新・みもっ!

みものトレードマークの赤の水玉シュシュ。個人的には思いっきりお気に入りでした。
クリックすると元のサイズで表示します

似合ってますよね。美少女の肌に映える感じ。

でも、そろそろ衣替えして、皆さまに新しいみもをお披露目しようかな?

「ぬーん。次はピンクにしてみたの。あたち、どう?」
クリックすると元のサイズで表示します

すっごくきれいだよ。まるで女優さんみたい。

ここ数日、私は膝の上にみものぬくもりをあてながら、ブログを更新しています。

常時膝の上を占拠するあまぱん太郎ではなく、あまぱん太郎よりだいぶ軽い、保護猫みも。
クリックすると元のサイズで表示します

毛並みがやわらかくて、あたたかくて、くっついているだけで至福。
クリックすると元のサイズで表示します

保護したての頃の写真と比べてみると、みもは縦にも横にも伸びたような?

儚い雰囲気の少女みももよかったけれど、少しふくよかになったオトナみもも、私はステキだと思います。成長するってことは、健やかに生きている証。ありがたいですね。

少女からオトナへの切り替わりを、できれば新しいご家族に堪能してもらいたかったけれど、私の力量不足で、みもは未だにご縁にいたっていません。他の保護猫たちが次々と巣立つ中、どうしてこの子だけが、我が家に残っているのか。

お問い合わせはゼロではありませんでした。

タイミングの問題や、譲渡に関する内容の問題などさえクリアできていれば、みもは卒業していたでしょう。だけど、諸問題をクリアできず、再募集をくり返しています。

みもに非はひとつもありません。ひいき目にみているのではなく、本当です。

原因があるとすれば、すべては保護主の私の不徳。

私は金持ちにみもを譲渡したいのではありません。いくらお金を持っていても、私が考えるところの責任と愛情と安全をみもに保証してくれない方は、遠慮させ てもらっています。お仕事を持ち、お留守番のあるご家庭でも、喜んで譲渡します。でも、海外旅行やお出かけが大好き、年中出張をくり返し、家にほとんど居 れない方はちょっと不安です。

一番気にするのは、脱走を防止し、猫の安全をきちんと守ってくださるかどうか。

口約束は容易いので、最近は具体的な対策をお聞きしています。

窓を常に開けているお宅などの場合は、100円ショップでも売っているグッズを使って、小窓に柵を作ってもらうこともあります。だいたいが、1時間程度、 数百円でできる対策。顔をしかめてそれを激しく面倒がる方だと、その先いろんなことを面倒がるのではないかと考えてしまいます。猫は俊敏な生き物です。猫 の運動神経は侮れません。

毎日、多方面で猫の脱走、事故、死亡の話を聞いています。うんざりします。

すべての方の考えを変えることはできなくても、自分の卒業生のご家族になってくれる方だけでも、私は心を持ってお願いしたいです。強制ではなく、お願いしたいのです。一緒に考えていきたい。

犬猫と暮らすのは楽しい。

でも、楽しいばかりじゃない。その子の生命に、責任を負うことも、重要だと考えています。

ある人がみれば、みもはただのキジトラの成猫にすぎないかもしれません。

今、里親サイトには、溢れんばかりの猫が載っているのですから。

毛色の珍しい猫や、ヨチヨチの子猫、血統の猫もいますね。

その中で、私は、「自分を貫く」難しさを痛感しています。

でも、貫きたいです。

みもは、一緒に暮らす方が虜になるほどやさしく、甘えん坊の女の子です。寝起きにしてくれるチューは、こちらが溶けてしまいそうです。話しかけると、いつも、「ん?」「んんっっ?」と聞き返してくれます(マジです)。聞き上手、お話し上手です。

こういう女の子が嫁に行けず、いったいどんな子が嫁に行けるというのでしょう?(笑)

そばにちょこんとまるまって
クリックすると元のサイズで表示します

真剣にみつめてくれるみも
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを前にすると、いっちょ前にお手ができるみも
クリックすると元のサイズで表示します

たったひとつぶのドライフードに、こんなに目を輝かせてくれるなんて^^
クリックすると元のサイズで表示します

本当はたぶん、ここまで多頭の環境はイヤなはずだけど
クリックすると元のサイズで表示します

必死に順応しようとがんばる姿
クリックすると元のサイズで表示します

姫、さすがにちょっとイラっとしちゃったかな?
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんね。ベベがしつこくて。

「ハハ~! あたち、嫁に行きたい」         「行けるといいね」
クリックすると元のサイズで表示します

激しくなくていいです。

たとえうっすらとでも、みもが気になって仕方ない方は、ご連絡ください。

心からのお願いです。

みも(女の子、1歳未満)
不妊手術、ウイルスチェック(結果マイナス)、ワクチン、駆虫、すべて済み

欠点はありませんが、注意する点をしいて挙げるなら、みもは長時間車に乗っているのが、得意ではありません。福多朗のことは大好きで、面倒もよくみるみもですが、あまたんはちょっと苦手のようです。猫によっては相性があるかもしれません。あまたんが大きいから怖いのかな?

それ以外は、パーフェクトガール♪

みもへのお問い合わせをお待ちしています。ペコリ。

スポンサーリンク





希望

「ハハに、果報は寝てまてと言われつづけてきましたが、あとどのくらい寝てるべきでしょーか?」
クリックすると元のサイズで表示します

みも(汗)。

ごめんごめん。家族募集はちゃんとやってます。

おやつあげようか^^;

卒業猫うにの里親さんからのマカロン↓ お友だちのお店のものだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしくてペロリ。母や妹にもちょこっと分けました。ありがとうございました。

晴れた日の朝、保護猫福多朗はリビングの日当たりのいい場所で日光浴します。
クリックすると元のサイズで表示します

うちのお子たちが、かわるがわるごあいさつにうかがってますね。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナちゃんも福多朗にはやさしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは福多朗の近くで、お昼寝をする模様。ぽかぽかだねえ♪
クリックすると元のサイズで表示します

これは別の日。あまぱん太郎が寄り添っています。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗は平和主義者。誰とでも仲良くできます。

こういう姿を眺めていると、ときどき、胸が締めつけられ、不安が襲ってくるのです。幸せなシーンなのに、どうしてでしょう? みんなの平和な時間を守るために、私はもっとしっかりしなきゃダメだな。

ねえ福多朗、この世はぜんぜん、平等なんかじゃないんだよね。
クリックすると元のサイズで表示します

命は平等じゃないし、必ずしも、尊ばれるものでもない。

私が語らなくても、お前さんなら、ひしひしと感じていたんじゃないかな?

生まれたからって、だれしもが等しく、幸せになれるとは限らない。それ以前に、命をまっとうできる保証すらない。どこで生まれるか、だれと出会い、どう やって育てられるか……つまるところ環境で、育つのか、生きられるのか、幸せになれるのかが、ほぼ決まってしまう。万能のはずの人間たちですら、格差のひ どい社会にもまれ、ひずみの上に立たされ、理不尽や扱いや、狂った運命に翻弄されながら、息も絶え絶えの日々を過ごすことがあるんだよ。

「平等」って言葉は、不平等の世界から生まれた「理想」にすぎないよね。

まあ人間なら、自分の力で、何度でも生き直すことができるし、不平等を訴え、たたかえるけれど、お前たちは、陰惨な生き方を強いられても、ゴミのように扱われても、あるいは死を強制されても、社会に取り上げられることもなく、だいたいがよくて、黙殺程度の扱いだよね。

人間の庇護なしには生きることもままならないのに。

私は今まで、たくさんの不遇な犬猫たちに出会ったの。助けたくても、ベストを尽くしても、死んでいった子たちも多くいたんだよね。

福多朗、悔しくはない? 私は人間なのに、人間を恨みたくなるほど悔しかった。

福多朗は、事故に遭う前も、お腹をすかせた野良猫だったはず。自分の運命を嘆き、心を閉ざしてしまうとか、このずるい社会に報復しようとか、そんな手段に出たいと思ったことはない? 強い怒りを、絶望を、ぶつける場所を求めるような。

人間はたいがい、傷つけられることや無視されることに耐えられないから、裏切られたと感じると、心の刃を研ぎなたら生きるんだよね。

私も、そのひとりかもしれない。

もし私がお前さんと同じ境遇なら、きっと心の傷を乗り越えるのにも、精いっぱいだったと思う。

「ぼくは、むずかしいことは語りません。だけどハハ、ひと言だけ。ぼくは空腹を感じても、人々の冷たい視線を感じても、暑さや寒さを感じても、猛烈に激しい痛みを感じても、“絶望”を感じたことは、ただの一度もなかったです」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗、きめる時は目をキリリと開けるのね。

