MY FAMILY

歯石取りの相談にのったところ激萌のおたよりが返ってきました。

KIMG2411

 

 

 

いや~ん。にっこにこじゃないですか! 笑顔って伝染するんですね。私もにこにこ^^

IMG_4816

 

 

 

あまりにもかわいいので自慢させてもらいました。ありがとうございました。

 

 

平日はほとんど家にいる私ですが、週末はチチと協力し合い、お出かけを楽しんでいます。

 

 

 

昨夜はイカセンターへ。透明のイカを食べましたよ。でも比べるなら昔九州で食べたイカのほうがやわらかかったかも。30分くらいですが、ひさびさにデパートもうろつきました。大丸ってはじめて入ります。アウトドアの便利そうな小ぶりリュックに目をつけてみたり。

IMG_4873

 

 

 

チチさんイカごちそうさま。ダッシュで食べてあっという間に帰宅。3時間弱の外出でした。

 

 

 

で、日曜の本日は妹、母とランチへ。3人で出かけるのはいつぶりだろ?

 

 

「どっかに行きたい!!」と、妹が企画したのです。

 

 

待ち合わせに登場したふたりのめかしぶりを見て仰天。母は妹の家へ寄りメイクとヘアセットを妹にお願いしてきたらしいです。気合いが入ってますね。とはいっても、妹はネット通販で買った1,000円のワンピース。母はユニクロのスカートを履いていました。へへ。暴露しちゃった^^;

 

 

姉の私はと言いますと・・・・・・イトーヨーカドーの年季もののシャツを着ています(爆)。

 

 

ふたりは私のラフすぎる格好に失望したらしく、行きはほぼ口をきいてもらえませんでした。

 

 

ごめんなさい・・・・・・。

 

 

妹が前から行ってみたかったというカジュアルフレンチへ。母の分は姉妹で仲よく出すことに。

eia

 

 

 

女性3人。ペチャクチャ会話が弾みます。母を介して妹と出会えた私は、妹が生まれてからずっと妹の存在を心の糧に生きてきました。そういう意味では母に感謝ですね。

 

 

そして重大な収穫が!

 

 

今日はじめて私は自分の実父のフルネームを知ったのです。これまで父の話は我が家では禁句に近い状態でしたので、話せるようになれてうれしいです。やっぱりルーツですからね。

 

 

父と私は外見も性格も瓜二つだったようで、昔から台湾の親戚たちが私を見て「(私の)父と私が同じすぎる。似すぎている」などと話しているのを偶然何度か耳にしたことがあったのです。しかし母の口から直接聞いたことはありませんでした。

 

 

さっきレストランや電車の中で、どこがどう似ているのかを母が教えてくれたんです。もっと聞きたかったなあ。いつか機会があったら再度挑戦してみよ。

 

 

私の記憶の中の父は穏やかでやさしい人でした。8歳までまめに会っていたのですからもちろんおぼえています。私が台湾から日本へ来た日、父が台北の空港で私を見送ってくれました。ボロボロに泣いて私の手を離そうとしないから飛行機に乗り遅れそうになったのです。そして私が中学生の頃、一度だけ日本に会いに来てくれました。まだどこかで生きてるといいなあ。

 

 

おっと。語りすぎ。気分がよくてつい。

 

 

 

あ、ここ犬猫ブログでしたね。失礼しました。お子たちは元気にしています。

 

 

 

補液、投薬、ごはん、散歩などのお世話を楽しくしています! 補液は毎日やっています。

 

 

あまぱんも少しずつですが食べれるものを食べています。保護猫ジョイの家族募集は来週あたりにと考えています。興味のある方はぜひチェックしてくださいね。

fai

 

 

 

今夜、あぱまんの保護主ぷくぷくさんから電話がかかってきたのです。ブログを読んでくださったみたいです。すっかりご無沙汰しちゃってすみません。あまぱんの近況にくわえ、あまぱんへの愛とぷくぷくさんへの感謝をたくさん伝えました。

 

 

保護後、お家に入れてホッとしたのか? ぷくぷくさんの腕の間に挟まれて眠ったあまぱん。

 

極寒の外暮らしに耐え抜き、ストーブのぬくもりの前でくつろいだ表情を見せたあまぱん。

 

 

ぷくぷくさんのあまぱんの思い出を伺い、改めてあまぱんをたいせつにしていきたいと胸に誓った夜でした。家族ってほんとうにプライスレスですよね。

 

 

犬猫から逸脱した話題が多かったですが、皆さま来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





わたしはもも わたしが飛び立った先

あまぱんの具合が悪く、更新が遅れました。楽しみにしてくださっている皆さまごめんなさい。

 

 

さて、海子あらため「もも」のお家にご案内します。

 

 

へへ♪ 私は蘭丸Tシャツで行きました。

omedeto (19)

 

 

 

ももの里親さんご夫妻はたっぷりいっしょに過ごせるよう3連休を取ってくださいました。当初はなんと5連休のある9月のお届けを希望していたのですが、お話し合いを経て、「まあ里親さんの環境なら3日も在宅できれば大丈夫だろう」との結果に。なにごとにも慎重な方です。

 

 

3LDKのお宅ですが、主にももが過ごすのはリビングとご主人がメインで使っているお部屋

omedeto (22)

 

 

 

明るく、広く、清潔です^^

7galiu

 

 

 

グリーンがいくつかありましたが、猫に有毒な植物についてはすでにお伝えしています。

omedeto (17)

 

 

 

ももちゃん、倒さないでね~(笑)。

omedeto (16)

 

 

 

かわいいひまわり^^

omedeto (10)

 

 

 

飾り棚に703ポストカード発見! 裏には私からの愛のメッセージがビッシリ

7galiu

 

 

 

もものためにネットでいろいろなグッズを注文していた里親さんですが、お盆休みの関係で予定していた日に届かなかった物もあったそう。楽しみにしていた「食器」も未到着でガッカリされていたのですが、暫定的な食事処を用意してくださいました。

omedeto

 

 

 

703号室恒例の窓脱走防止柵は2面してありました。こちら側はリビングの防止柵

omedeto (2)

 

 

 

もうひとつはご主人さまのお部屋に設置されていました。

omedeto (21)

 

 

 

 

ももは終盤我が家で保護猫ジョイと同じケージに入っていたのですが、実はケージが苦手。ももひとりでケージに入れると出すまで鳴き続けるので、まずはケージよりも一部屋からのスタートをお願いしました。

omedeto (9)

 

 

 

立派なパソコン。ご主人さまはきっと長時間お部屋に入り浸っているんだと思います(爆)。

omedeto (7)

 

 

 

ももちゃん、ドライブお疲れさま。ここどこだろうね?

omedeto (4)

 

 

 

「どこどこ? わたしの知らない場所だ」

omedeto (5)

 

 

 

さっそくご主人さまのお部屋に解放

omedeto (11)

 

 

 

やさしく声をかけるご主人さま

omedeto (8)

 

 

 

そのうちほかの場所に移動していました。

omedeto (14)

 

 

 

緊張しながらも居心地のいい場所を見つけた模様です。

omedeto (18)

 

 

 

ご主人さまが何度もそっと声をかけていました。

omedeto (15)

 

 

 

このときはまだ借りてきた猫の顔をしていますね。すぐに豹変します。ご安心ください。

omedeto (6)

 

 

 

ももが必死の頃、保護主はどうしていたかと言いますと、猫ドーナッツやお菓子をがっつきながら紅茶4杯を飲み干し、里親さんにペチャクチャつきまとっていました。

omedeto (25)

 

 

 

