メシア


全盲のハンデキャップを負った保護猫ほたる

0908 (8)

 

 

 

ほたるはパッチリおめめの麗しい猫ではありません。けれどブログでもツイッターでも何度も書いてきた通り、彼女は全身を使い込んで判断し行動し、何ごとにも前向きにトライをつづけてきたのです。まるで体そのものが目のようでした。

0908 (7)

 

 

 

ほたるは自分に視力がないことを第六感で知っていました。

0908 (6)

 

 

 

自分に欠けているものをわかっていたのです。だから昇り降りにせよ無理だと判断したことはしなかったのです。その辺が非常に賢い。

0908 (5)

 

 

 

けれど生まれつき視力に恵まれなかったほたるは、視力を失っている不自由さに気づいていません。いい意味で他と自分の比較ができないのです。

0908 (51)

 

 

 

話は変わりますが先日MIHOさんと私は通院ついでに東大農学部を散策しました

 

 

紅葉が見事で、私たちは敷地内で息をのむほどの美しさに圧倒されたのです。

 

 

そのとき私は胸がチクッと痛みました。ほんの少しですけど、確かに痛かった。

 

 

思わずMIHOさんに理由を打ち明けました。

 

 

「みほりん、私胸が痛い。ここら辺さあ、落ち葉も含めてきれいじゃん? なんか擬人化かもだけど、視覚から得られる感性ってあんじゃん。それは人間より視覚の劣る犬猫も同じじゃないかな。犬猫が景色を眺めて心を和ませるかどうかは不明だけど、でも視覚が豊かなのはありがたいよね。選べるなら真っ暗な世界はいやだよね。今私、ほたるのことを言ってる」

 

 

MIHOさんは深く頷きました。

 

 

そして「ほたるに会いたいね」とニコっと笑ってくれたのです。

 

 

ほたると私がはじめて会ったのはおそらく2017年9月8日

0908 (2)

 

 

 

emi-goの病院の手術室に置かれた簡易小ケージ内にひとりぽつんといたのです。

 

 

「田辺さん、見てくださいよこの子。眼球がないみたいで見えないんです。たぶん生まれつきなんですけどね。田辺さん(この子)……要ります?(笑)」

 

「いや、いいや。遠慮しとく(笑)。(保護の)いきさつはなんなの?」

 

「ある方に相談されたんですよ。餌をやってたメス猫が自宅のベランダで5匹子猫を産んだって。だけどうちの病院はもうケージが空いてなくて断ったんです」

 

 

当然です。病院は飼い主の責任で連れて来た犬猫たちの治療を施す場所。

 

 

飼い主がいない犬猫をエンドレスに引き取って成り立つでしょうか? だれが飼い主のいない犬猫の治療費や入院代を払うのでしょう?

 

 

それでもemi-goの病院には当時、数えきれないほどの保護猫たちがいました。すべてemi-goが被るのです。すべてですよ?

 

 

世話から医療ケアから募集から譲渡からお届けまでを、彼女ひとりがやるのです。ほとんど彼女の持ちだしたお金でやるのです。

 

 

どうなんですかね? 私はあり得ないと思うけど。

 

 

「断ったのに、どうして(子猫が)いるの?」

 

 

emi-goは私の質問に答えました。

 

 

「一回断ったんですけどね。そのあとに5匹の子猫の中に全盲の子がいるって聞いたんです。(全盲の子猫は)外で生きていけないじゃないですか? だから母猫の不妊手術を条件に病院に連れてきてもらったんです」

 

 

「(目の見えるほかの)きょうだいたちも?」

 

 

「はい。一匹だけってわけにもいかないし、目の見えるきょうだいたちも気になるじゃないですか? (きょうだいなわけだから)」

 

 

「へえ……まあ協力できることがあったら手伝うわ」

 

 

私は自分の意思を口には出さずに会話を終えました。

 

 

しかし5匹ぜんぶ私が里子に出そうと決めたのです。全員私が出す。

 

 

皆さまご存知のとおり、私は健常な子たちから募集をスタートさせました。

 

 

最後に残ったほたるはじっくり取り組もうと練っていたのです。

0908 (26)

 

 

 

703号室に連れてきて、ほたるにふつうの日常を謳歌してもらい

0908 (25)

 

 

 

ここでほたるといっしょに成長していきたいと思いました。

0908 (48)

 

 

 

ほたるの魅力は無限であることへの証明も兼ねています。

0908 (19)

 

 

 

ほたるは私の予想をはるかに超えた快活な女の子

0908 (23)

 

 

 

空気の読み方も

0908 (11)

 

 

 

「ちゃっかりさ」も一流。これこれそれナナのごはんだよー!

0908 (9)

 

 

 

「さぶ兄にタッチ成功っ!」

0908 (46)

 

 

 

ふふ。ほたるよかったね。

0908 (4)

 

 

 

さぶ兄は紳士でしょ?

0908 (3)

 

 

 

「うんっ ふところが深くて好きっ!」

0908 (50)

 

 

 

「ほほ兄はわたしのおもちゃ」

0908 (38)

 

 

 

「いっぱい遊んでくれたし 教えてくれたよ」

0908 (44)

 

 

 

ほほもさぶもお疲れさま。よくほたるの面倒を見てくれたね。

0908 (21)

 

 

 

「あま兄は わたしの枕」

0908 (36)

 

 

 

「おなかがタプタプしていてキモチいいの」

0908 (33)

 

 

 

ほんとだ。ほたる熟睡してる^^

0908 (32)

 

 

 

「ときどき話し相手になってくれるよ」

0908 (41)

 

 

 

「お話のなかみはナイショ」

0908 (42)

 

 

 

あまぱんもありがとう。みんなのおかげでほたるはスクスク育ったね。

0908 (18)

 

 

 

甘えじょうずだけど小さいくせに自立心もあるほたる

0908 (22)

 

 

 

ひとりでもじょうずに過ごしていました。

0908 (20)

 

 

 

えらい子です。

0908 (10)

 

 

 

私にもベッタリ

0908 (24)

 

 

 

おーいほたる!

0908 (15)

 

 

 

人の髪で遊ぶのはやめなさい!

0908 (16)

 

 

 

もし、ほたるが全盲じゃなかったら、ほたるのきょうだいたちはパンパンの満員だったemi-goの病院に保護されなかったかもしれません。

 

 

きょうだいたちそれぞれが終の棲家で元気に暮らしているのは、ほたるにハンデがあったから。そう考えると、ほたるこそがメシアだったのかな、と。

0908 (37)

 

 

ほたるをトリに、これで5きょうだい揃って「703号室卒業生」になりました。

 

 

 

応援してくれた皆さまに改めて感謝を述べるとともに、次回ほたるの家族の紹介をしますので、楽しみに待っていてくださいね。ありがとうございました。

 

 

 

BIG LOVE!

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • クリンママ

    可愛い可愛い、ほたるちゃんおめでとう!
    ほたるちゃんは、きょうだい達皆を助けたまさにメシアだったんですね。
    胸がジーンときました。
    ハハさんがおうちに連れてきて下さったおかげで、ブログでほたるちゃんの性格がよくわかり、その底抜けに明るくて、お茶目で、おもしろい(笑)ほたるちゃんのファンになりました。
    ほたるちゃん、心よりおめでとうございます!どうぞ幸せにね!

    • anny703

      クリンママ様
      うれしいコメントありがとうございます^^
      読んではにやにやでした。そうなんです。底抜けに明るいんです。面白い子です。
      ぜんぜんマイナスオーラを放っていません。誰をも虜にする性格の子です。
      いたずらもそれなりにしました。ぜんぶ含めていい思い出です。
      卒業記事が小刻みになりますがどうぞつづきも読んでみてくださいね。
      応援ありがとうございます。

コメントを残す




*