ほほの第二の母


最近の私はある意味規則正しい? それともめちゃくちゃ? な生活を送っていました。夜中の1時近くに就寝し3時に起きて午前8時頃まで書く。その後はみんなのお世話や家事を4時間程度。正午に寝て3時にまた起きる。もはや早起きなのか夜更かしなのか自分ではよくわからない。

 

 

でもそんな生活ももう終わり。2万文字の章を終え今朝野島さんに送りました。私なりに正月休みを楽しんで1月4日からラストスパートをかけます。

 

 

さて、先日私は703号室卒業生クー太の里親MIHOさんちに行きました。クー太ときなこを交えパジャマパーティをしたんです。クー太と私、ふたりともグチャグチャ……

222kurisumasu (3)

 

 

MIHOさんちでさんざん食べたあと、踏み台昇降運動を32分がんばりました。

 

 

意味があるのかないのか^^;

 

 

ほぼスーパーのお惣菜ですが、おいしそうでしょ?

222kurisumasu (9)

 

 

 

テーブルの花は私からMIHOさんへのプレゼント

222kurisumasu (11)

 

 

 

友だちになって長いのにそういえば一度もお花を贈ったことがない気がする。

222kurisumasu (10)

 

 

劣悪な環境から保護した成猫クー太を9年以上たいせつに育ててくれているMIHOさん。クー太は慢性鼻炎がひどすぎてメンテナンスのむずかしい猫なんです。

 

 

キラキラ輝いているのはMIHOさんのケアの賜物

222kurisumasu (8)

 

 

 

みいさんちの卒業生きなこともラブラブしました。美しさが半端ない♡

222kurisumasu (1)

 

 

 

女同士ペチャクチャしゃべりバクバク食べほしいものをネットで検索し、スリラー映画を鑑賞。運動もやったし本当に楽しいひとときでした。

 

 

MIHOさんは長年うちのお子たちをかわいがってくれています。

 

 

特にひいきしていたのはほほ。

 

 

私がほほより先に死んだら東京大学の前田先生がほほを引き取る話になっていたのですが、前田先生が何らかの事情で引き取れない場合はMIHOさんが後見人に名乗りを挙げてくれていたんです。

 

 

ほほの通院も毎度つき合ってくれました。私が誘うんじゃなくて自主的に来るんです。ほほが宇宙へ帰ったとき、私とチチの次に取り乱したのはMIHOさん。ほほとMIHOさんはいい関係だったんですよ。MIHOさんのiPhoneのカメラロールにはほほがいっぱい。

 

 

MIHOさんも私もまだ怖くてぜんぶは見られません。

 

 

先月私はMIHOさんの誕生日をサプライズで祝いました。

222kurisumasu (6)

 

 

といってもケーキとプレゼントを用意しただけですけど。

222kurisumasu (4)

 

 

 

MIHOさんの好きそうな赤ワイン、冷えをあたためる靴下、クラランスのハンドクリーム&ボディミルク、バラの花束に見えるチョコレート。ほほからはMIHOさんへの感謝のカード♪

222kurisumasu (5)

 

 

 

パチっ!

222kurisumasu (7)

 

 

 

ほほがいないこの部屋は前よりずっと暗い。私は相変わらずほほロスです。

222kurisumasu (2)

 

 

 

無理をしても忘れられないので、自分の気持ちを吐き出していきたいです。

 

 

べべとナナとほほに会いたい。かつや私が見送ってきた子たちに会いたい。会いたい会いたい会いたい。愛してきたし、愛しているから。

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*