ホホの紹介

こんにちは、チチです。
今日はホホから自己紹介を兼ねて言いたい事があるとのことで、インタビューしたいと思います。

ホホ
「おはようございますこんにちはこんばんは、ぼく、ホホ。」

「かつおにいちゃんがてんし様になる3日前に703号室にきました。」

「ぼくがからすさんにつつかれている時に703号室の近所のかわいいお姉さんが助けてくれました。」
チチ
「そのお姉さんは、以前ハハから「くーちゃん、らむちゃん」と言う猫の里親様になって頂いた方です。」

ホホ
「おねえさんは色々な事情があって、ぼくを家族にできませんでした。だから思い悩んだあげく、ハハに相談したそうです。」

「それで、ぼくがここに来ることがきまったとき、チチは”駆け込み寺じゃねぇんだよ”とぼやいてたみたいです。」

チチ
「とても反省しています。チチは本当に心が狭いチンケな男だね。」

ホホ
「ぼくは”すいとうしょう”っていう病気だそうです。」
「頭がおおきくて、目がちょっとでてるでしょ?」
「でも、でも、一生懸命生きています。ふつうのねこさんのように飛び跳ねたりは苦手ですが一生懸命走ります。走っていると、ときどき頭をコチンしちゃいますけど。」
「あと、お薬もがんばってのんでます。いい子にのみます。おひるねは大好きです。おわりです。」

チチ
「もうそれで終わり?おトイレは出来るの?」

ホホ
「おトイレはできます。毎日おしっこと、ちいさなうんちをおトイレでしてます。
あと、大きな声でなきません。
ハハは最近ぼくのことをゴロゴロ星人といいます。人が大好きだからさわられるとゴロゴロいっちゃうんです。」

チチ
「そうか、それではホホの動画を皆さんに見てもらおうか?あとお前の絵を描いてくれた人がいるからそれも見てもらおう。」

ホホ
「え?いいの?うれしいなぁ。」

チチ
「ホホは普通の猫のような機敏性はない水頭症の子猫です。でも、可愛さは1000%。この子の可愛さを理解してくださる方を里親様として募集いたします。ホホ、頑張ろうな!」

ホホ
「うん!」

ねこママさんが描いてくださったホホの似顔絵。」
クリックすると元のサイズで表示します

ホホ
「すごくにてるとおもいます。」

チチ
「あたたかいね。本当あたたかい。それにそっくり!よく似てるよ!」
「次は、ナナとリルに囲まれたホホ(画像があまりよくありません。。。)」

「そして、ホホのお薬シーン」

「最後にホホがゴロゴロしてるシーン(雑音にも聞こえますが、”ブーーーン”と言っているのがゴロゴロ音です)

「ちょっと頼りない弟だけど、どうぞ宜しくお願いいたします。今日も愛のポチをお願いします。」
703号室かつくん

スポンサーリンク





かわいいほほ

今日は、犬達を連れて、午前中から健康診断へ行ってきました。
べべ・ナナ・リル・それからハハ妹のまめ&保護している子猫のほほ。
総勢5頭なので、病院を出たのは、3時間半後でした。
私もチチもハハ妹もクタクタ。薬の影響で眠くてたまりませんでした。

その写真などは、次の機会にUPします。病院では皆、まあまあいい子にしていました。
かかったお金は半端じゃありません(笑)。隅々まで検査してもらったので・・・。

その後チチが土手へ行ってくれて、ナナの兄弟やリルの兄弟達にフィラリアのお薬を飲ませてくれました。凶暴な子も居るので、私の体調が悪い時は、チチ以外 に頼める相手が居ないので、チチにちょっと忙しい思いをさせてしまったかも。。。でもお陰で、ホームレスが飼っている土手の犬達は今月も、蚊に刺されま くっても大丈夫です(笑)。

私はかつの仏壇にお線香をあげたり、部屋の模様替えの事で業者と相談したりしながら家で過ごしました。眠さに勝てず、少しの間、お昼寝もしました。

犬達の病院での様子は次回書きますが、かつが通い詰めた病院はきつかったです。
かつの思い出が、何処にもかしこにも詰まっていて、かつがそこにいないのだけが不思議な位のままでした。まあ、いつも骨を首からぶら下げているので、かつも一緒に居たと言えば「居た」のですが。

ほほの検査もしてもらいました。

詳しいCT検査をしていませんが、ほほはほぼ水頭症と診断されています。
どんな病気か?

チワワなどの小型犬には良く見られるそうですが、猫で水頭症の子は珍しいとの事。正直言いますが、ほほが来た初日は、トイレすら決まった場所で出来ない状態でした。目は片方が異常に飛び出して、眼球の位置も左右大きくずれていました。

ジャンプは勿論、走り回ることも出来ず、私は瞬時に「水頭症」と判断しました。

1回目の診察で、とにかく栄養をつけさせてくださいと言われ、脳圧を抑える薬を処方され、3ヶ月~半年に1度位の通院を続けるよう言われました。トイレも 徐々に覚えるし、目の方も少し良くなるであろう、普通の猫よりは少し「のんびり」したところがあるけれど、逆に手がかからないから、凄く飼いやすいと何度 も言ってくださった副院長先生の言葉からは、ほほに対する慈しみと愛情を感じることが出来ました。

私は怖くありませんでした。

かつはまだ存命でしたが、手のかからないほほに、シロップタイプの薬を与えることはとても簡単だし、水頭症といっても、ほほは手術を要さない「軽度」のものです。
薬は1ヶ月500円。たったこれだけ。

そして今、目は徐々に良くなり(視力は全く問題ありません)トイレは、来た次の日から、ピッタリと決まった猫トイレで出来るようになりました。粗相は一度もありません。
来た日に1度失敗しただけ。驚きました。

そして、普通より少しのんびりしていますが、よく遊ぶし、よく寝るし、何よりよく食べる(笑)。高い場所へのジャンプは苦手ですが、こういう子を飼うと、高い場所にお花を飾れる生活を送れるわと前向きに考えてくださる方もきっと居る、そう思っています。

そして短命かもしれないというのも、今のほほからはみじんも感じず、実際チチが他の水頭症の子を飼っている方のブログを見たそうですが、12歳ほどの 子が沢山居るそうです。勿論、まだその子達は存命だから、12年以上生きている子がポピュラーというのは大げさではないのかもしれません。

かつがなくなる3日前、ほほは縁あって703号室へやってきました。

これは、かつが私へ与えてくれた「出会い」と信じて、ほほの新しい家族を探そうと心に誓いました。

かつは、感染症だらけのハンデを背負って生まれてきました。
3年しか生きることが出来ませんでした。

ほほは感染症のハンデを背負ってはいませんが、それでもやはり「ハンデ」を背負って生まれてきました。

ハンデとはどういうものか?少しのハンデがどれほど気になるものか?それは個人差があるので一概に言うことは出来ません。けれど、ハンデがあるほほは、 ゴロゴロと喉を鳴らしながら一生懸命人間に向かって走り寄って来て、ぼくを撫でてと訴えて、掃除の時は邪魔にならないよう、端の方で地味に遊び、薬を 嫌がることなく、ご飯の好き嫌いもありません。

それでも1日に1・2度の薬を飲ませるのが億劫だったり、カレンダーに載っている様なモデルのような可愛い子猫が欲しいと願う方は多いでしょう。それは恥ずかしいことでも、悪いことでもありません。

でも、この子と一緒に成長していこう、この子の成長を楽しみに暮らしていこう、そう思ってくださる方が居てくれると、必ず居てくれると信じて、ほほのご家 族を募集させていただきます。これは亡きかつが私に与えてくれた大事な事だから、私も誠実にそれに向かい、一生懸命頑張ります。

「ぼくほほくん。」


「チチにむりやり抱っこだれてます。」


「でもなんだか、きもちよくなってきたな。」


「くびのうしろつかまないでー!ぼく痛い!」


「リル馬に乗って703を探索。いってきまーす!」


★仮名:ほほ、オス
濃いグレー&ブラウン(ほぼ黒に見えます)の縞模様の珍しい毛色。
尻尾が真っ直ぐで長く、華奢でお目目の大きな可愛い3ヶ月位の男の子。

お留守番も半日程度なら出来ます。
殆ど鳴きません。
おトイレは完璧です。どんなタイプのトイレでも大丈夫です。
おとなしい犬となら共存出来ます。
猫とも共存出来ます。攻撃性は一切ありません。
いじめられても、じっと耐えています(笑)。
人間大好きで、ゴロゴロ王子様

出来ないことは、高い場所へのジャンプ

出来る事は、無限大です。

あなたの愛と共に成長していける素晴らしい男の子です。

新しいご家族を大募集しています。

ほほの通院の様子は次回犬達の分と一緒にUPします。
とってもおりこうでしたよ。

ね、かつくんも見てたよね。

「ほほはぼくの最後の弟です。ほほを自慢したいので、今日も愛のポチをお願いします。そして、リンクなどしてくれる優しい方は、一言コメントに書いてくださいね。ほほにもぼくと同じように幸せに生きて欲しいとまんまる星から願っています。よろしくお願いします。」

703号室かつくん

スポンサーリンク