ベイブは宝箱に乗って


我が家には、とてもたいせつな保護猫王子がいます。

IMG_9856

 

 

人が大好きで、ひたすらに甘えん坊の、彼の仮名は「ベイブ」

IMG_9939

 

 

夜はこうして、ピッタリと肌を寄せ合って眠っています。

IMG_9936

 

 

真夏の熱帯夜は、正直少し寝苦しい日もありました。

 

 

彼は湯たんぽみたいにぬくぬくしているからです。

IMG_9938

 

 

でも、出会い方を考えると感慨深く、また、これからの寒い季節に彼が終の棲家で「家族をあたためる存在」になるのだろうと想像すると、私たちの心は満たされるのです。

IMG_9940

 

 

本日は、ベイブとのなれそめの6月初旬にワープして、皆さまにベイブをご紹介します。

 

 

あのときの私は、ある外猫さんを保護したくて、連日、捕獲箱を仕掛けていました。

 

 

ですが、うまくいかず、私が苦戦をしているうちに、目標の外猫さんが「メインのえさ場」から姿を消してしまったのです。広い生息テリトリーを持つ外猫さんは、おそらく、しつこく通う私を嫌ってどこかに身を隠したのですが、一連のできごとが、日々のえさやりを楽しみにしていた複数の人々を怒らせてしまいました。当然、私は肩身が狭く、身動きがしづらい状態になっていったのです。

 

 

狙っていた外猫さんを見失ってスカウトできないばかりか、だんだんと「悪者」みたいになっていく私は、自宅から離れたその場所に、どのように通うべきかを悩んでいました。

 

 

ベイブを停めっぱなしの古い自転車のカゴの中で見たのはそんな頃です。

 

 

ベイブは、私が保護したかった外猫さんが食事を摂っていた植え込みの、反対側にいました。

 

 

突如視界に飛び込んできたベイブの第一印象は、汚れていて、貧相。

 

 

“え、猫がいる。この猫、グルーミングをしたことあるんだろうか……”

 

 

ベイブの目ヤニ、鼻くそ、真っ黒な手足を今も忘れません。

 

 

私の前からいなくなってしまった外猫さんへの執着は残ったままでしたが、みすぼらしいベイブが頭を離れず、えやさりさんのひとりに、「この子も連れて帰りたい」と告げました。

 

 

しかし、その方からすれば、私の目的の猫さんがコロコロと変わるように映ったらしく、それが後々の人間関係に、さらによくない影響を及ぼすこととなったのです。

 

 

ちなみに、私が当初お招きする予定だった外猫さんは、私が通わなくなった数日後に現場に戻ってきました。そして、長年面倒を見てきた女性が、共に暮らす運びとなったようです。

 

 

二度目に会ったベイブは塀の上にいました。

IMG_6700

 

 

あれ? 今日は目ヤニと鼻くそがついていないのね?

IMG_6702

 

 

顔を洗ったの?

IMG_6701

 

 

まあまあハンサムじゃん

IMG_6703

 

 

なにやらおしゃべりをしているので、おやつをあげてみることに……

IMG_6705

 

 

頼む頼む。きみはどこにも行かないで。どうか私のところに来てください。

 

 

えさやりさんたちを説得しつつ、私はベイブをスカウトする準備を進めていきました。

 

 

一度、チチを現場に案内し、ベイブと顔合わせをしてもらって、自宅に入れる了解も得たのです。

 

 

決行日の夜、塀の上や自転車のカゴを覗いてベイブを探していた私は、意外な場所で彼を発見

IMG_6721

 

 

極寒の冬はいつもここで暖を取っていたと聞いて、胸が締めつけられて仕方がなかったです。

IMG_6725

 

 

きみは賢いねえ……

IMG_6724

 

 

こうやってひとりで、たくさんの夜を乗り越えてきたんだね?

IMG_6722

 

 

おいしいものが詰まった宝箱を用意してきたんだよ。

IMG_6723

 

 

この箱は「未来」への乗り物でもあるんだよ。

 

 

さあ、大丈夫。柵を越えてこっちに来てごらん

IMG_6726

 

 

様子を見に来たえさやりさんがソワソワするので、ベイブは警戒してしまいました。

IMG_6727

 

 

えさやりさんになんとかお願いをして家に帰ってもらい、私も離れた場所から見守ることに……

IMG_6728

 

 

来て、来て、柵を乗り越えてこっちに来て!

 

 

祈る気持ちで息をひそめ、待ちつづけること1時間

IMG_6729

 

 

宝箱に入ろうとするベイブのお尻が撮れたのです。

 

 

入った! ありがとう。どうもありがとう。幸せにするからね!

IMG_6732

 

 

翌朝、不安になったえさやりさんは、私との電話口で、ベイブを元居た場所(外)に戻してほしいと言いました。みんな(いろんなえさやりの人々)が、私を訝しく感じている、私を信用できない、と。運転免許証まで提示し、数えきれないほどの話し合いを重ねてきたのに残念です。

 

 

けれど、私がいちばん残念に思ったのは、返してほしい場所が「外」であったことです。

 

 

ベイブは死ぬまで、外で生きなければならないのでしょうか?

 

 

私に取られて悔しくなって、彼を自分の力で守りたいと訴えてくる方はいないのでしょうか?

 

 

彼を失ってさびしくて、彼のそばにいたいと名乗りをあげてくれる方は?

 

 

だれの責任も及ばない「外」は、ベイブにはふさわしくない。

 

 

彼の命は、軽々としたものではないのです。

 

 

うちに着いたベイブは、なるべく小さくまとまって、ケージの隅でブルブルと震えていました。

IMG_6743

 

 

赤ちゃんの頃から外で生きてきたベイブにとっては、大事件だったのでしょう。

 

 

でも家の中にこそ、本当の自由があることを、私はベイブに伝えていきたいと決心しました。

IMG_6741

 

 

※現在は、えさやりさんとの問題が円満に解決していますので、ご安心ください。

 

 

ベイブは、キラキラした目であの部屋この部屋を飛びまわっています。

IMG_9779

 

 

保護猫ベイブは、家族募集中です。

 

 

努力家でやさしくて、人をほっこりさせるビジュアルです。

 

 

ベイブ(推定4歳)は、この上ないほどの素敵な猫さんです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す