IMG_3163

 

 

そしてその夜、マイ太郎さんから何度も着信が。折り返すとほほを心配し天音を預かってくれるとのお申し入れだったのです。

 

土曜、病院に会いに来てくれました。迷いましたが、今回はご厚意に甘えることに。

IMG_2797

 

 

もちろん、家族募集の際はぜんぶ一緒にやらせていただきます。私が保護したわけだし。

 

天ちゃん、不妊手術済みでした。

大昔の手術らしく? 外からは一切わからなかったのでお腹を小さく開けてしまったのですが麻酔ついでにスケーリングもお願いしました。

IMG_2811

 

 

ごめんね。よくがんばったありがとう!

IMG_2810

 

 

ウイルス検査(結果マイナス)や基本的な医療ケアのほかにスケーリング検査も依頼。脱水があったので腎臓系の数値が不安でしたが、ぜんぜん大丈夫!

IMG_2808

 

 

環境が悪かったため、極度の栄養不良状態でしたが、腎臓、肝臓、主要な臓器もろもろの数値はパーフェクトに近い健康状態。天音は華奢ですが丈夫な女の子ですね。

IMG_2812

 

 

物資とともに天音をマイ太郎さんにお願いしました。落ち着いたら会いに行くからね。

IMG_2820

 

 

天音は今、マイ太郎さんのお母さまのお家にお世話になっています。

IMG_3222

 

 

1匹の猫が闇に消え去る前に出会えたのは私にとって幸運でした。

私がその話を耳にしたとき、目の前に横たわる屍だったら絶対にイヤでした。

間に合ってよかった。

天音が生きているからこそ、私はチャンスを得られたのですね。

 

マイ太郎さんのお母さまとマイ太郎さんにはご迷惑をおかけしますが、私も天音の幸せを考え行動していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

天音は静養ののち、家族募集をはじめます。

 

ぜひ応援してください。

 

皆さま、いつもありがとう!

 

明日も仕事がんばろう^^

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10件のコメント

  • ユキ

    始めまして
    マイ太郎さんの所から伺いました
    ユキと申します
    天音ちゃん良かったです
    確実に幸せになれる階段を上り始めたのですから
    しつこく天音ちゃんの話を聞かせた方
    ちゃっかりしていますね
    自分は何もしないけれど気になるから話を聞かせているのですね
    それも縁なのかもしれません
    完全室内飼いから何ヶ月も外で…しかも今年のこの寒い冬を乗り切ったのですね
    飼い主さんには可愛がられていても、親戚の方には猫を飼おうという人は居なかったのですね
    せめて新しい家族を見つけてやろうとすら思わなかったんだ
    まだ処分されなかっただけでも良しとしなくてはならないのかもしれませんがとてもショックです
    でもMさんのような方がいらっしゃって良かった
    少しだけ救われた気がします
    もちろんハハさんやマイ太郎さん達がいらっしゃる事は一番の救いです
    多分私より年下の方たちだとお見受けしますが、猫保護の先生として勉強させて下さい。

    • anny703

      ユキさま
      ありがとうございます。
      コメントの返事がすっかり遅くなりました申しわけありませんでした。
      私に告げ口? したかたはただいつも告げ口をするだけなんです。はじめてのことじゃないんです。あちらに不幸な猫がいる、ここにやばい猫がいる、会う度に私に言います。じぶんはもちろんなにもせずに。過去には別の子も私がかわりに保護したので、今回はさすがに聞きたくないと思っていました。
      結果聞いてよかったですけどね^^
      ほかにもいろいろ意味不明のことを言われてちょっときれちゃったのですけど^^;

      それにしても冷たい世の中ですね。故人が愛した大切な家族、たった一匹の猫くらい幸せにできないんですかね?

  • shiho

    はじめまして、いつも拝読させていただいています。
    うちにも現13ニャンいます、本当は保護活動など手がまわればいいのですが、相手をどお信用していいかわからず、自分の元においておくのが一番安全だとつい考えて皆と旦那さんと暮らしています。やはり金銭的にはもうギリギリになっていますが、全員にきっちりと毎年ワクチン・血液検査などはできているので、よしとしています。
    (もちろん、避妊去勢もきっちり済みです。)
    今日、おもいきってコメント残さしていただいたのは、もしほんの少し余裕があればでかまいません、お知恵をお借りしたくて…
    ニコニコ動画の生放送の公式チャンネルで、のら猫をただ集めてご飯をあげ、放送しているだけというのを見ましてものすごく腹が立ち、コメントでTNR活動のことを書いてみても、荒れるからTNRのことは書かないでと、スルーされるだけです。
    荒れるから…そう書かれたところをみると、おそらく今までも心ある方がコメントやチャンネルに意見されたのだと思います。

