Touch me


今日家族募集中の保護猫萌乃は長めのフリータイムを謳歌しました。

kitras (26)

 

 

フリータイムのあと、萌乃は浴室ネイルサロンへ

kitras (27)

 

 

ピンクのリアル肉球萌えーーー!!

 

美を磨くのは女性のつとめ。長かった爪をバッサリ切り全身マッサージ&スープのおやつを堪能してもらいました。あまにいとさぶにいの同伴なし。私と萌乃のふたりきりの時間です。

 

 

さて、書こう書こうと思いながら2ヶ月経ってしまいました。

さっきようやく、キットの保護主さんから返してもらったカメラの中をみることができたのです。

ニャンニャンBOXや703号室ポストカードをお買い上げくださった方へのご報告が遅くなりましたが、私が支援させていただいた地元のTNR(8匹、最後の1匹は近隣のカンパで実現)についてもまとめますのでよかったら最後までおつきあいください。

 

キットはたいへんな姿で保護されました。当時の様子を知らない方はこちらを。ほかにも703号室ブログ右上の検索バーで「キット」と入力すると関連記事がいろいろ出てきます。

 

2月18日早朝、入院先の病院にてキットは天に召されました。

夜、キットの入院費と火葬代を保護主さんに届けるついでにキットにお別れのあいさつをさせてもらいました。その日の記事はこちらです。

kitras (29)

 

 

豆さまからもキットへの支援金をお預かりしました。豆さまその節はありがとうございました。

 

艶やかな体、穏やかな表情

kitras (30)

 

 

住み慣れたお家に戻って最後の夜を保護主さんと過ごすことに

kitras (28)

 

 

キット、お疲れさまでした。よくがんばったね。

kitras (25)

 

 

たくさんの猫を見送った保護主さんのお宅には小さな骨壷たちが……

kitras (32)

 

 

握手

kitras

 

 

白いソックスを履いたようなフワフワのお手手を、私も握らせてもらいました。

kitras (33)

 

 

キット、ありがとう。安らかにお眠りください。

 

 

ポストカードをお買い上げの皆さまのおかげでキットの医療費のほとんどと、キットの保護主さんが手がけた8匹の猫たち(支援は7匹分)のTNRを行うことができました。

最終報告をいたします。前回はこちらをご覧ください。

 

未記載の6匹、7匹、8匹目の医療明細(TNRほか必要な医療ケアをさせてもらいました)

kitras (31)

 

 

6匹目(メス)

kitras (2)

 

 

不妊手術時の写真

kitras (3)

 

 

7匹目(メス)

kitras (15)

 

 

不妊手術時の写真

kitras (16)

 

 

近隣のカンパで実現した8匹目(オス)のお顔の写真を失念。陰部の写真のみとなりました。

kitras (8)

 

 

7匹の外猫の不妊手術および基本的な医療ケアにはある程度まとまったお金が必要です。

私一人の経済力ではむずかしかったでしょう。ニャンニャンBOXやポストカードをお買い上げくださった方々のおかげで実現しました。ポストカードはまだ売り切れていませんが、多少の在庫を抱えたとしても、キットの医療費やTNRができたことで私はとても満足です。

ご善意に感謝します。どうもありがとうございました。

 

保護主さんに渡していたカメラに入っていた生前の写真を皆さまにご紹介して、本日の更新を終えたいと思います。

 

亡くなる数日前のキットの姿です。

kitras (18)

 

 

「ぼくがどこにいるかわかりますか?」

kitras (17)

 

 

「ヒント:すごくふにゃふにゃしていてあたたかい場所です」

kitras (19)

 

 

「おかあさんのおひざ元、が正解でした~」

kitras (20)

 

 

「ぼくは片目が不自由だけど、もう片方をいっぱい開けておかあさんを見つめています」

kitras (6)

 

 

「ぼくを抱っこしてくれてありがとう」

kitras (7)

 

 

「ぼくを撫でてくれてありがとう」

kitras (5)

 

 

「ぼくはやわらかいベッドの上もだいすき」

kitras (23)

 

 

「点滴までの時間、ここで考えごとしたりおかあさんとお話するのがぼくの日課です」

kitras (22)

 

 

「ぼくはだいたい聞き役です」

kitras (21)

 

 

「おかあさんのヒミツ、ぼくはだれにもいいません!」

kitras (24)

 

 

「ぼくはときどき、おかあさんの自転車に乗せてもらい通院しました。ぼくが風邪をひかないよう、ぼくの入ったキャリーバッグにおかあさんは毛布を敷きつめてくれました」

kitras (9)

 

 

「ぼくの腎臓はボロボロです。けれどぼくの、心は錦」

kitras (14)

 

 

「ぼくは意外とモテました」

kitras (11)

 

 

「人気の秘訣は“ぼくの寡黙さ”」

kitras (12)

