ある日の703号室

先ほどまで母の店にいました。新しい店についてのあれこれを話し合うためです。深夜にも関わらず妹夫妻がたいへんはりきっていたので「帰りたいオーラ」が出しづらいのなんの!

最後は「じゃあ……私はそろそろ(心の声:もうかんべんして)」と切り出しお尻を浮かせました。逃げるようにやっとの思いでうちに戻ってきたのです。皆さまただいま!

 

703号室は保護猫夜夜子の家族募集中です。夜夜子の写真はおなじみみいさんより。

mairaba

 

 

ブログは夜夜子中心でいきたいのですが、たまには他のお子たちのことも書かないとね! 本日は「ある1日」をお送りします。

 

 

①午前中は掃除しまくり~

 

 

②お昼頃ゲストMIHO氏到着。生活感たっぷりのおみやげありがと。ほほの好物しらすも^^

mairaba (13)

 

 

③ゲストに簡単ランチを作りました。シーフードとしめじのトマトソースのパスタとサラダ

mairaba (5)

 

 

④ゲストが撮った我が家の面々。長女べべ、食事中

mairaba (4)

 

 

可憐なナナとひどい状態のお母さん(涙)。頭とかメチャクチャ……女じゃないね。

mairaba (10)

 

 

ハンストするリル。ごはんを食べてくれないのがいちばん困ります。

mairaba (8)

 

 

届いたばかりの青チェックベッドにちんまりおさまるほほ。しらすをもらい大満足!

mairaba (2)

 

 

間もなく身に起こる危機を知るよしもないあまP

mairaba (6)

 

 

そして、超おこりん坊の保護猫デカ円氏。顔はかわいいでしょ? でも態度はすごいですよ。近日中にデカ円の動画をUPしますので一緒に驚いてください(汗)。

mairaba (18)

 

 

⑤ひととおりみんなをこねくりまわしたゲストとともにドライブがてらメインイベント会場へ

mairaba (15)

 

 

駐車場が空いてなくてグルグル回っちゃったよ^^; あまPがんばろう!

mairaba (7)

 

 

そう。あまPは肺の結節の経過観察のため、東大病院に通院したのです。

 

前の通院記事はこちらをお読みください。具体的な内容が書かれています。

 

 

大学病院は敷居が高いと思われがちですが通ってみるとそうでもないかな。激混みだけどね。

mairaba (17)

 

 

前回は例の無麻酔CT検査を受けたのですが、今回はレントゲン検査にしました。患者あまぱんは不服を訴えまくりです。

mairaba (9)

 

 

口内炎ができていたので口の中の診察とステロイドの注射を打ってもらいました。

 

参考にする方もいらっしゃるかもしれないので、また医療費を書いておきます。

 

(診察、レントゲン検査、ステロイドの注射)駐車料金とあわせ総額16,000円。

 

1回目と比べるとずいぶんリーズナブルに感じますね。

 

あまぱんはこれからも月1の割合で肺の結節の経過観察をつづけていきますが、次回以降は大巻先生の病院に戻ります。将来、専門的な検査などが必要になった場合は再度東大病院にお世話になる手はずを整えています。

 

 

⑥帰宅後、もろもろの家事とお子たちのお世話

 

 

⑦MIHOさんに手伝ってもらいながら慢性腎不全のさぶに補液(点滴)を行います。

mairaba (12)

 

 

「おてやわらかにたのむな」

mairaba (14)

 

 

はいよ。すぐ終わるからお母さんを信じてね。さぶ、チクっと150mlがんばりました。えらい!

mairaba (16)

 

 

と、ここで暴露しますが、実はチチ会社を休んで家にいたのです。しかしなにひとつ手伝うどころか夜までベッドから起き上がりませんでした。はあ。MIHOさんがいるのに恥ずかしい。まあいいや。MIHOさんがお子たちと遊んでくれたおかげで家がパッと明るくなったし。

 

 

⑧そんな? チチからべべへのプレゼントが届きました。チチにも感謝!

mairaba (11)

