リピート

秋がいちばん好きだったのです。

 

肌心地のいい風が吹きますし、行く先々がほんのりとキンモクセイの香りに包まれますし。

 

涼しい分、秋に身を置くとちょっぴり切ないけれど、オトナのゼイタクといいましょうか……本を1冊手にとってどこかへ寄り道したくなるような感覚でした。

 

今は保護動物もいないのでお気に入りの季節を堪能するいいチャンスなのに、なんだかため息ばかりでやる気が出ない。雨がつづいているからですかね?

 

前回、次は明るい更新をするといっていたのにすみません。

 

 

王子も憂いの表情。さぶ、そういう顔をしていると目が小さく見えるからブサイクだよ?

IMG_6065

 

 

 

「そうか? おれも疲れてるのかもな」

IMG_6064

 

 

 

「これでいいか?」

IMG_6066

 

 

まだ小さい(笑)。

 

 

うちのさぶの前の名前は「パンダ」でした。こちらに保護したてのさぶの記事が。

保護後の記事ではキャラを一変させましたね。一同唖然でした。さぶは家猫として生きるとじぶんで決めたようです。外猫時代の写真も出てきます。

 

 

クールな雰囲気のさぶですが、最近何度かひとりで猫じゃらし遊びをしている姿を目撃しました。猫じゃらしをくわえて、ポイっと離し、一瞬低空に舞った猫じゃらしをすばやく左右の手で一回ずつパンチするという地味な遊びです。

 

あ、さぶが赤ちゃん返りしている、と思いました。

 

こういう日常こそ、お子たちのなにげない仕草こそ、きっと永遠に私の脳裏にこびりついて剥がれないのでしょう。家族を失ったとき、私の中で決まってリピートされるのは一般的には取るに足らないようなシーンばかりでしたから。

 

さっき、猫トイレを片づけながら横目でさぶが遊んでいる様子を観察しました。

 

 

真剣ゆえ滑稽なさぶ。

 

身悶えて、たまらずスコップを放り出し抱きしめました。

 

ほんとうに、ほんとうに、さぶと暮らせてよかったです。

 

 

次はどんな「出会い」が訪れるでしょうか?

 

どんな「出会い」とどんな「出会い」を私は繋ぐのでしょう?

 

さぶのひとり遊びを肴にあれこれ想像していたら少々気分が上がり、ワクワクしてきました。

 

さぶと私のようなカップルを結ぶお手伝いができれば幸いですね。

 

 

憂いの秋ですが、LOVE!

 

 

スポンサーリンク





カメラの中のきみたち

皆さまこんばんは。

 

まずは溜めていたご報告を!

 

卒業猫シナ&モンの姉妹ナツ&メグのお届けはとうに済みましたが、ひと言ブログでおめでとうが書きたくて^^ お見合い&お届けはマイ太郎さんと一緒に行きました。

goe (9) goe (7)

 

 

姫待遇の素敵なお家にため息。脱走防止対策も万全の責任感のあるご夫婦でした。

goe (5)goe (3)

 

※ くわしくはこちらこちらをご覧ください。(ナツメグの写真はマイ太郎さんより)

 

ナツ&メグおめでとう♪ 末永く幸せにね。

 

ついでと言ってはなんですが、シナ&モンの近況写真を!

goe (14)

 

 

困った顔でいたずらしてるモンをツイッターに載せたところ、たくさんの方が「お気に入り」に入れてくれました。笑える。ちなみにシナ兄はこういうことをしないそうです。モンちゃん……。

goe (16)

 

 

※ 卒業生の近況はツイッターに随時流しています。

 

 

それからゴエモンさんのママよりお米のプレゼントが届きました。(写真あつこさん)

goe (18)

 

 

あつこさん(ねこだるまさん)お米とお米に合うかずかずをありがとうございました。妹の分まですみません。妹にはすでに渡してあります。いつも保護猫たちのために奔走していらっしゃるあつこさん。どうかお体を大切にしてください。

goe

 

 

「心の調子が悪そうだな。だいじょうぶか?」

goe (2)

 

 

「お母さん中年にもなればあちこちガタくるよね」

goe (4)

 

 

まあね。頭がグルグルしちゃう。

 

 

「そういうときは寝るのがいちばん」

goe (17)

 

 

と、気持ちよさそうに寝ているあまぱんをキャリーにつめこんで行ってきました。

goe (8)

 

 

ごめんね。通院ばかりさせて。

 

 

肺炎治療中のあまぱん。口内炎もひどいのですが、ステロイドがつかえないのでこまめにインターフェロンの注射に通っています。 肺炎は前より落ち着いてきた模様。次の診察時に再度検査を行う予定です。軽く11歳は超えているあまぱん。若いときとはちがい病気がなかなか完治しません。けれどいつまでも元気でいてもらいたいと願うのが親心です。

goe (10)

 

 

あまぱんは703号室の大切な「あま兄」役でもあるんだから、いてくれないと困るのです。

goe (6)

 

 

うちに来てから絶えず笑わせてくれたあまぱん。

数えきれないほどの癒しを与えてくれたあまぱん。

あまぱんと出会えたからこそ、私は先代かつくんへの未練を整理することができたのです。

今、これを書いているときもあまぱんは私のひざの上にいます。かわいいですね。

 

 

あまぱんの通院時に病院でべべのごはんを買いました。

goe (12)

 

 

今回はzdを。だいたいzdか低分子プロテインをまわしています。zdが飽きてきたら低分子。低分子をのこすようになったらzd……。フード系はネットで買うほうがだんぜんお得ですが、ちょうどきれてしまって。注文した分が届くまでのつなぎです。

 

フードに飽きたからってお菓子(低アレルゲントリーツ)ばっか食べるのダメだからねべべ!

 

 

「じぶんは何年も同じものばかり食べれるのかね?」

goe (15)

 

 

まあ、お母さんには無理だね(汗)。

 

皆さまのお子は長期間飽きずに療法食を食べてくれますか? なんかいい方法ないかな?

 

 

最後に、カメラの中からSALAの未掲載写真が出てきました。

goe (11)

 

 

いなくなったのが不思議でたまりません。

goe (13)

 

 

SALAの前の家を通るときは一瞬SALAの姿を期待してしまうのです。

 

いるはずもないのにね。

 

この世のどこを探してもSALAがいないのが淋しい。グチグチとすみません。わかってます。

 

わかってるんですけど、SALAに会いたい。

 

書いているうちに暗くなってきました。次は明るい話題を更新するようにします。

 

(いただいた物資も含め)SALAに買ったフードやおやつ類をまとめ、今週中に保護活動をしている方に送ろうと思います。ほかの保護犬に使ってもらえれば、物資が活きますものね!

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





舌の力

書きたいことが山ほどあるのですが、今夜の主役はさぶとSALAでいきます^^

次回はシナ&モンのお届け記事、そしていせやんへとつづきます。

いずれも「幸せいっぱいの卒業」ですのでご安心ください。

 

闘病記録のような内容は読んでいて気が重いかもしれません。

だから無理しないでどうぞスルーしてくださいね。

ただ、私にとっては今のこの一瞬も大切です。

犬猫の一生は若く元気のあるときばかりではないですものね。

 

まずは保護当時から慢性腎不全ステージ3のさぶ。腎臓を患う猫が多いですね。猫の死因の第一位が慢性腎不全だと言われているくらい。でも慢性腎不全は長くつきあっていける病気なので私はさぶのケアを楽しんでいます。

 

さぶは食事療法、ネフガード、Dフラクションプレミアムのサプリメントのほか、セミントラ(薬)を飲ませています。くわえて週に2度の補液を自宅で行っています。暴れるので針を刺す際はチチとふたりがかりでしたが、なんと最近はひとりでできるように♪

 

脱衣所で補てい服を着せ、説得します。

 

「さぶくんさぶくん。ちょっとだけちくっとするよ? お願い。じっとしててね」

 

 

「どうしても やるのか?」

pagae (3)

 

 

精神的余裕がないのでいい写真が撮れませんが、じっとしてくれています。

pagae (12)

 

 

「おれ やるときはやるからね」

pagae (13)

 

 

終わったあとの流し目のドヤ顔がイケメンですね。さぶ、ありがとう。

 

 

そしてSALA。金曜の午後お迎えに行ってきました。

pagae

 

 

ICUで姫待遇。私に気づいて「お? 帰る?」の一枚

pagae (2)

 

 

モルヒネパッチをはってもらっています。効くのはだいたい72時間未満と伺いました。

pagae (15)

 

 

陰部からの膿は2種類の抗生物質で様子を見ることに。抗がん剤、ステロイド、胃腸薬を合わせると結構な量の薬ですが、好物に混ぜちゃえばペロッと平らげてくれるので助かります。