 

 

「へんな顔をしても、ぼくは笑いませんから」

kitras (13)

 

 

「笑いませんってば」

kitras (10)

 

 

「命の終盤まで、ぼくは天涯孤独な野良猫でした。しかしラストステージでようやくぼくは人のぬくもりに出会い、あらゆることを吸収して空に向かって旅立ったのです。

 

“Touch me”

 

きっと多くのイヌ科ネコ科が人の手を求めているでしょう。

だれだって、いい子いい子されたらうれしいはずです。

 

みなさま、ごきげんよう。ぼくに親切にしてくれてありがとう」

kitras (4)

 

 

キットの生前はお世話になりました。

お礼が遅れて申しわけありませんでした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





11件のコメント

  • yurie

    申し訳ございません。
    コメントの途中で送信してしまいました。

    特にこの時期などは言い方として不適切かも知れませんが・・・
    まるで「魔女狩り」のような光景を拝見する時があります。
    間違ってはいません・・・
    「不幸な命」を1つでも無くそうですから。
    けれど何となくもやもやするのです。
    そんな時このブログを拝見し答えが見つかったような気がします。
    淡淡と・・・答えを求めず生きる。
    キット君保護主様・ハハ様お疲れさまでした。
    キット君・・今度も叉素敵な方達に囲まれ生まれてきますように。

    • anny703

      yurieさま
      仰るとおりですね。私も同感です。
      キットと保護主さんにはいろいろ教わりました。今日は別件で保護主さんにひさびさに電話をしたのですが、お元気の様子でした。キットはもうお空に帰りましたが、出会えてよかったです。
      キットと関わったことを糧にしながらこれからの活動に活かしたいと思います。
      あたたかい眼差しでの応援ありがとうございました!

  • yurie

    何度拝見しても涙が次から次へと出ます。
    キット君と保護主様を拝見すると「足るを知る」を感じます。
    保護活動をされているブログ等を拝見する機会があるたびに疑問を持つ時があります。
    曰くTNR!TNR!と声高に叫びこの時期などは

  • アン

    私も最後の写真・・・心に響く
    笑って見えます
    優しい笑顔
    穏やかな気持ちになりました

    • anny703

      かわいい写真ですよね。
      同感です。あどけなくも見えてまるで少年のようです。
      亡くなって2ヶ月たってようやくカメラの中を見れました。ちゃんとお別れできた気がします。

  • 三毛猫チビちゃん

    ハハ様
    キット君の表情を見てると最期まで保護主さんの愛情に包まれて幸せだったんだなーと思いました。
    天国では両目で綺麗な景色を見てるのかな?

    私も野良猫の手術の時に申請してる
    どうぶつ基金(https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign)では野良猫の避妊去勢手術の無料チケットの申請で個人・団体ボランティアの助けをしてますよ。

    • anny703

      前も教えていただきましたよね。
      今回はポストカードの売り上げから出したかったですのでこれでよかったです。
      次回数が多いときはぜひ申請しますね~!

      保護主さんはいろいろやったと思います。キットは保護主さんの情に包まれて旅立ったんでしょうね。かわいいお子でした。

  • nao

    私も最後のキットくんの
    穏やかな顔と言葉に涙が溢れました。

    辛い闘病生活だったと思いますが、最後はたくさんの人達の愛に包まれていたのですね。
    看護師さんの笑顔からも
    優しさが伝わってきます。

    私には小さな事しかできないけれど、継続してできる事をやっていこうと思います。

    • anny703

      本当にかわいい子ですよね。最後の写真は私もとても気に入っていて実はカメラの中でははじめの方に入っていたんですが、最後にもっていきました。
      かわいいし印象深いから^^
      看護師さんもいい味出してますね。
      ナチュラルな雰囲気で通院できてキットもそんなに怖くなかったんじゃないかなと思います。
      お互いにできることを少しずつやっていきましょうね^^

  • 言の葉

    「ごきげんよう」で、我慢していた涙が溢れました。
    どんなに大変な日々だったか。
    決して暢気な野良生活ではなかったと思います。
    そうですよ、どんなに威嚇しても攻撃的でも愛が欲しいはずです。
    明日、うちから2時間くらいの所で20数匹の保護をしてきます。
    それぞれに合った対応ができますように!
    頑張って来ます!
    キットも応援してね。

    • anny703

      言の葉様
      お疲れさまでした。どうでしたか?
      大変ですよね。ご心労お察しします。

      キットははじめなれておらずかなり怒っていたのですが徐々に心を開いて、最後はまっさらの状態で旅立ちました。
      かわいいですね。
      最後の写真は私も本当に本当に大好きで、何度も眺めてしまいます。赤ちゃんのように無垢でもあり。
      幸せな子が増えるといいですね。

コメントを残す




*