 

 

ナチュラルドッグフードのフード。まずは2キロを2袋。パッケージがオシャレ。

 

アレルギーから起こる炎症がガンになる可能性があるほど重篤なIBDと闘病中のべべ。本当は療法食しか食べられないのですが、zd(ヒルズ)も低分子プロテイン(ロイヤルカナン)もほとんど口にしなくなったので一か八か療法食を一度離れてみることにしたのです。

 

療法食を離れるのは8年ぶりのべべ。体に合わない食事は胃腸に負担をかけてしまうのでかなり調べました。その上でナチュラルドッグフードを選んだのですが正直あまり食べません。幸い体には合うようで下痢嘔吐はしていませんが……。

 

べべが食べなくてもナナは喜んで食べてくれるのでチチのプレゼントはムダにはならないけれど、べべのごはんどうしよ? のふりだしに。老犬の闘病はむずかしいですね。

 

 

⑨ランチからだいぶ時間がたちMIHOさんとディナーへ

 

熟女ふたり、痛恨のオーダーミス。辛すぎて言葉が出ない。

mairaba (19)

 

 

もったいないから残しませんでしたが、しばらく辛いものは食べないことに決めました。

mairaba (3)

 

 

⑩ゲストとお別れ。お子たちのお世話やブログ更新メール対応……。

 

うちは老犬老猫が多く、それぞれに持病がありケアが複雑です。お金も手間もかかりますが私にできることはぜんぶやりたい。さらに、どうせやるならできるだけ楽しくやりたい。

 

今よりもっと要領がよくなって、常にニコニコ顔の……お子たちが頼りにできるようなお母さんになりたいです。

 

縁あって結ばれた家族だから、1頭1頭を大切にしないとバチがあたりますね。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





撮る人あやす人

2日間寝込んでいた私は午前中から掃除や換気に大忙し。

 

私の体調を気遣い延期を提案してくれたおふたりのやさしい心を一蹴し、懇願しました。

 

 

「マスク装着で半径1m以内に近づかないから来て~」

 

「わかったよしょうがないな(クスクス)」

 

 

私には自分なりの週間・月間スケジュールがあるのです。ふだんはそれに則って規則正しく? 行動しているためレールからそれることが苦手です。

 

風邪で寝込み非生産的な2日を送ってしまったので遅れを取り戻さなければなりません。

 

それに昨日念のため病院で「人と会っても大丈夫か」を聞いてみたところ、「インフルエンザじゃないので気をつければ大丈夫だと思います」とのお答えでしたので、迷惑をかけない位置で静かに息をさせてもらう運びとなりました。

 

 

予定どおり実現した保護猫夜夜子の撮影会♪

yayayaa

 

 

麗しの姫君はやる気満タンです。

yayayaa (2)

 

 

夜夜子はね、703号室保護動物の中で10本の指に入る「飼いやすさ」です。「飼う」の一語に若干の抵抗がありますが他に適当な言葉が思いつかない。まあ、「暮らしやすさ」かな?

yayaa

 

(上の3枚の写真MIHOさんより)

 

 

出すぎず引っ込みすぎず、ちょうどいいあんばい。

 

ビジュアルもいいし、人間社会ならかなりモテる女性のはず。

 

あまたの703号室保護動物を見守ってくれたみいさんとMIHOさんも共感してくれました。

 

 

みいさん「私、夜夜子見てアンちゃんの言ってた【飼いやすい】の意味わかったわ!」

 

MIHOさん「ややちゃん超いい子! クー太と替えて~(ウソ)」

 

 

保護猫を売り込むための文句だと思うでしょう?

 

これがほんとうなんですよ。なんなら会いに来てください。わかるから(笑)。

 

夜夜子と暮らせる人いいよね~! を肴に中年3人でお茶や海苔巻をすすった? のち、いよいよみいさんがカメラ女子モードに変身。現在レタッチ中なので、取り急ぎ数枚のみ^^

 

 

「添い寝してあげよっか」

fauap

 

 

「遊んであげよっか」

faoufa

 

 

「んー もうちょいなんだけどなぁ」

faufa

 

 

うおう(吐血)。

 

 

もっといいのはあとのお楽しみにとっておきます。せこい女ですみません。

 

 

撮った人(みいさん)とあやしてくれた人(MIHOさん)の協力のおかげ。

 

私は風邪菌を撒かぬよう息を潜め遠くから夜夜子に熱い視線を送る役に徹しました。

 

 

遅れちゃったけれどみいさんの満1歳の誕生祝いも!

ytaiuf

 

 

もちろんおふたりは食卓でケーキを食べ、私はキッチン奥で犬猫たちといただきましたよ! やっぱ人間、距離感も大事かと。

 

あやす人がときどき我を忘れ、写真を撮る人の前に立ちはだかって夜夜子にiPhoneカメラを向け、シャッターを切りまくっていたのはここだけの話^^;

 

 

そしておふたり、生活臭のぜんぜん漂わない色っぽいおみやげをありがと。いいね!

faoaga

 

 

スペシャルレディに703号室のロングステイは似合いません。保護猫夜夜子は近日中に家族募集を開始し、未来のご家族のおひざ元へ飛躍します。

 

家族希望カモーン!

 

LOVE!

 

 

追伸:はあ。私ってバカ? 聞いてください。今、更新している間じゅうずーと横目で気にしながら話しかけていたのです。足元の白い物体をさぶだと思い込んで「ごめんね」、「お腹すいた?」、「もう終わるよ」うんぬん……。

 

 

えーなんだきみなの? きみだったのか?

fapa

 

 

 

ってことでまあ仕切りなおして~

 

 

 

BIG LOVE!

 

 

スポンサーリンク





厚い一枚

あっという間に一週間が終わりましたね。

 

終末は家事率がさらに高くなるのでゆううつです。

 

昨日は松浦美奈さん訳の「アメリカンスナイパー」を鑑賞しました。なんで英語ばかりペラペラ話しているのに松浦さんはスラスラ訳せてしまうのか? 素朴な疑問です。

 

 

ほぼ冷蔵庫の残りものでこしらえた本日のチチの晩ごはん

12239720_647207675418975_3410687112812819390_n

 

 

数百円レベルで完成。品数は多いけれどぜんぶ簡単です。それなりに見えればいいね^^;

 

あまり稼げないけれど奥さんがほしい(爆)。

 

 

「お母さんが奥さんなのに奥さんがほしいの?」

IMG_6971

 

 

そうね。ナナちゃんみたいな奥さんがあれこれ手伝ってくれたら助かるな。

 

 

「おなかすいたなんか夜食ちょうだい」

IMG_6969

 

 

まあ、きみたちはおねだりが仕事だから仕方がない。かわいいお子は得ですね。

 

 

「疲れてんだな。だいじょうぶか?」

IMG_6991

 

 

パソコンに向かう私をいつも見守ってくれるさぶ。

IMG_6992

 

 

最近のお気に入りは亡き愛猫かつくんが使っていたベージュの円形ベッド。

IMG_6993

 

 

かつが家族になってくれた記念にプレゼントした物です。12年以上前に買ったんだっけ?

 

かつと暮らしはじめた頃はマイホームの頭金を貯金するために、とにかく徹底した「節約生活」を貫いていた私。2,000円程度のかつ用のベッドひとつを選ぶのもケチケチしていたのをおぼえています。

 

さんざん迷った末に買った専用のベッドをかつは重宝してくれました。

 

3歳の若さでこの世を去るまで、かつの定位置はこのベッドでした。

 

 

ねこママさんが描いてくださった絵の中でもかつはベッドに乗っています。

IMG_6994

 

 

我が家の宝物

IMG_6995

 

 

辛い闘病の末にかつが逝ってしまったあと、私は抜け毛のついたベッドを密封保存したのです。なにかを封印したかったんですかね。抗って、止めてしまいたかったのかも。

 

以後、ときどき透明の袋越しにベッドを眺めては手を触れられずにいました。

 

けれどつい先日、ふと、ほんとうにふと袋から出してダイニングテーブルの上に置いてみたのです。そうしたらすぐにさぶが乗りました。

 

 

「ダメ!」

 

 

反射的にさぶを制してしまった私は、さぶのまあるい目を見て我に返りました。

 

 

「あ、ごめん。さぶごめん。乗っていいんだよ。はいここ。いいんだよここ!」

 

 

ベッドに戻ってきたさぶの姿に安堵したとき、不思議な感覚をおぼえました。

 

なんか、皮が剥けた気がしたのです。すごく厚い一枚が。

 

 

8年以上のブランクを経てベッドは本来の役割を再び果たしてくれています。

 

 

命は芽生え、根をはり、やがては朽ちていきます。

 

とてもシンプルな原理の中に私たちは「縁」や「絆」や「情」をさがし、共存する意味や見送る理由を求め、ともに歩む道程でハッ、と愛に気づくのかもしれませんね。

 

 

私は自分がどれだけかつを大切に思っていたか、いや、いるかを改めて知りました。

 

そしてベッドに乗ったさぶを相当に愛してしまったことも(汗)。

 

 

「なあなあ おれが好きか?」

IMG_6990

 

 

はい(笑)。

 

 

次週もLOVE満載でお送りします。

 

こんな季節なのに暑苦しくてごめんなさい~。

 

 

スポンサーリンク





ねえ、こっち見て

ソファが臭い。

 

だれか(たぶんナナ)がソファで吐いてしまい耐えがたい酸味臭を放っています。

 

10年使ってるからそろそろ買いかえたいなあ(遠い目)。マーキングと嘔吐の温床だもん。

 

はあ。まあ徐々にね。

 

 

 

さて、フォスターアカデミーベーシック第二期の初回を終えました。

 

写真を送ってもらうよう事務局にお願いしているので、講義の様子は後日写真つきで簡単に報告させてください。話を聞いてくださった方が見てくれているかわかりませんが、どうもありがとうございました。美人が多くて目の保養になりました(笑)。

 

 

「疲れたか?」

IMG_6968

 

 

そうでもないよ。朝は頭痛もしなかったし。

 

 

「そうか。よかったな」

IMG_6963

 

 

うん。さぶありがとね。ごほうびにおいしいごはんをどうぞ♪

IMG_6974

 

 

そうそう!

 

 

先ほどナナが恐ろしく私を悶えさせたので一緒にご覧ください。

IMG_6977

 

 

ナナちゃん、サイズちが……

IMG_6976

 

 

ナナちゃん、お母さんがべべや猫たちにポチった小さなベッドが気に入ったの?

IMG_6978

 

 

カメラを向けたら困った表情を浮かべました。このあと私がカメラを放り出しナナを抱きしめに行ったのは言うまでもありません。自分のお子ながら、かわいすぎるよ……。

IMG_6979

 

 

と、ここで終わらないんだなあ今回は……

 

 

なんとナナが水を飲みに席を離れた隙にこんなことが起きたのです。

IMG_6986

 

 

ナナを褒めまくる私を見て末っ子リルがナナの行動をまねしたんですね。

IMG_6987

 

 

リル……どう考えてもそのベッドリルには手狭だよね?

IMG_6980

 

 

「だいじょうぶ」

IMG_6984

 

 

ほんと?

 

 

「うん……」

IMG_6982

 

 

リル、もしかしてお母さんの気を引きたいって思ってくれたのかな?

IMG_6985

 

 

もしそうならリルの作戦大成功だね!

IMG_6981

 

 

さびしかったの? リルごめんね。

 

でもリル、うちは多頭だけどお母さんはいつもお前さんたちをちゃんと見ているつもりです。

 

日々全員の存在を強く意識しているよ。

 

欠けていい子なんてひとりもいない。

 

お前さんたちがどんな風に過ごしていても、お母さんはお前さんたちに夢中です。

 

 

私たちは深い縁で結ばれた家族だもんね。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





お母さんからの提案

先日のお出かけのときに撮った写真をトリミングし明るめにしてみました。

ghao

 

 

THE 血縁! かわいい!

