小分けを許して(主役はほたる)

ここんところ、かなりバタバタしています。

 

 

ブログに向き合う時間が限られてしまい、ほたるの卒業記事が完結できません。通常は前編と後編の2回にわけ書くのですが、少しズルしてブレイクにします。

 

 

次回こそ必ずお家へご案内します。楽しみにしてくださっている方ごめんなさい。

 

 

でも、本日の主役もほたるです!

 

 

ほたるの終の棲家は広々素敵。里親さんのお人柄は文章のみで表現するので、卒業記事はどうしても家の写真と猫の写真が目につきやすい。

 

 

しかし私は、ほたる家の外観より、ほたるの里親さんの中身を皆さまにお伝えしたいです。もちろん、家の写真も撮ってきましたけどね。

 

 

ほたるはほかにも家族希望をいただきましたが、ほたるの里親さんはほたるの家族募集を開始するかしないかのはじめのころから挙手してくれていました。ただ、気難しい先住さんがいるため「トライアル」を希望していたのです。

 

 

「トライアル」について私は掘り下げて考えることにしました。

 

 

「うーん……ほたるのトライアル、トライアル、トライアル……」

 

 

できればほたるはトライアルを避けたい。家具の配置や家の雰囲気をおぼえるのはほかの子よりハードルが高い。簡単なお試しというわけにはいかないのです。

 

 

結果、1か月程度私が家族募集をつづけて、もしマッチングするご家庭に恵まれなかったら再度前向きにお話し合いをしようという結論になったのです。

 

 

里親さん側も私の意見に同感してくれました。

 

 

「アンニイさんがうちよりほたるちゃんに合うと思う家があるなら、そちらに渡してください。私は静かにほたるちゃんの幸せを願います。応援しています」

 

 

こうも言ってくれました。

 

 

「正直私はほたるちゃんの外見がかわいくてかわいくて仕方ないです。ほたるちゃんの黒い縞毛模様も白のポイントも大好きなんです」

 

 

里親さんの言葉は私の勇気と希望になりました。

 

 

謙虚であたたかく、情の深い方。長いつき合いゆえ内面はよーくわかってるんですよ。ほたるの里親さんは「私史上10本の指に入る難易度の高い譲渡の子」の家族になってくれた方。今でも奇跡のような譲渡だったと感慨深いです。勘の鋭い方は閃いたかな? ふふ。せっかくなので今度ゆっくり紹介しますね。

 

 

里親さんはたくさんのおみやげをくださいました。ほたるにかかった医療費は全額emi-goへ。太田さんの本と里親さんからのプレゼントも添えて!

zennsai (3)

 

 

emi-goはほたるを預かった私の負担額(実費)を考えてくれて、このお金を私が受け取るべきだと言ったのですが、私は「ほたるにかかった医療費」の名目で里親さんからお預かりしたので、私がもらうことはできないと伝えたのです。人と人の信頼関係ってそういうことかなあ、と。生意気を申しましたけど^^;

 

 

私もほたる家よりプレゼンをもらいましたよ♪

zennsai (9)

 

 

 

里親さん宅にほたるのお届けに行った際に「足が冷えるから」、と厚めの靴下を履くようすすめられ、その後「あげます」と言われもらって帰ってきたのです。

zennsai (8)

 

 

 

靴下重宝しています。クリスマスっぽい飾りもありがとうございました。

zennsai (10)

 

 

 

ほたるが巣立った日、さぶの体調が悪かったので、私はお茶する時間すらありませんでした。里親さんはさぶを心配し電車でほたるを703号室まで迎えに来ることを提案してくれたのですが、私は自分で卒業生を送り出したいのです。

 

 

だから着いて写真をパチパチ撮り、誓約書にサインをもらって速攻帰宅。

 

 

いただいたおみやげの中に「味つけしたからそのまま焼くだけ」のディナーの材料(サラダ、スープ、パン込み)が入っていて、私は楽させてもらいました。

zennsai (11)

 

 

 

じゃーん! チチ大喜び♪ 私はささみを焼いて盛りつけしただけです!

zennsai (1)

 

 

 

配慮っていいね。心と心ってどこまでも通じ合うのかもしれませんね。感謝。

 

 

おすそ分けでいただいたジャガイモは母や友人に配り、残りは私が料理に使用

zennsai (4)

 

 

 

ポテトサラダと

zennsai (5)

 

 

 

肉じゃがに変身させ胃袋へ。ジャガイモごちそうさまでした。

zennsai (2)

 

 

 

太陽のようにポカポカの里親さんです。

 

 

 

最後に、ほたるの近況写真を!

zennsai (6)

 

 

 

想像をはるかに超えるスピードで新居を制覇!

zennsai (7)

 

 

 

やっぱあなたすごいわ!!

 

 

皆さま、小分けを許して~!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





春はそこに、の巻

うう。日々の更新がまったく追いつきません^^;

 

 

実葉のことも書きたいのですが、次回にします。

 

 

メールが滞っています。ごめんなさい。緊急の方は携帯にお電話ください。

 

 

今回は近況にいくつかのお題をつけて♪

 

 

 

【保護猫さくら(かえ)トライアル順調の巻】

 

 

 

さくらが先住もも姉(ももも703号室卒業生)のごきげん取りにいそしんだ結果

1sakusaku (5)

 

 

 

一定距離以上近づくと怒っていた先住ももが・・・・・・

1sakusaku (19)

 

 

 

さくらを受け入れるようになりました。女子猫同士って意外とむずかしいのにすごい!

1sakusaku (14)

 

 

 

ももの信頼を勝ち得たのはひとえにさくらのひたむきさ、無害さ、やさしさの賜物だと思います。

1sakusaku (8)

 

 

 

ツイッターにあげた動画にはさくらがももをいっしょうけんめいグルーミングする姿が映っていましたね。もももさくらも外で出産経験のある苦労猫。ひとりっ子わがまま姫になったももも、性格のいいさくらも、どこかの時点で折り合いをつけ、理解し合ったのでしょう。

1sakusaku (2)

 

 

 

え? まだトライアル? さくらが703号室に帰ってくる可能性あるの? と驚いている皆さま! ちがいます(笑)。でもちゃんと書きたいのでちょっとお時間をください。

1sakusaku (17)

 

 

 

ももは703号室時代「海子」という名。私とは強烈な出会い方でした。私は偶然にも海子の保護前に海子が産んだ猫たちを何頭も保護し里子に出していたのです。縁の深い子です。さくらはご存じ「かえ(花枝)」。ふたりに興味がある方は、ブログ上部の検索バーにキーワードを入力しお読みください。関連記事が多すぎてリンクを貼ることができないのです。泣。

 

 

ご主人が誤ってさくらの食器を割ってしまったらしく、同じのをさがしていたら春バージョンの「さくら柄」を発見し、即買ったんだとか。かわいい食器がさくらに似合っています。

1sakusaku (10)

 

 

 

もももさくらも愛おしいなあ♪ さくら、さくらの粘り勝ちだね。その調子その調子!

1sakusaku (3)

 

 

 

 

【ぼくたち男子コンビもなかよしです、の巻】

1sakusaku (22)

 

 

 

はい。知ってます。703号室のあまぱんとさぶは・・・・・・

1sakusaku (15)

 

 

 

 

連れションをする間柄です(爆)。

1sakusaku (23)

 

 

 

 

【べべ公の近況の巻】

 

 

 

まもなく16歳と2カ月を迎えるうちの長女べべ公。体調は万全とは言えません。けど、それなりに、べべなりに、がんばって生きています。毎日が奇跡です。ありがたいことです。

1sakusaku (6)

 

 

 

数日前、嘔吐がひどかったので断食、断水させ、脱水を防ぐため皮下点滴をしました。

1sakusaku (13)

 

 

 

貧血だと点滴はまずい。迷ったのですが、おそらくべべは重度の貧血ではなさそうと踏んで1本(60ml)だけ入れることに。そうしたら翌日、体調が戻ってきたのです。

1sakusaku (12)

 

 

 

うれしかったなあ。今宵も私のそばで寝息を立てています。

 

 

 

【人の健康の巻】

 

 

自己管理不足のツケがたたり、私は今、週に2度ほど通院をしています。結石やらコレステロールの問題やら持病の肝臓やら婦人系の病気やら・・・・・・。背中の痛み以外はとくだん自覚症状がなく、体はピンピンしています。残念ながら皆さまの同情には値しません^^;

1sakusaku (7)

 

 

 

私もすっかり中年。改善できる部分はしたい。

 

 

ということで、通院や投薬以外に「食事」に気をつけることにしたのです。

 

 

昔から甘いものはそんなに食べませんし、お肉よりは野菜や魚介が好きなのですが、「卵料理」に目がないのも事実でした。卵は1日何個でも食べられます。

 

 

しかしそれじゃイカン!!

