ポテチんち


さてお待たせしました。ポテチの卒業記事の後半はお決まりの「お宅訪問」です。ポテチの新居に皆さまもごいっしょにどうぞ♪

 

 

里親さんのお人柄やご縁のいきさつについては、前回の記事につづき、「ポテチのお茶会」「ポテチの卒業前検診」でもご紹介済みですよね。

 

 

おふたりは私の話を真摯に聞いてくださいました。深謝しています。

 

 

 

お迎え入れの準備(写真は里親さんより)

IMG_9457

 

 

 

アクシデント連発でたいへんな騒ぎだったそう^^;

 

 

しかし無事に完成しました。見てこれ↓ 重厚感がハンパじゃありません。

hk (15)

 

 

 

あまりにもどっしりとできあがってしまったため、キャスターまでつける羽目に

hk (17)

 

 

 

キャスターがないと脱走防止扉の重みがすさまじく、開け閉めに不都合が出るんだとか。やりますね。頑丈なカギもついています。ポテチが玄関から逃げるのは考えられない。

hk (19)

 

 

 

手づくりですよ? びっくりしません?

 

 

リビングには備えつけのドアがありますが……

hk (55)

 

 

 

将来的にポテチに玄関横の寝室へも自由に行ってほしいとのことで、玄関にこのような脱走防止扉を設置してくれたのです。自慢の里親さんですよ。

hk (68)

 

 

 

いいのを作ってもらったんだから寝室へ行けるようになるといいね。

hk (57)

 

 

 

まあ、まずはリビングからスタートね!

hk (39)

 

 

 

ポテチ専用ケージ。上の赤いベッドは私からのプレゼント。ポテチが愛用していた古い爪とぎと新しい爪とぎ、フード類もお婿入り道具に持ってきました。ポテチはわが家に8か月いたんですから多少ひいきして当然です(笑)。

hk (2)

 

 

 

ケージの横はキャットウオーク的な家具の配置がされています。

hk (9)

 

 

 

間取りは広めの1LDK。ポテチにちょうどいいサイズで清潔感と光の入り具合が最高です。陽当たりのよさを意識してマンションを購入した里親さん

hk (59)

 

 

 

理由は「いつかまた猫と暮らすため」とのこと。

hk (26)

 

 

 

後ろ足がガクガク震えているポテチ

hk (4)

 

 

 

自分が置かれた状況を理解できずトイレ内に籠城しています。

hk (3)

 

 

 

ポテチの姿はチチと私を切なくさせましたが、私たちは里親さんを信じています。

hk (53)

 

 

 

ぜったい大丈夫!

hk (32)

 

 

 

チチもホッと胸を撫でおろしたことでしょう。

hk (37)

 

 

 

ポテチ用にいろんなグッズが用意されていました。私の持って行った分もあるので机の上はポテチ一色に。写真を撮りそびれたのですが、フード類や好物のちゅーるも充実。はじめて見るデジタルの計量カップもありました。ひとつひとつ考えながらポチるのが楽しみだったんですって。わかるなあ。

hk (6)

 

 

 

ふふ。かわいいぬいぐるみ発見。先代のハルちゃんとポテチに似ています。

hk (36)

 

 

 

ハルちゃん、甘えん坊だったハルちゃんとはちがってポテチはシャイです。だけどこの家でいっしょうけんめい成長していきますので見守っていてください。

Inkedhk (23)_LI

 

 

 

せっかくなので、ほかの安全対策も見ていきましょう。高層階ゆえベランダは非常に危険です。掃き出し窓にはガッチリと柵がつけられていました。

hk (5)

 

 

 

換気用の小窓もこのとおり(写真は里親さんより)

IMG_9353

 

 

 

なんの心配もありません。余談ですが、ポテチんちはもともと内廊下のマンションで、里親さんの居住する階は里親さんだけしかいないフロアーなのです。

hk (66)

 

 

 

万が一ポテチがパニックを起こしても、何重もストッパーがかけられています。

hk (70)

 

 

 

譲渡誓約書にサイン

hk (42)

 

 

 

談笑の間、色とりどりのケーキを選ばせてもらいました。

hk (43)

 

 

 

私はこの組み合わせをチョイス。おいしかったです。ごちそうさまでした。

hk (50)

 

 

 

第一歩は食べて出すのが目標だね。がんばれポテチ~!

IMG_9491

 

 

 

集合写真。チチがかなりデカくてすみません。

hk (65)

 

 

 

ふふ。こっちのほうがしっくりくるなやっぱり♪

hk (64)

 

 

 

紅茶、おやつ、チチへのバレンタインクッキー、ナナのおむつ、介護タオル、お見舞いなどのプレゼントをありがとうございました。ポテチにかかった医療費もお預かりしました。

hk (72)

 

 

 

里親さん宅は母の店から徒歩圏内ですので、私はポテチを身近に感じます。そこもポイント高いですよね。いろんな意味ですごく恵まれた譲渡でした。

 

 

 

あとはポテチ自身が自分の幸せに気づくだけ(盗撮? 写真は里親さんより)

IMG_9516

 

 

 

「ハハ~ ぼくすこーしずつわかってきています」(写真は里親さんより)

IMG_9624

 

 

 

「ここ、ぼくんちでしょ?」(写真は里親さんより)

hk (1)

 

 

 

そうだよ。時間はたっぷりあるからゆっくりね。

 

 

 

里親さんのツイッターに載っていた夫婦の会話。涙が出ますよ。

hk (73)

 

 

里親さんのアカウント→きーやん @potechii0212

 

 

私、ポテチを保護してよかったです。

 

 

そう感じさせてくれるのは、責任感とやさしさと慈悲に満ちた里親さん方、そしてキラキラに輝くうちの所属スターたち、あとは皆さまの応援のおかげです。

 

 

 

かつくん「x260ポテチおめでとう。たぶんみーんなが納得のいい譲渡だとぼくは思います。小さな703号室は譲渡を通じて笑顔の社会をめざしています。応援してね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • チャトミラブ

    あくまで703号室のポテチちゃんとは、ですけど、お別れが寂しくて拝見が遅れましたが、やっと読みました。
    しかし、読んですごく安心して嬉しくなりました!
    あーこの方達がポテチちゃんのパパママなんだ!なんだか分かる!って思いました。私なぞがおこがましいのですが、ポテチちゃんとお似合いですごくしっくりきて…なんでしょう。

    どうしてるかな、自分のおうちに少しは慣れてきたのかな?って思ってましたけど、腕枕したり気持ち良さそうな寝顔のポテチちゃん♪大丈夫ですね!
    ビビりなのに、体を張って先に捕まってくれたポテチちゃん。優しくて可愛いポテチちゃん。
    周りを照らすプラスのオーラ、いつも伝わってました!
    どうか末永〜く思う存分幸せを思いっきり味わって生きていってね。
    おめでとうございました!!

    • anny703

      チャトミさん
      祝福のコメントうれしく拝見しました。不思議と私も同じ感覚でした。どんな方がポテチの里親になるのかな?
      そう思いながら募集をスタートし、スタートしながらもシャイなポテチの未来に不安を馳せ、お別れが淋しく感じていました。
      でもああこの方たちなら! と思える良縁と出会い、スッとお渡しできたのです。
      お渡しした日はポテチがあまりにも震えていたのが不憫で、また少し気持ちが落ち込みました。
      だけど里親さんを信じているので、里親さんががんばってくれることに期待していました。
      今、ポテチは一歩ずつ里親さんに向かって歩いている最中で、まだ途中ですが、すでにとても幸せそうです。
      その様子を見て私はますます里親さんに感謝し、ポテチと出会えたことにも感謝しています。
      良縁を結ぶのは「勇気がなくてできないこと」じゃなくて、ほんとうに有意義なことなんですよね。
      私の善き里親さんと卒業生にそう学ばせてもらっています。
      ありがたい限りです。

  • MIHO

    昨日は222
    にゃんにゃんにゃん
    猫の日
    を、飾るに相応しい卒業記事。
    赤い糸の威力はすごいね!
    こんなにピッタリすぎる里親さん
    素敵なお家に…
    本当に良かったね。
    最後の写真
    リラックスポテチんかわゆい(*^^*)
    愛しのチュールボーイ
    おめでとうおめでとう!
    ずっとずっと幸せにね♫

    • anny703

      MIHOさん
      毎度どうも。卒業記事にコメントを寄せてくれるMIHOさん。うれしいよ。
      ポテチにもたくさんちゅーるをあげてくれたね。気にかけてくれたよね。ありがとう。
      おかげでポテチは最高のご縁に恵まれ、安全な環境で幸せに生きています。
      しかも私んちと車で30分くらいだから、行こうと思えばいつでも会える距離!
      ポテチのようなシャイでFIVキャリアの年齢不詳の成猫たちがどんどん幸せになれる社会をめざして
      私もがんばるよ。またいつでも会いに来てね。

コメントを残す




*