里親さんご夫妻は表裏がなく朗らか。おもしろくて話しやすいお人柄なので延々とマシーンガントークを炸裂していた私。帰りの車の中で思い出して猛省したほどです。

7galiu (3)

 

 

 

ただの迷惑者、おじゃま虫、ですね。すみませんでした。

 

 

記念写真も撮りました。お美しいのにお顔出しは恥ずかしいそうです。もったいないけどスタンプで「ないない」。顔出しOKはももと私と蘭丸くんだけ。

7galiu (2)

 

 

 

先日ご紹介したあたたかいメッセージカードに猫フード、ももにかかった医療費をお預かりしました。ももは肝臓の薬をしばらくつづけていきます。もものゼリーもありがとうございました。

omedeto (20)

 

 

 

めちゃめちゃおいしかったです。ごちそうさまでした。

omedeto (3)

 

 

 

最後に里親さんから届いたももの近況写真を皆さまに自慢させてください。

omedeto (23)

 

 

 

あれ? ももちゃんあなたさあ、くつろぎすぎなんですけど。

omedeto (24)

 

 

 

同じベッドやソファで眠ったり、ベタベタしたり、おやつの袋をちぎったり・・・・・・証拠写真を提出しますのでご覧ください。里親さん曰く、ももは喜怒哀楽がハッキリしているんだとか。

FullSizeRender

 

 

 

こうして童心に返った姿を見ていると、素に戻れる場所ができたことがうれしくてたまりません。

 

 

もも、いいねえ。あなた楽しそう!

 

 

でもいたずらはほどほどにしてください。私、もものことをさんざん「いい子」って書いちゃったんだから嘘つきにしないでね。

 

 

お姫さまがひとり誕生しました。世界中の人に愛と感謝を送りたい気分です。

 

 

皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

かつくん「x236ももおめでとう。もも一族の有終の美を飾ってくれてありがとう。一足先に巣立ったももの子どもたちのご家族からもお祝いのメッセージが届きました。

ハハはももと出会えたことが喜びです。ここだけの話、ももの卒業後、ほほはじゃっかん気落ちし元気が半減しました。ももはみんなに愛されるキャラクターだったよね。ずっとお幸せに」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





わたしはもも 肩の荷をおろし羽をつけて

皆さまこんばんは。海子の卒業にたくさんのお祝いメッセージありがとうございます。全部にお返事できていませんが、先に卒業レポを書かせてくださいね。

 

 

終盤、海子には多数のお問い合わせをいただきました。気にかけてくださった皆さまに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。

 

 

 

「ハハ~ わたしのあたらしい名をみなさんに紹介してください」

ode (14)

 

 

 

海子は「もも」として生き直すことになりました。

 

 

女の子らしくてかわいいお名前ですね。シンプルですがそこが素敵です。

 

 

 

ピッタリじゃないですか?

ode (20)

 

 

 

野良猫時代のこの子には名前すらありませんでした。餌やりの方に名をたずねてみたところ「ない」と返ってきたのです。ももは「母親」あるいは「母猫」と呼ばれていました。

 

 

たしかにももは子どもを産んで育てたけれど、もし私なら自分を識別する名がほしいです。

 

 

なんでもいいから、自分だけの呼び名が・・・・・・。

 

 

何年も外にいたのに、名がないのはかわいそうだったね。

 

 

私は陽気で夏っぽい仮名をつけようと思いました。

 

 

大きくて、深くて、まわりに癒しや恵みを与えているイメージで、「海子」。

 

 

 

「ほう・・・・・・」

ode (21)

 

 

 

「そうだったの?」

ode (19)

 

 

 

うん。703号室ではほんとうに仮名の通りに生きてくれたよね。

ode (3)

 

 

 

「ぼくたちを包んでくれたもんね」

ode (17)

 

 

 

あなたはだれとでも分かち合い

ode (16)

 

 

 

だれとでも懐き合える

ode (26)

 

 

 

心根のやさしい女性です。

ode (24)

 

 

 

でもできることなら里親さんのお宅では、そのような役目をもかなぐり捨て

ode (12)

 

 

 

むずかしいことや生き延びる術など、なにも考えずにただ珠のように愛されてほしいと願っていたのです。だから「ももちゃん」という名前を聞いたとき、うれしくてホッとしました。

ode (11)

 

 

 

ももちゃんこそ、あなたに合う名前だと直感したの。

ode (30)

 

 

 

よかったね。

ode (15)

 

 

 

「ハハの言いたいこと わたしちとわかる」

ode (13)

 

 

 

「肩の荷をおろしていい ってことなんでしょう?」

ode (18)

 

 

 

「羽をつけて 軽やかに羽ばたけばいいのね」

ode (8)

 

 

 

あたり^^ ももは美しい上に、賢いのねぇ。

 

 

 

ももの里親さんはもともと、脱腸した成猫ミーコさんを家族として迎えるつもりでさかえ先生に問い合わせしたのですが、ミーコさんには先にほかのお問い合わせが来ていたのです。

 

 

※ミーコさんのご縁はこちらに書かれているのでお読みください。

 

「ミーコさんのいい話/幸せの703号室」

 

 

ミーコさんはお見合いを経て先に問い合わせをしてくださった方とご縁が結ばれたのですが、さかえ先生が結果待ちしていたももの里親さんに「保護猫海子」を軽く紹介してくださったのがきっかけで、ももはももの家族に出会うことができました。

 

 

ももの里親さんはミーコさんの幸せを願い、にっこりとほほえんでくださったあと、当時お問い合わせがあまりなかったももの保護経緯をよく読み、熟考の末、私宛にももに正式にお申し込みをくださいました。なんてというか、その一連が私の胸にジーンと響いて・・・・・・。

 

 

「ミーコさん、ありがとう。ミーコさんも幸せになってね」

ode (22)

 

 

 

里親さんは共働きのご夫婦です。お二方とも猫が好きで、奥さまのご実家では犬を保護し里子に出した経験も。ご実家では現在、譲渡活動をしている方から保護犬を迎え入れ楽しく暮らしているそう。幼い頃から自然と「動物を買う」という選択肢のなかった慈悲深い方。そしてともに暮らす犬猫たちはペットという感覚ではなく「家族」だと断言していたのも印象的でした。

 

 

「保護猫と暮らしたい」と考えた奥さまは、ご主人さまに相談。

 

 

奥さまの意見に即賛成してくださったご主人さまといっしょに「ペット可」物件を探し、びっくりするほどのスピードで潔くお引っ越しを済ませました(笑)。お話を伺ってみると、前の物件とこのたびの新居は「ペット不可」と「ペット可」以外に大差がなかったとのこと。むしろ前の物件も気に入っていたんだとか。引っ越した理由は100%「猫と暮らすため」だったんですね。

 

 

まず最初に環境を整える。信頼できるご夫婦です。

 

 

 

おふたりの真摯な姿勢にももちゃんの幸福の日々を確信しました。

ode (25)

 

 

 

「やったね」

ode (2)

 

 

 

振り返ってみれば、ももや大吉のいた死のアパートはペット不可。室内に一歩も入れなかったばかりでなく、建物付近でうろつくことすら許されない過酷さでした。

ode (10)

 

 

 

この子たちは乾いた住民たちの責めの目を逃れるようにヒソヒソと生きていたのですから、「堂々と生きられる」のはどれほど充実のできごとでしょう。

ode (9)

 

 

 

だれの目も気にせず、自分の家族と自分のお家でのんびり過ごす。

ode

 

 

 

はじめからなんの悩みもなく生まれてきた「家猫」とちがって、苦労の末生き延びたこの子たちにとっては喜びもひとしおだと思います。

ode (27)

 

 

 

「わたし 飢えも寒さもコンクリートの硬さも感じない世界に行くの」

ode (28)

 

 

 

「ねえねえハハ~」

ode (7)

 

 

 

「わたし うまくやれるかな?」

ode (5)

 

 

 

「わたしの家族にわたし 伝えたいことがいっぱいだよ」

ode (6)

 

 

 

「ふふ いちばんはじめに ありがとう を言いたい」

ode (4)

 

 

 

ももの嫁入りはももを保護した私にとっても万感の極みです。卒業前にちょっとしたお嫁入り道具を並べ眺めていたら突然涙が止まらなくなりました。

ode (23)

 

 

 

「ももの血液検査の結果、たとえ病気が見つかったとしても、私たちの家族になりたい気持ちは変わりません」

 

 

先日のお見合いのあとの里親さんの言葉が脳裏をよぎったのです。

 

 

私も伝えたい。

 

 

ありがとうを言いたい。

 

 

 

悔しさを味わったとき、私はブツブツ独り言を念じてきました。

 

 

 

「捨てる神あれば拾う神あり」

 

 

 

ゴミじゃないよ。生きているんだよ。

 

 

ある人にとっては取るに足らない存在かもしれない。

 

 

いなくたっていいかもしれない。迷惑かもしれない。

 

 

しかし次の扉を開けてみないことにはわからない。

 

 

だれかにとっての、宝物になるかもしれないから。

 

 

 

私はそう思いながら、保護動物たちの未来をさがしています。

ode (29)

 

 

 

もも、おめでとう。

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

次回はもものお宅にご案内します。

 

 

関連記事はこちら↓

 

「もものお茶会の様子」

 

「もものお届けの日の小話」

 

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





わたしの盾になってくれた、きみのぬくもりを

にがりさんのご家族より心穏やかになるお手紙とおいしそうなスイーツが届きました。

yasasii (6)

 

 

 

ありがとうございました。お礼のお手紙とささやかな粗品を送ったのですが、私が手紙を投函した日にはまだスイーツが届いていなかったのでその旨も書いてしまいました。本日来ました! いただくのが楽しみです。

 

にがりさんのご家族Iさんは海子とのご縁も考えてくださったそう。その後、海子の息子卒業猫大吉に似た猫さんを外で発見。その猫さんの保護に今は奔走されているようです。素敵!

 

 

 

家ではじめた仕事がようやく一段落し、ホッと胸をなで下ろした私。追加分を考えると恐怖ですが数日間は仕事のことを考えずにお子たちと過ごします。

 

 

次の目標は保護猫ジョイのご縁探し!

 

 

ジョイの写真はみいさんにお願いできないので自分で撮るしかありません。

 

 

これから載せる写真はすべてみいさんが海子を撮りに来てくれた日についでに撮ってもらったものですが、ジョイはやはり人見知りをしてしまいます。大きなカメラも苦手みたい。

yasasii (4)

 

 

 

近づくと耳をペタッと倒し警戒モード。

 

 

 

でもみいさんがちょっと離れた位置にいればだいじょうぶ^^

yasasii (2)

 

 

 

ハンサムなのに、もったいないなあ。

kawaiikimi (10)

 

 

 

私に写真の技術があったらよかったのに。

kawaiikimi (9)

 

 

 

「ハハ~ 先に703号室を巣立ったわたしからハハへのアドバイスをさせてね。わたしはジョイを知ってる。ハハよりもジョイにくわしいの。ジョイはいつもわたしをかばってくれた。ときにはこどもみたいに甘えてくれた。別々に保護されたジョイとわたしが同じケージにいられたの。ハハわたしたちをひとつのケージに入れて何時間もおでかけしたよね? ジョイは全身で私を受け止めてくれたよ。ジョイはとてもやわらかくて気持ちよかった」

yasasii (7)

 

 

 

うん。そのとおりだね。

 

 

私は海子にジョイをまかせていたのではなく、どちらかというとジョイに海子をまかせていたんだと思う。ジョイのほうが長くここにいるし、ジョイは男の子だし、頼りがいがあるもんね。

yasasii

 

 

 

「わたしジョイがいてくれたから不安が軽減されたの。ジョイがわたしの“家猫になるハードル”を下げてくれた気がする。だからジョイに幸せになってもらいたいの」

yasasii (5)

 

 

 

うん。あとまわしにしてジョイに悪いことをしたよね。これからは全力でがんばる。

 

 

ジョイのいいところ、私にもたくさん見えています。ちゃんと見えています。

 

 

ジョイはただ慎重なだけです。ジョイは頭のいい猫です。

 

 

安心できる人に出会うと、ジョイはたちまち甘えん坊に変身します。素直です。

 

 

みいさんの写真にはかなわないけど、私もいっぱいジョイを撮りました。いい写真がないないとぼやいていないで、ジョイフォルダーを改めて見回してみようと思います。

 

 

リラックスしたときのジョイはほんとうにかわいいですよ。お腹を出して寝るのです。

 

 

おねだりの声はだれよりも大きいので、ほかの部屋にいても気づきます。

 

 

名を呼んでお返事してくれるのは、あまぱんとさぶの影響でしょうか?

 

 

ちなみにあまぱんはほかの名で呼んでもお返事しますが、ジョイはしません。

 

ジョイは自分の仮名をはっきりと認識しています。

 

 

ジョイは心を開ける相手には徹底的にやさしいです。

 

ジョイの心をこじ開けるのに必要なのは特殊な技能ではありません。

 

日々のお世話を通じて交流していけば、だれでもジョイの心の扉を開く鍵を手にできるのです。

 

 

たとえ緊張しやすいタイプだとしても、それもまたジョイのひとつの個性ですよね。

 

 

 

ジョイ、絶対いるからね。ジョイを見てくださる方は。みんなと仲よくしてくれてありがとう。

yasasii (3)

 

 

 

私本気出して取り組むね。

 

 

いつかジョイを無事あたたかい手の元に送り出せたら、私はやっぱり外にいる子をスカウトしに行きたいです。うちのお子たちはみんな年寄りで闘病中ゆえ、前のようにはいかないですが、私は微々たる活動をやめるつもりは毛頭ありません。チチは反対していますけど、いざとなったら皆さま、私の味方をしてください(笑)。とりあえずまずはジョイの卒業をめざします。

 

 

ジョイにしっかりとした太い赤い糸を結びたいです。

 

 

切れない糸を。

 

 

皆さまに厚かましいお願いばかりで恐縮ですが、ひきつづき応援してくださいね。

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。ぺこり。

 

 

スポンサーリンク





雪の妖精は歯も白く吐息はバラの香り

へへ。可憐でしょ? 日本の父の命日なのでお供え用のお花を買いました。

1kyuuzitu (3)

 

 

 

ケイトウが秋らしいですよね。仏花よりイケてると思います。

 

 

 

うちの犬たちは今、被害者ヅラしながら私を恨めしそうに見ています。

 

えっと・・・・・・あなたたちを洗ったのはお母さんではありません。

 

 

平日仕事が忙しいチチは週末になると張りきって育児に参加しようとします。今日はべべ、ナナ、リルのシャンプーをしました。老犬だから極力洗うのを避けていたんですが、雨に打たれたり足の裏が土だらけになったりとだいぶ汚れてしまって・・・・・・仕方なくね^^;

 

 

慢性腎不全トリオの自宅補液もふたりだと早い。ナナ、あまぱん、さぶの3名があっという間に終わるので助かります。

 

 

今日はここ数日の我が家の様子をお送りします。

 

 

昨夜、カメラマンの太田康介さんとライターの3号さんが母の店に食べに来てくださいました。

1kyuuzitu (7)

 

 

 

太田さんの顔(笑)。近々また空手仲間といっしょに来るんだそうです。

1kyuuzitu (12)

 

 

 

3号さんと私は太田さんに遠慮しながら細々と食べました。太田さんは朝、昼、夕すべての食事を抜いて店にきます。いっぱい食べるために。だから私たちは太田さんが憐れでついゆずってしまうのです(爆)。3号さんはお気に入りの紹興酒をたくさん飲んでご満悦のようでした。

 

 

楽しいひとときをありがとうございました。

 

 

 

ふだんほとんど家にいる私。まったり中のお子たちをつい激写してしまいます。

1kyuuzitu (10)

 

 

 

あまぱんはいつもだらしがありません。癒しの王子さまですね。

1kyuuzitu (4)

 

 

 

チチだけが好きだと思われているリルですが私ともラブラブですよ。脇に顔をうずめてきます。

1kyuuzitu

 

 

 

ナナは大雨や雷の影響でお散歩へ行く時間が狂うのでかわいそうです。

1kyuuzitu (15)

 

 

 

べべはあいかわらずお薬とシリンジごはんをがんばっています。

1kyuuzitu (8)

 

 

 

海子は新居で元気にしています。卒業レポは週明けに必ず!

1kyuuzitu (2)

 

 

 

家族募集用のかわいい写真をたくさん撮ってくれたみいさん、ありがとうね。

1kyuuzitu (6)

 

 

 

週末はチチがいてパソコンに向かう時間が制限されます。あれこれ用事を言いつけられると集中力の弱い私は書きつづけることができません。卒業レポは何時間もかかってしまうので楽しみにしてくださっている皆さま、もう少しお待ちください。

 

 

その代わりうちの末娘リルのネタを~♪

 

 

昼間リルとお出かけしました。そういえば、リルだけをどこかに連れて行ったことはこれまでに数えるほどしかないなあ。リルはナナがいないとちょっと緊張しちゃうみたいです。

1kyuuzitu (9)

 

 

 

30分のドライブで目的地に到着! リルここどこだろね?

1kyuuzitu (11)

 

 

 

順番待ち中

1kyuuzitu (14)

 

 

 

にっこり顔のさかえマカナちゃん。あなたもこのあと歯石取りするらしいじゃん?

1kyuuzitu (13)

 

 

 

さかえ先生の紹介でリルも歯石取りをお願いすることになったのです。

 

 

ほんとうはべべとナナもやりたかったのですが、ふたりともヘビーな病気と闘っているため今回はリルだけを連れて行きました。

 

 

所要時間たったの15分!

 

無麻酔!

 

 

料金はあり得ない安さ。ここに書いていいのかな? 駐車場料金をあわせても5,100円って。

 

 

 

良心的すぎる。で、この仕上がりですよ?

1kyuuzitu (17)
 

もうすぐ13歳になる犬の歯に見えないでしょ? 真っ白になりました! 息も無臭!

1kyuuzitu (5)

 

 

 

先生に相談したら、べべとナナもできるそうなので次回は絶対連れて行こうと思います。

 

 

歯の健康はたいせつ。しかもリルはチュウ好きでお客さまの顔を舐めまくるので口の中がきれいな方がいいに決まってます。女子力の上がったリルに目尻を下げる親バカどもでした。

1kyuuzitu (16)

 

 

 

先生による歯磨き指導

1kyuuzitu (18)

 

 

 

「かわいい~」と自分の愛犬に連発している私の声が入っているのでお恥ずかしいですが、リルの勇姿を動画で撮ってみました。

 

 

 

自分たちにできることはなんでもしてあげたい。

 

 

そう思える対象がいてくれることに大きな幸せを感じるこの頃です。

 

 

ちなみに帰りはリルと近所を散歩しました。

 

 

せっかくのドライブなのに歯石取り→直帰じゃ不憫ですものね。

 

 

皆さまも素敵な週末をエンジョイしてください。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク