モンにキスを ほか


“友だち”のことでご心配をおかけして申し訳ありません。

ついツイッターでつぶやいてしまうのですが、ブログでも“友だち”に触れると精神のバランスが今以上に崩れてしまうため、また折をみて近況をお伝えします。相談に乗っていただくこともあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

明日からは仕事がはじまります。正直、サボりたいです。はじめてサボりたいと思いました。できれば布団から出たくないです。でも仕事はサボれないしお母さんですから^^;

 

あまぱんはいいなあ。いつも寝ていられて(笑)。

IMG_4986

 

 

そうそう! 驚くことにいまだに703号室ポストカードを買ってくださる方がいます。

ありがとうございます。すごくうれしいです。

 

「ありがとござまち」

IMG_4985

 

 

メール便がなくなってからは郵便局から送っているので発送まで数日お待たせすることも。ごめんなさいね。発送後はメールさせていただいてます。

 

体調が完全によくなった保護猫シナ&モンの家族募集は週末あたりからはじめます。

IMG_4892

 

 

マイ太郎さんちにはナツ&メグがいます。そちらの保育日記もあわせてご覧ください。

 

マイ太郎さんのナツ&メグ写真がかわいいのでちょっと引け目を感じますが、うちの男子モデルたちもなかなかイケてるのではないでしょうか?

 

今夜はシナ&モンの“モン”にスポットライトをあててみましょう!

IMG_4882

 

 

モンはブルーのシュシュをつけています。シナより100g程度小さい(現在500g超)。

毛色は茶トラ。しっぽはまっすぐロング。肉球はピンク。

男の子ですが赤ちゃん気質が強く、常にシナを吸っています(本当)。

 

モンのサイズはこんな感じ。ちなみに私は手の大きな女です(爆)。

IMG_4921

 

 

あああ……ミニチュア……完全萌える……

IMG_4920

 

 

いっぱしに細部までちゃんと猫のかたち。あたり前のことなのにいちいち感動。モンのぽんぽこお腹を私が吸って、モンのよだれでベトベトのシナの復讐を果たしています(爆)。

IMG_4869

 

 

保護部屋の床の上に転がっているとヨチヨチ全力で走って私の上に乗ります。

 

 

シナより小粒ですが、喉のゴロゴロ音はシナの倍の響き。

IMG_4936

 

 

モンの奏でる甘い演奏に目尻が下がります。

 

 

おいモンくん! 早く卒業してくれないと、私の目ジワが増えるじゃないか!

IMG_4933

 

 

愛してるよ。元気を取り戻してくれてありがとう。

 

そして忘れてはいけないのがうちの重鎮、家族募集中の保護猫いせやん

IMG_5208

 

 

力なく横たわっていると慰めてくれます。こんなに心根のやさしい子だったなんてね。

IMG_5892

 

 

「暑いから離れてよ~!」

 

 

そう言えるようになりました。遠慮のない仲はいいですね。

IMG_5890

 

 

ん? どした? 大きい赤ちゃん。グリーンの目がきれいだねえ。

IMG_5207

 

 

いせやんと暮らせる人は今よりずっと幸せになれると思います。

 

 

~ありがとう~

 

字幕翻訳家の松浦美奈さんがコーヒーミルを送ってくださいました。

IMG_5844

 

 

これで挽きたてのコーヒーを飲んでね~、って意味じゃないです。ベビーフードの粉砕に便利とのこと。“友だち”の通院日に届いたのでさらにジーン。松浦さんありがとうございます。家中のドライフードを木っ端微塵にします!(ウソ)

 

マイ太郎さんファミリーからも旅行のおみやげが♪ ありがとうございました。

IMG_5032

 

 

チチと奪い合いながらあっという間に食べてしまいました。おいしかったです。

 

さて、そろそろ晩ご飯の支度をします。

 

皆さまLOVEの中で息継ぎしてくださいね。

 

どの子も苦しくありませんように。

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • らばじ

    ペットロスの上に子供の犬アレルギーで犬を友人に譲り第二のペットロスでねこちゃんならと探していて、いせやんに一目惚れして数日…(;´д`)気になって主さんのコメントを拝見しております。(^^)新たな飼い主より今のままがいせやんには幸せなんではないかと…しみじみ思いました。

    • anny703

      らばじさま
      ありがとうございます。
      私は13年半細々とですが保護譲渡活動をしてきました。今まで保護した子をぜんぶ我が家で引き取っていたら現在は300頭ほどになっていると思います。300頭の犬猫たちすべてに思いいれがあります。彼らを手放せなければ、次の保護に繋がらないしあっという間に多頭飼育で滅んでしまうので、私は「出せる子」は極力出す努力をしてまいりました。
      いせやんは「出せる子」ですので、喜んで彼を出したいと思いますし、10頭いる我が家で撫でてもらう順番をひたすら待っているのが彼の幸せではないと思うのでよりよい家庭に送り出せるように努力しますね^^
      いせやんの幸せを願いつつ!

コメントを残す




*