 

ステロイドなどはすでに減量の方向へ向かっています。

 

病院へ連れて行くのが大がかりなので先生と相談。容態に変化がなければ今後基本は自宅で療養させてもらうようにしました。

 

SALAは入院中にたくさんの検査を受けました。

検査の結果、残念ながらガンは確実に進行しているようです。しかしこうしている間もSALAのいい細胞がSALAの悪い細胞と闘っていて、SALAはちゃんと生きています。体を動かすときは辛そうですが、安静時は穏やかな寝息を立てることも。めちゃくちゃかわいいですよ。

 

 

帰りの車の中。タンカーがあればひとりでも運べます。便利グッズがありがたい。

pagae (14)

 

 

SALAのごはんは手作り食が中心。とは言っても、冷蔵庫のあまりものですが^^;

pagae (4)

 

 

SALAごはんできましたよ? どうかな?

pagae (5)

 

 

なんかにおいがするでしょう?

pagae (9)

 

 

食べはじめてくれました。まんざらでもなさそうです。

pagae (6)

 

 

具がちょっと大きかったね。ミキサーで粉砕した方が食べやすいかも。

pagae (8)

 

 

写真では伝えられない舌の力強さ。SALAは苦しい病の中にいても生を探求しているのですね。

pagae (7)

 

 

SALAちゃん完食! 食べれるうちはいっぱい食べてください。

pagae (10)

 

 

しんどそうな表情を見るたびにいろんな気持ちが交錯します。

pagae (11)

 

 

痛いのはSALAであって私ではありません。代わってやることができないです。

けれどSALAが力強く舌を動かしながら自力で食べているうちは、それがSALAの意思だと思って補助していきたいです。

チチも率先してよく面倒を見てくれています。

SALAを抱っこするのは私よりうまいかも。

 

毎日ドタバタですが、なるべく明るくお子たちをケアしていきますので、皆さま懲りずに遊びに来てくださいね。10頭から7頭に減ったので余裕が生まれています。

 

しばらくはべべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、SALAで暮らしていきます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





おれんち犬いるのね。

faou (2)

 

 

犬のうちの一頭が、ハイエナみたいにおれたちのごはんを狙うから、おれたちは犬が上がれない高い場所でゆっくり食事するんだけど、おれ最近、あま兄のシマのよさに気づいて。

 

あま兄のシマはキッチンの背面棚。

 

カウンターキッチンのおれのシマより狭いけど、なんか落ちつくし、それにおれの器はいつも腎臓サポートばかりだから、あま兄の器の中身に魅力を感じるんだよな。

 

おれ、どうしてもあま兄のシマがほしくてあま兄を噛んで追い出そうとしたんだけど、おれに何度噛まれてもあま兄は、おれを噛み返さない。

 

おれを追い出そうとしない。

 

むしろ少し横にズレ、おれのスペースを作ってくれる。

 

巨体を小さくたたんで。

 

あま兄が「おねだり」の末にようやくもらえたサーモンをおれが丸ごと横取りしても、あま兄は怒ることなく折れることなくまた一から「おねだり」する。

 

 

おれがこの家に来るはるか昔からあま兄はここにいて、ときどきほほ兄に噛まれながら、痛がるフリをつづけている。

 

わるいけどあま兄が本気を出したら、ほほ兄じゃ絶対に敵わないのに。

 

あま兄、あま兄がデカく感じられるのはその図体だけじゃないのかもな。

 

おれね、いろいろ考えたけど、あま兄にシマを返すよ。

 

おたがい、それぞれのシマで静かにごはんを食べような。

 

 

まあでもたまにおれのほうへ来てもいいよ。

 

おれの器は腎臓サポートが山盛りだけど……もしよければ、一緒に。

 

 

こんなことを言ったから明日はきっと雨、だな。

 

 

おれの心は常に晴れの中にあるけど。

faou (3)

 

 

KISS

 

 

スポンサーリンク





家族を照らす存在

「なあ 悲しいんだな」

fahoiuga

 

 

そうだよ。さぶ。なんか悲しいね。

 

 

今日は予定どおり保護猫シナ&モンのワクチンへ。お盆明けの病院は激混みでした。コインパーキングの空きが見つからずしばし病院付近をウロウロ^^;

 

シナ950g

bhaa

 

 

ハンサムになりそうな予感大。聴診、検温、爪切りを済ませました。

bhaa (4)

 

 

モン850g

ghap (2)

 

 

モンもシナと同じコース。検温中のモン。ちょっと恥ずかしいねえ(笑)。

ghap

 

 

偶然私のブログを読んでくれているやさしい看護師さんに抱っこしてもらうシナ&モン

bhaa (3) ghap (4)

 

 

シナもモンもひと言も泣かずにお注射できました! おりこうですね。

bhaa (2) ghap (3)

 

 

里親さんへは報告済み。ワクチン後も体調が安定しているのでまずはホッとしています。

 

 

みいさんが撮ってくれたアピール写真と比べると大きくなったような? (シナ)

apu

 

 

ふたりとも食欲旺盛。奪い合うように食べています。 (左:シナ 右:モン)

oyuo

 

 

遊ぶのも一生懸命 (左:シナ 右:モン)

gvja9

 

 

モンはシナより常に100g小さいですが、モンなりにちゃんと育っています。

fao

 

 

シナ&モンは今週末卒業予定です。まだみいさんの写真があるので懲りずにおつきあいください。日々の写真もツイッターかブログに載せていけたらいいなと思います。

 

 

SALAはもうしばらく入院させることにしました。SALAの体から膿が出たというのです。

 

電話口でemi-goからこう聞かれました。

 

「SALAちゃんはたしかに不妊手術をしているのですか?」

 

私が不妊手術に立ち会ったわけではないですが、元飼い主さんが何度も不妊手術の際のSALAの怖がったそぶりや術後の痛がる様子を話していたのを思い出しました。そして私自身も、大きなカラーをつけ不自由そうだったSALAをはっきりと覚えています。

 

「していると思うんだけど、どうして? なんならもう一度確認してみようか?」

 

「はい。まだはっきりわからないのですが膿が子宮蓄膿症からなら手術が必要かもしれません。くわしく調べてまたあらためて連絡します」

 

心がざわざわ。明日の連絡を待ちたいと思います。

 

そもそも今回入院させたのは、尿検査(ほかの検査もです)を受けさせるためでした。血液検査の結果、幸いにもSALAはまだ高カルシウム血症や免疫グロブリンの増加がはじまっていません。今は画像診断と症状のみで「多発性骨髄腫」と考えてまちがいないとのことですが、特殊な尿検査をして病名の確定診断ができるそうなのでお願いしました。

尿検査ならSALAに負担がかからないし、担当医の先生も治療や緩和ケアをしていく上で、一度はっきり診断させたほうがいいと仰っています。

 多発性骨髄腫の犬は尿中に「Bence-Jones蛋白」という特異な蛋白が検出されます)

 

尿検査で入院?

 

ピンと来ないかもしれませんが、実はこの尿検査が高い! 尿検査だけで数万円します。

万が一素人の私がオシッコをうまく取れず検査自体がムダになったら時間もお金ももったいないので先生に直接やってもらうことに。ほかにもSALAのQOLをいちばんに考えた上で先生が必要だと判断した検査があればやってくださいと言いました。

 

もちろん先生の病気に対する考え方、私の治療および緩和ケアに関する考え方は至極一致した上ですので心配しないでくださいね。よーく話し合っています。

 

このたびSALAから膿が出たというので気がかりです。

 

けれどオロオロしていても仕方ないから、SALAの退院後の生活のことでも考えようかな^^

 

SALAは散歩の途中で私の姿を見つけると、道路の真ん中だろうがなんだろうが、口をまるくしながら遠吠えしました。そして元飼い主さんの手が千切れそうになるほどリードを引っ張り全力で私に向かって走ってくるのです。

 

「あらあらしょうがないねこの子はまったく」

 

元飼い主さんを引き連れ近寄ってくると、私がしゃがむ前に地面に寝そべり腹を出すSALA。撫でると仰向けのまましっぽを振りつづけてくれました。

 

それらの日常的な光景が走馬灯のように蘇って、私の頭の中を駆けめぐります。

 

あのときに戻りどこも痛くなかった体をもっと撫でてやるべきだった、と後悔することも。

 

でも、後悔は早い。SALAはぜんぜん生きています。頭を撫でるとすごく喜びます。

gbahoiu

 

 

私にはまだできることがある、と信じたいです。

 

SALAみたいに明るく家族を照らす存在になりたいですね。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク