こじくんありがとう♡


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

アレルギーで目がかゆいけれど、医者に行くのをためらうこの頃です。皆さまはどうされていますか? 動物病院は迷いなく通うのに、なんだろうね?

 

 

「あしたは わたしが病院かぁ……」

aya22 (21)

 

 

出口アヤさんからプレゼントが届きました。貴重なマスクも入っています。

aya22 (22)

 

 

アヤさん、いつも気にかけていただきありがとうございます。

 

 

今日はカメラロールに入っているアヤさんちのこじろうくんの写真をどうぞ♪

aya22 (18)

 

 

ハンサムでしょう?

aya22 (2)

 

 

我が家の老犬高菜が亡くなった後に、アヤさんからシッターの依頼を受けました。あまりに心臓がバクバクしたので、お受けするか少し迷ったのですが、伺って本当によかったです。

 

 

こじくんのお世話を通じて、克服の方向へ迎えたから……

aya22 (12)

 

 

アヤさんは高菜のことも気にかけてくださっていました。

aya22 (3)

 

 

「こじくんはじめまして」

aya22 (14)

 

 

噂に聞いていたこじくんですが、実物はさらなるキュートさ♡

aya22 (15)

 

 

アヤさんとパートナーさんに溺愛されています。

aya22 (10)

 

 

夜と朝の2シッティングでした。こじくんの顔を見るのが楽しみで仕方なかったです。

aya22 (11)

 

 

キッチンに立つ私を見ているこじくん

aya22 (7)

 

 

ちゅーるのごほうびをどうぞ

aya22 (9)

 

 

「ペロペロ」

aya22 (8)

 

 

「うんまい」

aya22 (19)

 

 

こじくん専用ルームの一部

aya22 (13)

 

 

幸せな家猫暮らしですね。

 

 

※なお、ブログなどでの紹介はアヤさんの許可を得ています。

 

 

アヤさんのご著書を発見! 私も持っています。

aya22 (4)

 

 

アヤさんのパートナーさんに誕生日プレゼントでドライヤーをもらいました。

aya22 (1)

 

 

すぐに乾くし髪がまとまるので重宝しています。ありがとうございました。

 

 

こじくん色のタイツで行きました。

aya22 (6)

 

 

ふふ。お揃いね^^

aya22 (5)

 

 

翌朝、まだ3回しか会ったことがないのにお腹出して甘えてくれたのです。

aya22 (16)

 

 

うれしくて心の中で叫んでしまいました。やった。こじくんありがとう。

aya22 (17)

 

 

実はブラッシングのとき、こじくんにちょっとだけ高菜の話をしたのです。

 

 

「うちの高菜が亡くなってしまって、こじくん、私、胸が痛いんだよね」

 

「高菜に会いたいな」

 

「こじくんは長生きするんだよ。いっぱいいっぱい生きてね」

 

「仲よくしてくれてありがとうね。こじくんのお世話に来てよかった」

 

「こじくんかわいいねえ。立派だねえ。ありがとうね」

 

 

モコモコの身体を撫でながら話をすると、こじくんはちゃんと聞いてくれました。

 

気のせいじゃないですよ。私の目を見て、ゆっくり何度も瞬きしてくれたのです。

 

 

明るく! 元気に! そう自分に言い聞かせ、暗い気持ちを表に出さないよう気をつけていたのですが、それでも漏れた分の悲しみが伝わり、こじくんに共有させて申し訳ないことをしました。

 

 

私の家庭の事情をこじくんに押しつけるのはなんとなくイヤだったのです。

 

 

でも、こじくんはあたたかく接してくれました。

 

 

こじくんのやさしさにどれだけ救われたか。

 

 

改めて、犬猫たちの人間の傷を癒す力の大きさに気づかされました。

 

 

こじくん、お留守番えらかったね。がんばりました。

 

 

アヤさんがお家に帰ったあと、こんな写真を送ってくれました。

aya22 (20)

 

 

沁みますね。こじくんとアヤさんの健やかな日々を祈っています。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*