参りました。

やっぱお前さんたちには勝てないや。

かつくん「最後の写真の福多朗は、かなりイケメンですね。かっこよくしめた福多朗ですが、本当の顔はもうひとつあります。ハハは福多朗を、“保身のプロフェッショナル”と呼んでます。福多朗の愛らしいエピソードは、またの機会に。次回はみもが主役です。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





だいたい、できるよ

保護猫みもは家族募集中です。どうぞお問い合わせください。お願いします。ペコリ。

昨日、母の店でくっちゃべっていたら、肝臓の先生から直々に電話が。私の血液検査の結果が出たのですが、肝数値が悪化しているため、わざわざ電話をかけてくださったのです。

ありがたいですね(苦笑)。

病院へ来るよう呼び出しをくらいました。

先生の口ぶりが私をベコベコに凹ませたので、ひとりで行く勇気が出ず、本日、母とおばにつき合ってもらい、病院へ行ってきました。診察室で今後の治療について延々と話し合い。同じ話を30回はしたと思います。先生も辟易でしょうが、私の方もうんざり。

でも、ご心配なく。いろんなことがいい方向へ向かっていると思うので。

病は気から、と申しますでしょう?

最近は気力があがり、のんびりムードを味わっているから、今日行った血液検査の結果はきっと良いと信じます。悪いことばかり考えていると悪い方に行っちゃうからね。

「ハハもいろんなことが、わかる年頃になってきたのね」
クリックすると元のサイズで表示します

ええ、まあ。

みもちゃんほどではないかもしれませんが、一応いろいろ経験してきてるのでね。

「みも、そんなに経験豊富なんですか?」 「うん。で、悟ったの。やっぱのんびり家にいよって」
クリックすると元のサイズで表示します

「わー! みもってなんか、オトナだなあ……」 「うん。だてに10カ月生きてないわよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ハハ、みもに比べ、ぼくは、ゆるキャラ草食系男子なので、世間知らずのねこさんだと笑われるかもしれませんね」
クリックすると元のサイズで表示します

確かに。

福多朗、お前さんはゆるいよね。

どの写真をみても、目、ほとんど開いてないし。
クリックすると元のサイズで表示します

はじめは猫風邪でもひいてるのかと心配したのですが、どうやら、福多朗はもとからこういう表情なのです。シャイで、あんま目を合わせないタイプ。

要求泣きも横向きで済まそうとするあたりが、男気ないです(笑)。

福多朗、主張があるなら、目をまっすぐみて話しなさい!

「ぼくにはムリ……」     「だめだこりゃ」
クリックすると元のサイズで表示します

無駄な動きもないし、強い主張もない。

その場の空気に、すっとなじんでしまう。

ここまで自分の存在を消す猫も、珍しいのではないでしょうか?

それが福多朗なりの処世術だったのかな?

交通事故に遭うまで、福多朗がどこでなにをしていたのか、知る由もないけれど、この子が生き延びた理由が、なんとなく少しだけわかるような気がします。

「そうですか? そりゃよかったですね(恍惚)」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗?

あんたまさか……!

「え? ここ、トイレとちゃいますの?」
クリックすると元のサイズで表示します

ああ……。

ちっこ出ちゃったか。

まあ、しょうがない^^;

ここのお部屋にトイレがなかったのが悪いのよね。

この時は、バスマットの上でおしっこしちゃった福多朗ですが、あとにも先にも、失敗は1度だけです。部屋にトイレがなかったのだから、失敗と言えるかどうか。

福多朗の名誉挽回のために、この一枚を↓
クリックすると元のサイズで表示します

みも用の猫トイレに、自ら入って排泄しています。

福多朗のお部屋にも、ちゃんとおトイレはあるのですが。
(※福多朗のトイレは、先生のアドバイス通り、猫砂ではなく、ペットシーツを敷いています)

福多朗は基本省エネ男ですが、移動すると決めたら、結構な距離を進みますよ。

もちろん、自分の意思で。

後ろ足がないから、動くのを想像できない方もいるでしょう。

写真だと、やたら痛々しくみえるかもしれません。

でも、実際は不自由さをあまり感じさせないほど俊敏に動きます。前足で器用に歩く福多朗の足どりは軽快で、悲壮感は出ていません。

ちゃんと、前へ進んでいます。

この子は後ろを振り返るタイプじゃない。

福多朗は伏し目がちに、こう申しています。

「だいたい、できるよ」

★★★ありがとう★★★

「あたちは家族募集中だから、またみるだけでしょ? 食べちゃダメでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

卒業猫泰雅のママさんより、フード類が届きました。ありがとうございました。

家族募集中ですから、はしたないはずがないみもは、盗み食いなどするはずもなく、私に怒られるはずもないはずでしたが、この直後、一袋くわえて逃走し、御用となりました。

みも、ちゃんとごはんあげてるでしょう?

