女の底力(天音)

昨夜直木賞作家の森絵都さんがお忙しい中母の店に来てくださいました。森さんとはちょくちょくお会いしていますがふたりきりで飲むのは約7年ぶり。ディープな話をしつつ最近の私にしてはつい飲んでしまい、帰宅後ブログの更新ができませんでした。森さんがタケノコを頬張っている写真は次回勝手にUPします。森さんに怒られませんように^^

 

さて、本日は天音の保護宅(マイ太郎さんのご実家)へ遊びに行った日の様子を。

 

マイ太郎さんを私が車で迎えに行きました。千葉のご実家へ向かう途中、ホームセンターへ寄り天音のちゅーる(おやつ)を大量買いするマイ太郎さん。太っ腹です。

IMG_4261

 

 

私が天音に差し入れたD-フラクションプレミアムやリジンを飲ませるためにもちゅーるは必須。なにより、天音が喜んで食べるものを食べさせてあげたいとのおやさしさからです。

 

経済的に自立しているマイ太郎さんを「余裕のある人」と括る方もいるかもしれませんが、私はマイ太郎さんがこういうお金を捻出するために地道に節約しているのを知っています。

残業でヘトヘトの日も家で食べたほうが安いからと自炊し、自宅でお茶を煮出してはペットボトルにコツコツ詰め替え……お母さま同様、お金の大切さを知っている方です。

 

だからよりいっそう天音にお心を砕いてくれるおふたりに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

「あら? 来たの? マイねえとハハいらっしゃい♪」

IMG_3092

 

 

「ここがわたしの“ホームステイ”のおうち」

IMG_4263

 

 

「マイママさんが毎日丁寧におうちを磨いているからキレイでしょう?」

IMG_3100

 

 

「床は鏡みたいにピカピカ」

IMG_3102

 

 

「わたしも散らかさないよう気をつけているの。余計なお仕事を増やしたくないもの」

IMG_3133

 

 

「マイママさんが家事にいそがしい時間は窓辺ですごすのがわたしの日課」

IMG_3095

 

 

「一段落するとマイママさんはかならずわたしを抱いたり撫でたりしてくれる」

IMG_3118

 

 

「マイねーがわたしに作ってくれたマタタビキッカー」

IMG_3139

 

 

「マイママさんと遊ぶの楽しい」

IMG_3142

 

 

「今日のおやつは なあに?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「はやくちょうだい」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「ハハ~ グルメリポーターみたいにかわいく撮ってね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「遊ぶのも大好き」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「わたしずっとこうしたかったの」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

おそらくもう若くはないであろう天音の中には少女とオトナが混在しています。

 

どっちの天音も素敵ですが、無邪気な少女顔のときはこちらも頬が緩みますね。

 

すごくえらいし、魅力的な女性です。

IMG_3098

 

 

マイママさんが見た目も味も美しいランチを用意してくださいました。

IMG_3110

 

※運転手ですからお酒じゃなくてジュースですよ!

 

甘いものもいただいてしまい……あれもこれもすみません^^;

IMG_4274

 

 

そしていつものスタイルに。言い訳ですが肝臓病患者は食後こうするといいんですよ(笑)。

IMG_4280

 

 

天音を囲い女子トーク。マイママさんの「ちょんこアルバム」を見せていただきました。

IMG_4282

 

 

マイ太郎さんがまだ小さな頃に拾って帰った「愛犬ちょんこちゃん」の一生が詰まったマイ太郎家の宝物の一冊です。

IMG_4281

 

 

あどけない子犬の時分から17歳で亡くなるまで。

 

ちょんこちゃんアルバムをめくると涙が溢れます。

 

今の日本で……いえ数十年前の話ですから当時の日本でこれだけ大事にしてもらえる犬猫がどれほどいたでしょうか? ちょんこちゃんアルバムの中にこもっているのはご家族のちょんこちゃんへの情のみならず、人間としての器の大きさ、成熟度、家族としての完成度の高さかもしれませんね。

 

改めて天音を幸せな猫だなあと思いました。

 

たとえ生涯の一時でもこのようなお宅に身を置き安全に暮らせるのは有意義です。

 

 

天音、がんばってきてよかったね。終の棲家が見つかるまでここにいていいんだよ。

IMG_3106

 

 

会社を休んで天音の通院などもしてくれているマイ太郎さん。

IMG_3099

 

 

ささやかながらおふたりにちょこっとしたプレゼントをお渡ししました。

IMG_4278

 

 

前日ショップで迷いに迷ったカップの色。結局マイママさんのイメージに合う桜色をチョイス!

IMG_4242

 

 

気に入っていただけたようでうれしいです♪

 

 

マイ太郎さんの力作、リビングゲート。通風もでき飛び出し防止にもなります。

IMG_3152

 

 

うらやましかったのはグランドピアノ

IMG_3148

 

 

天音とは関係ない写真ですが、ド貧乏で団地住まいだった私には無縁かつ憧れです。もちろんピアノがあっても私は弾けませんけどね(苦笑)。

グランドピアノはマイ太郎さんのお姉さまが使っていたそう。お姉さまは現在もピアノを教えるお仕事をしています。かっこいいな。

 

あ、また話が逸れた^^;

 

 

先述のとおり、保護猫天音は若くありません。

 

何歳かは不明ですがシニア層でまちがいないです。

 

家族募集にあたり、シニア猫が有利でないことは百も承知です。

 

しかしマイ太郎さんも私も、天音のこれまでの一切の微塵も否定したくありません。

 

シニア猫が里親サイト上で有利でないとしても、私たちは天音の積み上げてきたものが誇らしいです。天音をほめてあげたい。

 

老いるのは悲しいことではありません。

 

天音は生まれたての子猫よりたくさんの経験を積んできた“猫の達人”です。

 

生きる者は終わりに向かって歩いているのではなく、明日に向かって歩いている、と思います。

 

逆境の中生き残った儚げなあなた

IMG_4268

 

 

一途で勇敢で惚れ惚れします。

 

天音、女の底力を見せてくれてありがとう。

 

私たちも女の底力をあなたに見せなきゃね。

 

必ずあなたを幸せにします。約束する。

 

 

 

スポンサーリンク

巣立ったあとの一歩

今夜のタケノコ族は絵本作家のスギヤマカナヨさんご一家(左上)、私の活動を応援してくださっている麗しの女性おふたり(左中)、妹のお友だちさいちゃん夫妻(左下)でした。

IMG_4836

 

 

カナヨさーん! 母と私に羊羹のおみやげ(右上)ありがとうございました。

保護猫さんきゅう&寿子ペアもうちのリルもタケノコを食べに店にやってきました(ウソ)。

かわいいからコラージュに入れてみただけです(笑)。

このほか永澤さんのご友人夫妻もいらっしゃいました。みんな台湾タケノコに夢中です。

 

 

あ、言っておきますけど私はタケノコばかり食べているわけではありません。やることもやってますからね。今いちばん力を注ぐべきなのは保護猫天音のご縁探し!

 

マイ太郎さんと密に連絡を取り合い気持ちをひとつにがんばります。

123

 

 

ああマイ太郎さん作の「天音のあまあまモードコラージュ」に胸がきゅんきゅんします。

マイ太郎さん写真教室参加しなくていいですよ。私より先にみいさんになっちゃう。

まあでも、天音は写真より実物の方がもっとイケてますよ♪ 天使みたいなんだから!

 

 

本日はうれしいことがありました。テンションが上がりまくり↑↑↑

 

卒業猫萌乃あらため貴和の里親さんが近況ラインを送ってくれたのです。

 

ラインはプライバシーが含まれるため内容をコピーしメモにペーストしました。

IMG_4822

 

原文はスタンプや絵文字がついていてかわいいメッセージでしたよ^^

 

 

「あま兄 さぶ兄がいなくても わたち 元気にやってるわよ!」

IMG_4685

 

貴和、ありがとう。

里親さん、ありがとう。

一歩一歩近づいているのがよくわかります。この調子でがんばってください。

 

 

「貴和 元気? ぼく いまいち。毎日 おなかいっぱい食べたいよ お母さんくれない……」

IMG_0146

 

あま兄ことあまぱん太郎からも貴和へのお祝いのことばが述べられましたね(爆)。

 

 

703号室は頭数が多いのでまんべんなく全員を載せられませんが、犬組を代表してべべ

IMG_3556

 

 

猫組を代表して保護猫いせやんに登場してもらいましょう。

IMG_3530

 

 

べべは相変わらず私を執拗にストーキングします。ガラス越しに別れるとガラスや扉を前脚で叩きまくって割りそうな勢いで「こっちに来い!」と絶叫するのです。困ったちゃんですね。

 

さんきゅう&寿子とも仲良く過ごせるいせやんはなかなかの甘えん坊に変身しました。これまたガラス越しに目が合うと、「こっちに来ておれを撫でろ!」と泣き喚きます。

 

はあ。あっちもこっちも呼ばないでよね! 私はひとつしか体がないんだから。

 

 

「ぼき ほほ よっちゃ ま ありがと ござまち」

IMG_4681

 

 

ブログを見てくださっているよっちゃまさんがこんなかわいいプレゼントを作ってくれました。

IMG_3625

 

 

ほほそっくり(笑)。ブローチにもキーフォルダーにもなるんですって!

 

以前ブログでほほのプレゼント企画に載せたこの一枚をモデルにしたんだとか。

DSC_8627c

 

 

ほほの闘病はいろいろ苦しいことも多いです。でもこのブローチと一緒なら乗り越えられそうですね。目も口もアンテナもぜんぶほほそっくりで萌えます。ありがとうございました。

 

さて、明日は超イケメンの接待部長に接待されるかもしれません。

 

ワクワクします。

 

 

皆さまもよい週末をお過ごしください。

 

 

Smile!

 

スポンサーリンク

天音への ラブレター

前回の更新の直後、いよいよ保護猫天音(あまね)へのラブレターを書こうとパソコンに向かった私ですが、まず頭が真っ白になりなにも浮かんできませんでした。

 

次にぽんぽんとさまざまなシーンが閃き、よぎり……あ、いけるかな? と思ったのですが、しかしそれらはランダムな点のように不均等かつ不規則で、線につなぐ自信を失い厭になりました。やる気がなかったのではなく、意気込みすぎていたからです。

 

ワードを立ち上げたまま、深夜2時半頃までウロウロネット徘徊。

 

はあ、こりゃもうだめだ……あきらめかけた頃、なにげなくスクロールしていたマイ太郎さん撮影の天音の写真が突如、強い印象を持って私の目の中に飛び込んできたのです。

123 (4)

 

 

気持ちよさそうに光合成している天音。

 

ここまでの道のりは平坦じゃなかっただろうに、あなたはひと言も嘆かずに、ただ陽の光を全身に浴び、まどろんでいる。

天音、生きているんだね。

いろんな気持ちを抱えながらも、あなたはシンプルに「生きる」をエンジョイしているんだね。

 

天音を遺し先に逝った前の飼い主さんの無念さや、一時とはいえ前の飼い主さんに代わり天音にごはんを与えてくれた隣家の男性や、私が保護したあとすぐに天音の預かりを表明してくれたマイ太郎さん母子の善意を背負い、今自分はここに立たせてもらっているんだと気づきました。そうしたら、天音の声が聞こえてきたのです。

 

「わたしは 若くありません。

それなりに 年輪をかさねてきました。

猫歴は ながいのです。

わたしは 捨てられたのではありません。

かつてわたしには ひとりだけ 家族がいたのです。

わたしよりさきに 旅立ってしまった あの人が」

 

 

その後は文字カウントを意識しながら無我夢中でキーボードを叩き、気づけば夜明けの時刻。夏に向かうこの時期は、日の出が早いんですね。

 

物理的には遠く離れているけれど、なんとなく、天音とともに朝を迎えた気がしました。天音の周りには、彼女に微笑んでくださった方々が寄り添っているようなイメージでした。

 

熱く語った割にはちゃんと紹介文になっているか微妙ですが、ラブレターはこちらです。

 

⇒  「天音(あまね)/ペットのお家」

 

医療ケアを含めた天音の詳細が書かれています。気になる方はどうぞご覧ください。

 

そして、ともに走ってくれているスペシャルサンクスのマイ太郎さん天音への記事も!

 

天音は家族を求めています。お心ある方からのお問い合わせをお待ちしています。

掲載1

 

(天音の写真はすべてマイ太郎さん)

 

マイ太郎さんのお母さまのお家に天音に会いに行った日の記事も近日中に載せますね。

 

 

卒業を控えている保護猫さんきゅう&寿子は元気に過ごしています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

わたしは熟れたワインのように

まりおさんにいただいた栄養ドリンクを飲み、今日は徹夜を覚悟で私が保護した忠猫 天音へのラブレターを完成させようと思います。

 

ラブレターといっても私が彼女に宛てる手紙ではありません。

 

私から彼女の未来の家族に綴る天音のプロフィールです。

 

残念ながら私は天音の軌跡のわずかな断片しか知りません。書くにあたり彼女から直接あれこれ聞けたらいいのですが、相手は猫ですからそうもいかないでしょう。

 

うまく紹介する自信がないけれど、私、天音に幸せになってほしいです。

 

世界で一番愛する人を失った天音に声をかけてやりたいのです。

 

あなたがなくしたものは戻らない。

しかし今を生きるあなたに陽の光が降り注いでいることを感じてほしい。

あなたを想うひとりとして伝えたいです。

 

天音あなた、さんさんと輝いていますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(写真:マイ太郎さん

 

熟れたワインのように酸いも甘いも苦味も渋味もボディにつめこんだオトナ猫天音

 

彼女の家族募集はカウントダウンの域に入りました。

 

どうか天音の姿がお心ある方の目に留まりますように。

 

 

 

スポンサーリンク

フィルター

今日息抜きのつもりでフェイスブックのタイムラインを見ていたら、猫をドラム型洗濯機に入れて回す画像が流れてきました。虐待した人間が直接流したのではなく、「こういうの許せない!」という方が記事にしたのです。

 

その猫の形相が忘れられず、私は吐き気を催しました。心臓が痛かったです。

 

私が目の当たりにした画像は氷山の一角なんでしょうね。

 

 

私はよく、犬猫の保護譲渡を「だれにでもできる活動」と書いています。

 

しかしそれは「真剣に取り組めば」だれにでもできるという意味です。

 

疲れたら目の前の一頭でやめてしまえばいいと思います。

 

けれど、関わった一頭は妥協せずなにがなんでも幸せにしなくてはいけないですよね。

 

私は今、自戒を込めて綴っています。

 

犬猫を保護している方は、希望者さんをよく見極めてください。

 

三味線業者、虐待する人、犬猫とは暮らせないほど起伏の激しい人、経済的に完全に破綻した人も犬猫をほしがります。みんな善人の仮面をかぶってやってきます。

 

「期日がない。困っている。だれでもいいからもらってくれ」

 

「この縁話を逃したらもういい話が来ないかもしれない」

 

保護主のその弱みにつけこまれます。

 

ご自身が保護動物を見下げてはいませんか?

 

“この子、だれももらってくれないかも……”

 

焦る心を敵に見抜かれ、悪魔が善意に扮して寄ってくるかもしれません。

 

実際、本当のことをお話しましょう。

私の保護動物への問い合わせの中には、相当なレベルで怪しい人間も多数紛れ込んでいます。ときに鳥肌が立つような不快で不気味な思いをしながら石橋をたたくような活動をつづけています。はじめからすばらしい里親さんだけが私のまわりに集まってくるわけではありません。

 

私は「譲渡」までに何重もフィルターをかけています。

 

譲渡後のトラブルに備え自分にできうる最大限の考察も怠っていません。

 

多角的、客観的、包括的に物事を考えるよう心がけています。

感情的になりすぎず……むしろそのときの私は、驚くほどドライかもしれません。

 

だれにでもできる活動ではありますが、真剣に精査すべきところがあるのも事実です。

 

人を見抜く自信がない方は、どうぞ保護活動をしている方に一緒に考えてもらいましょう。

 

せっかく保護した犬猫たちを虐殺されるのはあまりにも不幸です。

 

人を疑うのはよくないです。

けれど、犬猫の譲渡に於いては「人への過信」こそをもっとも警戒すべきだと思います。

 

人のメールや言葉をそのまま信用するのではなく、人の背景になるだけ焦点を当てましょう。

その人の背景と言動に著しい矛盾が出る場合は注意が必要かもしれません。

 

多いとか少ないとか、保護した頭数は関係ありません。

保護した子たちの未来に責任を持てる方が「デキる保護主さん」だと思います。

 

わかっているような顔をしてえらそうに生意気を申し上げました。

 

気分を害した方がいたらごめんなさい。

 

でも、世界すべてが明るいわけではないので気をつけるべきことを気をつけたいですよね。

 

 

幸せになれる子が増えますように!

IMG_3361

 

 

保護動物たちの旅立つ先がスイートホームでありますように。

IMG_3277

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク