あなたの名は貴和2


さて、お待たせしました。

 

萌乃あらため「貴和(キワ)」のお家へご案内します。

IMG_2972

 

 

当日の朝、ふだんと変わらぬ様子でくつろいでいた貴和を洗濯ネットに入れる際にかすかな胸の痛みを感じました。我が家がベストではない環境だとしても、貴和はようやくここになれ、ここで生活を送っているのですから。

 

でも感傷的になどなっていられません。貴和の門出を祝福しなくてはね。

 

貴和家が遠方ということもありチチが運転してくれることに。とは言ってもチチは運転だけ^^; 里親さんのお宅にはほとんど上がらず車の中でiPhoneをいじってました(笑)。

 

女性同士の方が盛り上がるからいいもん。

 

 

短期間で揃えたとは思えないほど貴和グッズが仰山

IMG_3961

 

 

貴和は高さのあるケージからスタートします。

IMG_2999

 

 

キャットタワーもありました。日当たりのいい部屋でタワーにくつろげます。

IMG_2953

 

 

姫系ベッド発見♪ かわいい^^ 窓には脱走防止対策がしっかり施されています。

IMG_2951

 

 

防犯ロックとアミアミをあわせてつかう方式

IMG_3954

 

 

貴和のトイレも複数ありました。貴和が快適に過ごせるよう考えてくれてありがたいです。

IMG_2965

 

 

働く女性の強い味方。自動給餌機!

IMG_2955

 

 

使い慣れたものがいいだろうとドームベッドを持っていったのですが、里親さんが同じものを用意してくださっていてびっくり。一生懸命探してくれたんですね。

IMG_2954

 

 

自問自答系のこういうの超好き^^ 慎重なお人柄がうかがえます。

IMG_2984

 

 

余談ですが「ペット保険」に入ることも検討しているんだとか。きちっとしてますね。

 

 

マンションは角部屋ということもあり3つのお部屋に窓が複数ありました。

IMG_2998

 

 

里親さんはすべての窓に脱走防止のアミアミをつけてくださっていたのです。

IMG_2980

 

 

私のブログでもっともよく検索されているワードは「猫 脱走防止」だそうです。

IMG_2169

 

 

アクセス解析をまったくしない(やり方もわからない)私にチチが先日教えてくれました。

IMG_3967

 

 

どう言ったらいいか……私にも若干の客観視ができるので、保護主として自分がどう思われているかはだいたいわかります。きっととんでもない神経質女だと。でも、犬猫を愛する思慮深い皆さまには「脱走防止をお願いする理由」も絶対に理解していただけるはずです。

 

しかも私がお願いしているのは「玄関のすり抜け防止と換気で常に開ける窓のみの対策」の2点であり、家中の窓すべてに格子をつけるよう無理強いしているわけではありません。

 

私より細心で想像力の豊かな里親さんがたが手間を厭わず施してくださる策に私が毎回学ばせていただいているのです。本当に勉強になりますし頭が下がります。

 

 

オシャレなダイニングセットの後ろにも……すごいなあ。驚きました。

IMG_3000

 

 

里親さんの力作、玄関の二重扉↓ お友だちに手伝ってもらいながら作ったそうです。

IMG_2975

 

 

「貴和ちゃん、どこにも行かないで。一緒にいようよ」

 

 

貴和への愛情がこもったこの扉が貴和の安全で健やかな生活を物語っているようでした。

IMG_2969

 

 

関東圏は危険や車がいっぱいだからこうしておくと安心だよね。

 

 

日当たりがよすぎてほとんどの写真が逆光ですが、誓約書にサイン中の里親さんの後姿をぱちり。キュートで上品なお方です。

IMG_3966

 

 

お引越し直後は緊張度が半端じゃなかったのでこういう写真しか撮れませんでした。

IMG_2989

 

 

貴和、がんばれ! 里親さん、がんばってください。

IMG_2988

 

 

毎日お世話をしている間に必ず距離が縮まると信じています。

 

 

里親さんに片目を入れてもらい記念にお渡ししました。Mだるま開眼!

IMG_2990

 

 

 

以下、里親さんから届いたメッセージと写真です。

IMG_4126

 

 

「元気にしてるわよ」

IMG_4127

 

 

「猫じゃらし遊び好きよ」

IMG_4231

 

 

これを読んでいる皆さまの中で、シャイやおこりん坊の猫さんと暮らしている方いますか?

「我が家はこうして慣れた」「ベタベタになった」などのエピソードを持っている方がいらっしゃったらお手数ですがコメント欄に書いていただければ活動の参考になります。

うちもたびたびシャイやおこりん坊の猫が来るので一度お聞きしたいと思っていましたの^^

(東大病院通院の際に皆さまから寄せられた情報がどれだけ役立ったか!)

 

里親さんは今、貴和に嫌われないよう彼女に接してくれています。里親さんのやさしさが貴和に伝わるよう祈りながら見守っていく所存です。

 

貴和を気にかけてくださった皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

らぶ

 

 

 

かつくん「X219貴和卒業おめでとう。里親さんと一歩ずつ歩みよってほしいと切に願います。健やかに生きていってください。ハハは里親さんにありがとうの気持ちでいっぱいです。

どんなタイプの犬も猫も貴和のように家を得られるといいですね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





24件のコメント

  • 同じ茶とら娘で、ウチもシャイでした。
    先住の黒白はちわれもいたので、家にはすぐ慣れたのですが、私に甘えてくっつくのは時間がかかったんですよね。
    ずっと続けていたことは、手から少量フードまたはオヤツです。貴和ちゃんも手からオヤツがOKなら、続けられるのがいいと思います。
    ウチのはモンプチキスの小袋を振ったり、見せたりすると、喜んですっ飛んできます。
    好きなオモチャがあれば、毎日遊ぶのも良いかも。ニャンコそれぞれ好みがあるみたいで、ウチの茶とらは紐系を床近辺で振ると喜びます。ちなみに別の子は獣毛系オモチャをジャンプしてキャッチするのが好きなので、高めに振ると喜んだりします。
    貴和ちゃんの好きなオモチャの遊び方がわかるまで色々試してみてはいかがでしょうか。

    • anny703

      らいすばーどさま
      本当本当! ごはん類を人間が掌握するのはとても大切だと思います。
      人間=ごはんやおやつなどをくれるおいしいもの
      と認識させるのが一番の近道ですよね。
      たとえ量を一時減らしてでも、おやつを持ってるのは私よ~! って思わせることが大切だし手から食べさせられるならそれも有効な手段ですよね。
      ママ=おやつ
      と思ってしまえば!!!

  • ai

    こんにちは。去年の秋から自宅に子猫を迎えて、最近保護猫シェルターのボランティアも始めた者です。

    シェルターに新しく保護されたばかりでまだ人なれしておらず、ケージで過ごしている猫さんがいます。その子の不安を和らげるために、ケージの周りを全部ではないですが布で覆ってました。
    ケージの中に手を入れて触ることはできないのですが、ケージの外からケージと布越しに触るのはOKみたいでした。

    直接タッチを許してもらえるまで、間接的に布越しから慣れてもらうのもひとつのアイディアとしてありかもしれません。参考になると嬉しいのですが。

    • anny703

      aiさま
      貴和は今ケージから出ているのでその猫さんよりは少しなれている感じだと思います。はじめは布をかぶせて刺激を与えないようにしていました。
      食べて出す、ができるようになったしほかの動物がいるわけではないのでケージに入りっぱなしよりはひとつの部屋にいるほうがいいのかなと思い今はそうしています。でも間接的な布作戦! のようにごまかしながら少しずつ距離を縮めるのはいい案ですよね。
      どうもありがとうございました^^

  • 茶子

    貴和ちゃんの里親 様

    無償の愛と時間が解決してくれます。
    1部屋で同じ時間を共有してみてください。
    寝食を共にし、遊び・・、必ず心を開きます。
    貴和ちゃんとの幸せをお祈りいたします。

    • anny703

      茶子様
      ありがとうございます。里親さんは現在お部屋をひとつにして接してくれています。ずっとママの姿を見て一緒に過ごせばきっと貴和にもそのやさしさが伝わるでしょうね。時間がかかるかもしれませんがいつかきっと!

  • 貴和ママ

    はじめまして。
    貴和の里親になった者です。

    皆様、あたたかなコメントありがとうございます!
    ハハさんが繋いでくれた縁の輪に感謝しております。

    体験談、とても参考になりました。
    私は完全に顔色を伺って
    いましたし、その時々で触ろうとしたり、放っておいたり、態度を変えてしまっていました。
    一番良くないパターンですよね(~_~;)
    目に見えて距離は近くなっているにも関わらず、毎日威嚇されることに焦りを覚え、どうしたらいいのかと必死でした。

    でも、焦ってはだめですよね。
    なるようになるさ、とおおらかな気持ちで接していきたいと思います。

    • わぁ、わかります(;▽;)
      コメントに書いたうちの子も、保護ボラさんのお宅では他の猫達と仲良くして、わりとすぐに馴染んでいたので、うちに来て怯えている姿を見るのが可哀想で辛かったのを思い出します。
      日々距離は近づいて、手からおやつも食べてくれるのに、時にシャーっと言われてしまう時の絶望感と焦燥感…

      でも、”すごく甘えたい、けどまだ警戒しなきゃ”って、野良気質の当時のうちの子も貴和ちゃんも、心の中で必死に葛藤してるんですよね。
      そう思うと泣けてきます(;。;)

      他の方々がおっしゃってるように、関連付けもすごく重要みたいです。
      私の場合は、ワクチンや避妊手術の際に病院に連れて行く時にご褒美のおやつで釣ったつもりが「ご褒美=怖い」と覚えてしまって、いまだにおやつをあまり喜びません(笑)

      でも、主人にはまだ慣れなかった頃、モミチュパで私に甘えてる時間に主人も一緒に寄り添って撫でてあげるというのを繰り返していたら、見事、主人にも甘えるようになったんですよ!!

      貴和ちゃん&貴和ママさんも、関連付けを色々試して、特別な絆が生まれると良いですね☆彡
      素敵なご報告をお待ちしてます♪

      • anny703

        まゆんさま
        ありがとうございますー!
        もちろんどうぞどうぞ大歓迎のコメントです。

    • anny703

      貴和ママさま
      昨日はメッセージありがとうございました。読んでいてあの子の我が家での生活ぶりを思い出して会いたくなったほどです。触れないまでも寝ているときに背中に乗ってきたんならあちらから興味や好奇心を持って寄ってきてくれている証拠なので大きな前進ではないでしょうか?
      はじめは固まった石のようだったと思うのでそれから考えるとすごいですね。
      少しずつしかなくて歯がゆいのですが、お互いの距離が縮まるよう祈っています。

  • さとちん

    貴和ちゃんの里親さんはなんて優しい方なんでしょう。でも怖がりな萌乃ちゃんの心を解いた初めての人間はハハさんとチチさんですよ。人への恐怖心が少なくなっているのできっとすぐになつくと思います!
    うちの猫は臆病で4か月の時にボランティアさんから譲り受けました。目が合っただけでガタガタ震えるのでケージに布を被せ下15センチだけ見えるようにしていました。
    3日後から部屋に出し、猫を見ないで常に秒速15センチで動き、立ち上がる時には「立つよ」と一声かけていました。何かする時に一声かければ猫の心の準備が出来るかなと思ったのですが。
    後は怖さを凌駕するほどの美味しいエサです。「食べる?」という言葉とゆでササミ、鮪、シーバを関連付けて覚えさせました。
    猫にネガティブな印象(意図せず驚かせてしまった)与えた時には「食べる?」と言い、いい印象を上書きし美味しいものを与えました。
    決定的だったのは不妊手術恐怖の病院一泊だったようです。あんな怖い場所に比べたらここは安心だと思ったようで急に膝に乗って甘えてきました。
    痛みと恐怖で嫌われると思っていたので意外でした。

    • anny703

      さとちんさま
      なんとなくわかる気がします。病院から戻ると甘えん坊になった子、いましたから! こっちの方がぜんぜんマシ~!
      って思ってくれたのでしょうかね?
      貴和はチチにまったくなれていなくてチチもあんまり関わらなかったので、チチは最後まで触ることすらできませんでした^^; 私はなんとかコミュニケーションが取れていたのできっといつか里親さんももっともっと取れると思います。
      時間ですかね。あとはおいしいご飯ですね(笑)。

  • MIHO

    本当に読んでいるだけで
    里親さんのお人柄がひしひしと伝わってきて、
    思わずにっこり^^
    お優しくて温かくて責任感がお強い
    お嬢様にぴったりの里親さんですね!
    そして、Mではなかったけど(笑)
    この貴和ちゃんというお名前、個人的に
    かなりツボです!好き~
    更に里親さんが代わりにMって・・・・ステキ!笑
    むしろ本にゃんがMよりいいかも~
    それにしてもですよ
    もう手から食べたなんて、私からみたら
    早い!っていう感じなのですけど
    どうでしょう?^^
    きっとこれからおふたりのペースで
    だんだん距離が縮まって、どんどん絆が強くなって
    いくことでしょうね。
    素晴らしいご縁本当におめでとう!
    貴和ちゃん、末永くお幸せにね♪

    • anny703

      MIHOさん
      そうだよねー。里親さんもとても努力しているのでいつか伝わると思う。
      一筋縄にはいかない子だけどそこも貴和の魅力だし育ってきた生活環境を考えたら納得できるからね。
      いつか距離がもっと縮まることを願いながらみまもっていこうと思います。
      私も貴和とは完全にラブラブになったわけじゃないからわからないこともあるんだけど、時間が解決してくれると信じてる。

  • 我が家の猫のうち1猫は5年たった今も抱っこは自分のして欲しい時だけで嫌な事があると引きこもります。でもあの子だけの特別な甘え方というのもあります。
    どの子も全く違う性格でそれぞれ特別な可愛さがあります。
    ただどの子がきた時も必ず朝一番に会った時は「おはよう」寝る前は「おやすみ」と声を掛けています。来たばかりで隠れたがる子にも威嚇する子にも普通に話しかけ続けました。毎日見る人毎日自分を大切にしてくれる人毎日ご飯を用意して食べると喜んでくれる人毎日自分をほめてくれる人は人間だって好きですよね。
    人間に分かりやすい愛情表現がすぐ出来た子と今だに上手く表現できない子がいます。
    でもどの子にも同じ部屋にいる時には話しかけています。こちらはを見ながら聞いている子、後ろを向いたまま耳だけ動かしている子。人間の言葉がどの程度通じているのかは分かりません。
    ただどの子も分かっていてくれそうな言葉は
    「大好き」と「○○ちゃんは可愛いね」です。どんなに怒っているときでも最後は笑顔で
    話しかけています。してはいけない事(破壊系と物入れなどに隙があれば入りたい)をした時には心の中で「コラァ~」と思いながらも短く「だめ」とだけ言っています、これでどの子もたいてい止めてくれませんが、悪い事と認識するようで次に同じ事をしようとした時に何だか態度がコソコソとしています。
    どの子とも私とその子だけの1対1の思い出や物語があります。

    里親様と貴和さんだけのストーリーが始まったばかりです。これから1年後5年後10年後どんな物語になるのか楽しみです。
    きっと1年後には来たばかりの時お互い頑張ったねと里親様と貴和さんが顔を見合わせて笑っていると思います。
    急がず焦らず疑わず試さず意地悪せず・・・
    人間同士と同じですね、里親様と貴和さんだけのペースが出来上がると思います。
    本当はもう貴和さんにとって里親様は何よりも大切な人になっているのかも知れません。
    貴和さんも里親様との距離の縮め方を探っているのかも知れないです。
    すぐ心を開かないから外で生きてこれた賢い子です。
    じっくり時間を掛けて里親様の心が通じた時にはどんな子よりも里親様を信じてまっすぐに里親様を見つめ自分の猫生の全てを委ねてくれると思います。
    ただ私が猫たちを信用していない点は脱走です。フリーダムは魅力的だし人間もスリルのある事には誘惑されるから猫も同じかな。

    • anny703

      豆さま
      いろいろ親身なアドバイスをありがとうございました。仰るとおり貴和の里親さんもきっと1年後にはあんなこともあったよね~と笑いながら接していることでしょう。初めてのことですから、お互いに距離をはかっているのかもしれないですね。捕獲がうまくいくことを祈っています。ダメだったらいつでもご連絡ください。行きます!(笑)

  • 以前、うちの子達と麦とろろちゃんが似ているとコメントさせて頂いた者です^^
    ハガキを購入したきり、ご無沙汰してしまいました。でも、毎日楽しみに拝見していたんです。
    貴和ちゃんも、なかなかお声がかからなかったようだった時は、うちが手をあげようか主人に相談していた位でした。
    でも、反対されてしまったので、今回優しい里親さんと結ばれ本当に嬉しく思っていました♪

    私はまだまだ猫初心者なので、アドバイスみたいなものは出来ないのですが、体験談をさせてくださいね。
    うちの子達も元野良なので、なかなか慣れなかった臆病な子が1匹います。
    不思議なもので、嫌われないようにと気を遣って「怖くないよ優しいよ」という態度全開で接していた時は、距離を置かれたままでした。

    でも、猫ボラの方のアドバイスも頂いたりして、あまり気を遣い過ぎず肩の力を抜き、時に強引な位で近づくようにしたら、少しずつ距離が縮まって・・・
    ある時、私の寝ているところに来て、モミフミチュパチュパし始めたんです!
    それからは、すっかり甘えん坊に変身して毎日モミチュパをせがむし、日々甘え方が大胆になってきています。

    こちらが、刺激しないように出来るだけ優しくまるで腫れ物に触るように接してしまうと、臆病な子はそれを緊張感と感じ取って警戒してしまうんでしょうね。
    遠慮がちだと、逆にダメなんだなーととても勉強になりました。

    確か、アンニィさんがいせやんの殻を完全に破った時の方法も、相手の顔色を伺わずに突き進む!そして楽しく近づく!そんな感じでしたよね♪
    貴和ちゃんも、里親さんと楽しく過ごし安心して甘えられるようになる事を祈っています☆彡

    • anny703

      まゆんさま
      その節は大変お世話になりました。ありがとうございました^^
      そうですよねー。相手の心を開かせるのは多少強引な方がいい場合もあると思います。腫れ物に触るように接してしまうよりどんどん積極的に? の方が。
      私はそっち側のタイプですが^^;
      貴和の里親さんは一生懸命な方ですので試行錯誤を繰り返しながら皆さまのアドバイスも参考にいつか距離を縮めてラブラブになると信じています。

  • ひー太郎

    初めてコメント致します。
    我が家にも、保護主さんからバトンを託された可愛い可愛い子がいます。
    保護主さん宅から我が家に来て3週間、ずっと家具の裏に隠れて姿を見せてくれませんでした。
    トイレと水とご飯と寝床だけは完璧に整えてやり、ニンゲン達は敢えて猫の存在を気にせずに過ごしました。
    4週目に入った辺りから少しずつ姿を現わすようになりましたが、じっと見つめたり呼びかけたりはせず知らん顔をしていましたら、猫の方が「ここは安全にゃのかも」と納得してくれたようです。
    今では1秒たりともかあちゃん(=私です)と離れていられないベタベタ&甘々猫になりました。
    貴和ちゃん、里親さん、ゆっくり仲良くなれると良いですね。
    そしてハハさん、愛に溢れた活動、頭が下がります。
    お身体ご自愛くださいね。

    • anny703

      ひー太郎様
      あああ。そうやって徐々に心を開かせたのですね。何たる根気!
      貴和は最低限の生活はもうクリアしているし里親さんのことはしっかりと認識しているのでこれから少しずつだと思います。いつかひー太郎様のお子のように慣れてくれたらうれしいなあ。

  • みい

    あぁ、読んでいてまた胸がいっぱいになったよ〜。
    里親さんが貴和ちゃんをどれだけ想っているか、貴和ちゃんの為にどれだけ心を砕いているか…想像しただけでありがたくて嬉しくて泣けてくるT^T
    なんども言っちゃうけど本当にステキな里親さん!
    貴和ちゃん、いまは環境に慣れるのに一生懸命なんだと思う。
    でも絶対に里親さんの愛情は貴和ちゃんに伝わってるよ。
    人間みたいに言葉で伝えることはできないけれど、例えば手からおやつを食べたことにしたって、それは貴和ちゃんが里親さんを受け入れ始めている大きな証拠。
    明日急に慣れるわけではないけれど、毎日の積み重ねが必ず貴和ちゃんの心を開かせる。
    必要あらばまたアンちゃん助っ人に行くからね。笑
    貴和ちゃんのこのご縁は私にとっても本当に大きな励みになった。
    Mさん、本当にどうもありがとうございました(*^^*)
    頑張ってくださいね。
    心から応援していますよ!

    • anny703

      みいさん
      いろいろありがとう。素敵な里親さんだからこそ貴和に早くわかってもらいたいんだけど^^; まあ少しずつの積み重ねしかないのかもねー。
      はあ。
      親身になってくれてありがとうね^^

  • 10月のライオン

    ハハ殿、ご無沙汰しております。
    貴和ちゃんが幸せになって本当に良かったですね!
    うちののんたはシャイとは少し違いますが、少しずつ仲良くなるために
    毎日やっていることがあります。
    それは、寝る前に薄暗い中で話しかけながら、撫でることです。
    寝る前、かつ暗い中では自分の心も穏やかで静かなので、のんたも怖がることがありません。
    参考になるといいんですが(^^)

    昼夜の気温差が激しい日が続きますが、お体どうぞご自愛下さいませ。

    • anny703

      ライオンさん
      いつものんのんを大切にしてくださりありがとうございます^^
      のんのんもシャイですよね。
      ライオンさんのおかげですっかり家猫ですけど。貴和にもいつか里親さんの真心が伝わることを信じています!

コメントを残す




*