    いろいろ調べたりしてみたのですが、自分に知識も人脈もないため一体どおすればいいのか行き詰ってしまって…
    放送している方も、一部の姿だけを見てかわいいかわいいと騒いでいるだけの人たちもホント許せない。
    命に対する責任がなさすぎて。

    アンニィさんが手いっぱい頑張っておられるのは重々理解しております。
    私自身、自分の子だけでも手いっぱいで、何ヶ月も寝ないで看病した経験もあります。
    腎臓病や癌の子達を見送ったこともあります。
    精神的にも体力的にもギリギリで頑張られている事もよくわかっているつもりです。
    本当にただただ、感心・尊敬の念でいっぱいです。

    もしも、ほんの少しだけ心に余裕がありましたら、こういう事に対処するにはどおすればいいのか
    いいお知恵があればお借りしたいです。

    長々と書いてしまい、申し訳ありませんでした。

                       ★ほほちゃん・わんちゃん猫ちゃん皆、穏やかに暮らしていけますように…★

    • anny703

      shihoさま
      コメントの返事がこんなに遅くなってしまい申しわけありませんでした。どう優先順位をつけたらいいのか、わからないときがあって。きっとそのチャンネルでいろいろ悩まれたことでしょう。
      もう遅いかもしれませんが私なりに考えてみたのですが、やっぱり他人の発信にはどうすることもできないのかなと思います。不快の旨をお伝えするのが精いっぱいの抵抗かなと。
      私はそれを見ていないのでどう対処すればいいのかわかりませんが、本当に本当に私にも腹立たしい記事などがあります。そういう時はじぶんはそこからするっと精神的に抜け出して、じぶんのブログでじぶんの意思や体験を書くようにしています。批判して意見を取り入れてくれるならしますが、スルーされたりするのがオチかなと思うので。
      お役に立てず心苦しいですが、ほかに思いつかず……ごめんなさい。

      それにしても13にゃん!!
      すごいですね~

  • ねこだるま

    天音ちゃん本当に良く頑張って生きててくれたね。素敵な名前も付けてもらってきっと幸せになれる!アンちゃんありがとう❤

    萌ちゃんもいせやんもキラキラ輝いてる。きっと未来のご家族がこっそり見てると思うな(^^)どうかみんなが幸せの1等賞になれますように。。。

    ほほも頑張れ!!!

    • anny703

      ねこだるまさま
      ありがとうございます。
      先日はお会いできてうれしかったです。
      コメントのお返事が遅くなりましたが、お元気そうな姿を見て私も元気になりました。そのときの記事はまたUPしますねー。
      天音はがんばってきた子なのでこれからはのんびり過ごしてもらいたいです^^

  • kaz

    せつないですね 本当にT_T
    亡くなられた飼い主さんも 病気で入院されたお隣の方も
    天音ちゃんのことが 気がかりだったでしょう
    待ち続けた天音ちゃん 愛されていたんでしょうね
    ハハさん マイ太郎さん お母さま 命をつないでくださって
    飼い主さんは 感謝されているでしょう

    天音ちゃん もう さみしい思いで冷たいところに寝なくていいね
    いっぱい甘えて なでなでしてもらってね

    • anny703

      kazさま
      マイ太郎さん、マイママさんには本当にお世話になっています。天音が足を投げ出してくつろげるのはおふたりのおかげですね深く感謝しています。
      きっとたくさんの苦労もあったでしょうが今は幸せなので、これからも天音が幸せでいられるよういろいろと考えていきたいです。

  • アンニィさん、こんにちは。いつも読ませていただいています。我が家にもいまFIP克服のアメショが1匹いますが、この子が飼えるようになるまでは、気持ちの移ってしまったがりがりの野良ちゃんを飼ってあげられなかったつらい思い出があります。飼い主が亡くなってからの天音ちゃんの日々を想像すると泣けてきました。どうぞよいご縁が見つかりますように。

    • anny703

      ぴーちゃんさま
      そうですね。飼い主さんが亡くなってからどのように生きてきたのか心が痛いです。今はのんびりと静養中ですのでまたそのうちブログに近況を書きますね。
      それにしてもFIP克服とは。。。
      すごいですね。

コメントを残す




*