もう(涙)。

スポンサーリンク





接客

さあ、お掃除をはじめるから、お前たちはおりこうにしててくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します

「お客さまがくるの? めずらしいね。あたち、はじめて会う人?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうよ、みも。

みもは、はじめまして、の方が来るの。

だけど私は、もうずっとお世話になっている大切な方々。

最近、お客さまを通せるような状態じゃなかったから、今日は家中をピカピカに磨くつもり。みももお邪魔虫をせずに、お掃除を見守っていてくれる?

「うん。おとなしくしてるね」
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうみもちゃん。

日に日にやさしくものわかりの良い猫さんに育っていくね。大好き。

みもは現在、家族募集中です。お問い合わせをお待ちしています!!

お客さまがいらした時、ゴンタがおりこうにできるか心配でしたが、にお手伝いしてもらいながら、掃除をがんばりました。

「森さん、早く来ないかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうです。

お客さまとは、この方々↓ 直木賞作家の森絵都さん、講談社の横川さん^^
クリックすると元のサイズで表示します

森さんと横川さんが、我が家のお子たちや、福多朗に会いに来てくださいました。

家族以外をあまり好まないナナも、森さんだとこの通り! 何回も会ってるもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

こねくり回されたって、全然平気。むしろ喜んで森さんのあとをくっついて行くから不思議です。
クリックすると元のサイズで表示します

シュシュをつけておめかしした福多朗が、ホスト猫をつとめました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは隠れてしまい(汗)、あまぱん太郎はずっとごはんくれの大騒ぎっ。

それに比べ、福多朗は、天性のゆるキャラで場を盛り上げ、みんなを悶えさせてくれました。

みもも、本当におりこうでした。森さんや横川さんも、みものこと、かわいいって♪

人見知りするかなあって、心配だったのです。

だけどまったく!

お見合いの練習になりました。お見合いの予定はないけどね(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

森さんが持ってきてくださったお茶菓子。いつもセンス抜群です。アザラシのドーナッツ。
クリックすると元のサイズで表示します

こっちはカエルだって(笑)。かわいすぎる^^ 他にもいろいろありました。
クリックすると元のサイズで表示します

マカロンも!
クリックすると元のサイズで表示します

横川さんからもいろいろいただいてしまいました。ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

おふたりともご体調が万全ではない中、騒々しい我が家にお越しくださり、ありがとうございました。みもや福多朗をはじめ、お子たちみんなが楽しそうだったのが、嬉しかったです。

お礼に福多朗が、森さんの本についてひと言述べたいと申しています。
クリックすると元のサイズで表示します

はい福ちゃん、ちゃんと目を開けて。

お願いしますよ。

「ぼくは福多朗。今日、森絵都さんに会いました。森さんはずぅーと、ぼくを抱っこしてくれました。森さんファンのみなさま、ごめんなさい。森さんの書いた 小説も大好きですが、ぼくは保護猫なので、やっぱり“君と一緒に生きよう”がおススメです。この本は、捨て犬たちが、新しい家族を得ていく道程などが書か れています。人間と犬の交流、幸福、奇跡、人間社会が作りだした歪や影、これからの課題……この度文庫化され、ますます手を伸ばしやすくなりました。ほ ら、ぼくだってこの通り。ちょちょいと抱えて読めるサイズですから、ぜひ!

ハハ~! 寝起きだから、目、ちょっとしか開かないよぉ……」
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう。よくできました。

我が家でお茶を飲んだあと、横川さんは帰られましたが、森さん、妹、私の3人はババの店へ。妹婿のたか、チチも次々とババの店に登場し、みんなでワイワイごはんを食べました。

帰り、駅から改札まで森さんと徒競走したのですが(笑)、30代の私が、森さんに惨敗……。

びっくり。森さん、足速すぎです。さすがランナー。

私も運動して基礎体力をつけないとまずいなあ。

森さん、横川さん、ご多忙の中、どうもありがとうございました。

みもはご家族募集中!

福多朗も去勢手術を終え次第、次のステップに移ります。

チャオ!

スポンサーリンク





みもをみてください

みもは家族募集中です。一生懸命アピールをがんばりますので、応援してくださいね。

先日保護した黒猫さんは、マイ太郎さんのご厚意で預かっていただく形になりました。卒業猫みゆ改めくるみちゃん同様、マイ太郎さん&私が募集を担当します。

うちは福多朗も増え、黒猫さんまで手がまわらず、また、黒猫さんの保護スペースを確保するのも難しいため、マイ太郎さんがお声をかけてくださいました。本 当にありがたいです。今回はこのような状況ですので、素直に甘えさせていただきます。また、マイ太郎さんのショップから、福多朗へのご支援をいただきまし た。ありがとうございました。

【保護猫みもについて】

みもは若く健康で、性格もいいので、703号室に長く留まる必要はひとつもありません。アピール不足にならないよう、これからはなるべくみも中心の記事を 書かせていただきます。皆さま、みもたんをどうぞよろしくお願いします。そしてお心ある方はみもへお問い合わせくださいね。

みもは表情豊かなお子です。こぼれそうな大きな目が特長のかわいい娘っ子♪

年齢は1歳弱。不妊手術やワクチンなど、必要な医療ケアはすべて済ませました。ウイルス検査は、FIV、FeLVともにマイナス。どこに出しても恥ずかしくない立派なレディです。

いろんなお顔を見せてくれるみもですが、私が一番好きなのはこの顔↓
クリックすると元のサイズで表示します

どうですか? かわいくない? 思いっきり目が寄ってるよ!! グリーンのきれいなお目目!
クリックすると元のサイズで表示します

好き嫌いしないみもは、なんでもおいしそうに食べてくれます。私の手にあるひとつぶのカリカリにご執心のみも(笑)。早くちょうだい~って言ってるようですね。
クリックすると元のサイズで表示します

かわいいっしょ?

かわいいって思ったっしょ?

だって本当にかわいいんだもん♪

みもにひとつもお問い合わせがなかったわけではありません。むしろ、にゃでしこの中では、多かった方です。けれど、やり取りをすすめていく中で、双方の条 件が合わなかったり、お話が流れてしまったり……。ご縁の問題だからしょうがないけど、私としては、我が家一押しの女子なので、すばらしいご家庭に早くバ トンを手渡したいと考えています。

みものご家族~!

みもが待ってますよ♪

【保護猫福多朗について】

同じキジトラなので、みもに似ていますが、こちらは福多朗↓
クリックすると元のサイズで表示します

チチの膝の上で、抱っこバッグに入ってご満悦の様子^^
クリックすると元のサイズで表示します

心のやさしい猫さんです。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗のお家はこんな感じ↓ ケージの扉は開けっぱなしにしています。
クリックすると元のサイズで表示します

自分の力でちゃんと移動しています。高さ20cmくらいのベッドにも軽々のってしまうから驚きます。703号室は、100点満点の立派なお家ではないかも しれませんが、いろいろ模索しながらやっていきますね。今、福多朗の生活ゾーンをリビングに移そうかとも考えています。保護部屋へ行ったり来たりは、大変 だし^^;

猫型のハウスがお気に入り?
クリックすると元のサイズで表示します

昨夜からおしっこしていないのがちょっと気になるので、あとで福多朗を連れて病院へ行って来ようかな? 退院後、みてもらってなかったし。

★★★ありがとう★★★

卒業猫うに(ひらめ)のご両親、ひらめの会の会長さん福会長さんから、贈り物が届きました。みもがすかさず、チェックを入れてますね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

うにの里親さんは定期的に近況メールをくださるのです^^

プレゼントの中にはお手紙や、うにの写真が↓ なにこの貴公子ぶり。超かわいいんですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

個人的に思いっきりタイプなんですよね。みてるだけでドキドキしちゃう♪

うに、ステキなご家族に恵まれてよかったね。

別便で私にマカロンも送ってくださったとか! 届いたらまたUPしますね。

ありがとうございました。フードは、保護猫たちに与えます。

「ハハ、フードくれ」
クリックすると元のサイズで表示します

みも!!

ダメダメ(涙)。

そんなワルイ顔しちゃ……。

里親募集中なんだからね!

「そうだった。あぶなかった。あたち、これらのフードをハハの膝の上で眺めているだけでじゅうぶん幸せでございますの。早く食べたいなあなんてはしたないこと、全然考えてませんから」
クリックすると元のサイズで表示します

はい。

それでよろしい(笑)。

スポンサーリンク