 

 

ナナがはにかんでる。

 

ナナはいつもいい子だなあ。

 

問題ばかり起こす甘ったれの長女べべとわがまま極まりないすえっ子のリルの狭間でナナは静かに生きています。猫たちや保護動物たちにも遠慮がちのナナ。

 

 

もしかしたらみんなが「ナナの役」を取ってしまったのかもしれない。

IMG_6942

 

 

 

ナナがなりたかったキャラクターはほんとうに「おとなしい子。分別のある子」だったのか?

 

捨て犬として土手でスタートしたナナ。

 

生まれたときからたくさんのきょうだいたちがいました。ナナはきょうだいのだれよりも早く土手を離れることができましたが、終の棲家が「うち」でなんだか申し訳ない。

 

 

1歳8ヶ月で我が家に来た当時は保護猫デカ円より怒っていたナナ。

 

土手でさんざん殴られ仲のよかった姉妹のタカコ(のちに餓死)と生き別れ、ナナの心は死に掛かっていたんだと思います。完全に死ぬ前に私に牙を剥き最後の抵抗をしたのではないでしょうか? けれど、もう一度人間を信じてみようと考え直してくれた。

 

ナナは懐の深い娘です。

 

はじめにドバッと感情を垂れ流したあとナナは十年以上もの間、じっとしています。

 

ナナと暮らして約12年が過ぎました。ナナは次の春で14歳になります。

 

 

上にも下にも行けない立ち位置で物陰から控えめに私を見つめてきました。

IMG_6948

 

 

アーモンド型の愛らしいその両目にうっすらと白い膜がはられているのを私は知っています。

 

 

私はナナの随所に「老い」を見つけるたびに淋しくてたまらない気持ちになるのです。

 

「後悔」のような。

 

 

そしてだいたい次の瞬間「ハッ」と我に返り胸を撫で下ろします。

 

 

いやいや、ナナはまだぜんぜん私の横にいる。

 

 

手を伸ばせば届く場所にいる。

IMG_6949

 

 

私はときおりナナから溢れ出る「感情」を受け止めるのが好きです。

それが喜怒哀楽のどのパーツであっても。

 

しかしじゅうぶんにナナの言い分を聞いてやれている気がしません。

 

 

ナナが私にはじめて笑いかけてくれた大昔の日をぼんやり思い出しながら今これを書いています。相変わらず「後悔」に似た気持ちがして胸が苦しい。

 

 

そこでナナちゃんにお母さんからの提案があります。

 

 

この前はみんなでデートしたから今度はお母さんと「ひとりっこ体験」をしてみようか。

IMG_6941

 

 

近場になってしまうけど、お母さんとふたりきりで出かけてみよう。

 

べべとリルにはナイショで^^

 

その日はナナ、いい子じゃなくていいんだからお母さんにナナの丸ごとをぶつけてくださいね。

 

 

よし! 1週間以内にデートプランを練って実践するぞ♪

 

ナナとの抜け駆けデートを計画し出したら、「後悔」のような変なものが自分からスッと引いていくのを自覚しました。「後悔」は文字通り後に悔いること。

 

 

目の前に素敵なレディがいるのですから後悔もへったくれもないですね。

 

 

 

「愛さずにはいられない……だな」

IMG_6956

 

 

あらさぶ? 顔になんかついてる。

 

あ、前もナナの誕生日を忘れてしまったことをグチグチ悩んだことあったっけ?

過去のこの記事を読んでまたいっそうナナが心に迫ってくるのを実感しています。

 

 

さて、うちのお子自慢の親バカネタを失礼しました。美しいナナに免じてお許しください。

 

これからナナとイチャイチャしますのでこの辺で失礼します。

 

明朝はナナと朝寝坊ののちいつもどおり「お散歩の友」として近所をぐるりとまわる予定です。

 

晴れるかな?

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク