七色は撫和(なな)として1

皆さまこんばんは。本日は、我が家に1年以上いた保護猫七色(なないろ)改め、撫和(なな)について、幸せいっぱいの卒業レポートをお届けします。読んでくださればうれしいです。

IMG_0128

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、撫和(なな)は、私の地元にいたノラ猫さんで、保護されたとき、撫和のお腹の中にはすでに4匹の赤ちゃん猫が入っていたのです。

 

 

病院からうちに移動して、慣れない環境下、たったの4日後に赤ちゃんたちを産みました。

000nana (10)

 

 

私との信頼関係がない状態での出産と育児は、撫和にとって、どんなに心細かったでしょう。

 

 

お互いに距離をはかりながら、私は私にできるお手伝いを最小限やらせてもらうに留めていました。

 

 

ちなみに、グチャグチャに絡まってしまった赤ちゃんたちのへその緒をハサミで切ったのは私です。

 

 

今もあの緊張を、昨日のことのように覚えています。

 

 

ちっちと名づけた1匹の赤ちゃんが亡くなってしまいましたが、撫和は無我夢中で、そして献身的に我が子たちを育てました。コロコロとまるくなる子猫たちとは対照的に、ごはんを食べても食べても、やつれ、痩せていく一方の撫和が私の印象に残っています。「お母さん」って、すごいですね。

irikie (3)

 

 

血や骨……自分の命を削って子猫たちにお乳を与える姿に深く感動したのは言うまでもありません。

 

 

子猫たちが良縁に恵まれ、それぞれの終の棲家へ巣立ったあと、次はいよいよ撫和を安住の地へ送り出すはずだったのですが……撫和は譲渡先から3か月半で703号室に出戻ってきてしまったのです。

IMG_0277

 

 

さぶがつきっきりで励ましていたんだよね。

IMG_0280

 

 

さぶ、本当にありがとう。

IMG_0493

 

 

撫和もさぶに甘えられて、だんだんとリラックスするようになったのを感じました。

IMG_0502

 

 

ね?

IMG_2100

 

 

出戻りの理由は、「歯が悪い」というものだったので、病院に2度通いました。

IMG_0069

 

 

中島先生に相談して

IMG_0079

 

 

アドバイスなどもいただきました。

IMG_0070

 

 

確かに、一部の歯肉に炎症があります。歯石や抜けてしまった歯も……

IMG_0072

 

 

似たような症状の猫さんの画像で説明をしてくれた中島先生

IMG_0076

 

 

撫和も聞いているかのような写真ですね。

IMG_0077

 

 

先生は、重要なのは、「撫和が現在痛がっていないこと」だと仰っていました。

IMG_0078

 

 

「ちゃんとごはんを食べれていますから」

 

 

私の方で、歯も含め、もっと細かくさまざまな検査をしてから家族募集をするべきだったかもしれない、と後悔したのですが、中島先生のひと言で救われた気がします。

IMG_0075

 

 

「子猫を産み育てると、歯が悪くなりやすい個体もいますしね」

 

 

うんうん。確かに。人間も犬も猫も同じですよね。

IMG_0080

 

 

撫和の丸ごとを受け入れてくださる方と出会いたいと、このとき強く願いました。

IMG_0093

 

 

その撫和がこの度、胸アツのお輿入れを果たしたのです。

IMG_0096

 

 

向かった先は、撫和の娘、玉ちゃんのお宅

IMG_3366

 

 

10か月ぶりのぎこちない再会を経て、こんな母娘のシーンが繰り広げられるようになったのですよ。

 

 

玉ちゃんのご両親は、七色が出戻ったことを知って、悲しかったそうです。玉ちゃんのご家族なら撫和はまちがいなく安楽に暮らせる、そう確信して撫和をお願いしました。

 

 

トライアルが無事に終わり、撫和は日々を謳歌しはじめています。

 

 

環境といい、お人柄といい、里親さんには感謝してもしきれないです。

 

 

もちろん、里親さんも歯の状態については把握しています。

 

 

譲渡前の通院で、中島先生ともオンラインで直接お話していただきました。

 

 

まわり道をしましたが、皆さまにステキなご報告ができてホッとしています。

 

 

その節は、お騒がせをして、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

 

 

百聞は一見に如かず、ですので、次回は「玉ちゃん」、「先住風太さん」、「撫和」の画像をたっぷりとお送りします。皆さま、ぜひご覧くださいね。なるべく早く書きます♪

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

 

皆さまにもいいことがたくさん起きますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





2021年 譲渡活動を通じて送り出したお子たち

今日が2021年の最後の日ですね。こうして書いてみると感慨深いものがあります。年末年始はいくつかのお仕事と予定が入っていますが、丸1日のんびりできる日もあり、本当にうれしいです。

 

 

自宅でDVDを観ながら猫たちとくつろぐ時間が至福です。

 

 

20年の保護譲渡活動の中で、「看取り」は何度となく経験してきましたが、2017年のべべの死を皮切りに、ナナ、ほほ、高菜、あまぱん、リル、信くんを天国へ送り出しました。私にとって、一頭一頭の「生と死」は決して軽くないので、彼らの老いと病に苦悶し、自分もいっしょになってのた打ち回ってきた気がします。そのため、2017年以降は、自分の精神の立て直しが最重要課題です。2022年は悲しいお別れがないことを全身で祈りながら、できることをつづけていきます。

 

 

2021年は、13匹の保護猫の譲渡をしました。

 

 

成猫は1匹だけで、あとはめずらしく子猫が多かったです。

 

 

そして、残念ながら2021年は卒業犬が一頭もいませんでしたが、犬についてはまた保護譲渡を通じて今後も関わっていきたいと考えています。犬が猫と同じ位大好きなのに、かつては犬だらけの我が家だったのに……犬が自分の傍にいないことがさびしくて仕方ないこの頃です。

 

 

リルや信くんの闘病や介護、さぶの通院などもあったほか、仕事に本腰を入れなければという焦燥感もおぼえました。活動が思うように捗らなかったけれど、それでも、自分にできる範囲で「ゼロより1」のスタンスで取り組んだつもりです。703号室にステイしたお子もいれば、別の保護宅にいたお子もいますが、「命を譲渡する」という重い責任をもって臨んだことはまちがいありません。

 

 

終の棲家でのそれぞれの近況画像は折に触れTwitterに流しているので、ここでは譲渡前後の写真を簡単にUPさせていただきますね。懐かしいお顔もあるかもしれません^^

 

 

1月は、①成猫のんちゃん正式譲渡

306non

 

 

私がお世話になっている豆さんのお姉さんご夫妻が里親になってくださいました。豆さんのお宅には703号室卒業犬のリリコとルースがのんびりと暮らしています。

 

 

5月は、②トンミム(キジトラ)、③ウリム(キジ白)

309tommimu

 

 

保護猫七色の赤ちゃんとしてうちで産声をあげたふたりは、5月に揃って同じお宅へ♡

308urimu

 

 

④玉

310tama

 

 

七色の赤ちゃんの玉ちゃんもそっくりのお兄さんのいるお宅に嫁ぎました。

 

 

7月は、⑤トラ(キジトラ)、⑥マタニナ(三毛)

311tora (1)

 

 

私が信頼してやまないイクラ家に婿入り、嫁入りを果たした兄妹は、幸せに暮らしています。

312matanina

 

 

⑦にこ(キジトラ)、⑧ふみ(キジ白)

313nico

 

 

お渡ししたあとに風邪がひどくなってしまったのですが、やさしい里親さんの看病でメキメキ回復!

314fumi

 

 

⑨ルチル

315rutiru

 

 

ひとりっこのお坊ちゃまとして大事に育てられています。

 

 

⑩リリ(三毛)、⑪まるお(キジトラ)

317maruo

 

 

オシャレで遊園地みたいに楽しいお家にて姉弟はスクスクと育っています。

316riri

 

 

⑫ぶん

318bun

 

 

先住兄のいるお城で成長中。里親さんとはよく話をさせてもらっています。

 

 

8月は、⑬にこ

319nico

 

 

私の地元でIさんに保護されたにこちゃんは、私が譲渡を担当しました。

 

 

※子猫たちは全員不妊手術を終えています。

 

 

実は2021年の14番目の卒業生として、母猫の七色を載せるのをひそかにウキウキしていたのですが、七色は皆さまご存じのとおり、私の力不足で出戻ってきています。

 

 

しかし、だからこそ、2022年の卒業生に七色の名を書けるようがんばりますので、慈悲深い皆さま、どうかどうか、七色を応援してください。七色を見てくださっている方はいませんか? ステキな女の子ですよ。七色がいるからこそ、トンミム、ウリム、玉はこの世に誕生したのです。母猫も子猫たちと変わりません。愛されてぬくぬくと生きるためにこの世に生まれてきたのです。

 

 

保護猫七色

aebrgf (1)

 

 

保護猫あゆむ

aebrgf (2)

 

 

保護猫まなぶ

aebrgf (3)

 

 

から、「保護猫」を取っ払って、「愛猫」になってもらいたいです。

 

 

外猫→保護猫→愛猫……まるで出世魚のように、どんどんと確固たる幸福に近づいてほしい。

 

 

七色、あゆむ、まなぶをどなたかの「愛猫」にするのが私の来年の目標です。

 

 

皆さま、2021年はありがとうございました。

 

 

2022年もひきつづきよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





七色 54、ひまわりとして1

皆さまこんばんは。リルの旅立ち、さぶの体調が不安定で私が落ち着かず、伸び伸びとなっていたのですが、今日は保護猫七色の卒業を記念して、譲渡レポートをUPします。

nairoea (20)

 

 

前にもお伝えしたとおり、七色は「ひまわり」という素敵なお名前をもらいました。

nairoea (18)

 

 

うちを巣立つ2週間前位から、なぜか急に大胆になったひまわり

nairoea (19)

 

 

宿敵すずらんのケージに入り、すずらんを驚かせていた姿を思い出します。

nairoea (21)

 

 

すずらんとひまわりの位置関係が伝わるでしょうか?

nairoea (22)

 

 

ひまわりがいるのはすずらんのハウスなのです。

 

 

おとなしいはずのひまわりが、キッチンにおねだりに来てくれたり

nairoea (10)

 

 

鳴いて自己主張をしたり

nairoea (6)

 

 

さぶの食事場所を取ったり

nairoea (5)

 

 

ちょっとずつだけど、自分を見せてくれるようになったんだよね。

nairoea (16)

 

 

賑やかな703号室の中で居場所をさがしていたひまわりには、大きな勇気が要ったんだと思います。

nairoea (17)

 

 

ひまわり、歩み寄ってくれてありがとうね♡

nairoea (11)

 

 

ひまわりと私の間を取り持ってくれたちゅーるにも感謝♪

nairoea (12)

 

 

そして、特筆すべきは、さぶの功績(笑)。

nairoea (50)

 

 

さぶという男は、その存在だけで可憐な女性をメロメロにしてしまうのですから恐れ入ります。

nairoea (53)

 

 

さぶの前だと常にリラックスモード

nairoea (4)

 

 

垂れた前足がかわいい

nairoea (3)

 

 

甘えて

nairoea (2)

 

 

甘えられて

nairoea (1)

 

 

多頭の703号室ではかゆいところに手が届かず、足りない部分ももちろんあるだろうけれど、ひまわりはそれなりに満たされた「保護猫生活」を送っていた気がします。

nairoea (7)

 

 

ふふ。カメラにおさまっていたアピール写真の失敗作^^;

nairoea (51)

 

 

でも、どんなひまわりも大好きです。

nairoea (52)

 

 

3月に保護して、9月に終の棲家にお引越ししたひまわり。ひまわりのいた半年間は、本当に濃いものでした。来て間もない頃に愛くるしい赤ちゃん4匹を出産し、(ちっちは残念ながら1週間で亡くなってしまいましたが)子猫たちを立派に育てあげたことを、私は絶対に忘れません。わが子を懐に入れてあたため、絶えずお乳を飲ませていた子煩悩のひまわりが、私の瞼の裏に焼きついています。

000nana (16)

 

 

ひまわり、「保護猫」を、お疲れさまでした。

nairoea (9)

 

 

尊いあなたが、じんわりと、じんわりと、幸福に包まれていきますように。

 

 

次回はひまわり宅の環境をご紹介しますね。

 

 

皆さま、お読みくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





YESのお返事(8baby)

ふぅ。本当にあっという間の月曜日でした。

 

 

昨日、自分の心の中で「よい! ドン!(スタート)」をしてから、アップテンポでいろんなことをこなしています。子猫の家族募集をするときはいつもこんな感じ^^;

IMG_1725

 

 

左に写っているのは、母猫ふくちゃん(と8匹の子猫たち)を保護した方

IMG_1724

 

 

子猫たちが成長してくれるのはもちろんうれしいのですが、家族探しは私にとって、ある種「成長との闘い」なのかもしれません。早めに安住の地を見つけてあげたいのです。

IMG_1500

 

 

※お話が進めば順次お見合いをさせていただきますが、譲渡は7月の後半以降になります。

 

 

病院での撮影を手伝ってくれたのは(スタッフの)コタローのお姉さん

IMG_1722

 

 

シャッター速度が私より格段に俊敏で頼もしい限りです。ありがとうね!

IMG_1721

 

 

子猫たちの写真を撮る、保護猫すずらんのワクチンを打つ、と並行しながら、実は子猫たちのお見合いもしたのですよ。会いに来てくれたのは私の友人イクラさんファミリー

InkedIMG_1541_LI

 

 

詳しいいきさつは改めて書きますが、友人が8匹のうちの2匹を家族として迎えてくれることになりました。「水曜日まで熟考する」という結論でお別れしたのですが、今日の午後、YESのお返事が!

 

 

やった。愛しの友人宅なら120%幸せになることまちがいなしです。

IMG_1570

 

 

おめでとう♡

IMG_1545

 

 

どんなお名前になるんだろね?

IMG_1543

 

 

楽しみだなあ……

IMG_1552

 

 

この薄い色の三毛ちゃん(女の子)と

IMG_1546

 

 

ハンサム要素たっぷりのキジトラ(男の子)のペアでお輿入れします。

IMG_1607

 

 

ふふ

IMG_1617

 

 

あなたお顔の具が濃いめね(笑)。

IMG_1605

 

 

ほかの6匹の兄妹たちも次々と家族募集サイトへ掲載したいのですが、私が混乱&パンク寸前なので、まずはアシンメトリーな三毛ちゃんを中心にご紹介していきます。

IMG_1567

 

 

眠そうな表情とオレンジの入り具合が最高にキュート♪

IMG_1578

 

 

ね?

IMG_1566

 

 

私、この子個性的で大好き!!

IMG_1569

 

 

でも写真より実物のほうが断然イケてます。

IMG_1576

 

 

白いソックスもたまらん……

IMG_1579

 

 

子猫は努力せずともすぐ里親が決まるでしょ? と言われるかもしれませんが、私はそうは思いません。実際は意外と消耗します。けれど、全員の良縁をめざしてがんばります。

 

 

若いお子でお腹いっぱいになられた皆さまへ、若くないお子のお口直しをご用意しました。

IMG_1369

 

 

17歳7か月のリルと、推定20歳を超えているみーちゃんをどうぞお収めください。

IMG_1351

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ふくちゃんの産んだ8匹の子猫たち(8baby)

皆さまこんばんは。午後は予定どおり、emi-goの病院へ行き、家族募集をする子猫たちの写真を撮ってきました。みんなスクスク育っていて健康的で愛らしかったです。

syua (2)

 

 

子猫たちは5月30日生まれの生後3週間。8匹いるため、早めに里親さんを見つけようと思っていますが、お渡しは生後8週程度の7月の後半以降になりますのでご了承ください。

syua (4)

 

 

そして、病院と母子猫たちを保護した方の意向で、できれば兄妹2匹セットでお願いしたいです。

syua (3)

 

 

くっつき合って生きているんだものね。

syua (9)

 

 

ふふ。スイッチ切れちゃった(笑)。

syua (8)

 

 

8匹の子猫たちを産んだ母猫の「ふくちゃん」です。

syua (15)

 

 

ふくちゃんは美猫で、すっごく性格のいい女の子ですよ。

syua (1)

 

 

ふくちゃんは保護した方の末娘になることが決まっています。ふくちゃん、妊娠中に自分から(保護した方に)助けを求めて近づいてきたんですって。賢い。やるなあ^^

 

 

色の薄い三毛ちゃん(女の子)

syua (10)

 

 

眠そうなお顔のキジ白は男の子です。

syua (11)

 

 

全員一気に家族募集サイト「ペットのおうち」に掲載するのは(私の)時間的にむずかしいので、何回かにわけようかと……。トップバッターはこのお方にしました♡

IMG_1580

 

 

キャー! キュートすぎません? 

IMG_1575

 

 

アシンメトリーな三毛の女の子。ふたつの模様を堪能できちゃうぜいたくさ♪

IMG_1568

 

 

鳴いているお顔もたまらんよのう……

IMG_1564

 

 

子猫へのほめ言葉には適さないかもしれませんが、個性的でオシャレな模様です。

IMG_1633

 

 

つぶらな瞳と艶やかな毛色が超絶魅力的です。気になる方はどうぞお問い合わせください。

 

 

※子猫たちは現在母猫ふくちゃんと共に、保護した方のお家で生活をしていますが、譲渡に関しては私が全責任を持ちます。ご連絡は私へよろしくお願いします。

 

 

最後に保護猫すずらんのことも!

syua (12)

 

 

昨夜すずらんをケージに入れることに成功したので……

syua (13)

 

 

なんとかキャリーに移し

syua (14)

 

 

本日子猫たちの撮影の合間に中島先生にワクチンを打ってもらいました。

syua (7)

 

 

爪も切ってもらっちゃった。中島先生ありがとうございます。

syua (6)

 

 

洗濯ネット二重越しの抱っこ

syua (5)

 

 

3種混合ワクチンが終わりました! すず、お疲れ!

syua

 

 

703号室はいろんな猫が出入りするのでワクチンは必須です。これで安心!

 

 

では皆さま、いつもお読みくださりありがとうございます。

 

 

おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク