私は萌乃とLOVEります


“継続は絆なり”

 

これは私の勝手な造語ですが、保護動物たちに向き合い教わった言葉です。

 

この言葉を信じて、私は毎晩保護猫萌乃とLOVEることにしています。

IMG_3566

 

 

すぐに心が通じる子もいれば、一筋縄にはいかない子も。

 

努力しているのになあ……

 

私はみみっちい人間ゆえ、思うようにいかないと落ち込むことも。

 

でもだからこそ、シャイな子と距離が縮まるのが至上の喜びになるのです。

 

 

「仕方ないの。せまい洗面所じゃ逃げ場がないから わたちは まな板の上の鯉」

IMG_3548

 

 

毎晩毎晩、萌乃とこうして過ごすのが好きだよ。

IMG_3551

 

 

束の間でごめんね。なにもかも、私の不徳のいたすところですお姫さま。

IMG_3554

 

 

この写真をツイッターに放出したらクロスした足がかわいいって言われました。萌えるー!

 

華奢な体ですし、こまめにブラッシングしているのでミニ球になってしまいましたが、萌乃の抜け毛を丸めて作った「萌玉」を里親さんになってくださる方に差し上げます。

IMG_3572

 

 

絶対ほしいでしょ? すごいほしくないですか?

IMG_3570

 

 

この子の里親さんには少しだけお時間をもらいたいのです。

萌乃が環境の変化を理解できるまでほんのちょっとでいいから、萌乃の立場になって想像してもらいたいのです。萌乃を保護したのは交通量の激しい大道路。この子は騒音の轟く環境下でひとりがんばってきました。

ごはんを持って近づいても、萌乃は簡単に私の罠にはかかりませんでした。

からあげがわんさか入ったケージを離れた場所から見つめて切なそうに泣くばかりで。

萌乃は腹ペコだったけれど、怖がりで慎重だったのです。

心の殻を閉ざすことで生き延びてきた猫なのです。

 

その萌乃が精いっぱいの勇気で私と対峙し、山を越え、LOVEってくれています。

 

尊いことだと思いませんか?

 

はじめオドオドしたとしても、すぐに「こんな子ダメだ」と決めつけずにせめて2週間~1ヶ月は慈悲深いお心で大目にみてください。仲良くなる道程で萌乃のかわいさに脱力しますよ^^

 

 

「いいからシーバもってこい」

IMG_2843

 

 

あ、はいはい^^;

小さいのによく食べるのね。

 

萌乃は家族募集中です。いつか必ず皆さまにいいご報告ができるようがんばります。

 

 

ほかにもいろいろなお子たちがご縁を待っています。

 

 

(703号室関連のお子たち)

 

家族が決まったしじみ嬢(写真:みいさん みいさん家にて)

IMG_3256

 

 

もうじきしじみ嬢はお引越しします。その前に里親さんご夫婦ともう一度お会いする予定です。

 

 

忠ねこ 天音(写真:マイ太郎さん マイママさんちにて)

IMG_3221

 

 

太陽の子 さんきゅう

IMG_3463

 

 

カミングスーンの いせやん

IMG_1837

 

 

ぜひお見知りおきの上、気楽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

☆ありがとう☆

 

超お礼が遅くなりましたが、まりおさんマイ太郎さんおいしいお菓子をありがとうございました。カメラの中に写真が入っていたので、今頃思い出して載せてみました(汗)。

IMG_2458  IMG_2568

 

 

 

最後に、ほほのことを!

IMG_3262

 

 

いろいろ迷った末、ほほのQOL向上のため東大病院へ連れて行くことにしました。

大巻先生が東大病院に予約を入れてくれたので来月行ってきます。

現在、水頭症(小脳ヘルニア)が疑われていますが、投薬などの内科的処置では予後が厳しいので思い切って中を調べてみようと。何度も先生と話し合って決めたことです。移動や通院でほほにかかる負担を最小限に留めるよう家族として最大限の努力をします。

 

これを読んでくださっている皆さまに3つ質問させてください。

 

※東大病院にかかったことのある方にお聞きします。

 

①東大病院の待ち時間は総合的に長かったですか? どれくらい待ったのか教えていただければありがたいです。

②科目によっても当然異なるのは承知していますが、費用はかかりつけの動物病院に比べどの程度のものでしたか? CTやMRI検査をしたことのある方ならなお参考になります。

③愛犬愛猫の検査で最新の医療機器無麻酔のCTをやったことのある方はいますか?

