保護猫各位との「30分」と、健康の神


※ブログを連続更新中。せっかくですので、どうぞ遡ってお読みください。

 

 

今日は、松ケンを連れてお台場へ出かけるはずだったのですが、松ケンの体調不良で、とりあえずは「延期」となりました。残念ですが、家でできることをしています。

 

 

保護猫のび太とミカサには、とにかく時間をかけています。

ietg (14)

 

 

おっとりボーイののび太。ミカサとは性格がちがうので、ひとり行動をさせることも……

ietg (13)

 

 

ごはんは「私の近くでなければ食べられない」、という設定を実行中

ietg (15)

 

 

ミカサと仲よくしたい一心です。

ietg (1)

 

 

ミカサはおもちゃでいっしょに遊ぶようにもなってきました。

 

 

あと少しだと信じてがんばっています。

 

 

アメリカの動物福祉が進んでいる州では、「保護動物一頭の個体と向き合う時間は、最低30分以上が望ましい」とされていることをご存じですか? 私はかなり意識しています。

 

 

大勢の中のひとり、として接するなら、30分はむずかしくないでしょう。

 

 

でも、まこに30分、のび太に30分、ミカサに30分ですよ?

 

 

頭数が多ければ多いほど、30分が増えていくのです。

 

 

在宅時間が長いときは、1頭につき、1時間や2時間をかけることもありますが、忙しい日は、30分がキツい。まあ、保護猫を思う気持ちだけでは不十分なので、行動で示していかなくてはね。

 

 

さて、2022年中に勝手に放出したかったイケメンの写真をはりつけるとしますか。

ietg (9)

 

 

先月は10時間、カイくんのお世話をさせていただきました。

ietg (2)

 

 

近所の小学生が撮ってくれた、カイくんとシッターさん♡

ietg (3)

 

 

お友だちがいっぱいいて、楽しい公園

ietg (4)

 

 

園内に私の大好きな樹があるのですよ。見てこの曲がり具合……

ietg (8)

 

 

なぜこんな風に育ったのでしょう? すごく惹かれますね。

 

 

カイくんとのお散歩は「発見の宝庫」

ietg (11)

 

 

乗り捨てられた小さな自転車は、だれがどんな事情でここに放置したのでしょう?

 

 

頭の中を、さまざまな想像が駆け巡ります。

 

 

雨の日はテンションが低いカイくん

ietg (6)

 

 

ふふ。同じマンションのさんごちゃん(私が担当しています)に偶然会えました♪

ietg (7)

 

 

1時間以上外にいて、残りは室内で遊んだりおやつを食べたりブラッシングをしたり

ietg (12)

 

 

ボール遊びに目を輝かせるカイくん

ietg (10)

 

 

お気に入りの一枚を披露します。

ietg (5)

 

 

週1~2のペースでカイくんに会えるのがうれしいです。

 

 

パワフルなカイくんと元気よく歩けるよう、自分の体力をしっかりとつけていかないと!

 

 

カイくんは私の「健康の神」、ですね。

 

 

心から感謝しています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す