 

 

命が惜しい。できることなら長生きしたい。

 

 

で最近、こんな感じの食事を摂っています。おかゆ炊いてすすってます。

1sakusaku (20)

 

 

 

この日のメインはイチゴ

1sakusaku

 

 

 

サンマは積極的に食べています。DHAだいじ! 1尾焼きますが食べきれずに半分を次の日にまわしてしまうことも。(おからはマイママさん、ワカメはにゃん太さん&マイママさんより)

1sakusaku (21)

 

 

 

夜食用にワカメとネギのサラダを作ってみました。海草類は大好物♪

1sakusaku (9)

 

 

 

外食の際もメニューを慎重に選ぶことに

1sakusaku (4)

 

 

 

個人で細々とですが、私は保護譲渡活動をしています。キャンセルできない約束が多いです。チチの不在時はお子たちのお世話を投げ出せません。家事も常に溜まっています。在宅の仕事もしています。だからぜったいに病気で倒れるわけにはいかないのです。

 

 

自分の自己管理の先に、家族の幸せがあると信じています。皆さまもそうですよ。

 

 

お互い健康でいましょうね。

 

 

 

【梅の花の巻】

 

 

この前私は用事のついでにパワースポットへ行き、実葉の良縁祈願、サク&セスの良縁祈願、うちのお子たちの長寿祈願、卒業生と里親さん方の健康祈願をしてきました。

1sakusaku (11)

 

 

 

本堂横を散策。春を見つけひとり心が躍る。色鮮やかで美しい一本です。

1sakusaku (24)

 

 

 

【辻が花の巻】

 

 

花で繋げて・・・・・・久保田一竹の辻が花。来月これを着る機会に恵まれウキウキしています。

1sakusaku (16)

 

 

 

見れば見るほどウットリ。これは母の唯一のお宝。借りるのは2度目。前着たとき私は30代でした。あれから11年経ちしっかりと加齢し(?)当時より着こなせるかもとうぬぼれています。

1sakusaku (18)

 

 

 

ていねいに物事を考え、ていねいに行動をするよう心がけると日常が楽しくなりますね。気分が落ち込む日があってもすぐ再び浮上できるのは、お子たちと善き皆さまのおかげです。

 

 

謝謝!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





勉強会とパーツ

今さらですが先週のできごとをサラッと!

 

 

4月13日はTOKYOZEROの第三回目の勉強会でした。細川弁護士(初回)朝日新聞太田記者(第二回)→国際NGOピースウインズ・ジャパン大西健丞代表(第三回)。

 

 

勉強会は毎回大人気で抽選になります。

 

 

まずはTOKYOZERO藤野真紀子代表による開会のあいさつ

peace (4)

 

 

 

そして大西さんや佐藤さんが壇上に上がり約1時間半びっちり講演

peace (5)

 

 

 

大西さん率いるピースワンコジャパンが広島県で犬の殺処分ゼロを達成させたニュースをご覧の皆さまも多くいらっしゃるでしょう。なぜ不可能だと思われたことが可能になったのか。

 

 

殺処分ゼロをめざすようになったいきさつ。災害救助犬夢之丞くんの登場とその育成。ふるさと納税やネット、マスコミ、新聞といった媒体を活用した資金調達の方法。シェルターの紹介。地域の人々、支援者の方々とのつき合い方。行政や業界団体(生体売買業も含む)との対峙方法、かけひき。ほんとうに盛りだくさんでした。いろんな本音も聞けました。

 

 

大西さんの話はとにかくスケールが大きいのです。しかし「感動」だけで終わらせたくありません。個人の細々とした活動へのヒントに繋げたいと、私は夢中で聞いていました。

 

大西さんは行動力も半端じゃないのですが、頭の回転の速さが際立っていました。

 

皆さまも機会があったら、ぜひTOKYOZERO勉強会にご参加ください。目からウロコの事実が聞けます。14年間東京僻地で保護譲渡活動してきた私も知らなかったことが仰山です。

 

いろいろと賛否両論の胸の内を抱えることもあるでしょう。けれど「賛」でも「否」でもまずは知ることがたいせつなのかもしれないと思いました。正しく知った上で判断すればいいのかなと。

 

 

会場でよく知った顔を見かけたので思わず3枚ほど写真を撮りました(爆)。グループディスカッション中のチチです。私の存在に気づいた模様。

peace (7)peace (6)

 

 

参加してよかった、話を聞けてよかった、だそうです。

peace (3)peace (2)

 

 

私とは関係なく、チチ個人の意志で参加しています。もちろん、厳正なる抽選を経て。

 

チチは広島県のピースワンコと静岡県にふるさと納税をしています。ふるさと納税とはいっても広島県や静岡県の出身者ではありません。だれでも利用できる制度なのです。チチにとってはぜひ話を聞いてみたいところだったのでしょう。

 

 

終わったあと、数言会話を交わしてチチは先に帰宅。私は打ち上げに!

peace (8)

 

 

大西さん、藤野代表、佐藤さん、塩村議員、事務局西川さん、浦田さん、ほかの呼びかけ人の方など10名で食事しました。和気あいあいお話をしたり、議論が白熱したり。有意義でした。

peace (9)

 

 

 

さて、勉強もいいですけど私にとって保護猫たちとのコミュニケーションは勉強の100倍大事です。家族を求めている保護猫たちの写真も載せないとね。

 

 

お題:私の好きなパーツ

 

 

【デカ円の背中】と首輪からはみ出た後頭部の毛に激しく萌える・・・・・・

peace (10)

 

 

見てこれ~! クリームパンかギョウザみたい!!

peace

 

 

正面もかわいいけど背中もいい味出してるでしょ?

peace (16)

 

 

爪とぎにつけたまたたび粉の影響でラリってます。爪を研ぎまくってます(汗)。

peace (17)

 

 

 

つづいては【ジョイの肉球】と甘えぶり♪

peace (15)

 

 

キャーピンク!! はあ、天然美・・・・・・

peace (14)

 

 

ジョイは猫さんが好きなので、猫のいるお宅が合うと思います。

peace (11)

 

 

フリータイムもじょうずに過ごせます。キッチンへのいたずらもないしおりこうです。

peace (12)

 

 

ジョイも龍とキャッチにつづいて幸せになろうね。来月の卒業をめざしています!

peace (13)

 

 

LOE!

 

 

スポンサーリンク





あなたが歳を取る準備

「なあなあ あま兄 どしたのあれ? 鼻歌歌ってるよ?」

faoiurfa (6)

 

 

今日は自分の通院を終え(肝臓の数値安定してました)スーパーへ買い出しに。重たい瓶を含む大荷物で帰宅。

 

 

スーパーの仏花コーナーにてGET! 794円でこのゴージャスさ!

faoiurfa (12)

 

 

家の中が一気に華やいだ感じです。

faoiurfa (8)

 

 

いいでしょう?

faoiurfa (10)

 

 

 

703号室はもうすぐべべの15歳の誕生日パーティなのです。

 

胃がんだったべべが15歳ですよ?

 

 

めでたいですね。

faoiurfa (7)

 

 

 

「なるほどな 解せた。どおりではりきってるわけだ」

faoiurfa (4)

 

 

 

名目はべべの誕生日ですが、主役はお子たち全員。ナナとリルに食べさせようと冷凍ごはんとトマトを煮込みました。これにオイル、温野菜、鶏肉、サーモンなどをトッピングします。お肉やお魚をいっしょに入れるとおじやがいたみやすいから別々に調理して合体させる作戦。

 

 

 

ダシを取り1時間たっぷり時間をかけトロトロに^^

faoiurfa (2)

 

 

 

今夜試食させたらふたりとも喜んでくれました。残念ながらべべは食事療法で食べれませんがナナとリルが食べてくれたらお母さんは満足です。

 

 

そうそう。

 

 

誕生日と言えば先日豆さまがプレゼントを送ってくださったのです。

 

 

豆さまはおもしろい方ですね。3種類のファンデーション(笑)。

faoiurfa

 

 

 

と、豪華ディナー♪

faoiurfa (9)

 

 

メインはまだお楽しみに取ってありますが、前菜はすでにお腹の中。ありがとうございました。おいしかったですごちそうさまでした。

 

 

ニンジンのバターソテーと海老とブロッコリーのパスタは自作

faoiurfa (11)

 

 

 

それから作家の朽木祥より朽木さんの絵本が届きました。

faoiurfa (5)

 

 

朽木さんありがとうございました。

 

 

朽木さんとは日本ペンクラブの講演会と打ち上げに参加した際に直木賞作家の森絵都さんを介して知り合いました。朽木さんのマジメなシーンと飲みの席でのギャップがすばらしく、深く印象に残っています。

 

絵本のタイトルを見たとき、ぜんぜんわからなくて「?」でしたが、読んだ後にもう一度見ると思わず納得の唸り声が。

 

「んー……」

 

私自身、近すぎず遠すぎない友情がいちばん心地いいので猫たちの気持ちがなんとなく理解できた気がします。絵も素敵でした。朽木さんは児童のみならず保護犬猫にも厚い方です。興味のある方はぜひ!

 

 

最後に、本日の私のベストショットをごらんください。

faoiurfa (3)

 

 

さぶのアンニュイぶりメチャ萌えません? 

 

どうしようもなく平面的な顔も大好きです。

 

モデルさんやカメラマンへの褒めコメント大歓迎(爆)。

 

 

皆さま、明日もいい一日をお過ごしください。

 

 

703号室より愛を込めて!

 

スポンサーリンク