 

差し支えなければコメントください^^

 

さて、私はこれから萌乃とLOVEります。

 

今の一瞬が彼女の未来に繋がることを祈りつつ!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10件のコメント

  • ササキ

    7年前になりますが、愛犬(トイプードル・オス・当時13歳)が脳腫瘍の摘出手術を東大動物医療センターで受けましたので、その時の事を書かせて頂きますね。

    ①待ち時間は30分程度~1時間くらいが多かったです。

    ②脳腫瘍摘出手術およびMR検査を術前後で計3回受けました。
    かかりつけの動物病院で上記の手術・検査は設備が無かったため東大を紹介されて受診したので費用の比較はできませんが、ご参考までに7年前の費用を記しておきます。(金額は税込です)
    ○MR検査 約6万8千円(1回あたり) 
    ○腫瘍摘出手術・入院費用一式(4泊)約31万円

    当方は文京区ですが、近隣の犬を飼育してる方たちに金額について尋ねたところ、開業獣医師にかかるよりは東大の方が、数万~10万ほど割安のようでした。

    ③無麻酔CTは受けておりません。

    以上簡単ですが、何かの参考になれば幸いです。ほほちゃんの気力と体力を信じ、幸運を心から祈っておりますよ!

    • anny703

      ササキさま
      本当にご丁寧にありがとうございます。
      何度も読ませていただきました。
      ほほはもうじきお世話になりますが、待ち時間が思ったより短かそうなので少しだけ気持ちに余裕が持てます。
      貴重な情報ありがとうございました。
      費用も参考になりました。

  • みこ

    我が家では2009年~2011年にかけて、時期をずらして愛犬愛猫が東大のお世話に
    なりました。
    お役に立つかわかりませんが、当時の記憶をたどりながら書かせていただきます。

    ①待ち時間について

    朝一番の予約でなければ、予約時間ぴったりに診察が始まることは無かったですが、
    概ね15~30分遅れで呼ばれていたと記憶しています。
    ※受付を早めに済ませたからといって診察時間が繰り上がるようなことはありませ
    んでしたが、初診時は受付後に問診票の記入があるので、その分若干余裕を持って
    病院に行かれると良いと思います。

    いざ診察室に呼ばれると、問診や一通りのチェックは飼い主同席で行いますが、
    その後は別室に連れて行かれるので再び待ち時間が始まります。

    診察中の待ち時間はその時々で長短ありましたが、一般の病院と比べれば桁違い
    に長かったです。
    ひとつの検査が終わると一旦ペットを引き渡されて次の検査を待つようなことも
    ありました。
    また、検査が午後にまたがる場合などは前もって言っていただけるので、
    外に食事に出た事も何度かありました。

    診察が終わると先生のお話があり、ペットを引き渡されて再び待合室で会計書類を
    渡されるのを待つのですが、確か研修医の先生が処方される薬と共に書類を持って
    きてくれたと記憶しています。
    だいたい30分以内には受け取れたと思います。

    その後、会計へ書類を提出してから支払いを済ませるまでの待ち時間は15分前後
    だったと思います。

    ②費用に関して

    診療費明細には内訳として
    【診察料】【文書料】【注射料】【薬剤料】【手術料】【処置料】【検査料】
    【麻酔料】【物療料】【画像診断料】【入院料】【剖検料】という項目が設けられて
    いますが、それぞれの合計額が記載されているので、ひと項目ごとの具体的な内容
    (検査名や薬名、単価等)を知ることはできませんでした。

    参考になるかわかりませんが、その当時の金額をそのまま記載しますと

    【診察料】
    犬猫共に初診時のみ2520円、次回からは毎回1575円でした。

    【画像診断料】
    犬猫共に10920円の回があり、多分レントゲンを2枚撮った時の金額と思われます。
    犬だけ8400円の記載の時があるのですが、これはエコーなどの診断料かもしれません。

    CT検査時(猫)は46200円でした。
    (ちなみに【麻酔料】は20080円でしたが、CT検査後に手術も行ったので手術時の麻酔も
    合算されているかもしれません)

    【検査料】
    その時々で幅があり、最低時が7140円、最高時が36330円でした。

    【薬剤料】
    掛かりつけの先生は一般の病院より安いとおっしゃってました。
    うちの犬の場合、それぞれの単価はわかりませんが、フォルテコール2.5・ウルソ50
    バイトリル50の3種を処方された時は1日当たり405円。
    フォルテコール・ウルソの2種類の時は1日当たり196円という計算になりました。

    【入院料】
    犬猫共に経験しましたが、1日当たり犬猫共に同額の2940円でした。(小型犬種だったので
    同額なのかもしれません。また、入院中の【診察料】は日数に関わらず共に1回分の1575円
    のみの請求でした)

    【注射料】【処置料】
    犬猫共に入院時に請求がありました。
    これらも内容によって幅が出る項目と思いますが、犬の時は5日間の入院で注射料31420円、
    処置料6720円、猫は9日間で注射料18085円、処置料は42000円と記載されています。

    【手術料】
    猫が副鼻腔炎の手術を受けましたが、108800円と記載されています。
    (頭蓋骨に穴を開けるような手術だったので通常より割高?かもしれません)

    【文書料】【物療料】【剖検料】に関しては一度も請求はありませんでした。

    猫は外科だったので術後の治療費はどんどん下がりましたが、犬は慢性疾患だったので
    外来時の支払いは1回あたり2万円~2万5千円の時が多かったです。

    一般病院ではできない高度な検査や治療をしているという点で医療費が高額になってしまう
    のだと思いますが、掛かりつけの先生は、川崎の高度医療センターと比べれば東大の方が
    安いのではないかという話もされていました。

    細かい数字を並べたうえに(しかも数年前のデータ)、参考になればとあれやこれや盛り込んで
    いるうちに長文になってしまいました。申し訳ありません。

    ほほちゃんが少しでも辛い状況から脱して、annyさん、チチさん、ご家族のわんにゃんちゃん達と
    楽しい時間を過ごせるよう心より祈っております。

    • anny703

      みこさま
      本当にありがとうございました。
      ご親切に感謝します。
      川崎の高度医療センターは桁違いの値段だと里親さんに伺いました。
      東大病院は皆さまが書かれている数字ですと我が家でもなんとかがんばれるかもしれません。ほほのQOL向上に向け、がんばって行ってこようと思います。
      ほほがいちばんがんばるんですけどね^^; 
      いろいろ本当にありがとうございました。
      超参考になりました。

  • 緋色

    はじめまして。緋色と申します。
    我が家のにゃんこは4年東大に通院していますが、料金は特に目ん玉が飛び出るほど高くは感じませんでした。
    安くはないですがこれくらいの設備があれば当然と思える範囲です。
    ただ、今年の4月から駐車場代が上がり、初診だと半日使うので結構お高くついてしまうかもしれません。
    ここでは書ききれないですし、もっと詳細な情報があった方がよければ連絡くださいね。
    いつでもお待ちしております。
    2ワン2にゃんと暮らすアラフォー独女より

    • anny703

      緋色 さま
      詳しい情報をお持ちなのですね。心強いです。今のところは皆さまからの情報を読んでいて我が家でも大丈夫そうだと思っているのでそのまま行こうと思いますが、なにか思いついたらぜひ相談に乗ってください。その際は厚かましくご連絡させていただきます。
      ありがとうございます。

  • 萌乃ちゃん可愛いです~。一目ぼれ!

    ウチの茶とら娘が来た頃を思い出します。
    先住猫(あまぱん君と同じ黒白はちわれ)とは3日ぐらいで仲良くなりましたが、私のそばにくっついて寛ぐようになるまで1年かかりました。頭を撫でられるのは好きでしたし、手からゴハンの時は喜んでそばに来ましたけど…。
    1年経って心を許してくれた時の喜びはひとしおでしたよ。
    ちなみに今では股の間で寛ぐし、お鼻チュウの挨拶はしてくれるし、お腹撫でてとコロンとしてくれるし、私の顔にボディアタックしてきます。
    ゆっくり親愛を深めるのもよいですよね。

    良縁見つかるように応援してます!

    ほほちゃん、頑張れ!
    東大病院のことはよくわかりませんが、良い方向に向かいますように。

    • anny703

      らいすばーどさま
      ありがとうございます。今このコメントを萌乃の里親さんに転送しました~!
      本当にうれしいコメントをありがとうございます。里親決まりましたよ!!
      コメントの返事が遅くなってごめんなさい。
      いつか萌乃も手のぬくもりが100%安心できると思う日が来ますように。

      ほほがんばります!

  • イチ

    今晩は。初めてコメントさせて頂きます。
    もう、6年前になりますが
    愛猫が東大病院で検査、手術をしました。
    待ち時間、町医者よりは長いです。半日以上待った事もありました。
    待合室が広く、待っている子も沢山いる中で
    やはりワンちゃんは不安になり吠え続ける子もいたりして
    ちょっとこの状態は猫にストレスがかかるな~と思ったりもしました。
    (ほほちゃんはワンちゃんと同居しているので大丈夫かな…)
    治療費、検査料の件はもう大分前の事ではっきり覚えていないのですが、
    案外高かったように思います。
    曖昧で申し訳ないのですが…。
    はっきり覚えているのは、先生方、助手の方達が
    とても親身になってくれた事。
    色々な事が不安になり教授に電話等もしましたが
    しっかり対応して頂けた事です。
    6年前ですので、料金面、待合室等、
    いろいろと状況が変わっているかもしれませんが…。
    なんだかあまり参考にならないコメントで申し訳ないです。
    当時、飼い主の私の方が、大学病院に連れて行くということに
    不安になり、とても緊張したもので
    思い切ってコメントさせて頂きました。

    ほほちゃん、頑張ってますね。
    病院通いや検査は大変だけど、良い結果が得られることを願っています。

    • anny703

      イチ様
      ありがとうございます。待合室は広いんですね。ほほもストレスを感じやすい子なのでほかの犬たちが吠えたときのことを考えてみます。
      それにしても助手さんや先生たちが親切っていいですねー。
      大学だとちょっと敷居が高くて先生たちが冷たいようなイメージがあるんですが、コメントを読んで少し安心しました。ありがとうございました。

コメントを残す




*